長友&香川出場のイスタンブール・ダービーを制したガラタサライが首位浮上! ベシクタシュは優勝から一歩後退《スュペル・リグ》2019.05.06 03:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スュペル・リグ第31節、ガラタサライvsベシクタシュのイスタンブール・ダービーが5日に行われ、2-0でガラタサライが勝利した。2位のガラタサライ(勝ち点60)と3位のベシクタシュ(勝ち点59)による上位対決。

長友擁するガラタサライは現在リーグ戦16試合負けなしで、最後の黒星は昨年12月にベシクタシュに付けられたもの。一方のベシクタシュも13試合負けなし。こちらは6連勝中でガラタサライや首位のイスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点63)を猛追。

両チームのスタメンは、ガラタサライは長友が[4-1-4-1]の左サイドバックで先発。28得点でリーグ得点ランクトップのディアニェがワントップに入った。

ベシクタシュは香川がベンチスタート。[4-2-3-1]の布陣のワントップにここまで16得点でランキング2位のユルマズが起用された。その他、GKカリウス、センターバックの一角にヴィダが入った。

試合はガラタサライのペースで進む。ポゼッションを高めながら主導権を握るホームチームは2分にオニェクルがファーストシュートを放つ。

25分を過ぎて、6割の支配率を数えるガラタサライが3本のシュートを放ったのに対し、ベシクタシュはゼロに抑えられる。27分にガラタサライがネットを揺らしたが、オニェクルがオフサイドを取られノーゴールに。

36分には、味方のスルーパスで抜け出したディアニェがGKと一対一に。しかし、ここはカリウスに軍配。その直後にもディアニェに好機が訪れるが、ヘディングシュートはクロスバーの上に外れた。

ここまで一方的に押し込むガラタサライはついに先制に成功する。44分、自陣深い位置の相手のFKを撥ね返したガラタサライは、左サイドからのスローインを素早くリスタートし、相手の陣形が整う前に左サイドを進撃。敵陣中央でパスを受けたフェグリがワンタッチで右のフェルナンドに流すと、フェルナンドもGKを躱す様に右へ流す。ここに走り込んだオニェクルが無人のゴールにシュートを押し込んで先制点を挙げた。

1点リードで後半を迎えたガラタサライはさらに突き放す。55分、今度は右サイドのスローインから再開したガラタサライは、右のハーフスペースを突いた味方のパスを受けたフェルナンドがGKと一対一に。一度シュートは防がれるものの、目の前にこぼれてきたボールを拾ってそのまま流し込んだ。

その後、すぐにリカルド・クアレスマを入れたベシクタシュは60分、味方のクロスをヴィダが至近距離からヘディングシュート。62分のリャイッチのシュートはGKムスレラに止められるも、ベシクタシュが徐々に攻撃の精度を上げていく。

そんな中、75分に香川が登場。そのファーストプレーでFKを獲得すると、直接狙ったリャイッチのシュートは壁の上から落ちてくる難しいものだったが、GKの正面に飛んでしまった。

そして、8分以上あった後半アディショナルタイムも過ぎ、2-0で試合終了。勝利したガラタサライはバシャクシェヒルを抜いて首位に浮上した。なお、残りは3試合となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

首位決戦を制したガラタサライがリーグ連覇! 4年ぶりの国内2冠を達成!!《スュペル・リグ》

スュペル・リグ第33節のガラタサライvsイスタンブール・バシャクシェヒルが19日に行われ、2-1でガラタサライが勝利した。ガラタサライのDF長友はフル出場した。 リーグ戦18戦無敗中の首位ガラタサライ(勝ち点66)が、同勝ち点の2位イスタンブールBBによる首位決戦。ミッドウィークに行われたトルコカップ決勝でアクヒサルスポルに3-1で勝利し、3年ぶり18度目の優勝を飾ったガラタサライ。 長友やオニェクル、ディアニェ、フェグリらを先発で起用したガラタサライは15分、相手DFのクリアミスからゴール前に抜け出したディアニェが決定機を迎えたが、つま先で合わせたシュートはゴール左に外れた。 チャンスを逃したガラタサライは、17分にピンチを迎える。ドリブルでボックス左深くまで切り込んだエリアの左クロスをゴール前で長友と競り合ったバイッチにヘディングでゴール左に流し込んだ。 すると、バイッチのゴールセレブレーションに怒ったホームサポーターの投げ込んだプラカップがマームトに直撃し、試合が一時中断する事態に。 4分間の中断で再開された試合は、ホームのガラタサライが押し込む展開となる。すると40分、ベルアンダの左CKゴール前のマルコンが左足で合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 迎えた後半、ガラタサライはドンクを下げてセルチュク・イナンを投入。すると57分、ベルアンダの左CKをフェグリが頭で合わせると、右ポストに弾かれたボールを再びフェグリがオーバーヘッドシュート。このシュートがゴール左に吸い込まれた。 同点弾で勢いづいたガラタサライは55分、ボックス左から侵入したオニェクルのヒールパスに反応したベルアンダがゴールネットを揺らした。これで逆転に成功したかと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の検証の結果、ゴールシーンの前のボール奪取の際にディアニェがハンドを犯しており、このゴールは取り消された。 ガラタサライは、62分にもベルアンダのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したオニェクルがゴールネットを揺らしたが、これもわずかにオフサイドの判定でノーゴールとなった。 2度の勝ち越しチャンスを逃したガラタサライだが64分、中盤で獲得したFKからベルアンダがクロスを供給すると、ゴール前のクドリャショフがクリアミス。ファーサイドに流れたボールを走り込んだオニェクルがヘディングで叩き込み、3度目の正直で逆転に成功した。 その後、アデバヨールやロビーニョをピッチに送り出したイスタンブールBBの反撃を受けるも、集中した守りでこれを弾き返し逃げ切りに成功。 当該成績でイスタンブールBBを上回ったガラタサライが、最終節を残してリーグ連覇を飾り、4年ぶりとなる国内2冠を達成した。 2019.05.20 03:16 Mon
twitterfacebook
thumb

今季シント=トロイデン加入で公式戦16発! MF鎌田大地「シーズンを通して欧州でプレーできたのはプラスに捉えるべき」

シント=トロイデンに所属する日本代表MF鎌田大地が、今シーズンを総括した。 シント=トロイデンは19日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグプレーオフ2・グループA最終節でウェルステロ―をホームに迎え2-1で勝利。冨安はフル出場でチームの勝利に貢献した。 今シーズン、レギュラーシーズンを12勝11分け7敗で7位、プレーオフ2・グループAを4勝5分け1敗で2位という成績で終えたシント=トロイデン。試合終了後、鎌田は以下のようにコメントしている。 「(シーズンを振り返って)シーズンを通して良いシーズンだったと言われますけど、チームとしてはPO1も進出できなかったですし、PO2でも首位になれませんでした。何も成し遂げれなかったので自分が思っていたより難しいシーズンになったかなと思います」 「(チームとしてPO2を統括して)PO1に最後の最後で進出できなくて、切り替えきれずに多少プレーに影響していたとは思いますし、気持ちの面はすごく大きいなと思います」 「(鎌田選手個人として)最初の方は得点を入れないとと凄く考えていたので、ある程度得点も取れて気持ち的に余裕ができたので周りも上手く使うことはできていましたし、プレッシャーもなくなったので、それが良い方向に進んだのかなと思います。PO2の最後の5試合は自分として満足いくプレーはできてなかったですが、ケガもなくシーズンを通してヨーロッパにきて試合に出続けてプレーできたのは、プラスに捉えるべきかなと思います」 2019.05.19 16:12 Sun
twitterfacebook
thumb

今季日本代表の守備の要に成長! シント=トロイデンDF冨安健洋「監督に出会ってなかったら…」

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋が、リーグ最終戦を振り返り、今シーズンを総括した。 シント=トロイデンは19日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグプレーオフ2・グループA最終節でウェルステロ―をホームに迎え2-1で勝利。冨安はフル出場でチームの勝利に貢献した。 今シーズン、レギュラーシーズンを12勝11分け7敗で7位、プレーオフ2・グループAを4勝5分け1敗で2位という成績で終えたシント=トロイデン。試合終了後、冨安は以下のようにコメントしている。 「(試合を振り返ってみて)結果を求めていましたし、勝つことができて、終わりよければすべて良しかなと感じます。ケガがあってメンバーも変わり、今日は本職のCBが僕だけだったので、難しい部分はありましたけど、声を掛け合いながらしっかりやれたかなと思います。常に一年中、力をくれていたのでサポーターには感謝しなくてはいけないなと思います」 「(一年を振り返って) 波もありましたけど、試合に出ることでしか分からないこともあり、この一年がなかったら代表にもなれていないと思うし、開幕から僕を信じて使ってくれた監督に感謝したいです。監督に出会ってなかったら今の状況になっていないと思うので、監督に会えて本当に運が良かったと思います」 2019.05.19 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航負傷交代も…シント=トロイデンが逆転勝利でシーズン締めくくる《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは19日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグプレーオフ2・グループA最終節でウェルステロ―をホームに迎え、2-1で勝利した。日本代表のDF冨安健洋と鎌田大地はフル出場。同国代表DF遠藤航は21分まで、MF関根貴大は71分までプレーし、FW木下康介は71分から出場した。 プレーオフ2では、レギュラーシーズンの7位から12位チームと2部リーグ上位3位を加えた12クラブを2つのグループに分けてホーム&アウェイの総当たり戦を実施。その後、両グループの1位が激突し、勝者がプレーオフ1の4位クラブとホーム&アウェイで対戦。その試合での勝者にヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の出場権が与えられる。 すでにグループA敗退が決定しているシント・トロイデンだが、前半半ばに差し掛かるところで遠藤が競り合いの際に足を痛めて負傷交代する事態に見舞われる。 すると43分、自陣右サイドからのロングボールをファーサイドで折り返されると、ゴール前のデ・サートがクリアミス。左足に当てたボールはゴールに吸い込まれてしまい、先制点を許してしまう。 それでも試合を通して60パーセント以上の支配率でチャンスを作り続けるシント=トロイデンアは73分、ヤンセンスの横パスを受けたデ・サートがボックス手前から右足を振り抜く。ブロックをしようとした相手DF2人の足に当たるも、コースが変わったボールはゴール左に突き刺さった。 デ・サートのオウンゴールを帳消しとする同点ゴールで試合を振り出しに戻すと、79分には味方がボックス内で倒されて、VARの末にPKを獲得する。しかし、キッカーを務めたボタカのシュートはGKにコースを読まれてしまい、逆転には至らない。 それでも88分、ボックス右外のボタカがドリブルからボックス右手前のヤンセンスに預けると、右足を一閃。低い弾道のシュートがGKのニアサイドを射抜き、2-1とシント=トロイデンが逆転に成功した。 試合はそのまま2-1で終了。リーグ最終戦を白星で締めくくった。 シント=トロイデン 2-1 ウェルステロ― 【シント=トロイデン】 デ・サート(後28) ヤンセンス(後43) 【ウェルステロ―】 OG(前43) 2019.05.19 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井が昌子の前で1G1Aの大活躍! フランスでの初対決は酒井に軍配!《リーグ・アン》

リーグ・アン第37節、トゥールーズvsマルセイユが18日に行われ、2-5でマルセイユが勝利した。トゥールーズのDF昌子源とマルセイユのDF酒井宏樹は共にフル出場している。 15位トゥールーズ(勝ち点38)と、欧州カップ戦出場の可能性が途絶えた6位マルセイユ(勝ち点55)による日本人対決。 昌子が[4-2-3-1]の右センターバックで、酒井が[4-2-3-1]の右サイドバックでスタートしたフランスの地での初対決は、地力に勝るマルセイユが押し込む展開で立ち上がっていく。 それでも26分、トゥールーズが先制した。グラデルの左クロスにイセカが合わせて押し込んだ。 オープンな展開となる中、マルセイユが3分後に追いつく。グスタボの右サイドからのインスウィングのクロスをファーサイドのサンソンがボレーで蹴り込んだ。ハーフタイムにかけてはマルセイユが再び押し込む展開で推移したものの、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もマルセイユが攻勢に出る中、50分に勝ち越した。決めたのは酒井。クロスのルーズボールをボックス手前右にいた酒井が左足ボレーでゴール右に蹴り込んだ。 逆転を許したトゥールーズが一転して押し込む展開とすると、61分にスローインの流れからボックス手前左のグラデルがゴール左にグラウンダーのシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。 追いついて勢いに乗るトゥールーズが前がかっていたが、76分にマルセイユがリードした。ロングスルーパスに反応した酒井が右サイド高い位置からダイレクトでクロスを入れると、最後はエンジエが押し込んだ。 酒井の1ゴール1アシストで勝ち越したマルセイユは、試合終了間際にトヴァンが2ゴールを加点して5-2で勝利。1ゴール1アシストと大活躍の酒井が昌子との日本人対決を制している。 2019.05.19 05:51 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース