岡崎レスターラストゲームはチェルシーとゴールレスドロー、チェルシーは3位フィニッシュ《プレミアリーグ》2019.05.13 01:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節が12日に行われ、チェルシーはレスター・シティと対戦し0-0で引き分けた。すでに4位以内を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保しているチェルシー。ヨーロッパリーグではフランクフルトをPK戦の末に下し、アーセナルの待つ決勝に駒を進めた。今節のレスター戦はいわば消化試合。ケパやアザールはベンチスタートとなり、下部組織のマーク・ゲヒがベンチ入りした。

一方、これがレスターで最後の試合となる岡崎はベンチスタートとなった。

アウェイのチェルシーは4分にビッグチャンスを迎える。ボックス手前のジョルジーニョから2列目から飛び出したバークリーに絶妙な浮き球パスが送られる。完全にフリーになったバークリーは胸トラップからシュートに繋げたが、GKシュマイケルの胸に直撃した。

主導権を握るチェルシーは14分にカウンターからウィリアンがシュート。ボックス手前左からコースを狙ったシュートだったがGKシュマイケルに止められる。対するレスターは17分にチルウェルがシュート。ここはケパの代わりにゴールマウスを守るカバジェロの正面に。26分にはCKのチャンスでショートコーナーを選択し、ティーレマンスがボックスの外から強烈なシュートを放ったが、これもカバジェロの正面に飛んだ。

その後はレスターのインテンシティの高さに苦しむチェルシーはなかなか相手のゴールまで運べなかったが、前半アディショナルタイムにイグアインに絶好のチャンス。ボックス左からグラウンダーのクロスが入り、イグアインは押しこむだけという場面だったが、上手くボールを足に当てることができずに、シュートは枠の外へ外れた。

ゴールレスで迎えた後半も、チェルシーはなかなかチャンスを作ることができない。そんな中でもマルコス・アロンソやバークリーが果敢に狙っていくが、どちらも枠を捉えることができない。60分のロフタス=チークのシュートは相手にブロックされた。

65分を過ぎた頃に、両チームが動きを見せる。66分に、レスターはエンディディを下げて岡崎を投入。チェルシーも69分にウィリアンを下げてアザールをピッチへ。

するとチェルシーは75分にそのアザールのアシストからバークリーにチャンス。ボックス外からのシュートだったが、GKシュマイケルに止められた。

その後、レスターもチェルシーも残り2つの交代カードを立て続けに切り状況打破を試みるも、効果的な策とは言えず試合はこう着。

最後までネットが揺れることなく試合終了。岡崎のプレミアラストゲームはチェルシーとのゴールレスドローに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

RBライプツィヒ、チェルシーの大器アンパドゥがレンタル加入へ!

RBライプツィヒが、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得することが決定的となった。ドイツ『スカイ・スポーツ』は19日、同選手が加入に向けてメディカルチェックを受診していると報じた。 現在、チェルシーは日本でのプレシーズンツアーを行っている最中だが、アンパドゥはその遠征メンバーを外れていた。そして、フランク・ランパード新監督は、明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見の場で、「イーサンはローンに出すかもしれない。決まったわけではないがその可能性がある」と、同選手の移籍の可能性を認めていた。 その新天地に関しては、チェルシーのレジェンドである元イングランド代表DFのジョン・テリー氏がコーチを務めているプレミアリーグ昇格組のアストン・ビラが候補に挙がっていたが、アンパドゥは同世代の英国産タレントが活躍しているドイツの地を武者修行の場に選んだようだ。 なお、昨年9月にチェルシーと新たな5年契約にサインしているアンパドゥのライプツィヒ移籍に関しては、買い取りオプションなどは付いておらず、通常のレンタルとなる。 2017年夏にエクセター・シティからチェルシーに加入したアンパドゥは、チェルシーの若手の中でも特に評価の高い選手の一人。同年12月のハダースフィールド戦でデビューし、昨シーズンはヨーロッパリーグとFAカップで計5試合に出場した。 また、高次元のフットボールセンス、身体能力を併せ持ちセンターバックと守備的MFのいずれのポジションでも将来を嘱望される逸材は、2017年11月にデビューを飾ったウェールズ代表ですでに8キャップを刻んでいる。 2019.07.20 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ハドソン=オドイの契約延長に接近? ランパードの帰還が好影響か

チェルシーがイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の契約延長に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2018-19シーズンで公式戦23試合に出場しブレイクを果たしたオドイ。今冬の移籍市場を機にバイエルンから猛アプローチをかけられており、シーズン終盤にはアキレス腱断裂の大怪我を負ったにも関わらず、今夏でも引き続き関心が伝えられている。 オドイに対しては、かねてよりチェルシーが契約延長に動いている中、今夏に就任したフランク・ランパード監督が最初の要求として同件を挙げたことで、その動きが強まっている。そして今回伝えられるところによれば、週給10万ポンド(約1300万円)の5年契約で合意に近づいているようだ。 同メディアによれば、一時はバイエルンに心が動いたとされるオドイ自身が、ランパード監督のチェルシー帰還によって、残留に前向きとなったという。 先日にはランパード監督も「素晴らしい才能を持っている。これからはチェルシーの中心選手になっていく」と称賛していたオドイだが、果たしてチェルシーは、この有望株をクラブに留めることはできるだろうか。 2019.07.20 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

万全じゃないのは重々承知も…MF田中碧が掴んだ大きな手応え「敵わない相手ではないのかな」《Jリーグワールドチャレンジ》

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 試合後、ワールドクラスの選手たち相手にもボール奪取、巧みなパス捌きを披露し、勝利に貢献したMF田中碧(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでの取材に応対。相手のコンディション不良を重々承知している上で、「敵わない相手ではない」と個人として多くの手応えを感じたことを明かした。 ◆MF田中碧(川崎フロンターレ) ——クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、ベルギー代表FWミッチー・バチュアイからもボール奪取して見せた 「正直な感想を言うと、個人としては彼らとやり合えるんじゃないかなっていうのは、自分の中で感じました。もちろん、彼らのコンディションというか、まだできあがっていないというのは、重々分かってます。その中でも僕個人としては、もっともっとやらなきゃいけないことがたくさんあるのも分かっています。ただ、敵わない相手ではないのかなというのは、感じました」 ——トゥーロン国際大会の経験が生きたか? 「最初、スピード感というか、そういうものに自分の中で誤差というのはありました。けど、トゥーロン(国際大会決勝の)ブラジルの時もそうですし、それ以上に自分の中ではやれたんじゃないかなという手応えはあります」 ——課題は? 「やはり個人として取り切る力。あとは、ボールを前に運ぶ力であったり、ゴール前の質は、彼らのほうがまだまだ上ですし、僕個人としても、まだまだ足りないと思っています。そういうところのレベルアップは大切です。それとチームとして、彼らともっともっと互角に戦うために、自分がチームをコントロールするっていう面で言えば、そこのところはまだまだ力不足なのかなと感じました」 ——終盤にはMF中村憲剛が出てきて、一瞬で流れを変えた 「やはりあの10分間で試合を決める、決定的なチャンスを作り続ける力というのは、改めてすごいなと思います。そういう力を僕自身もつけていかなきゃいけないということは間違いなく感じています。そういう意味では、常にお手本となる選手がこのチームにいるので、そういう選手たちから吸収したいです。ボランチとしてプレーしますけど、試合を決めるようなレベルの選手になっていきたいなと思います」 ——いつもと違う圧力を感じたか 「正直、最初は感じましたけど、僕個人としてはもっと回せるんじゃないかなと感じていました。ミスはありましたけど、そんなに圧力を感じてはいなかったです。もっともっとうまい距離感でやれれば、もっと回せるんじゃないかなというのは感じました」 2019.07.20 03:12 Sat
twitterfacebook
thumb

「差は全然縮まっていない」決勝弾演出のMF中村憲剛が未だ感じる世界とのギャップ《Jリーグワールドチャレンジ》

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 試合後、約10分間の出場で決勝ゴールをアシストしたMF中村憲剛(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでの取材に応対。「自分たちがJリーグでやっていることを、向こうがやっている」と自分たちがやりたいことをやられていたことを明かし、0-6と屈辱の大敗を喫した2015年のドルトムント戦から世界との「差は縮まっていない」と主張した。 ◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ) ——10分間の出場でMVP 「みんなはズルいと言っていました(笑)」 ——ベンチでどこが空いてるかなどを見極めていたと思うが、どのような感じで試合に入ったか 「正直、前半は『これは結構、しんどいな』と。普段、自分たちがJリーグでやっていることを多分、向こうがやっているんだなというのはすごく感じました。自分たちが取りに行っても取れずに、間に入れられて前を向かれて、押し込まれて、(ラインを)下げられているので、取った瞬間には前には(小林)悠しかいないし。これをどうやって打破していくかはすごく難しかったです」 「ただ、あそこでもし失点していたら、あそこで試合は終わっていました。それでも(チョン・)ソンリョンもそうですし、DF陣もそうですし、体を張ったことで試合を0-0で折り返すことができました。後半は人も替わりながらやって、暑かったので相手も体力が落ちて、スペースがどんどんどんどん出てきていたのをウォーミングアップしながら見ていました」 「前半とは明らかに違うなという感じはあったので、自分がどこで出るかといえばボランチかなと思っていましたし、オニ(鬼木達)さんも時間を気にしてくれていたと思います。(残り)10分で何ができるかは、空いているところ、特に左サイドバック、後半はそっち側がかなり攻められていて、(脇坂)泰斗とカズ(馬渡和彰)のところの受け渡しがイマイチうまくいってなかったので、裏も結構空いていたので一本出しましたけど、そこは見ていて突こうと思っていました」 「あとはショートコーナーもできそうだなという雰囲気は結構ありました。そこは(相手も)新チームでもあり、選手もかなり替わっている状態で仕込まれていないと思っていて、泰斗に寄った瞬間も誰もこなかったのでチャンスだなと。あとはそれをしっかり正確に繋げれば入るかもしれないと思っていましたけど、(レアンドロ・)ダミアンが決めてくれて良かったです。そういう意味では、わずかな時間でもやるべきことをやらなくてはいけないということは、いつもと一緒ですけど、それが今回はうまくいったケースだと思います」 ——自分たちがやりたいことをやられたという部分で言うと、参考になったことや高みを目指せると感じたこともあったと思うが 「目指せる部分とどうしようもない部分ということは多分あって、目指せることの一つとしては、『止めて、蹴る』。もっと止めないといけないですし、止めれるから相手の選手はいろんな選手が見れるし、逃げれる。こっちがプレッシャーをかけてもプレッシャーに感じていない部分はあったと思います。本当にドンピシャじゃないとなかなか前から取りに行くことはできませんでした。なかなかそういうことはJリーグでもありません」 「あとはパススピード。これはドルトムントの時もそうでしたけど、そこは絶対だなと感じました。ポジショニングのところもそうです。しっかりと止めて蹴れるからポジショニングもそれぞれが無駄なく立てる。そういう意味ではチェルシーは前半、無駄なくやっていました。ポジショニングも良いですし、奪われた瞬間から取り返しにいけるところにみんながいました」 「逆にこっちは陣形を崩されていたので、そこですね。自分たちはJリーグでできている方かもしれないですけど、世界とはまだまだ。まだまだなのは(2015年に0-6で敗れた)ドルトムントの時から知っていましたけど、差は全然縮まっていないなというのは感じました。別にそれは悲観することでもあり、悲観しなくてもいいかなということもあるので、これを自分たちでもっともっとやっていかなくてはいけません。こちらもあの時とはメンバーも半分以上替わっていますけど、そこでいろんな選手に刺激が入って、またフロンターレが伸びればなと思います」 「あとは身体能力やフィジカル的なところで、ある程度アバウトでも止めれてしまう選手が相手にはいます。もっとパスワークを緻密に突き詰めないといけないと思います。相手よりも止めて、蹴るができないと戦えないと思います。それはベンチから観ていて『これは大変だな』と感じました」 2019.07.20 03:11 Sat
twitterfacebook
thumb

フル出場の谷口彰悟、無失点でチームに満足も個人的には「ジルーがすごかった」《Jリーグワールドチャレンジ》

守備の要として90分間戦ったDF谷口彰悟。名だたる名選手相手に無失点で抑え、勝利に貢献した。しかし、ヨーロッパ王者との対戦はかなり難しかったと話す。その感じは、インタビュー中の受け答えでも見て取れた。谷口は以下のように試合を分析してくれた。 「序盤はプレッシャーも含めて良かったんですけど、その後はチェルシーが僕らの出方にアジャストしてやりづらくなりました。取りどころを探りながら前からいったんですけど、一人一人が剥がす力があって距離の取り方が上手くてなかなか難しかったです。でも我慢しながらなんとか踏ん張れました」 「みんな相手の圧力を相当感じていたと思います。悪いボールの取られ方もあったけど、それは仕方のないことだと思います。少しずつそれに慣れていくしかないし、このレベルの相手には難しいです。そういった相手に自分たちのサッカーをしていくことは逃げずにやろうとしていましたし、そこはプラスに捉えて良いかなと思います」 良いところも悪いところも見つかったという今回の一戦。個人的には、DFとしてチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの存在感から世界を肌で感じることができたと語る。 「懐が深いので背負われたらなかなかボールが取れなかったです。激しくぶつかったんですけどなかなか(ボールに)届かなかったですね。あの体勢に入られないように事前に駆け引きするとか、そのあたりをもっとやらないといけないなと思いました」 「常にクロスを要求しているようなポジショニングを取っていたので、なかなかサイドバックのカバーもしづらかったです。存在だけで脅威になるということを感じました」 2019.07.20 03:10 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース