【ブンデス最終節プレビュー】バイエルン、引き分け以上で7連覇濃厚! 逆転優勝に懸けるドルトムントはCL出場懸かるボルシアMGと対戦2019.05.17 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節はバイエルンがライプツィヒに引き分け、ドルトムントがデュッセルドルフに勝利したことで7連覇は最終節にお預けとなった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではフランクフルトが敗れて6位に後退。ボルシアMGがCL圏内の4位に浮上し、レバークーゼンが同勝ち点で追走している。そして日本人が所属するハノーファーとニュルンベルクの降格が決まった。土曜22:30一斉キックオフとなる最終節、バイエルンはフランクフルトと、ドルトムントはボルシアMGと対戦する。前節ライプツィヒ戦を微妙なVARの判定によってゴレツカのゴールを取り消され、ゴールレスドローに終わった首位バイエルン(勝ち点75)。それでも、2ポイント差のドルトムントとの得失点差が17あることから、ホームで行われる最終節のフランクフルト戦を引き分けても7連覇がほぼ確実な情勢となっている。ヨーロッパリーグ決勝進出を逃し、CL出場圏内からも脱落して意気消沈している6位フランクフルト(勝ち点54)に対して、負けなければ優勝という条件の中、ホームで確実に優勝を決められるか。

一方、控えGKヒッツのミスもあって10人となったデュッセルドルフに苦戦しつつも勝利した2位ドルトムント(勝ち点73)は、勝利した上でバイエルンが敗戦することが逆転優勝の条件となる。ただ、対戦相手はCL出場権獲得に意気上がる4位のボルシアMG(勝ち点55)。しかもアウェイでの試合となり、かなりの苦戦が予想されるが、出場停止が明けるロイスの活躍で何とか逆転優勝の望みに懸けたい。

CL出場権争いではボルシアMGと同勝ち点で並ぶレバークーゼンにも注目だ。前節シャルケ戦を圧倒しながらも引き分けて4位浮上を逃した5位レバークーゼン(勝ち点55)は、10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点43)とのアウェイ戦に臨む。ボルシアMGとは得失点差で2下回っているが、ドルトムントと対戦することを考えれば、レバークーゼンは勝利すれば4位滑り込みの可能性が十分にある状況だ。まずはダルダイ監督の勇退以外に何も懸かっていないヘルタに勝利し、吉報を待ちたい。

その他、DFBポカール決勝に勝ち上がっているのがバイエルンとライプツィヒの上位勢であることから、7位までに与えられるEL出場権争いでは、7位ヴォルフスブルク(勝ち点52)、8位ホッフェンハイム(勝ち点51)、そして大迫の9位ブレーメン(勝ち点50)まで可能性がある状況だ。勝利すればEL出場権獲得となるヴォルフスブルクは14位アウグスブルク(勝ち点32)と、ホッフェンハイムは12位マインツ(勝ち点40)と、ブレーメンは3位ライプツィヒ(勝ち点66)とそれぞれ対戦するが、どのような結末を迎えるか。

◆ブンデスリーガ最終節
▽5/18(土)
《22:30》
デュッセルドルフ vs ハノーファー
ヴォルフスブルク vs アウグスブルク
マインツ vs ホッフェンハイム
フライブルク vs ニュルンベルク
ブレーメン vs ライプツィヒ
ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン
ボルシアMG vs ドルトムント
シャルケ vs シュツットガルト
バイエルン vs フランクフルト
コメント
関連ニュース
thumb

フライブルク、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨンを獲得!

フライブルクは19日、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間や移籍金に関する詳細は非公表となっている。 2017年に韓国の仁川ユナイテッドFCからバイエルンのユースに加入したチョン・ウヨンは、左右のウイングを主戦場とする右利きのアタッカー。バイエルンのリザーブチームでの活躍をキッカケに、昨年11月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのベンフィカ戦でトップチームデビュー。 また、スピードとテクニックに優れる“ソン・フンミン2世”は、今年3月に行われたボルシアMG戦でブンデスリーガデビューも飾っていた。 フライブルクでマネージャーを務めるヨヘン・ザイアー氏は、チョン・ウヨンに大きな期待を抱いている。 「ウヨンは韓国で最も才能のある若手の1人だ。彼のプレーを楽しむ姿勢、状況やスペースに対する良い感覚はその若さを考えれば特筆すべきものだ。我々は彼と一緒になって1人前のブンデスリーガに育て上げたいと思っている。そのための時間を与える準備もできている」 一方、フライブルク加入が決定したチョン・ウヨンは新天地での意気込みを語っている。 「新たな挑戦をとても楽しみにしているよ。同時にこの移籍を認めてくれたバイエルンに感謝したい。フライブルクは若いプレーヤーが成長していくうえで素晴らしい場所だと思っているよ。個人的にはクラブが素晴らしいシーズンを送る助けになりたいと思っているよ」 2019.06.20 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

フンメルスの復帰でバイエルンとドルトムントが基本合意! 3年ぶりに古巣復帰

バイエルンとドルトムントは19日、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)が復帰することで基本合意に達したことを発表した。 フンメルスは、バイエルンの下部組織出身で、2007年1月にトップチームへ昇格。しかし、トップチームではほとんど出場機会を得ることなく、1年後の2008年1月にドルトムントへとレンタル移籍。2009年7月に完全移籍していた。 ドルトムントではディフェンスの要として長年プレーし、公式戦309試合に出場し25ゴール16アシストを記録。ユルゲン・クロップ監督の下ではブンデスリーガを連覇するなどタイトルを獲得していた。 しかし、2016年7月に古巣のバイエルンへと完全移籍。復帰1年目からディフェンスラインの軸としてプレー。今シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し1ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグで6試合に出場し1ゴールを記録していた。 なお、バイエルンとドルトムントは移籍の内容に関しては明かさないことでも合意しているとのこと。フンメルスはメディカルチェック後に正式に復帰となる。 2019.06.19 22:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ロドリ、アトレティコからの移籍を希望…シティ&バイエルンの争奪戦に拍車

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の移籍希望を報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、今シーズンの活躍ぶりを受け、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜を探すマンチェスター・シティのほか、バイエルンの関心が浮上している状況だ。 そのロドリの代理人は、アトレティコ・マドリーの最高経営責任者(CEO)を務めるミゲル・アンヘル・ギル・マリン氏との会談で、選手の移籍希望を伝達。さらに、他クラブとの交渉許可を求めた模様だ。 なお、ロドリとアトレティコ・マドリーの契約に存在する解除条項額は、7000万ユーロ(約84億8000万円)。シティ、バイエルンともに同額を支払う意向だという。 2019.06.18 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人がバイエルン移籍説を突っぱねる

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)のバイエルン移籍は現時点で非現実的なのかもしれない。アメリカ『ESPN』が報じた。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。高額給与や移籍金が原因で獲得に名乗り上げるクラブが少ないことが指摘されるなか、長らくリンクしたマンチェスター・ユナイテッドの争奪戦撤退も明らかになっており、今後の動向がより不鮮明になりつつある。 そうした状況のなか、一部イギリスメディアが先日、ベイルに対するバイエルンの関心を報道。退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンと、元フランス代表MFフランク・リベリに代わる新たなサイドアタッカーとして、1年間のレンタルを希望しているとの見方が浮上している。 だが、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は、イギリスで「くだらない」「ありえない」「馬鹿げている」という意味で使われる「rubbish=ゴミ」とのフレーズを口にして、バイエルン移籍の実現性を否定したという。 なお、ベイルは3年間の契約を残すレアル・マドリー残留を希望しているとみられており、先日に代理人がその意向を明かしている。 2019.06.18 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レンタルでのベイル獲得に興味! 高額年俸も負担へ

バイエルンが、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2013年にトッテナムからマドリーに加入したベイル。今シーズンの公式戦42試合で14ゴール6アシストをマークしたが、負傷癖に加えて、割に合わない高額な年俸を貰っていることがマドリディスタの反感を買ってしまっている。 2022年まで契約を残すベイルはマドリーに残留したいと公言。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外となっていることが報じられており、今夏の放出候補として真っ先に名が挙がっている状況だ。 そのベイルを今夏での退団が決まっている元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の後釜として、ニコ・コバチ監督がレンタル移籍でチームに加えたいと考えているという。ネックとなっている週給35万ポンド(約4700万円)という高額な年俸もバイエルンが負担する意向のようだ。 2019.06.16 21:33 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース