ポリターノ&ペリシッチ弾で4戦ぶりに勝利したインテルが3位を死守!《セリエA》2019.05.14 06:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは13日、セリエA第36節でキエーボと対戦し、2-0で勝利した。前節終了時点で3位のインテル(勝ち点63)が、最下位のキエーボをホームに迎えた一戦。前節、残留争い中のウディネーゼとゴールレスドローに終わったインテルは、その試合から先発4人を変更。ラウタロ・マルティネスやブロゾビッチ、デ・フライ、ダンブロージオに代えてイカルディやヴェシーノ、ミランダ、セドリックを先発で起用した。

来季のセリエB降格が決定しているキエーボに対し、立ち上がりから攻勢に出るインテル。しかし、キエーボの集中した守りに攻めあぐねる時間が続くと、22分に左CKのこぼれ球をボックス外のナインゴランがミドルシュートで狙ったが、これは相手DFに当たり枠の左に外れた。

インテルは、28分にもアサモアのスルーパスからボックス左深くまで侵入したペリシッチが左足のダイレクトシュートでゴールを脅かしたが、これはGKセンパーのブロックに阻まれた。

ハーフタイムにかけてもこう着状態が続いた中、インテルが待望の瞬間を迎える39分、ボックス中央から仕掛けたペリシッチのロストボールをボックス右手前で拾ったポリターノがカットインから左足でシュート。これが右ポストの内側に当たり、そのままゴールネットに吸い込まれた。

迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはリードするインテル。57分、右サイドでパスを受けたポリターノがカットインからミドルシュート。さらに相手GKが弾いたボールをペリシッチが詰めたが、これもGKセンパーの好セーブに阻まれた。

インテルは64分にも、中盤でボールを奪ったボルハ・バレロが素早く前線に送ると、イカルディが右サイドを持ち上がったの折り返しを供給。ボックス手前のナインゴランがワンタッチではたくと、ボックス左から侵入したペリシッチがコントロールショットでゴール右隅を狙ったが、これは右ポストを直撃した。

チャンスを逃したインテルだが76分、スルーパスで左サイドを抜け出したガリアルディーニがN・リゴーニのスライディングタックルで倒されると、N・リゴーニに2枚目のイエローカードが提示され退場処分となった。

数的有利となったインテルは86分、セドリックの縦パスでボックス右深くまで侵入したカンドレーバがライン際からマイナスにラストパス。これを再び受けたセドリックのシュートは右ポストに弾かれたが、こぼれ球をボックス中央で拾ったペリシッチが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0で終了。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾ったインテルが、再びアタランタをかわし3位を死守している。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、コパ・アメリカ選出のリシャルリソン獲得を希望? 金銭+ジョアン・マリオでオファーか

インテルがエバートンのブラジル代表FWリシャルリソン(21)の獲得を考えているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『トゥットスポルト』を引用して伝えている。 リシャルリソンは、昨夏にワトフォードからエバートンに加入すると、ここまで公式戦38試合14得点2アシストを記録。代表キャリアにおいても昨年8月にA代表デビューを飾ると、ここまで8キャップ3得点の成績を残しており、17日に発表されたコパ・アメリカ2019に臨むブラジル代表にも選出された。 そんなリシャルリソンを攻撃面の強化を目指すインテルが注視。しかし、推定移籍金が6500万ユーロ(約79億9000万円)と高額なため、同クラブは金銭+ポルトガル代表MFジョアン・マリオ(26)の譲渡での獲得を目指す可能性があるようだ。 同メディアはエバートンがリシャルリソンを手放すことについて、消極的ではあると見解。それでも以前、同クラブがジョアン・マリオの獲得に興味を持っていたことから話を聞く可能性があるかもしれないと見込んでいる。 2019.05.18 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルがUEFAとの和解協定から離脱! 来季CLorELでのフルスカッド&補強費増へ

欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する各クラブへの処分内容を開示した。 UEFAの独立財務管理委員会(CFCB)は、これまでUEFAと和解協定を結んでいたインテルとベシクタシュ、アスタナの3クラブが2016年5月(アスタナは2015年5月)からの協定内で定められたFFPの規則を遵守したことが確認されたと発表。これにより、和解協定からの離脱を認めたことを発表した。 これによって前述の3クラブはUEFAコンペティションにおける選手登録制限、出場禁止などの制裁回避と共に、FFP遵守のため移籍市場における無理な主力選手売却の状況から脱することになった。 今季、チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)に参加したインテルだったが、和解協定によって通常25名の登録が認められるA選手リストが22名に制限され、昨夏と今冬の移籍市場でも収支のバランスを取る必要があり、積極的な補強を行うことができなかった。 2019.05.18 02:03 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディがインテル残留希望を公言 「インテルに対して残留希望を伝えた」

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)が自身の公式『インスタグラム』でインテル残留希望を公言した。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、2月中旬にキャプテンをはく奪されたイカルディ。その後も戦列を離れていたこともあり、クラブとの軋轢が指摘されていた。 これによってレアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、パリ・サンジェルマン、最近ではユベントス移籍の可能性が報じられていた。しかし、イカルディは一連の報道が虚偽で、自身はインテル残留を希望していることを明かした。 「ここ最近メディアが僕の感情や希望を反映していないニュースを好き勝手に上げている。だから、この場で僕たちのサポーターに対して、僕自身がインテルに対して今後もここでプレーしたいと伝えたことを知らせたい」 「繰り返し言いたいけど、僕はインテルに対して残留したいという自分の希望を伝えた。インテルは自分の家族だと思っているし、そのうちに誰が真実を語っているかがわかるはずさ」 イカルディの今回のアピールによってインテル残留の可能性が高まったが、仮に今夏の移籍市場でクラブを去る場合、それはインテル側の都合での放出になるようだ。 2019.05.18 00:22 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第37節プレビュー】残り2試合! 4位アタランタはユーベと、3位インテルはナポリと対戦!

前節は3位インテル(勝ち点66)、4位アタランタ(勝ち点65)、5位ミラン(勝ち点62)、6位ローマ(勝ち点62)のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う4チームが揃って勝利した。残り2試合となって迎える第37節、勝利すればCL出場権獲得が決まるインテルは2位ナポリ(勝ち点76)と、クラブ史上初のCL出場へあと一歩のアタランタは王者ユベントスと、それぞれ日曜の27:30同時開催で行われる。 前節、降格の決まっている最下位キエーボを2-0と退け、4試合ぶりの勝利を飾って3位を死守したインテル。苦しみながらもナポリに勝利すればCL出場が決まる状況に持ち込んだ中、ホーム最終戦以外にモチベーションのないナポリを下して、最終節エンポリ戦を前にCL出場を決められるか。降格圏に位置するエンポリは最終節、残留の望みを懸けて死に物狂いでぶつかってくることが予想されるだけに、インテルとしてはナポリ戦でCL出場を決めたいところだ。 そして、A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けたアタランタは、ユベントスとのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。気持ちを切り替え、ホーム最終戦のユベントスを下し、4位の座を死守できるか。 後半の攻勢を凌ぎ、フィオレンティーナに逃げ切り勝利を飾って2連勝としたミランは、降格の決まっている19位フロジノーネとホームで対戦する。ピョンテクの当たりが止まり、停滞感のあるミランだが何とか勝利をもぎ取り、CL出場へ望みを繋いでいる。今節はアタランタがユベントスとの対戦となるだけに勝ち点を落とす可能性がある。ミランとしてはフロジノーネを確実に下し、アタランタにプレッシャーをかけたい。 そしてユベントスを終盤の主将フロレンツィ弾で撃破したローマは、土曜に10位サッスオーロ(勝ち点42)とのアウェイ戦に臨む。アタランタを3ポイント差で追走する中、何のモチベーションもない相手を確実に下し、上位勢にプレッシャーを与えたいところだ。 ◆セリエA第37節 ▽5/18(土) 《22:00》 ウディネーゼ vs SPAL 《25:00》 ジェノア vs カリアリ 《27:30》 サッスオーロ vs ローマ ▽5/19(日) 《19:30》 キエーボ vs サンプドリア 《22:00》 パルマ vs フィオレンティーナ エンポリ vs トリノ 《25:00》 ミラン vs フロジノーネ 《27:30》 ナポリ vs インテル ユベントス vs アタランタ ▽5/20(月) 《27:30》 ラツィオ vs ボローニャ 2019.05.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サンチェス、サラリー減額覚悟…移籍進展か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)は今夏移籍のためならば、賃金カットを受け入れる覚悟だという。イギリス『メトロ』が報じた。 2018年1月に高額サラリーでアーセナルから加入したサンチェス。クラブのシンボルナンバーである背番号「7」を託されての加入だったが、ユナイテッドの一員として実質初のフル稼働だった今シーズンのプレミアリーグにおいて、出場した20試合でわずか1得点に終わるなど、精彩を欠いた。 そうした状況を受け、ユナイテッドがサンチェスの売却を希望しているという報道が出回っているが、クラブ最高給の週給40万ポンド(約5600万円)+様々なインセンティブボーナスによる同選手の高額サラリーがネックとなり、なかなか獲得に手を挙げるクラブが見つかっていない模様だ。 だが、新天地を求めるサンチェスは、今夏の移籍交渉をスムーズに進めるためならば、サラリーカットを受け入れる姿勢。また、買取オプション付きのローン契約での手放しを考慮するユナイテッドも、サンチェスの引き取り手に対して、一部賃金を助成する意向があるようだ。 なお、サンチェスの代理人を務めるフェルナンド・フェリチェビッチ氏は既にイタリアを訪問。同選手に関心を抱くインテルやユベントスとの交渉を行ったとみられる。 2019.05.17 17:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース