ポリターノ&ペリシッチ弾で4戦ぶりに勝利したインテルが3位を死守!《セリエA》2019.05.14 06:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは13日、セリエA第36節でキエーボと対戦し、2-0で勝利した。前節終了時点で3位のインテル(勝ち点63)が、最下位のキエーボをホームに迎えた一戦。前節、残留争い中のウディネーゼとゴールレスドローに終わったインテルは、その試合から先発4人を変更。ラウタロ・マルティネスやブロゾビッチ、デ・フライ、ダンブロージオに代えてイカルディやヴェシーノ、ミランダ、セドリックを先発で起用した。

来季のセリエB降格が決定しているキエーボに対し、立ち上がりから攻勢に出るインテル。しかし、キエーボの集中した守りに攻めあぐねる時間が続くと、22分に左CKのこぼれ球をボックス外のナインゴランがミドルシュートで狙ったが、これは相手DFに当たり枠の左に外れた。

インテルは、28分にもアサモアのスルーパスからボックス左深くまで侵入したペリシッチが左足のダイレクトシュートでゴールを脅かしたが、これはGKセンパーのブロックに阻まれた。

ハーフタイムにかけてもこう着状態が続いた中、インテルが待望の瞬間を迎える39分、ボックス中央から仕掛けたペリシッチのロストボールをボックス右手前で拾ったポリターノがカットインから左足でシュート。これが右ポストの内側に当たり、そのままゴールネットに吸い込まれた。

迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはリードするインテル。57分、右サイドでパスを受けたポリターノがカットインからミドルシュート。さらに相手GKが弾いたボールをペリシッチが詰めたが、これもGKセンパーの好セーブに阻まれた。

インテルは64分にも、中盤でボールを奪ったボルハ・バレロが素早く前線に送ると、イカルディが右サイドを持ち上がったの折り返しを供給。ボックス手前のナインゴランがワンタッチではたくと、ボックス左から侵入したペリシッチがコントロールショットでゴール右隅を狙ったが、これは右ポストを直撃した。

チャンスを逃したインテルだが76分、スルーパスで左サイドを抜け出したガリアルディーニがN・リゴーニのスライディングタックルで倒されると、N・リゴーニに2枚目のイエローカードが提示され退場処分となった。

数的有利となったインテルは86分、セドリックの縦パスでボックス右深くまで侵入したカンドレーバがライン際からマイナスにラストパス。これを再び受けたセドリックのシュートは右ポストに弾かれたが、こぼれ球をボックス中央で拾ったペリシッチが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0で終了。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾ったインテルが、再びアタランタをかわし3位を死守している。
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク、移籍先として噂のインテル戦欠場へ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、20日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のインテル戦を欠場するという。イギリス『BBC』が報じた。 今夏の移籍市場でインテル行きの報道が取り沙汰されるルカク。インテルとユナイテッドの交渉が明らかになっているが、両者が主張する移籍金額でかみ合わず、滞っている。 そうしたなか、プレシーズン活動を行うユナイテッドは、オーストラリアからシンガポールに移動。そのシンガポールでルカクの移籍先として長らく挙がるインテルと対戦する。 前日会見に出席したユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ルカクの出場可否について「彼はフィットしていない。起用はできないだろう」と述べ、欠場を明かしたという。 また、ルカクを取り巻くインテル移籍の可能性についての質問も飛んだが、「新たな情報はない」と返答するにとどまったとのことだ。 なお、渦中のルカクはオーストラリアで行われたパース・グローリーやリーズ・ユナイテッドとのプレシーズンマッチも欠場している。 2019.07.20 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ「ルカクが好き」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督がマンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に言及した。イギリス『BBC』が報じた。 コンテのトップターゲットに長らく浮上するルカク。セリエA挑戦を「憧れ」だと公言する本人もインテル行きを希望している模様だが、ユナイテッドの要求額がネックとなり、交渉の停滞が明らかになっている。 そのインテルの指揮を執るコンテ監督は、20日にシンガポールで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のユナイテッド戦に向けた会見でルカクについてこう述べたという。 「君たちは私がルカクを気に入っていることを知っている。チェルシーの監督だったとき、彼を連れてこようとした。前にも言ったように、彼が好きだ。我々にとって、彼がチームを改善してくれる重要な選手だと考えているが、同時に移籍マーケットが存在する。現在の状況は把握している。どうかるか見てみよう。今のルカクはユナイテッドの選手だ」 また、プレシーズンツアーのメンバーから外したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディについてもコメント。ルカクの移籍金捻出に向けた売却が指摘される同選手について問われると、「状況は非常に明白だ。イカルディがクラブのプロジェクト外であることがね。これが現実さ」と話している。 2019.07.20 08:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ルカク獲得難航のインテル、代替案はカバーニか

インテルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)に注目しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 今夏にマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)の獲得を目指しているインテル。6000万ユーロ(約72億6000万円)+1500万ユーロ(約18億1000万円)のボーナスという条件で3年払いのオファーを打診したが、8800万ユーロ(約106億5000万円)を要求するユナイテッドとの交渉は停滞している模様だ。 そこで、インテルはルカクの代替案として、カバーニを注視しているという。昨シーズンも公式戦22試合で23ゴール9アシストを記録したベテランFWの現行契約は2020年夏までとなっており、より安価で獲得できる可能性があるようだ。 また、インテルはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)にも目を光らせているとのこと。ジェコもカバーニ同様に2020年夏までの契約となっている。 2019.07.19 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

パルマ、買い取り義務付きレンタルでインテルFWカラモーを獲得

パルマは17日、インテルのU-21フランス代表FWヤン・カラモー(21)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は1300万ユーロ(約15億7000万円)とのことだ。 カラモーはカーンの下部組織出身のウイングを本職とするアタッカー。2016-17シーズンにトップチームへ昇格し、2017-18シーズンから買い取り義務付きでインテルへレンタル移籍。2018-19シーズンはレンタルでボルドーに加入しリーグ戦22試合で3得点という成績を残していた。 世代別フランス代表の常連で19歳にしてインテルと契約を結んだ俊英はパルマでさらなる飛躍を目指す。 なお、パルマは既にカラモーと2023年6月30日までの4年契約を結んでいるとのことだ。 2019.07.17 23:41 Wed
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、インテルから若手CBを買い取りOP付きのレンタルで獲得!

サッスオーロは17日、インテルからグアドループ人DFアンドリュー・グラヴィジョン(21)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 インテルの下部組織出身の188cmのセンターバックであるグラヴィジョンは、トップチームでの出場機会はなく、2017年夏に完全移籍したベネヴェントでセリエAデビュー。その後、2018年1月にペスカーラに完全移籍しセリエBの舞台で活躍をみせると、2019年1月にはインテルが買い戻し、そのままペスカーラにレンタルで放出。昨シーズンは公式戦31試合に出場していた。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、サッスオーロが来夏に買い取りオプションを行使する場合、900万ユーロ(約10億9000万円)を支払うことになる。 2019.07.17 22:38 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース