スアレス、4失点の守備陣に不満爆発「ユースチームのようだった」2019.05.08 16:59 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスがチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。バルセロナは7日、CL準決勝2ndレグでリバプールとのアウェイ戦に臨んだ。1stレグを3-0で勝利し、決勝進出へ大きく近づいていたが、開始7分に先制点を奪われると、後半に途中出場のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに立て続けにゴールを奪われ、2戦合計スコアで3-3と追いつかれてしまう。さらに79分にDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの意表を突いたCKをFWディヴォク・オリジに押し込まれて逆転。2戦合計3-4で敗れ、決勝進出を逃した。

3点というアドバンテージからまさかの敗戦に、スアレスは4失点を喫したDF陣に不満を爆発させた。

「僕たちはユースチームのようだった。とても悲しくて傷ついている。時間をかけて反省しなければならない」

「バルセロナのようなクラブでは起こってはいけないことなんだ。二度と同じミスをしてはならない」

「彼らはやるべきことをやって早い時間にゴールを奪った。最初から最後の最後まで逆転できると信じていた」

前大会では準々決勝でローマ相手に4-1で1stレグを終えながら逆転突破を許したバルセロナ。昨年と同じ過ちを繰り返してしまったエルネスト・バルベルデ監督のことは擁護している。

「プレーするのは選手だ。彼は1stレグと同じようにやった。許してもらう必要があるよ」
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーがバルサ2発撃破‼︎ バルサは終盤ラキティッチのゴラッソで意地の1点《Rakuten Cup》

Rakuten Cup2019、バルセロナvsチェルシーが23日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-1でチェルシーが勝利した。 バルセロナにとって今夏のプレシーズン初めての試合。注目のスタメンにはアトレティコ・マドリーから加入したグリーズマンがいきなり抜擢された。そのほかGKからテア・シュテーゲン、守備は右からセルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、中盤はセルヒオ・ブスケッツをアンカーに、インテリオールにオリオル・ブスケッツとリキ・プッチ、そして、前線の3枚にデンベレ、グリーズマン、コジャードが並んだ。 一方、チェルシーにとっては今夏4戦目。日本で最後の試合となるこの一戦に向けて、先発はGKケパ、守備は右からアスピリクエタ、クリステンセン、ダビド・ルイス、エメルソン、中盤の底には川崎戦同様、コバチッチとジョルジーニョ、2列目に右からペドロ、マウント、そして移籍後初先発のプリシッチが並んだ。ワントップはエイブラハムが務める。 まずはバルセロナ。敵陣でのパスカットから素早くワンタッチでボールをつなげ、左サイドへ展開、抜群のタイミングで上がってきたアルバがクロスを上げたがここは相手にブロックされた。そのCKでは、バルセロナの選手が手前で後ろに流したボールを最後はオリオル・ブスケッツがヘディングシュート。しかしこのシュートは枠に飛ばなかった。 細かくパスをつなぐバルセロナに対し、チェルシーは前から圧力をかけてパスコースを潰していく。それでもバルセロナは10分過ぎ、見事なパスワークを見せつける。バイタルエリアを閉じるチェルシーの守備に対して、サイドをうまく使ったボール回しでチェルシーを翻弄。シュートで終えることはできなかったが、観客を大いに沸かせた。 バルセロナがボールを保持する中、チェルシーも23分に反撃。ボックス手前左でパスを受けたプリシッチが得意のドリブルで切り込んでシュートに持ち込む。GKテア・シュテーゲンに弾かれたところをエイブラハムが押し込みにかかったが、至近距離で枠を外してしまった。さらにその直後にはマウントがドリブルシュートでアピール。チェルシーの攻撃のチャンスも増えていく。 すると34分、試合の均衡が崩れる。キックオフから続けていた高圧力でチェルシーは敵陣でブスケッツからボールを奪う。こぼれ球を拾ったエイブラハムはゴール前でフリーとなり、飛び出してきたGKテア・シュテーゲンをかわしてゴールに流し込んだ。 相手のパス回しにも慣れてきたチェルシーは40分、左サイドからプリシッチが独走しボックス左へ。しかし、パスの選択肢がなく左足で打ったシュートは外のサイドネットを叩いた。バルセロナも42分、ピッチ中央付近でボールを奪い取ると、グリーズマンがワンタッチで右のデンベレへ。デンベレは中に切り込んで左足でシュートを放ったが、GKの正面だった。 後半に向けて、バルセロナは11人総入れ替え。今夏新加入のデ・ヨングがデビューを果たした。対するチェルシーはセンターバックの2人と、左サイドバックを変更。そんな後半、バルセロナはまず2本のシュートでチェルシーゴールを強襲。さらに55分にはカルレス・ペレスがドリブル突破からシュートに持ち込む。 さらにバルセロナは畳み掛ける。61分、左サイドの空いたスペースを突いたカルレス・ペレスの折り返しを逆サイドから飛び込んだラフィーニャがシュート。枠をとらえていたが、再三のセーブを見せるGKケパが立ちはだかる。守護神の活躍に答えようと、チェルシーの攻撃陣は64分、後半から途中出場のケネディが思い切りよく狙っていく。 後半スタート時のバルセロナの勢いが治まってきた頃、78分に途中出場のマルコス・アロンソからのパスをこちらも途中出場のバチュアイがシュート。そして81分、中、外、中と綺麗にパスを回して、最後はマルコス・アロンソの折り返しを受けたロス・バークリーがボックスの外から左足でシュート。これがゴール左に決まって、チェルシーがリードを2点に広げた。 だが、バルセロナも黙ってはいない。後半アディショナルタイム、右サイドからの折り返しをフリーで受けたラキティッチがボックス手前から右足一閃。これがゴール左上隅に決まるゴラッソで、バルセロナが意地の1点を返した。 ここで試合終了。欧州ビッグクラブによる一戦は2-1でチェルシーが勝利を収めている。なお、バルセロナは27日に、ノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と対戦する。 2019.07.23 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、マシアの宝石が再び流出…シャビ・シモンズが退団発表でPSG移籍へ

近年、ラ・マシアから逸材流出が続くバルセロナだが、新たにU-16オランダ代表MFシャビ・シモンズ(16)がクラブを去ることになった。同選手が自身の公式『ツイッター(Xavi Simons)』で明かした。 幼少期からバルセロナの下部組織ラ・マシアに在籍していたシャビ・シモンズは、その圧倒的なドリブル、攻撃センスと共にブロンドのカーリーヘアーという特徴的な見た目もあって、バルセロナの次代を担うタレントとして見なされてきた。 また、日本では2003年に短期間ながら京都パープルサンガ(京都サンガF.C.)に在籍した“レジ”の登録名で知られる、FWレジリオ・シモンズが父親という事情もあり、フットボールファンの間では知られる存在だった。 現在、カデーテAでプレーし、U-16オランダ代表としてもプレーするシャビ・シモンズに関して、バルセロナは将来のスター候補と見込んでいたが、ここ最近代理人を務めるミーノ・ライオラ氏との交渉が難航していることが伝えられていた。 そして、シャビ・シモンズは23日午前に自身のツイッターを通じて、バルセロナ退団を伝えた。 「今日は僕にとって複雑な一日だ。誰もお別れを告げるのを好まないものだからね。それが自分の家であり家族のような重要な存在であれば、より難しいものだよ」 「9年前に初めてバルサのユニフォームに袖を通したときのことは生涯忘れないよ」 なお、スペイン『RAC1 』が伝えるところによれば、シャビ・シモンズの新天地はパリ・サンジェルマン(PSG)になるようだ。 2019.07.23 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、バルセロナのU-20フランス代表DFトディボに関心 レンタルでの獲得望む

ミランが、バルセロナのU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボ(19)の獲得に興味を示しているようだ。『フランスフットボール』報じている。 今冬にトゥールーズからバルセロナに4年半契約で加入したトディボは、190cmの恵まれた体躯と高い身体能力に加えて守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つ逸材だ。 そのトディボに対して、昨季限りで退団したコロンビア代表DFクリスティアン・サパタの後釜を探すミランが注視。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるミランはレンタルでの獲得を検討しているという。 『フランスフットボール』によれば、バルセロナはトップチームでプレー機会を得られない可能性があるトディボに関して、より高いレベルで経験を積ませたいと考えており今回のレンタル移籍に前向きな姿勢を見せているようだ。 ミランはトディボの他にも、今夏にユベントスへ加入したトルコ代表DFメリフ・デミラルや同クラブのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニをレンタルで獲得に動いていたが、共に失敗していた。 2019.07.23 02:12 Tue
twitterfacebook
thumb

不当叫ぶアトレティコから移籍のグリーズマン…「僕の心はもうバルサ」

バルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが23日に埼玉スタジアム2002で行われる『Rakuten Cup』のチェルシー戦に向け、前日会見に出席した。 バルセロナは、21日に来日。今後、日本で『Rakuten Cup』と銘打たれた2試合のプレシーズンマッチを戦う予定となっており、23日にチェルシーと対戦すると、続く27日にノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と激突する。 そのバルセロナに今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーから加入したグリーズマン。新天地デビューが期待される日本での試合に向け、「バルサのユニフォームを初めて着て、新たな仲間たちと初めてプレーできることを嬉しく思う」と語った。 だが、会見場に詰めかけた海外メディアがグリーズマンに聞きたい話は別にある。それは古巣アトレティコとバルセロナの間にいざこざを生じさせた移籍に関する話題だ。 バルセロナは契約解除金1億2000万ユーロ(約145億1000万円)を支払ってグリーズマンを獲得したが、アトレティコは同額に引き下がる7月1日より前の合意を主張。減額前の2億ユーロ(約241億9000万円)が支払われるべきだとして、国際サッカー連盟(FIFA)に訴えている。 クロアチア代表MFイバン・ラキティッチとともに出席した会見でアトレティコの戦友について「家族以上の存在だった」と明かしたグリーズマンだが、「バルサの選手として良い結果を出したい」との思いを口にしたなか、古巣の叫びに関して問われると、こう述べた。 「そういうこと(アトレティコの申し立て)を言ってきたのは、僕がアトレティコでクラブの顔だったからだろうね。ただ、僕はもうバルサの戦術に馴染むことを考えている。僕の心はもうバルサにある」 結果的にアトレティコとケンカ別れのような形で、バルセロナでの新たなキャリアを積み上げることを決断したグリーズマン。「すごく満足だ」とも語ったバルセロナ移籍は正しかったのか。23日のチェルシー戦でプレーするとなれば、その決意をプレーで表現してもらいたい。 2019.07.23 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「今季もバルサで」 ラキティッチ、騒がれる去就問題に秘めたる思いを語る

バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが23日に埼玉スタジアム2002で行われる『Rakuten Cup』のチェルシー戦に向け、前日会見に出席した。 バルセロナは21日に来日。日本で『Rakuten Cup』と銘打たれた2試合のプレシーズンマッチを戦う予定であり、23日にチェルシーと対戦すると、続く27日にノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と激突する。 そうした試合に先駆け、会見に登場したラキティッチ。「来日できて嬉しく思う。個人的に、日本という国にたくさんの良い思い出がある。明日に向けて、気持ちがとても高まっている」と意気込みを語った。 日本での試合にモチベーションの高さをのぞかせるラキティッチだが、海外メディアが興味を示すのは、バルセロナとの契約が2021年にも失効する同選手の去就問題だ。それを突いた質問が及ぶと、こう返した。 「今年も去年と全く同じだ。今年も、今シーズンもバルサでプレーがしたい。僕はいつもオープンな人間。バルサとの契約がまだ残っている」 そのなかで、相次ぐ去就の噂に「変な感じはする」との本音も吐露したラキティッチだが、「フットボールはそういうもの。他クラブから興味を抱いてもらえることは光栄」だと続け、選手冥利に尽きるとの考えも示した。 そして、「クラブとして色々な考えごとがあると思うけど、互いの目標は1つだ」とも述べた背番号「4」は、バルセロナの一員として新シーズンを成功の1年にしたいとの思いも口にしつつ、次のようにも続けた。 「みなさん(メディア)の方が僕のことをよく知っていると思う。僕はチームに貢献したいし、チームのために頑張りたい」 日本での試合に向けた意気込みを語る場だったはずだが、去就に関する質問に対しても真摯に丁寧に返答していったラキティッチ。明日のチェルシー戦、どのようなパフォーマンスを日本のサポーターに披露してくれるのか。注目だ。 2019.07.22 23:20 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース