リッピ氏が中国代表監督に再任! 今年1月末に退任もわずか4カ月で復帰

2019.05.24 13:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国サッカー協会(CFA)は24日、今年1月まで中国代表を率いていたマルチェロ・リッピ監督(71)の再任を発表した。

1995-96シーズンにユベントスでチャンピオンズリーグを制したほか、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表を優勝に導いた実績を誇るリッピ監督。2012年から広州恒大の指揮を執り、2016年10月から中国代表監督に就任した。だが、今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了をもって退任を発表していた。

その後、中国代表は広州恒大を率いるファビオ・カンナヴァーロ監督(45)が兼任という形で3月に行われたチャイナカップのタイ代表戦、ウズベキスタン代表戦(いずれも0-1で敗戦)を率いたが、先月に辞任を発表していた。

そして、空位となっていた中国代表の新指揮官に就任したのは、一時監督業勇退も囁かれていたリッピ監督となった。なお、リッピ監督第二次政権の任期は2022年カタールW杯までとなっており、来月に行われるフィリピン代表、タジキスタン代表との国際親善試合で再スタートを切ることになる。


関連ニュース
thumb

パトがオーランド・シティと契約更新! 加入初年度は長期離脱もクラブの期待変わらず

メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するオーランド・シティは15日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(32)との契約を1年間延長したことを発表した。 かつてミランで活躍したパトは、コリンチャンスやサンパウロ、チェルシー、ビジャレアル、さらには中国の天津天海足球倶楽部を渡り歩き、2019年5月にサンパウロへ復帰。2020年8月に退団して以降はフリーの状態が続いていたが、2021年2月に1年契約でオーランドに加入していた。 ただ、その新天地ではMLS開幕戦のアトランタ・ユナイテッド戦で右ヒザに重傷を負い、約半年間の離脱を経験。昨年10月半ばにようやく戦列に復帰したが、加入1年目は公式戦5試合の出場に留まっていた。 それでも、オーランドでゼネラル・マネージャーを務めるルイス・ムッツィ氏は、「パトの能力は証明されており、彼が我々のチームにもたらすことのできる未開発の可能性を知っている」、「今シーズン、ピッチとドレッシングルームの両方で重要な役割を果たすことを楽しみにしている」と、ベテランストライカーへの期待を口にしている。 ※写真はサンパウロ時代 2022.01.17 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンが今季就任のベニテス監督を解任…チームは暫定15位に低迷…

エバートンは16日、ラファエル・ベニテス監督(61)の解任を発表した。 また、後任人事に関しては決まり次第、改めてアナウンスされる予定だ。 レアル・マドリーに旅立ったカルロ・アンチェロッティ監督の後任として今季からエバートンを率いるベニテス監督。元リバプール指揮官ということもあり、歓迎ムードとはいかなかったが、シーズン序盤は4勝2分け1敗と上々のスタートを切り、久々のプレミアリーグでの船出は決して悪くなかった。 しかし、度重なる負傷者や新型コロナウイルスの影響などで徐々にパフォーマンスが低下すると、2度の3連敗を経験するなど急失速。直近のノリッジ戦で今季3度目の連敗を喫したことで、現時点での戦績は5勝4分け10敗の暫定15位に。 また、今冬にアストン・ビラへ新天地を求めたフランス代表DFリュカ・ディーニュとの衝突や退屈と揶揄される守備的なスタイルに関して多くのファンの不興を買ったことも、その手腕を疑問視する結果に繋がっていた。 そして、ノリッジ戦後後にクラブ幹部と緊急ミーティングを行った中、解任という結論に至った。 2022.01.17 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田ら離脱でCB手薄なサンプドリアがヴェローナからマニャーニをレンタル!

サンプドリアは16日、エラス・ヴェローナからイタリア人DFジャンジャコモ・マニャーニ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 190cmの長身センターバックのマニャーニは、セリエCのシラクサでのプレーが評価されると、ペルージャでのプレーを経て、2018年夏にユベントスへ完全移籍。しかし、即座にサッスオーロへ買い戻しオプション付きのレンタルに出されると、以降はブレスト、ヴェローナへのレンタル移籍を繰り返し、2020年9月にはヴェローナに完全移籍で買い取られることになった。 そのヴェローナでは在籍1年半で公式戦41試合に出場。今シーズンここまではセリエA14試合に出場していた。 サンプドリアではガンビア代表DFオマル・コリーがアフリカ・ネーションズカップ参戦中で、日本代表DF吉田麻也も右太ももの負傷で1カ月程度の離脱が見込まれており、センターバックの補強が急務となっていた。 2022.01.16 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーMFベイカーがストークに完全移籍! アカデミー時代から17年過ごしたブルーズに別れ

チェルシーは15日、イングランド人MFルイス・ベイカー(26)のストーク・シティへの完全移籍を発表した。ベイカーはストークと2024年6月30日までの2年半契約にサインしている。 9歳でルートン・タウンからチェルシーのアカデミーに加入したベイカーは、2014年1月にトップチームデビュー。だが、以降はトップチームでは出場機会を得られず、リーズ・ユナイテッドやミドルズブラなどの国内クラブ、フィテッセやデュッセルドルフ、トラブゾンスポルといった国外へのレンタル移籍を繰り返していた。 トラブゾンスポルからレンタルバックした今シーズンはリザーブチームを主戦場としてきたが、今月8日に行われたFAカップ3回戦のチェスターフィールド戦では途中出場で8年ぶり通算2試合目となるトップチームでのプレー機会を得ていた。 だが、その久々のトップチームでの出場からわずか1週間後に17年を過ごしたブルーズを離れ、チャンピオンシップ(イングランド2部)のストークへ完全移籍することになった。 2022.01.16 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアの元伊代表DFピッチーニがツルヴェナ・ズヴェズダに移籍

ツルヴェナ・ズヴェズダは15日、バレンシアから元イタリア代表DFクリスティアーノ・ピッチーニ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年半となる。 フィオレンティーナの下部組織出身のピッチーニは、ウイングからサイドバックまでこなす右サイドのスペシャリスト。スペツィアやリボルノなどイタリアのクラブをレンタルで渡り歩いたあと、ベティスとスポルティング・リスボン移籍を経て2018年夏にバレンシアへ加入した。 すぐに右サイドバックとしてレギュラーに定着したものの、バレンシアでの生活はケガの連続。加入1年目は3度のケガに悩まされると、翌シーズンは右膝蓋骨骨折で1年丸々棒に振ってしまった。その後、アタランタへの半年間のレンタルを経て2021年1月に復帰していた。 今シーズンここまでは公式戦8試合に出場し、ラ・リーガ第17節のエルチェ戦ではチームを2-1の勝利に導く決勝点を挙げていた。 2022.01.16 05:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly