プレミア初昇格から2年連続残留のブライトン、ヒュートン監督の退任を発表2019.05.13 18:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、クリス・ヒュートン監督(60)の退任を発表した。

ヒュートン監督は、ニューカッスル、バーミンガム、ノリッジの指揮官を務めた後、2014年12月に当時チャンピオンシップに所属していたブライトンの監督に就任した。

就任2年目の2015-16シーズンは3位となり昇格プレーオフに参加。しかし、プレミア昇格を逃す。それでも就任3年目の2016-17シーズンにはチャンピオンシップで2位となり、プレミアリーグ創設後初昇格。2017-18シーズンは15位で残留を勝ち取ると、今シーズンも17位でシーズンを終え、2年連続でプレミアリーグ残留を決めていた。

トニー・ブルーム会長はヒュートン監督の功績を称えるとともに感謝の意を示したものの、チームのさらなる発展のために決断したことを明かした。

「クリス(・ヒュートン)は4年半にわたって優れた仕事をしてきた。最初に我々のクラブを安定させ、最初のフルシーズンでプレーオフに進んだ。その後、プレミアリーグに初昇格させ、2シーズン連続でその地位を維持してくれた」

「間違いなく、これはブライトン&ホーヴ・アルビオンの会長として、私がしなければならなかった最も難しい決断の1つだった。最終的に我々がシーズン後半に苦労したため、決断した」

「プレミアリーグ23試合で3勝という結果に、我々は重大なリスクに晒された。それを念頭に置き、その期間中のパフォーマンスに関して、変化させる適切な時期だと感じている」

「クリスは我々のクラブで最も尊敬されている監督の1人として、アルビオンのスタッフとファンから常に愛されていた」

なお、後任監督については現在選定中とのこと。現段階での発表は何もないとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

逆転勝利で14連勝締めのシティがリバプールとのハイレベルな優勝争いを制してプレミア連覇!《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは12日、プレミアリーグ最終節でブライトンとのアウェイ戦に臨み、4-1で逆転勝利した。この結果、2年連続6度目の優勝を飾っている。 前節レスター・シティ戦を主将コンパニのスーパーミドル弾で制し、首位をキープしたシティ(勝ち点95)は、2位リバプールとの1ポイント差を維持した。 勝利すれば2連覇となる中、残留を決めている17位ブライトン(勝ち点36)に対し、最前線にアグエロ、2列目に右からベルナルド・シウバ、スターリング、ダビド・シルバ、マフレズと並べたシティが押し込む展開で立ち上がっていくも、9分にピンチ。ジャハンバクシュに際どいミドルシュートでゴールを脅かされた。 その後も敵陣で一方的に試合を進めたシティだったが、27分に失点する。左CKからニアサイドのマーレイにヘディングシュートを叩き込まれた。 しかし1分後、ラポルテのクサビのパスをシルバがダイレクトヒールパスで逸らすと、これに抜け出したボックス左のアグエロがGKの股間を抜くシュートで同点弾を叩き込んだ。 同点としたシティがベルナルド・シウバのヘディングシュートやマフレズの枠内シュートで逆転ゴールに迫ると、38分に逆転する。マフレズの右CKからラポルテがヘディングシュートを叩き込んだ。 逆転に成功したシティは追加タイムにダンクの直接FKでゴールを脅かされるも、GKエデルソンがセーブし、2-1で前半を終えた。 迎えた後半、シティが敵陣でボールを持つ流れで推移する中、63分に大きな3点目を決める。中央でボールを持ったマフレズがDFを切り返しでかわし、右足ミドルで叩き込んだ。 そして72分、ギュンドアンが直接FKを叩き込んだシティが4-1で逆転勝利。14連勝として、リバプールとの史上稀に見るハイレベルな優勝争いを制して2年連続6度目の優勝を飾っている。 2019.05.13 00:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライトンの昇格、残留に貢献したスペイン人DFブルーノが38歳で現役引退

ブライトンは10日、スペイン人DFブルーノ・サルトル(38)が今季をもって現役を引退することを発表した。 エスパニョールの下部組織出身である右サイドバックのブルーノは、アルメリアで頭角を現すと、アルメリア時代の恩師であったウナイ・エメリ監督に引き抜かれ、2009年からバレンシアでプレー。その後、2012年からブライトンでプレーし、ブライトンでは公式戦234試合に出場して6ゴール19アシストと活躍し、2016-17シーズンにはプレミアリーグ昇格に貢献した。 昨季は準主力としてプレミアリーグ残留に貢献。今季はプレミアリーグで13試合に出場していた。 ブライトンを率いるクリス・ヒュートン監督はブルーノについて次のように語っている。 「一言で言えば、ブルーノはクラブにとっても私にとっても素晴らしい存在だった。彼は優秀な選手、プロ、人間だからだ。私がブライトンにやって来た時、彼は既にレジェンドだった。彼がクラブの模範となり、クラブが成長するための指針となっていた。プレミアリーグ昇格、そして2シーズン連続での残留を果たした中で重要な役割を担ってくれた。38歳となったが、年齢を感じさせず世界一のリーグでプレーしていた。個人的に、クラブを代表して彼には感謝を伝えたい」 2019.05.11 02:42 Sat
twitterfacebook
thumb

さすがにやり過ぎ? ブライトンMFがトップ4絶望のアーセナル選手を見て爆笑

ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するマリ代表MFイヴ・ビスマのアーセナル戦後のリアクションが話題となっている。イギリス『Caught offside』が伝えている。 5日に行われたプレミアリーグ第37節、アーセナルvsブライトンは1-1のドローに終わった。この結果、アーセナルのトップ4フィニッシュが絶望的となった。 そして、試合終了直後のエミレーツ・スタジアムのピッチ上を映したテレビ中継の映像には、17位の格下相手に痛恨のドローとなったことで茫然自失のアーセナルイレブンの姿があった。 その中で物議を醸したのが、対戦相手ブライトンのビスマのリアクションだった。 ビスマはピッチに座り込んでいたDFナチョ・モンレアルの傍を通り過ぎる際に、対戦相手のうなだれる様子があまりにおかしかったのか、ヒステリックなくらいに大爆笑を見せたのだった。 あくまで推測だが、同試合ではモンレアルの“ダイブ”疑惑のPKや試合終盤には時間を使うブライトンサイドに対して、アーセナル陣営が熱くなる場面もあり、それにフラストレーションを溜めていたビスマがやり返す意味での、この爆笑リアクションだったのかもしれない。 なお、今回のビスマのリアクションに関しては対戦相手への敬意を欠く行動との批判的な意見が出ている一方、アーセナルの宿敵であるトッテナムサポーターからは、「来季彼と契約するべきだ」との好意的な反応も出ていた。 ◆さすがにやり過ぎ? https://twitter.com/KhaleesiBW/status/1125089405742583808 2019.05.06 17:19 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル4戦勝利無し…格下ブライトンに勝てずチェルシーの4位以内が確定《プレミアリーグ》

アーセナルは5日、プレミアリーグ第37節でブライトンと対戦し、1-1で引き分けた。 格下相手との直近3試合でまさかの3連敗を喫した5位のアーセナル(勝ち点66)。トップ4入りを目指すライバルたちが足踏みする中で上位浮上のチャンスがあったものの、その3試合でいずれも3失点という守備の脆さが露呈しこの順位に留まっている。 リーグ戦では自力でのチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性はすでになくなっているが、ヨーロッパリーグでは2日に行われたバレンシアとの準決勝ファーストレグを3-1で快勝し、決勝に向けて大きく前進した。 すでに残留が確定している17位ハダースフィールドとの一戦はバレンシア戦からスタメンを5人変更して臨んだ。 まずは2分にムヒタリアンが左ポストを叩く惜しいシュートを放ったアーセナルが試合の主導権を握る。すると迎えた9分、早々に試合を動かす。 左サイドでオーバメヤンのパスを受けたモンレアルが、ボックス左でジャハン・バクシュに倒されPKを獲得。これをオーバメヤンが決めて、アーセナルが先制に成功した。 出鼻をくじかれたブライトンもその後はペースを取り戻し、徐々にアーセナルゴールに近づいていく。すると26分、マーチのクロスからマーレイがヘディングシュート。枠を捉えていたもののGKレノのビッグセーブに阻まれた。30分にもマーチがボックス左から狙ったが左ポストを掠めた。 前半35分以降はアーセナルのペースに。CKからムスタフィがヘディングシュートでゴールに迫れば、39分にはオーバメヤンがボックス中央からシュートを放つがGKに止められる。さらに45分にはムヒタリアンとラカゼットが立て続けに枠内シュートを放つも、GKやDFのブロックに遭い、試合は1点リードで折り返した。 しかし、ノッカールを投入したブライトンが後半から息を吹き返しアーセナルを押し込んでいく。そんな中迎えた61分、左サイドを突破したマーチがボックス左でジャカに倒されPKを獲得。これをマーレイがきっちり決めて、試合は振出しに戻った。 同点のまま75分を過ぎ、アーセナルは一気に3枚替え。リヒトシュタイナー、ジャカ、ムヒタリアンを下げて、コラシナツ、イウォビ、グエンドウジをピッチに送り込んだ。 終盤に差し掛かり、死に物狂いで攻撃に出るアーセナルは87分にグエンドウジが上げたクロスが相手の手に当たるもPKは取ってもらえず。さらにラカゼットがボックス内で相手との接触で倒れたが、ここでも笛はならなかった。 そして、試合はこのままタイムアップ。アーセナルはリーグ戦4試合未勝利となり、同日に勝利したチェルシーのトップ4フィニッシュが確定した。 2019.05.06 02:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライトンがカメルーン代表DFボングと1年契約延長

ブライトンは1日、カメルーン代表DFガエタン・ボング(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 左サイドバックを主戦場とするボングは、2015年7月にウィガンからブライトンに加入。これまでブライトンでは公式戦95試合に出場。今季はプレミアリーグ22試合に出場し、残留圏内ぎりぎりの17位に位置するブライトンの準主力として存在感を示していた。 また、カメルーン代表としてはこれまで16試合に出場している。 ブライトンを率いるクリス・ヒュートン監督はボングについて「毎日のトレーニングにおける彼のプロ意識は称賛に価するものだ。新契約を勝ち取るのに相応しいよ」とコメントしている。 2019.05.02 01:34 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース