ベンフィカが今季で契約切れのギリシャ代表MFと4年間の新契約締結2019.05.15 12:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカは14日、ギリシャ代表MFアンドレアス・サマリス(29)との契約延長を発表した。新契約は2023年までとなる。

サマリスは、2014年8月にオリンピアコスからベンフィカに完全移籍で加入。これまで公式戦通算161試合に出場し5ゴール9アシストを記録。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで18試合に出場し2ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグでは3試合に出場していた。

現契約は今シーズン終了後に切れる予定だったが、4年間の新契約を手にしたサマリスは、今回の契約延長を喜んでいる。

「僕の頭に最初に浮かんだ言葉は、幸せだということだ。そして、ベンフィカのために契約を更新できたことを誇りに思う。あと4年間はここに残るつもりだ。自分の仕事を誇りに思う」

サマリスは、ギリシャ代表としても2013年10月15日のワールドカップ予選、リヒテンシュタイン代表選でデビュー。これまで35試合に出場し1ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでも2試合プレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ベンフィカが9連勝で2季ぶり37回目のリーグ制覇!《プリメイラ・リーガ》

ベンフィカは18日、プリメイラ・リーガ最終節でサンタクララと対戦し4-1で勝利。2シーズンのリーグ優勝を達成した。 リーグ戦8連勝中の首位ベンフィカ(勝ち点84)が、9位サンタクララをホームに迎えた一戦。この試合を勝利すれば2シーズンぶりの優勝の決まるベンフィカは16分、サマリスのパスでゴール前に抜け出したセフェロビッチが絶妙なトラップから左足でゴールネットを揺らし先制。 このゴールで勢いづくベンフィカは、23分にジョアン・フェリックスのゴールで追加点を奪うと、39分にもラファ・シウバがゴールネットを揺らし、3点目を奪う。 後半に入っても主導権を握るベンフィカは、56分にグリマルドの左クロスからゴール前に走り込んだセフェロビッチがボレーシュートを沈め、試合を決定付ける4点目。 その後、ベンフィカは59分にセットプレーからサンタクララに1点を返されたが、試合は4-1のまま終了のホイッスル。今季最終戦をホームで快勝したベンフィカが、2シーズンぶり37回目のリーグ優勝を飾った。 2019.05.19 04:39 Sun
twitterfacebook
thumb

今夏退団濃厚のシレッセンに意外な新天地候補! ベンフィカが正GKとして獲得に関心

ベンフィカがバルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『A Bola』、『Record』が伝えている。 オランダ代表として48キャップを誇るシレッセン。2016年夏にアヤックスからバルセロナに加入したが、ドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンの存在もあって、今シーズンもカップ要員としての出場が続いており、リーガエスパニョーラでの出場はわずかに1試合となっている。 そして、シレッセンは先日、オランダ『Ziggo Sport』のインタビューで、「まずは休暇を過ごす。それと、新たなクラブが見つかることを願う。プレーしたいからね」と、今夏の移籍希望を公言している。 そのシレッセンに関してはイタリアやイングランド勢などからの関心が伝えられているものの、ここまで具体的な動きはない。 しかし、ポルトガルの2つのメディアが伝えるところによれば、ベンフィカがシレッセンを来季からの正GKとして招へいすることを検討しているようだ。 現在、2年ぶりのリーグ制覇に向けてポルトと勝ち点2差の首位に立っているベンフィカだが、ベルギー人GKミル・スヴィラール、ギリシャ代表GKオディセアス・ヴラチョディモスの2選手のパフォーマンスに満足しておらず、新たな守護神獲得に動いている。 2019.05.11 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、フェルナンジーニョ&シルバ後継者にポルトガルの逸材2人を指名?

マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)と、ベンフィカに所属するポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)の両獲りを目指す可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 シティの中盤では現在、ブラジル代表MFフェルナンジーニョが34歳、元スペイン代表MFダビド・シルバが33歳を迎え、年齢を考慮する時期に突入。そのため、同クラブは後釜探しに奔走している。 最近、同メディアは、シティがフェルナンジーニョの後継者として関心を寄せているスポルティングのブルーノ・フェルナンデスと移籍金5000万ポンド(約72億5000万円)から6000万ポンド(約87億円)の間で、合意に迫っていることを報道。同選手自身もシティ加入に前向きのようで移籍に近づいていることが伝えられている。 そして今回伝えられるところによると、シティはブルーノ・フェルナンデスとの交渉がまとまり次第、ベンフィカの逸材であるフェリックスをシルバの後継者として、獲得に動く可能性があるようだ。 フェリックスは、ポルトガル国内でユベントスに所属する同国のスターFWクリスティアーノ・ロナウド以来の同国サッカー界最大の天才と評されている。今シーズンはここまで公式戦41試合18ゴール11アシストを記録している。 一方、獲得に迫るブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入。今シーズンの公式戦50試合で31ゴール17アシストと圧巻のパフォーマンスを披露している。 2019.05.08 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが新星ジョアン・フェリックス獲得に本腰? ベギリスタインSDが両親と接触か

マンチェスター・シティがベンフィカに所属するポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)の獲得に本腰を入れているようだ。 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続くスター候補として脚光を浴びるフェリックス。今シーズンはここまで公式戦40試合に出場して18ゴール11アシストを記録し、先日のヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のフランクフルト戦ではEL史上最年少でのハットトリックを達成していた。 その逸材に関しては宿敵マンチェスター・ユナイテッドやユベントス、バイエルン、レアル・マドリーなど錚々たるビッグクラブが関心を寄せている。 その中でシティは逸材確保に向けて最も積極的な動きを見せているようだ。 ポルトガル『Record』が伝えるところによれば、シティでスポーツ・ディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏は、先日にリスボンでフェリックスの両親と直接話し合いの場を設けて、シティ移籍に向けたプレゼンを行ったようだ。 なお、2020年までの契約を残すフェリックスに関しては1億2000万ユーロ(約150億円)に契約解除金が設定されているが、そのポテンシャルを考えれば、獲得に動く可能性は高そうだ。 2019.05.04 20:09 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、CB問題にポルトガルの逸材に関心か

マンチェスター・ユナイテッドが、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・ディアス(21)に関心を寄せているようだ。ポルトガル『レコルド』の情報を引用してイギリス『ミラー』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で来シーズンの巻き返しを目指すユナイテッドは、今夏に大型補強に動く可能性が伝えられている。その中で優先度が高いとされているのがセンターバックだ。 これまで、候補として、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリやローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスらの名前が挙がっていた。しかし、今回伝えられるところによれば、新たにルベン・ディアスにも関心を寄せているようだ。 ベンフィカ下部組織出身のルベン・ディアスは187cmの恵まれた体躯と優れた身体能力、守備センスやボール扱いにも長けた現代型のセンターバック。今シーズンの公式戦53試合に出場して4ゴール3アシストを記録している。 ユナイテッドはこのポルトガル代表DFを高く評価しており、獲得に向けてすでに交渉を開始。とはいえ、ルベン・ディアスには多くのクラブが関心を示しており、現在、その争奪戦でユベントスがリードしていることからユナイテッドは、迅速に話し合いを進める必要があると同メディアは見解を示している。 なお、ルベン・ディアスの契約解除金は6000万ユーロ(約74億6000万円)。果たして、ユナイテッドはこの争奪戦をひっくり返し、獲得を実現することが出来るだろうか。 2019.05.03 20:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース