降格フルアム、パーカーを正指揮官に任命2019.05.10 22:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決まったフルアムは10日、スコット・パーカー暫定監督(38)を正指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となっている。パーカー監督は2月28日、クラウディオ・ラニエリ前監督の後を受けてアシスタントコーチから暫定指揮官に昇格。19位に低迷していたチームを任されたが、5試合を残してプレミアリーグからの降格が決まっていた。しかし、クラブは降格決定後の3試合で3連勝したことを評価し、パーカー監督に正式就任の要請を行った格好だ。

パーカー監督は正指揮官に任命されたことについて、「嬉しく思っている。会長のサポートや激励には感謝しているし、私が監督に就任してから選手、スタッフ、ファンは素晴らしい対応を見せてくれた。最終節のニューカッスル戦でポジティブな結果を残し、新たなシーズンに向けて準備できることを楽しみにしている」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

ガラタサライ、降格フルアムからMFセリを買い取りOP付きレンタルで獲得

DF長友佑都の所属するガラタサライは18日、コートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 レンタル料は150万ユーロ(約1億8000万円)で、来季買い取る際の移籍金は1800万ユーロ(約21億7000万円)とのことだ。 2018年夏にニースからフルアムに加入したセントラルMFのセリは、昨季のプレミアリーグで32試合に出場して1ゴール3アシストを記録。主力としてプレーしていたが、チームは19位に沈み、1年での2部降格となっていた。 2019.07.19 04:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブスが元ポルトガル代表FWカバレイロをフルアムへレンタルで放出

ウォルバーハンプトンは13日、元ポルトガル代表FWイバン・カバレイロ(25)をフルアムへ1年間のレンタル移籍で放出したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付随している。 ベンフィカでプロデビューしたカバレイロは、モナコをプレーを経て2016年の夏にウォルバーハンプトンへ加入。ウォルバーハンプトンでは、在籍3シーズンで公式戦106試合で19ゴール20アシストをマーク。2018-19シーズンはプレミアリーグで23試合を含む公式戦29試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 フルアムへのレンタル移籍が決まったカバレイロは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「フルアムと契約出来て本当に嬉しいよ。ここはイングランドで、そして世界的にも偉大な歴史があるクラブだね。フルアムへの加入は僕が成長する良い機会になるだろう。フルアムのみんなに会えることが楽しみだね」 2019.07.14 02:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のフルアムMFエリオット、リバプール加入か

フルアムのU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)はリバプールに加入することになりそうだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 昨シーズン、プレミアリーグ最年少出場記録を16歳30日に更新したことで話題となったエリオット。今夏にバルセロナやレアル・マドリー、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブが挙って興味を示す中、フルアムからの契約延長の打診を拒否したと見られている。 『テレグラフ』によると、そのエリオットは今夏のリバプール移籍を決めたという。だが、リバプールにとってもフルアムとの移籍交渉が壁となるようだ。 なお、現在16歳のエリオットは17歳になる来年4月までプロ契約を結ぶことはできない。 2019.07.08 18:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ミトロビッチ、降格フルアムと2024年まで契約延長

チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したフルアムは7日、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ(24)と2024年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 2018年2月にニューカッスルからレンタルでフルアムに加入したミトロビッチは1部昇格に導くと、完全移籍に切り替わった2018-19シーズン、プレミアリーグで37試合に出場して11ゴールを記録。チームは19位に沈み、2部降格となったが、ミトロビッチは存在感を示していた。そのミトロビッチはフルアムとの契約延長について次のように話している。 「素晴らしい気分だよ。新シーズンもフルアムで戦えることを嬉しく思う。多くのクラブが僕に興味を持ってくれていたけど、フルアムが本当に落ち着くし、幸せを感じられているから残留することにした。子供や妻、家族がここでの生活に満足しているんだ。僕がフルアムに来て以来、ファンは常に歓迎してくれた。ここでのプレーにやりがいと情熱を感じているし、何より幸せなんだ」 2019.07.08 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミア史上最年少出場記録樹立のフルアムの逸材MF巡り争奪戦か

フルアムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)を巡り、争奪戦が繰り広げられようとしている。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 フルアム下部組織出身のエリオットは5月4日に行われたプレミアリーグ第37節のウォルバーハンプトン戦に88分から出場。16歳30日でのプレミアリーグ史上最年少出場記録を樹立した。 そのエリオットは、ヨーロッパで将来を嘱望されている選手の一人として見られており、指揮官のスコット・パーカー監督も「信じられないほどの才能」と称賛。また、同監督は、逸材MFがチームに残る場合は、新シーズンはトップチームでプレーさせることを約束しているようだ。 しかし、現行契約が今夏までとなっていたU-17イングランド代表MFは、フルアムからの契約延長オファーを固辞。クラブは慰留に尽力しているが、退団する可能性が高いという。 エリオットを巡っては現在、リバプールやバルセロナ、レアル・マドリー、ライプツィヒといった複数クラブが関心。同選手獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.07.05 23:10 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース