複数クラブ興味のボカの新星・アルメンドラ、移籍先決定か2019.05.14 12:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパの複数クラブが獲得に興味を示しているボカ・ジュニアーズのU-20アルゼンチン代表MFアグスティン・アルメンドラ(19)だが、どうやら行き先が決まる可能性があるようだ。アルメンドラには、バルセロナ、インテル、バレンシアが1月に興味を示していたものの移籍は決まらず。引き続き興味を持っている状況だ。

そんな中、ボカ・ジュニアーズのダニエル・アンジェリチ会長がアルゼンチン『Radio La Red』で興味深いコメントを残し、移籍先の最右翼がナポリであることを明かした。

「いくつかのクラブがアルメンドラに興味を示しているが、ナポリがこれまでに受け取った中で最も具体的なオファーを出してきた」

「我々はオファーについて分析しているが、彼はがクラブを去る可能性は非常に高いだろう」

アルメンドラの市場価値は2500万ユーロ(約30億7700万円)と見られており、ナポリのオファーがどの程度のものかは明かされていないものの、考慮するほどの提示額だったことが予想されている。ナポリは1年以上アルメンドラを追い続けており、交渉も順調と見られている。

アルメンドラは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2018年1月にトップチームへ昇格。今シーズンはプレミア・ディビジョンで15試合に出場し1ゴール1アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでは4試合に出場していた。

また、世代別のアルゼンチン代表を経験し、U-20アルゼンチン代表としても5試合に出場。3月に行われたU-20日本代表との試合にも出場しており、今月開幕するU-20ワールドカップメンバーにも選出されている。
コメント
関連ニュース
thumb

「安心してくれ…」マドリー打診のファビアン・ルイスがナポリ残留の意向を表明

ナポリに所属するスペイン代表MFファビアン・ルイス(23)が、クラブへの満足感を示している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ベティス下部組織出身で2014-15シーズンにプロデビューを飾ったファビアン・ルイスは、2018年7月にナポリに完全移籍。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場し7ゴール3アシストを記録した。今月7日に行われたユーロ2020予選のフェロー諸島代表戦でもスペイン代表デビューを飾っている。 先日、ファビアン・ルイスに対して、ベティス時代から注目していたマドリーが獲得に向けてクラブに打診したとの報が。しかし、ナポリ側は「売却不可能である」と返答している。 ファビアン・ルイス本人もナポリに留まることを望んでいるようだ。ファンやクラブが作る環境に感謝し、「安心してほしい」と残留を主張している。 「僕には契約がある。そして、ここで幸せだよ。だからファンの皆には安心してほしい」 「彼らのサポートに感謝している。みんなからの愛に感謝しているし、僕を受けて入れてくれるクラブには、とてもポジティブなものを感じているんだ」 2019.06.15 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ラウール・アルビオル、スペイン帰還へ…ビジャレアル移籍が濃厚

ナポリに所属する元スペイン代表DFラウール・アルビオル(33)のビジャレアル移籍が濃厚となっているようだ。スペイン『マルカ』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 アルビオルは2013年7月にレアル・マドリーからナポリに加入した。以降、センターバックとして主力を務め、ここまで公式戦236試合に出場。今シーズンも公式戦26試合1ゴールを記録した。 そんなアルビオルをビジャレアルは契約解除金400万ユーロ(約4億8000万円)を支払って獲得する模様。アルビオル自身も、2021年6月までナポリとの契約を残しているが、同クラブでの時間は終わったと考えており、スペインへの復帰を希望しているという。 2019.06.15 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメス、67億円でユナイテッド? ナポリとの交渉難航か

マンチェスター・ユナイテッドに対して、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)を獲得する可能性があるという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 バイエルンとの2年間にわたるレンタル期間満了により、今夏退団が決定したハメス。レアル・マドリー復帰が既定路線だが、クラブは売却を希望しているため、さらなる移籍が有力だ。 その移籍先の筆頭として浮上しているのがナポリだ。レアル・マドリーや、バイエルン時代の恩師であるカルロ・アンチェロッティ氏の意向もあり、再々タッグの可能性が浮上している。 だが、レアル・マドリーは今夏、完全売却を望み、移籍金5500万ユーロ(約67億1000万円)を要求。ナポリはより低価格での獲得か、買取オプション付きのレンタルを希望しているとみられる。 そうした状況により、両者の間に相違が生じている模様。そうしたなか、ユナイテッドがハメスの支援天地になりそうな雰囲気があるというのだ。 ユナイテッドはハメスの獲得に興味を示しており、今夏の大型補強で帳尻合わせが必要なレアル・マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏の要求を満たす意向もある様子だ。 2019.06.14 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

パルマがお得意先のナポリからログ&ウナスの獲得を狙う?

パルマが、ナポリのクロアチア代表MFマルコ・ログ(23) と、アルジェリア代表MFアダム・ウナス(22)の獲得を狙っているのではないかとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。 2016年夏にディナモ・ザグレブから加入したログは今シーズン途中からセビージャにレンタル移籍。ヨーロッパリーグのラツィオ戦で初出場し、リーグ戦では10試合に出場したがインパクトを残せなかった。 一方、ウナスは2017年夏にボルドーから加入。当時はネクスト・ロッベンと言われ評価も高かったが、ナポリでは2年間で公式戦出場は39試合に留まり、今季はフル出場ゼロと苦しいシーズンを送った。 パルマはナポリから毎年のように選手を獲得しており、今シーズンもFWアマト・チチレッティ、FWロベルト・イングレーゼ、MFアルベルト・グラッシらをレンタルで獲得。そして今夏も来シーズンの補強選手としてログとウナスをレンタル候補に挙げており、少なくともどちらかの移籍が実現する可能性は高いという。 2019.06.13 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、スペイン代表デビューを飾ったナポリMFファビアン・ルイスに打診も…

レアル・マドリーが、ナポリに所属するスペイン代表MFファビアン・ルイス(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ベティス下部組織出身で2014-15シーズンにプロデビューを飾ったファビアン・ルイスは、2018年7月にナポリに完全移籍。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場し7ゴール3アシストを記録した。今月7日に行われたユーロ2020予選のフェロー諸島代表戦でもスペイン代表デビューを飾っている。 ファビアン・ルイスに対して、マドリーはベティス時代から注目。そして今回、ナポリ側に打診したという。しかし、その返答で「絶対に売却不可能」であることが伝えられたようだ。 同メディアは、ファビアン・ルイスに契約解除金が設定されていないこともあり、交渉は難しいと見解。しかし、レアル・マドリーは来冬の移籍市場以降、ナポリが同選手獲得に向けてベティスに支払った移籍金3000万ユーロ(約36億8000万円)の2倍以上となる巨額オファーで獲得に乗り出す可能性があるとも伝えている。 2019.06.12 10:15 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース