リッピ氏が中国代表監督に再任! 今年1月末に退任もわずか4カ月で復帰2019.05.24 13:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国サッカー協会(CFA)は24日、今年1月まで中国代表を率いていたマルチェロ・リッピ監督(71)の再任を発表した。1995-96シーズンにユベントスでチャンピオンズリーグを制したほか、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表を優勝に導いた実績を誇るリッピ監督。2012年から広州恒大の指揮を執り、2016年10月から中国代表監督に就任した。だが、今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了をもって退任を発表していた。

その後、中国代表は広州恒大を率いるファビオ・カンナヴァーロ監督(45)が兼任という形で3月に行われたチャイナカップのタイ代表戦、ウズベキスタン代表戦(いずれも0-1で敗戦)を率いたが、先月に辞任を発表していた。

そして、空位となっていた中国代表の新指揮官に就任したのは、一時監督業勇退も囁かれていたリッピ監督となった。なお、リッピ監督第二次政権の任期は2022年カタールW杯までとなっており、来月に行われるフィリピン代表、タジキスタン代表との国際親善試合で再スタートを切ることになる。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズで構想外のヤンセン、モンテレイ移籍が決定

トッテナムは23日、元オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(25)がメキシコのモンテレイに移籍することを発表した。 2016年夏にエールディビジ得点王の栄誉を引っ提げてAZからトッテナムに1700万ポンド(約23億2000万円)で加入したヤンセンだったが、加入初年度はリーグ戦27試合の出場でわずかに2ゴールと期待外れの結果に終わった。 その後、2017年にはフェネルバフチェに1年間のレンタル移籍で加入もケガの影響もあって思うような数字を残せず、フェネルバフチェは完全移籍での買い取りに踏み切ることはなかった。 2018-19シーズンはトッテナムに復帰したものの、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外されるなど構想外の状態が続き、ケガ人が続出したシーズン最終盤にリーグ戦3試合に出場したのみだった。 シャルケやアンデルレヒトなど、ヨーロッパのクラブからの関心も伝えられてきたが、新天地はメキシコとなった。 2019.07.24 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表MFログが買い取り義務付きレンタルでカリアリに加入

カリアリは23日、ナポリのクロアチア代表MFマルコ・ログ(24)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は1500万ユーロ(約18億円)で、ログとは既に2024年6月30日までの5年契約を結んでいるとのことだ。 18歳の時にクロアチア3部リーグでデビューを飾ったログは、2013-14シーズンに17ゴールを記録して翌シーズンに1部のRNKスプリトに移籍。さらに翌年には名門ディナモ・ザグレブに加入するなど、順調にステップアップを果たした。ナポリには2016年夏に加わったが出場機会に恵まれず、昨季後半はセビージャにレンタル移籍。セビージャではリーガエスパニョーラ10試合に出場していた。 2019.07.24 05:46 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、ラ・マシア退団の逸材MFシャビ・シモンズとプロ契約を締結!

パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、バルセロナの下部組織を退団したU-16オランダ代表MFシャビ・シモンズ(16)とプロ契約を結んだことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 かつて京都パープルサンガ(京都サンガF.C.)に在籍した“レジ”の登録名で知られる、FWレジリオ・シモンズが父親のシャビは、幼少期からバルセロナの下部組織ラ・マシアに在籍しU-16オランダ代表としてもプレーする逸材。 その圧倒的なドリブル、攻撃センスと共にブロンドのカーリーヘアーという特徴的な見た目もあって、バルセロナも将来のスター候補と見込んでいた。しかし、シャビ・シモンズの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏との交渉が難航していることが伝えられると、 23日に同選手がツイッターでバルセロナ退団を伝えていた。 2019.07.24 04:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、クラブ史上最高額でホッフェンハイムFWジョエリントンを獲得! 武藤の新たなライバルに

ニューカッスルは23日、ホッフェンハイムからブラジル人FWジョエリントン(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までの6年となる。 ニューカッスルは具体的な金額に関して伏せているものの、ジョエリントン獲得にクラブ史上最高額の移籍金を支払ったと伝えており、イギリス『スカイ・スポーツ』は今回の移籍金に関して、4000万ポンド(約54億円)と推定している。 ニューカッスルへ移籍の決まったジョエリントンは、クラブの公式サイトで喜びを語っている。 「ニューカッスルへ加入出来て本当に嬉しいよ。クラブが僕のために多くの移籍金を投資をしたことは知っているし、とても大きな責任を感じている。これに応えるため、早くピッチで活躍したい。僕は今とてもモチベーションの高いんだ」 186cmの恵まれた体躯を生かしたキープ力や利他的なプレーに加え、ブラジル人らしいドリブルテクニックに長けた万能型ストライカーのジョエリントンは、2015年に母国のスポルチ・レシフェからホッフェンハイムに加入。だが、初のヨーロッパ挑戦とよりレベルの高いブンデスリーガに順応できず、直近2シーズンはオーストリアのラピド・ウィーンに武者修行に出ていた。そのラピド・ウィーンでは公式戦79試合に出場し、21ゴール9アシストの数字を記録。 そして、昨夏満を持して復帰を果たすと、昨シーズンは公式戦35試合で11ゴール9アシストの数字を残していた。 2019.07.24 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオがマラガMFジョニーの獲得を正式発表! 昨季はアラベスで乾とプレー

ラツィオは23日、マラガからスペイン人MFジョニー(28)の獲得を正式発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となる。なお、移籍金などは発表されていないが『フットボール・イタリア』によれば、250万ユーロ(約3億円)になると報じている。 2週間前にメディカルチェックをパスし、すでにラツィオのトレーニングに参加していたジョニー。21日に行われたプレシーズンマッチのウニオーネ・トリエスティーナ戦にも後半から出場していた。 2016年夏にスポルティング・ヒホンからマラガに完全移籍した左サイドアタッカーのレフティーは、マラガでは出場機会に恵まれなかった中、2018年冬にヒホンへレンタルで復帰。そして2018年夏にアラベスへレンタル移籍し、2018-19シーズンはリーガエスパニョーラで36試合に出場して4ゴール11アシストと大活躍。日本代表MF乾貴士とは両翼からの仕掛けで攻撃の要を担い、11位でシーズンを終えたチームの主力として存在感を見せていた。 2019.07.24 01:05 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース