遠藤航負傷交代も…シント=トロイデンが逆転勝利でシーズン締めくくる《ジュピラー・プロ・リーグ》2019.05.19 16:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンは19日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグプレーオフ2・グループA最終節でウェルステロ―をホームに迎え、2-1で勝利した。日本代表のDF冨安健洋と鎌田大地はフル出場。同国代表DF遠藤航は21分まで、MF関根貴大は71分までプレーし、FW木下康介は71分から出場した。プレーオフ2では、レギュラーシーズンの7位から12位チームと2部リーグ上位3位を加えた12クラブを2つのグループに分けてホーム&アウェイの総当たり戦を実施。その後、両グループの1位が激突し、勝者がプレーオフ1の4位クラブとホーム&アウェイで対戦。その試合での勝者にヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の出場権が与えられる。

すでにグループA敗退が決定しているシント・トロイデンだが、前半半ばに差し掛かるところで遠藤が競り合いの際に足を痛めて負傷交代する事態に見舞われる。

すると43分、自陣右サイドからのロングボールをファーサイドで折り返されると、ゴール前のデ・サートがクリアミス。左足に当てたボールはゴールに吸い込まれてしまい、先制点を許してしまう。

それでも試合を通して60パーセント以上の支配率でチャンスを作り続けるシント=トロイデンアは73分、ヤンセンスの横パスを受けたデ・サートがボックス手前から右足を振り抜く。ブロックをしようとした相手DF2人の足に当たるも、コースが変わったボールはゴール左に突き刺さった。

デ・サートのオウンゴールを帳消しとする同点ゴールで試合を振り出しに戻すと、79分には味方がボックス内で倒されて、VARの末にPKを獲得する。しかし、キッカーを務めたボタカのシュートはGKにコースを読まれてしまい、逆転には至らない。

それでも88分、ボックス右外のボタカがドリブルからボックス右手前のヤンセンスに預けると、右足を一閃。低い弾道のシュートがGKのニアサイドを射抜き、2-1とシント=トロイデンが逆転に成功した。

試合はそのまま2-1で終了。リーグ最終戦を白星で締めくくった。

シント=トロイデン 2-1 ウェルステロ―
【シント=トロイデン】
デ・サート(後28)
ヤンセンス(後43)
【ウェルステロ―】
OG(前43)
コメント
関連ニュース
thumb

冨安健洋のボローニャ移籍は決定的? 敏腕SDが就任会見で匂わす

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋(20)のボローニャ移籍が近づいているようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えた。 2016年にアビスパ福岡でプロキャリアをスタートし、2018年1月にシント=トロイデンに加入した冨安。優れたフィジカルを生かした対人能力と巧みなビルドアップを武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場した。 また、2018年10月にデビューを飾った日本代表でも、先日の代表ウィーク2試合、日本時間18日に行われたコパ・アメリカグループC第1節のチリ代表戦でフル出場を果たすなど、すでに欠かせない存在となっている。 先日、そんな冨安に対して、今シーズンのセリエAを10位で終えたボローニャが獲得に興味を示しており、すでに接触していることが伝えられた。そして今回の報道によれば、移籍金600万ユーロ(約7億2000万円)で交渉が完了する見込みだという。 ボローニャでは18日、パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現ローマ)、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)、ローマ時代にはブラジル代表DFマルキーニョス(現パリ・サンジェルマン)、モロッコ代表DFメーディ・ベナティア(現アル・ドゥハイル)など多くの好タレントを発掘してきたワルテル・サバティーニ氏がスポーツディレクターに就任した。 その就任会見で、サバティーニSDは「(エリック・)プルガルが(コパ・アメリカの日本戦で)ゴールしたね。それは誰がマークしたんだい? 我々の日本人だったかい?」と冗談交じりに話していたという。同メディアは、『冨安はボローニャのユニフォームを着ることになるだろう』と締めた。 2019.06.19 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安健洋、セリエA挑戦か 敏腕SD就任間近のボローニャが興味

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋(20)にセリエA挑戦の可能性が浮上した。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 2016年にアビスパ福岡でプロキャリアをスタートし、2018年1月にシント=トロイデンに加入した冨安。優れたフィジカルを生かした対人能力と巧みなビルドアップを武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場した。また、2018年10月にデビューを飾った日本代表でも、先日の代表ウィーク2試合でフル出場を果たすなど、すでに欠かせない存在となっている。 そんな冨安に対して、今シーズンのセリエAを10位で終えたボローニャが獲得に興味。すでにシント=トロイデンに接触していることも併せて伝えられており、同メディアは冨安を「日本でトップ3に入るタレント」と評価している。 なお、ボローニャでは現在、サンプロドリアでテクニカルディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏のスポーツディレクター就任が間近に。同氏はパレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現ローマ)、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)、ローマ時代にはブラジル代表DFマルキーニョス(現パリ・サンジェルマン)、モロッコ代表DFメーディ・ベナティア(現アル・ドゥハイル)など多くの好タレントを発掘してきた敏腕SDだ。 既報によれば、シント=トロイデン側は、冨安の慰留が困難であることをすでに理解しており、現在は後釜探しに奔走中。同クラブ退団は濃厚と見られているが、果たして、冨安のセリエA移籍は実現するのだろうか。 2019.06.11 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「正直ちょっと長すぎたかなと思った」先制点アシストのDF冨安健洋、永井の快速に驚き《キリンチャレンジカップ》

日本代表(FIFAランキング26位)は9日、ひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表(同71位)戦に臨み、2-0で勝利した。 試合後、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)がミックスゾーンでの取材に応対。先制点をアシストした場面を振り返り、パスが「ちょっと長すぎた」と思ったことを明かすも、FW永井謙佑(FC東京)の快速ぶりに驚愕している。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0ep1nsivza116abgdq23ipmt" async></script> </div> ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) ──試合内容に改善が見られた。1点目も自身のパスからだったが 「今日の相手で言えば、フォワード脇というか、外というよりも内側にポジション取ってボール受けた方がいいなと。前半少ししてからそっちの方がいいなと思いました。中でボールを受ける回数を増やしてやったのが良かったのかなと思います」 ──1点目は自身のパスからだが 「そうですね。1点目は正直、ちょっと長すぎたかなと思いました。けどやっぱ速いですね。速いので、あそこを取れば、相手にとって嫌だと思います。出してからはもう永井(謙佑)さんの個人技で得点に繋げてくれましたけど、あそこを取るという意識は持っていたいですし、うまく得点に繋がって良かったかなと思います」 ──3バックをやりながら元々の4バックも試した。この2試合通じてのチームとしての戦術の浸透具合や手応えは? 「3バックをある程度の時間、長い時間、実戦でやることができたというのは今後に繋がると思います。また3バックをやるにしても4バックをやるにしても、ベースは変わらないと思います」 「森保さんも言っていますけど、戦うところというか、そこのベースは変わらないので。3バックでは3バックの、4バックでは4バックの良いところを伸ばしていければ良いかなというふうに思ってます」 2019.06.10 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンが日本代表DF冨安健洋の後釜を確保へ…フランス2部のセネガル人

シント=トロイデンが、新たなセンターバックを確保しに動いているようだ。ベルギー『Het Nieuwsblad』が報じた。 今シーズンのベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで躍進を見せたシント=トロイデンは、レギュラーリーグを7位で終了。プレーオフ2-Aに進出し、2位で終えていた。 日本代表のDF冨安健洋、MF遠藤航、FW鎌田大地に加え、MF関根貴大、FW木下康介と日本人が5名所属。そんな中、冨安の移籍がシーズン中から取り沙汰されており、その代役を探しているとのことだ。 シント=トロイデンが注視しているのは、リーグ・ドゥ(フランス2部)のナンシーに所属するセネガル代表DFモドゥ・ディアニェ(25)。ナンシーの下部組織育ちで、今シーズンはリーグ・ドゥで15試合に出場し1ゴールを記録していた。 すでに交渉はスタートしており、移籍金は80万ユーロ(約9730万円)とのことだ。 なお、冨安は市場価格として900万ユーロ(約10億9500万円)の価値があるといい、チームとしても適正価格ならば売りに出すことを考えているとのことだ。 後釜の確保にクラブが動いている以上は、冨安の退団は濃厚。果たして、どのチームへと移籍するのか注目だ。 2019.06.04 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

DF冨安健洋、2試合は無失点をテーマに…コパ・アメリカは「良い時間にしないと」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は2日、5日に行われるトリニダード・トバゴ代表とのキリンチャレンジカップ2019に向けて、試合会場となる豊田スタジアムでトレーニングを実施した。 トレーニング終了後、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)がメディア陣の取材に応対。今回の代表ウィークでは、「無失点に抑えること」をテーマにしたいと明かした。 ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) ──2カ月ぶりに代表に戻ってきて、今回ベテランの選手が招集されるなど、少し雰囲気も違うと思うが 「変わらずというか、みんなで楽しく(できています)。練習の時は激しくやっていますけどね」 ──(コパ・アメリカを除けば)ワールドカップ予選が始まる前の最後の試合になるが 「今回は(招集されている)メンバーもいつもより多いですし、より多くの選手に森保さん(森保一監督)のやりたいことを伝えたいという意図があってことだと思います。全員が試合に出られる訳ではないので、そこの競争というのも求めているのかなと思います」 ──その中でご自身がこの2試合で表現したいことは 「これまでと変わらず。まだ余裕を持って周りのことを気にしている暇がないので、自分のできることに集中したいです。守備ではしっかりと無失点に抑えること、それはチーム全体で、特にディフェンス陣で話しながらやらなくてはいけません」 「あとはビルドアップのところで、攻撃のスイッチとなれるようにというのは意識してやりたいです」 ──余裕がないようには見えないが 「いや余裕はないです(笑) 人のことを気にしている余裕がないですし、余裕が出てくるのには時間がかかると思います」 ──これまではMF堂安律(フローニンヘン/オランダ)と2人が一番年齢だったと思うが、下の選手たちが入ってきて何か心境は変わったか 「(新しい)人が入ってきましたけど、別に気にしてないというか、困っていることがあれば、何かサポートをできればと思います。さっきも言ったようにまだ余裕がないので(笑) いつも通りという感じです」 ──このメンバーからコパ・アメリカに行くのは8人。自身も入っているが、行きたいという気持ちは強かったか 「五輪世代の選手が多いですけど、そういった真剣勝負の舞台で試合ができる、格上のチームとできるというのは滅多にない機会だと思います。(東京五輪は)1年後なので、チームとしても個人としても良い時間にしないといけないと思います」 2019.06.03 23:45 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース