シティがFFP違反の調査に関しCASに不服申し立て2019.06.07 11:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFA(欧州サッカー連盟)からFFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)の違反を指摘されたマンチェスター・シティだが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴したようだ。イギリス『BBC』が報じた。シティがFFP違反を疑われるキッカケとなったのは、ドイツ誌『デア・シュピーゲル』に掲載された記事。『デア・シュピーゲル』は、シティが数百万ポンドのスポンサー取引の価値を水増ししたとしており、UEFAがこれをもとに調査を開始。さらに、ヨーロッパのフットボール理事会が誤解を招くことをしたとして違反を疑われている。

UEFAは独立財務管理委員会(CFCB IC)に照会することを決定しているものの、シティは金銭的な不正を否認し、UEFAの主張に不服申し立て。CASは「上訴はUEFAのクラブライセンスおよびFFP違反の申し立てに関し、CFCB ICの決定に対して行われた」と声明。

「仲裁手続は開始され、当事者間による書面の提出物の交換が行われている。また、CASの仲裁人が上訴を審理するために招集される」としている。

シティは先日、この件に関して声明を発表。「この決定に関しては多くのミス、誤解が含まれています。その混乱に関しては根本的に正当な手続きの欠如から生じたものであり、重大な未解決の問題を抱えたままだと考えています。同時にクラブは全く満足しておらず、切り取られた、敵対したプロセスであると考えています」としている。

FFP違反となった場合は、1年間の欧州大会出場禁止処分になる可能性が高いが、CASに異議申し立てをしたため、2019-20シーズンではなく2020-21シーズンに処分が持ち越されることなるとみられている。
コメント
関連ニュース
thumb

ここまでくるとさすがの一言、神イブラの理想のベストイレブンはやはり…

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが自身のSNSで理想のベストイレブンを公開した。 「いつだって俺の理想のチームはこうだ。唯一選ぶとするなら監督だが、おそらくそれもズラタンになるだろう」というコメント共に、自身で選んだ最強イレブンを発表。上げられた写真にのっているのは、FWからGKまで全てイブラヒモビッチなのだ。 その強烈な個性でこれまでに多くの名言を残してきたイブラヒモビッチ。代表的なものでいうと「俺は神だ」からはじまり、自分のプレースタイルを「ズラタン流」とコメントしたりと、上げればキリがない。 また、奥さんへのプレゼントについて「何もない。彼女にはズラタンがいる」と男なら誰もが言ってみたいであろうセリフを平然と言ってのけたり、出場を逃したブラジル・ワールドカップに対し「俺のいないW杯に価値などない」と言ってのけるなど、まるで名言製造機だ。 度々エゴイストと揶揄される同選手だが、ここまでくるとむしろ清々しい。ファンからも「あなたが神だ」、「そうだな!」といったリプライが寄せられ、瞬く間にいいねやリツイートの数を伸ばしている。 <div id="cws_ad"> <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr">My favourite team of all time. I only have to decide the coach. Maybe will be Zlatan <a href="https://t.co/MvRN5krxPc">pic.twitter.com/MvRN5krxPc</a></p>&mdash; Zlatan Ibrahimović (@Ibra_official) <a href="https://twitter.com/Ibra_official/status/1148091452586520577?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年7月8日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.08 17:26 Mon
twitterfacebook
thumb

財政難で破産のボルトン、買い取り手が決定…残すは売買契約の締結

財政難により破産したボルトン・ワンダラーズの買い取り手が決まった。クラブが公式声明を出した。 かつては、西澤明訓や中田英寿、宮市亮など日本人選手も所属したボルトン。2000年代初頭はサム・アラダイス監督に率いられ、プレミアリーグでも個性的なタレントで構成されたチームで結果を残していたが、2011-12シーズンを最後にチャンピオンシップに降格。そこからはプレミアリーグに復帰することもなく、財政難に苦しんでいた。 同クラブの元オーナー、故エドウィン・デイビーズ氏や元ワトフォードのオーナーであるローレンス・バッシーニ氏がボルトンに出資したものの財政難は回復せず、今年5月に破産申請をしていた。 ボルトンの声明によると、「Football Ventures (Whites) Limited」がクラブの買収先の優先入札者として承認されたとのこと。チームを立て直すためのスタートが切れることとなりそうだ。 チームを管理していたデイビッド・ルビン&パートナーズのポール・アップルトン氏はクラブを通じてコメントしている。 「我々は包括的な入札プロセスを実施しました。関係者全員にクラブに対する最善の最終オファーの機会を与えられました」 「フットボール・ベンチャーズはかなりのマージンで最高のオファーを出してくれました。また、プロセスの要件を満たすための確実な証明と資金源を示してくれました」 「彼らはまた、クラブにとっての最低2年間の事業計画の実行可能性を示すことができました。これが最も重要なことでした」 「基本合意書にもサインされたことで、今度は売買契約と取引の完了に向けて動きます」 ボルトンは2019-20シーズンはリーグ1(イングランド3部)で戦うことが決定。さらに、破産の影響で勝ち点12をマイナスされてのシーズンスタートとなる。 2019.07.02 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダの名手スナイデルが逮捕

オランダ『Telegraaf』は28日、アル・ガラファに所属する元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル(35)の逮捕を報じた。 スナイデルは23日夜、地元のユトレヒトで車を破損させた疑いにより、逮捕されてしまったという。この事件に関して、スナイデル本人も、同選手の代理人もノーコメントを貫いているが、賠償金を支払うことで和解に至ったという。 インテル時代に日本代表DF長友佑都と共闘したスナイデルは、かつてレアル・マドリーや、アヤックスなどで活躍したオランダの名プレーヤー。2018年からアル・ガラファに籍を置いており、今月中に契約満了となる見込みだ。 2019.06.29 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

正真正銘の“ワルだ”! エジプト代表MFがセクハラで代表追放…

エジプトサッカー協会(EFA)は26日、セクシュアルハラスメントを行った疑いでアフリカネーションズカップ2019に参戦中のエジプト代表に招集されているFWアムル・ワルダの追放を発表した。 EFAは今回の追放処分に関して、「技術委員会や管理部と話し合った結果、アムル・ワルダは代表チームから追放されることになりました。この決定は、規律を守り、チームが集中するためのものです」と説明している。 なお、今回のセクシュアルハラスメント疑惑に関してはワルダが、複数の女性に対して卑猥な発言をした事実がSNS上の告発によって発覚。さらに、その告発の中には同選手が局部を露出している動画も投稿されていた。 その後、EFAはワルダに対して事情聴取を行い、今回の代表追放処分となった。 なお、ワルダは2017年に所属したフェイレンセ(ポルトガル)チームメート2人の妻にセクシュアルハラスメントを行ったとして、加入からわずか3週間で契約解除された過去がある。(本人は当該行為を否定) 今回の一件に関してエジプト代表のキャプテンを務めるFWモハメド・サラーやMFアーメド・エル=モハマディらチームメートは、「女性に対して最大限の敬意を払うべき」と同選手の行動を非難しながらも、今後の更生のためにサポートを行っていくとの意向を表明している。 2019.06.27 23:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「1日に60本…」愛煙家・サッリが自身の喫煙を語る

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、自身の喫煙について語った。 チェルシーの監督を退任し、新シーズンはユベントスの新監督として働くサッリ監督。短いバカンスをアスコリ・ピチェノで楽しんでいる中、地元メディアの『La Nuova Riviera』のインタビューに答えた。 インタビューでは、アスコリ・ピチェノへの愛情や、別荘を構えている理由などについて語る中、自身の喫煙問題についても言及した。 「私は1日に60本のタバコを吸う。おそらく数が多すぎるだろうね」 ナポリ時代はタッチライン際で喫煙をしていたサッリ監督だが、プレミアリーグでは許されておらず、チェルシーでの1シーズンは、ピッチサイドでタバコのフィルターを噛んでいた。 「試合中に喫煙する必要を特には感じていない。ただ、本音は本当に必要だと思っている」 「私は数週間にわたって背中に問題を抱え苦しめられていた。でも、今ははるかに良くなったよ」 ユベントスでは再びタッチライン際で喫煙をするのだろうか。それとも、禁じられるのか…ユベントスのサッリにも注目だ。 2019.06.27 14:04 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース