ベンフィカが今季で契約切れのギリシャ代表MFと4年間の新契約締結2019.05.15 12:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカは14日、ギリシャ代表MFアンドレアス・サマリス(29)との契約延長を発表した。新契約は2023年までとなる。サマリスは、2014年8月にオリンピアコスからベンフィカに完全移籍で加入。これまで公式戦通算161試合に出場し5ゴール9アシストを記録。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで18試合に出場し2ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグでは3試合に出場していた。

現契約は今シーズン終了後に切れる予定だったが、4年間の新契約を手にしたサマリスは、今回の契約延長を喜んでいる。

「僕の頭に最初に浮かんだ言葉は、幸せだということだ。そして、ベンフィカのために契約を更新できたことを誇りに思う。あと4年間はここに残るつもりだ。自分の仕事を誇りに思う」

サマリスは、ギリシャ代表としても2013年10月15日のワールドカップ予選、リヒテンシュタイン代表選でデビュー。これまで35試合に出場し1ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでも2試合プレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ボカ・ジュニアーズ、ベンフィカからサルビオを獲得! 9年ぶりの母国帰還に

ボカ・ジュニアーズは18日、ベンフィカからアルゼンチン代表MFエドゥアルド・サルビオ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。 2008年にアルゼンチンのラヌースでキャリアをスタートさせたサルビオは、2010年1月にアトレティコ・マドリーに移籍。途中加入となった2009-10年シーズンはリーガエスパニョーラ13試合に出場も、外国人枠の関係で2011年にベンフィカにレンタル移籍し、翌年に完全移籍となった。 ベンフィカではサイドのスペシャリストとして公式戦266試合に出場で62ゴール54アシストを記録。昨シーズンは公式戦28試合で6ゴール5アシストの数字を残し、今年1月には2022年まで契約を更新していた。 なお、サルビオの獲得に成功したボカに関しては、今週末にも元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)の加入が噂されている。 2019.07.19 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

メディカルチェック失敗のペリン、治療後12月にベンフィカ移籍か

ベンフィカは18日、ユベントスのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)のメディカルチェックに問題があったとし、移籍のオペレーションを延期したことを発表した。 ただ、『フットボール・イタリア』によればユベントスで治療を受けた後、12月か1月にベンフィカに移籍する運びとなるようだ。 移籍金1500万ユーロ(約18億1000万円)で、ベンフィカと5年契約を結ぶと報じられていたペリンだが、過去に両ヒザのじん帯を断裂していたことや右肩に手術を受けていたことが問題となったようだ。 2018年夏にジェノアから加入したペリンだったが、今夏にパリ・サンジェルマンからレジェンドのGKジャンルイジ・ブッフォンが復帰。昨季、守護神を務めていたGKヴォイチェフ・シュチェスニーもおり、ペリンは移籍先を探していた。 2019.07.19 04:36 Fri
twitterfacebook
thumb

ペリン、メディカルチェック通らずベンフィカ移籍は破談か

ベンフィカへの移籍が確実と見られていたユベントスのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)がメディカルチェックを通らなかったようだ。ポルトガルメディアが伝えている。 移籍金1500万ユーロ(約18億1000万円)で、ベンフィカと5年契約を結ぶと報じられていたペリンだが、過去に両ヒザのじん帯を断裂していたことや右肩に手術を受けていたことが影響したのか、メディカルチェックをパスできなかったようだ。 2018年夏にジェノアから加入したペリンだったが、今夏にパリ・サンジェルマンからレジェンドのGKジャンルイジ・ブッフォンが復帰。昨季、守護神を務めていたGKヴォイチェフ・シュチェスニーもおり、出場機会が限られるペリンは移籍先を探していた。 2019.07.19 03:09 Fri
twitterfacebook
thumb

ブッフォン復帰でペリンはベンフィカへ

ユベントスのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)のベンフィカ移籍が迫っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』が伝えている。 2018年にジェノアから加入したペリン。イタリア各年代の代表に名を連ねてきた経験豊富なGKだが、ユベントスではヴォイチェフ・シュチェスニーの牙城を崩せず、リーグ戦9試合の出場に留まった。さらに今夏にはパリ・サンジェルマンからレジェンド、ジャンルイジ・ブッフォンが復帰。同選手がベンチもしくはスタメンに名を連ねることは濃厚だ。 そのためペリンは、自身に興味を示し続けていた元ポルトガル代表MFのマヌエル・ルイ・コスタ氏がスポーツ・ディレクターを務めるベンフィカへの移籍を決めたという。『ジャンルカ・ディマルツィオ』によると、契約にはユベントスが1500万ユーロ(約18憶2700万円)で買い戻しができる条件が付いているようだ。 また、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ベンフィカは1000万ユーロ(約12憶1800万円)の移籍金を提示。年俸は250万ユーロ(約3億円)と伝えられている。 2019.07.14 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ルベン・ジアスに再熱か

アーセナルが、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・ジアス(22)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 アーセナルでは現在、移籍を希望しているキャプテンの元フランス代表DFローラン・コシエルニーがプレシーズンツアーへの参加を拒否。水面下でメインターゲットであるサンテチェンヌのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)の獲得が目前に迫っているというが、2020年夏加入の可能性が指摘されており、コシエルニー次第で現有センターバックの枚数が減る事態に陥っている。 そのため、即戦力のセンターバック確保が急務となっているアーセナルは、以前にも目を光らせていたルベン・ジアスに再び関心を示しているという。しかし、ベンフィカとの契約を2023年まで残す同選手の契約解除金は推定5400万ポンド(約73億2000万円)。4500万ポンド(約60億9000万円)程度の補強資金しかないガナーズにとっては、難しいオペレーションになるようだ。 ベンフィカ下部組織出身のルベン・ジアスは187cmの恵まれた体躯と優れた身体能力、守備センスやボール扱いにも長けた現代型のセンターバック。2018-19シーズンは公式戦55試合に出場した。 2019.07.13 14:32 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース