多数主力不在のスパーズがエバートンとドローで来季CL出場権獲得! いざリバプールとのCLファイナルへ《プレミアリーグ》

2019.05.13 01:28 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節、トッテナムvsエバートンが12日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。この結果、4位フィニッシュのトッテナムの来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。

前節、ソン・フンミン、フォイスの一発退場が響いてボーンマス相手に9人での戦いを強いられた末、試合終了間際の失点でリーグ戦2連敗となった4位のトッテナム。しかし、5位のアーセナル、6位のマンチェスター・ユナイテッドの取りこぼしによって最終節を前に4位以内をほぼ確定。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではアヤックス相手に2戦合計0-3からルーカス・モウラの圧巻のハットトリックで追いつきアウェイゴール差で上回り、逆転で初のCL決勝進出を果たした。

今季ホーム最終戦を勝利で飾って3位フィニッシュを目指すトッテナムは、8位のエバートン戦に向けてアヤックス戦から先発5人を変更。リーグ3試合出場停止のソン・フンミンに代わってジョレンテが起用されたほか、離脱者続出のアルデルヴァイレルトの相棒にはダイアーが入り、ウォーカー=ピータースやラメラが起用された。

劇的CL決勝進出によって非常に良い雰囲気のトッテナム・ホットスパー・スタジアムでスタートした今季のプレミア最終戦。試合はトッテナムが開始早々にゴールをこじ開ける。3分、右CKの場面でラメラがインスウィングで入れたクロスを相手DFが大きくキリアし切れずにゴール前にこぼれると、これをダイアーが冷静にゴール右隅へ蹴り込んだ。

幸先良く先制に成功したトッテナムはその後もルーカスの仕掛けやデレ・アリ、エリクセンのコンビプレーを軸に2点目を狙う。8分にはルーカス、13分にはデレ・アリがボックス付近でフィニッシュに持ち込んでいく。

一方、8位確定に向けて勝ち点がほしいエバートンは徐々に反撃を開始。背後を突きつつ相手のプレスを剥がすと、19分にはウォルコットが惜しい枠内シュートを放つ。さらに30分にはボックス左でクロスを受けたベルナールがカットインから右足のシュートをニアに飛ばすが、これはGKロリスの好守に遭う。その後もエバートンが攻勢に出る時間が続くが、トッテナムがリードを守り切って前半を終えた。

迎えた後半、デレ・アリを下げてワニャマを後半頭からピッチに送り込んだトッテナムは、前半同様にボールを握りながら冷静に時計を進めていく。攻守両面で本来の躍動感を出せない状況が続くが、堅実な試合運びでゴールを許さない。

一方、エバートンは65分にグイエ、ベルナールを下げてアンドレ・ゴメス、ルックマンを同時投入。すると、この交代が試合を動かす。69分、左サイドで仕掛けたルックマンが中央のシグルドソンに繋いでアイスランド代表MFからボックス右に走り込むウォルコットにラストパスが通る。ここで元アーセナルの快速ウイングがゴール左隅にシュートを流し込み、同点ゴールとする。さらに、72分にはシグルドソンの左CKからゴール前で混戦を作り、最後は複数の選手がゴールになだれ込む中でトスンがゴールに押し込んで逆転に成功した。

得失点差はあるものの、アーセナルと勝ち点で並ばれる可能性が出てきたトッテナムだが、すぐさま同点に追いつく。75分、ボックス手前やや左の位置で得たFKの場面で今季ここまで直接FKでのゴールがないエリクセンが右足を振り抜くと、壁に入った味方が空けたスペースを見事に射抜くボールを蹴ってゴール右隅に突き刺した。

その後、ジョレンテ、ラメラに代えてヤンセン、スキップを投入して3点目を目指したトッテナムだったが、アヤックス戦からの勤続疲労の影響もあってこのまま2-2で試合はタイムアップ。今季ホーム最終戦を勝利で飾ることはできなかったが、自力で来季CL出場権を獲得し、6月1日に行われるリバプールとのCLファイナルに臨むことになった。
コメント