多数主力不在のスパーズがエバートンとドローで来季CL出場権獲得! いざリバプールとのCLファイナルへ《プレミアリーグ》2019.05.13 01:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節、トッテナムvsエバートンが12日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。この結果、4位フィニッシュのトッテナムの来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。前節、ソン・フンミン、フォイスの一発退場が響いてボーンマス相手に9人での戦いを強いられた末、試合終了間際の失点でリーグ戦2連敗となった4位のトッテナム。しかし、5位のアーセナル、6位のマンチェスター・ユナイテッドの取りこぼしによって最終節を前に4位以内をほぼ確定。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではアヤックス相手に2戦合計0-3からルーカス・モウラの圧巻のハットトリックで追いつきアウェイゴール差で上回り、逆転で初のCL決勝進出を果たした。

今季ホーム最終戦を勝利で飾って3位フィニッシュを目指すトッテナムは、8位のエバートン戦に向けてアヤックス戦から先発5人を変更。リーグ3試合出場停止のソン・フンミンに代わってジョレンテが起用されたほか、離脱者続出のアルデルヴァイレルトの相棒にはダイアーが入り、ウォーカー=ピータースやラメラが起用された。

劇的CL決勝進出によって非常に良い雰囲気のトッテナム・ホットスパー・スタジアムでスタートした今季のプレミア最終戦。試合はトッテナムが開始早々にゴールをこじ開ける。3分、右CKの場面でラメラがインスウィングで入れたクロスを相手DFが大きくキリアし切れずにゴール前にこぼれると、これをダイアーが冷静にゴール右隅へ蹴り込んだ。

幸先良く先制に成功したトッテナムはその後もルーカスの仕掛けやデレ・アリ、エリクセンのコンビプレーを軸に2点目を狙う。8分にはルーカス、13分にはデレ・アリがボックス付近でフィニッシュに持ち込んでいく。

一方、8位確定に向けて勝ち点がほしいエバートンは徐々に反撃を開始。背後を突きつつ相手のプレスを剥がすと、19分にはウォルコットが惜しい枠内シュートを放つ。さらに30分にはボックス左でクロスを受けたベルナールがカットインから右足のシュートをニアに飛ばすが、これはGKロリスの好守に遭う。その後もエバートンが攻勢に出る時間が続くが、トッテナムがリードを守り切って前半を終えた。

迎えた後半、デレ・アリを下げてワニャマを後半頭からピッチに送り込んだトッテナムは、前半同様にボールを握りながら冷静に時計を進めていく。攻守両面で本来の躍動感を出せない状況が続くが、堅実な試合運びでゴールを許さない。

一方、エバートンは65分にグイエ、ベルナールを下げてアンドレ・ゴメス、ルックマンを同時投入。すると、この交代が試合を動かす。69分、左サイドで仕掛けたルックマンが中央のシグルドソンに繋いでアイスランド代表MFからボックス右に走り込むウォルコットにラストパスが通る。ここで元アーセナルの快速ウイングがゴール左隅にシュートを流し込み、同点ゴールとする。さらに、72分にはシグルドソンの左CKからゴール前で混戦を作り、最後は複数の選手がゴールになだれ込む中でトスンがゴールに押し込んで逆転に成功した。

得失点差はあるものの、アーセナルと勝ち点で並ばれる可能性が出てきたトッテナムだが、すぐさま同点に追いつく。75分、ボックス手前やや左の位置で得たFKの場面で今季ここまで直接FKでのゴールがないエリクセンが右足を振り抜くと、壁に入った味方が空けたスペースを見事に射抜くボールを蹴ってゴール右隅に突き刺した。

その後、ジョレンテ、ラメラに代えてヤンセン、スキップを投入して3点目を目指したトッテナムだったが、アヤックス戦からの勤続疲労の影響もあってこのまま2-2で試合はタイムアップ。今季ホーム最終戦を勝利で飾ることはできなかったが、自力で来季CL出場権を獲得し、6月1日に行われるリバプールとのCLファイナルに臨むことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

WG獲得難航のバイエルン、プラン変更でロ・セルソに接触か?

バイエルン・ミュンヘンがベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に動いているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 昨季限りで元オランダ代表MFアリエン・ロッベン、元フランス代表MFフランク・リベリの重鎮2選手が退団したバイエルン。その後継者としてクラブはトップターゲットとみられたマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・ザネ、チェルシーのイングランド代表MFカラム・ハドソン=オドイ、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペら若手ウイングの獲得に動いているが、ここまでいずれの交渉も難航している。 この状況の中で『シュポルト・ビルト』は、バイエルンが新たな新戦力候補の1人としてロ・セルソをリストアップし、ベティスと会談の場を設けたと伝えている。 トップ下やセントラルMFを主戦場とするロ・セルソは、個での打開力に長けたウイングを探すバイエルンの補強ポイントと合致していない。しかし、ニコ・コバチ監督は今シーズンから3バックの本格導入を見込んでおり、フランクフルト時代に採用していた[3-5-2]や[3-4-3]のシステムであれば、トップ下や2シャドーの位置でプレー可能だ。 ただ、現時点でバイエルンは具体的なオファーを掲示しているわけではなく、ロ・セルソ獲得にどれだけ真剣かどうかは不明だ。 なお、ロ・セルソに関しては相思相愛と言われるトッテナム行きが依然として有力な状況だ。 2019.07.20 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、エリクセン慰留に尽力! 現給倍増以上の新契約提示か

トッテナムがデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)に対して、給与面を大幅に見なおした新契約で引き留めに動いているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏の新たな挑戦を示唆したことで、動向に注目が集まるエリクセン。今シーズン終了後に契約が失効するトッテナムは、レアル・マドリーやバルセロナの関心が取り沙汰される同選手の慰留に長らく努めてきたが、現時点で契約延長に至っていない。 そのトッテナムが改めて新契約のオファーを申し出た模様。現週給8万ポンド(約1000万円)のエリクセンに契約延長後の給与として、すでに16万ポンド(約2100万円)を提示していたが、新たに20万ポンド(約2600万円)まで引き上げた条件を打診したという。 だが、エリクセンの代理人はトッテナムの首脳陣に対して、金銭面の問題ではないと伝えたとも…。トッテナム残留を決めれば、現給与の2倍以上を手にすることができるエリクセンだが、決断は果たして…。 2019.07.20 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ移籍が噂される酒井宏樹に地元フランスメディアが残留を推奨!

マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(29)に噂されているトッテナム移籍について、もし実現した場合、出場機会を失う危険性がある、とフランス『フットラジオ』が伝えている。 トッテナムは右SBのレギュラーであったイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)がアトレティコ・マドリーへと移籍。さらには左SBで主力として活躍した同代表DFダニー・ローズ(29)にも放出の噂が出るなど、大幅な選手の入れ替えが進んでいる。 そんな中、現所属先マルセイユのお膝元のフランスメディアは酒井に残留を奨めている。同選手について「チャンピオンズリーグに1度も出場していない酒井は経験不足であり、いきなりファイナリストチームへの加入は荷が重い」と評した。 さらには「マルセイユではレギュラーだが、トッテナムではDFカイル・ウォーカー=ピータースの控えになる危険性がある」と指摘。コンスタントな試合出場を妨げる移籍になるのではないかという可能性を論じた。 定位置を掴めればステップアップとなりそうなこの移籍。フランス国内でも評価の高い酒井はどういった決断をするのか、今後に注目が集まる。 2019.07.19 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ構想外のローズにPSGが関心!

パリ・サンジェルマン(PSG)がトッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズ(29)の獲得レースをリードしているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場でフルアムのU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(19)の獲得を目指しているトッテナムは、その獲得資金とポジションを空けるうえでローズの放出を検討しているとの噂が浮上。 その中でクラブは今夏のアジアツアーのメンバー発表時、すでに構想外と言われているFWフィンセント・ヤンセン、FWジョルジュ=ケビン・エンクドゥの2選手と共にローズに対して、他クラブとの交渉機会を尊重する目的で招集メンバー外としたことを明らかにした。 ここ数年はマンチェスターの2クラブ、エバートンからの関心が伝えられてきたローズだが、現時点で獲得に動いているのはPSGとシャルケの2クラブだという。とりわけ、PSGは左サイドバックの2番手であるフランス代表DFレイヴァン・クルザワのパフォーマンスに納得しておらず、新たな左サイドバックの獲得に動いていると言われている。 なお、トッテナムは契約を2年残すローズの移籍金を2000万~2500万ポンド(約27億~33億7000万円)付近に設定しているようだ。 2007年にリーズ・ユナイテッドからトッテナムに加入したローズは、ブリストル・シティ、サンダーランドでの武者修行を経て2013-14シーズンからトッテナムの主力に定着。細かいケガを繰り返してリーグ戦で30試合出場をクリアしたシーズンこそないものの、高い身体能力と攻撃力を武器に同クラブの躍進を支えてきた。 また、2016年3月に行われたドイツ代表戦でスリーライオンズデビューを飾ると、ここまで27キャップを刻んでいる。 2007年から12年間に渡ってスパーズでの長いキャリアを歩んだ攻撃的左サイドバックの新天地は果たしてパリとなるのか…。 2019.07.19 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、スパーズ退団のジョレンテに関心

フィオレンティーナが昨季限りでトッテナムを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(34)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 昨シーズン、16位で薄氷のセリエA残留となったフィオレンティーナは、チーム得点王がMFマルコ・ベナッシの7ゴールと得点力不足に悩まされた。新シーズンに向けては昨季大不振に陥ったFWジヨバンニ・シメオネの復活を促すと共に、新たな攻撃オプションの確立が課題に挙げられている。 そのフィオレンティーナが目を付けているのが、昨シーズン限りでトッテナムを退団したジョレンテのようだ。 『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、ジョレンテ獲得に強い関心を示す同クラブはすでに最初のコンタクトを図っていたようだ。 ただ、ジョレンテに関しては古巣のアスレティック・ビルバオなど母国スペイン方面からのオファーに加え、トッテナムが再契約のオファーを出しているとも伝えられており、交渉難航が予想されている。 これまでビルバオ、ユベントス、セビージャ、スウォンジーと国内外のクラブを渡り歩いてきたジョレンテは、2017年夏にトッテナムに加入。在籍2年間で公式戦66試合13ゴールと思ったような数字を残せていなかった。 しかし、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメントに入ってドルトムント戦、マンチェスター・シティ戦での貴重なゴール、奇跡の逆転突破に導いた準決勝アヤックス戦での好パフォーマンスなどシーズン終盤に存在感を発揮。とりわけ、193cmの屈強な体躯を生かした抜群のポストワークは、多くの識者からの評価を集めていた。 2019.07.18 15:00 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース