プレミア初昇格から2年連続残留のブライトン、ヒュートン監督の退任を発表2019.05.13 18:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、クリス・ヒュートン監督(60)の退任を発表した。ヒュートン監督は、ニューカッスル、バーミンガム、ノリッジの指揮官を務めた後、2014年12月に当時チャンピオンシップに所属していたブライトンの監督に就任した。

就任2年目の2015-16シーズンは3位となり昇格プレーオフに参加。しかし、プレミア昇格を逃す。それでも就任3年目の2016-17シーズンにはチャンピオンシップで2位となり、プレミアリーグ創設後初昇格。2017-18シーズンは15位で残留を勝ち取ると、今シーズンも17位でシーズンを終え、2年連続でプレミアリーグ残留を決めていた。

トニー・ブルーム会長はヒュートン監督の功績を称えるとともに感謝の意を示したものの、チームのさらなる発展のために決断したことを明かした。

「クリス(・ヒュートン)は4年半にわたって優れた仕事をしてきた。最初に我々のクラブを安定させ、最初のフルシーズンでプレーオフに進んだ。その後、プレミアリーグに初昇格させ、2シーズン連続でその地位を維持してくれた」

「間違いなく、これはブライトン&ホーヴ・アルビオンの会長として、私がしなければならなかった最も難しい決断の1つだった。最終的に我々がシーズン後半に苦労したため、決断した」

「プレミアリーグ23試合で3勝という結果に、我々は重大なリスクに晒された。それを念頭に置き、その期間中のパフォーマンスに関して、変化させる適切な時期だと感じている」

「クリスは我々のクラブで最も尊敬されている監督の1人として、アルビオンのスタッフとファンから常に愛されていた」

なお、後任監督については現在選定中とのこと。現段階での発表は何もないとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

レスターがイングランド代表CBルイス・ダンク獲得間近! マグワイアの後釜か

レスター・シティが、ブライトンのイングランド代表DFルイス・ダンク(27)の獲得に迫っているようだ。地元紙『leicestermercury』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 記事によると、レスターとブライトンはすでに合意済み。移籍金は4500万ポンド(約60億9600万円)に上る模様だ。 レスターではイングランド代表DFハリー・マグワイアのマンチェスター・ユナイテッド行きの噂が連日報道されている。先日には本人が移籍を希望し、7000万ポンドから8000万ポンドの移籍金で決着するのではないかとイギリス方面から伝えられた。 ダンク獲得はその後釜という見方が強い。イングランド代表キャップを持つダンクはブライトンの下部組織出身で、これまでに公式戦270試合に出場するチームの大黒柱。192㎝という長身が魅力のひとつで、昨季はリーグ戦36試合で2ゴールを記録した。 これまでの報道では、ダンク獲得には3000万から4000万ポンドの移籍金が必要になると見られていたが、今回の情報はそれを上回る額となった。 2019.07.15 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライトン、アーセナル関心のベルギー代表FWトロサールを4年契約で獲得

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは26日、ヘンクのベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(24)を完全移籍で獲得した。 契約期間は2023年6月30日までの4年間で、移籍金は明かされていないが、イギリス『スカイスポーツ』によると、1800万ポンド(約24億6000万円)とのことだ。 トロサールはヘンクの下部組織出身のアタッカー。優れたアジリティと足下の技術を生かした鋭いドリブル突破に加え、高いシュート精度やラストパスも兼備する得点力に優れたウイングだ。今季は左ウイングを主戦場に公式戦47試合に出場し、22ゴール11アシストを記録。また、今年3月からはキャプテンに就任していた。 この活躍が評価されて昨年10月にはベルギーのフル代表に初招集されるなど、ベルギー国内注目の若手選手としてアーセナルやドイツ方面からも熱視線が注がれていた。 2019.06.27 00:42 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル関心のヘンク主将トロサールがブライトン加入間近に!

アーセナルが関心を示すヘンクのベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(24)の新天地は同じプレミアのブライトン&ホーヴ・アルビオンになるようだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 現在、24歳のトロサールはヘンクの下部組織出身のアタッカー。優れたアジリティと足下の技術を生かした鋭いドリブル突破に加え、高いシュート精度やラストパスも兼備する得点力に優れたウイングだ。今季は左ウイングを主戦場に公式戦47試合に出場し、22ゴール11アシストを記録している。また、今年3月からはキャプテンに就任していた。 そして、この活躍が評価されて昨年10月にはベルギーのフル代表に初招集されたベルギー国内注目の若手の1人だ。 そのトロサールに関しては昨年からアーセナルが強い関心を示してきた一方、ドイツ方面からも熱視線が注がれていた。 しかし、『HLN』が伝えるところによれば、ヘンクとブライトンは1800万ポンド(約24億6000万円)前後の金額でクラブ間合意に至ったという。また、トロサールの代理人はすでにイングランドに渡っており、近日中にすべての手続きが完了する見込みだ。 2019.06.24 01:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライトン、ポーツマスからDFクラークを獲得!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは21日、リーグ1(イングランド3部)のポーツマスからイングランド人DFマット・クラーク(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 イプスウィッチでプロキャリアをスタートしたクラークは、2014年にトップチームデビュー。その後、2015年にレンタル移籍で加入したポーツマスでレギュラーポジションを獲得すると、翌年に完全移籍を果たす。 185cmの恵まれた体躯を生かした若手センターバックは、イングランド人DFらしい球際、空中戦の強さ、ハードなタックルを武器に、今シーズンのリーグ戦46試合に出場し3ゴールを記録した。 なお、クラークはブライトンにとって今夏最初の補強となる。 2019.06.22 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、スウェーデンの若き名将ポッター氏を新指揮官に招へい! 今季は2部でスウォンジーを指揮

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは20日、2019シーズンからの新監督にグラハム・ポッター氏(44)を招へいしたことを発表した。契約期間は4年間となる。 今季のプレミアリーグを17位で終え、2年連続でプレミアリーグ残留を決めたブライトンは、13日に5年間チームを指揮したクリス・ヒュートン監督の退任を発表していた。 その後任としてブライトンの指揮官に就任したポッター氏は、現役引退後の2011年に当時スウェーデン4部に所属していたエステルンドの監督に就任。すると、在任7年間で3度の昇格に導く卓越した手腕を発揮し、2016-17シーズンには国内カップのタイトルをもたらした。この活躍から2016年と2017年にはスウェーデンサッカー協会選出の年間最優秀監督を2年連続で受賞している。 さらに、2017-18シーズンのヨーロッパリーグでは、クラブ史上初のグループステージ突破を果たすと、ラウンド32のアーセナル戦では最終的に敗退したものの、エミレーツ・スタジアムでアーセナルを2-1で撃破する大金星も挙げていた。 この手腕が評価され、ポッター氏は2018年6月にチャンピオンシップ(イングランド2部)へ降格したスウォンジーの指揮官に就任。就任初年度となった今シーズンは、開幕から4戦無敗と上々のスタートを切ったが、徐々に失速すると最終的に10位でシーズンを終え、1年でのプレミアリーグ復帰とはならなかった。 2019.05.21 01:55 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース