リバプール、伏兵オリジの土壇場弾でニューカッスルに劇的勝利! シティに圧力かけるもサラーが負傷交代…《プレミアリーグ》

2019.05.05 05:51 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第37節、ニューカッスルvsリバプールが4日に行われ、3-2でリバプールが勝利した。2冠の可能性を残すリバプールだがその実無冠に終わる可能性が極めて高い。リーグ戦は今節を入れて残り2試合で、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は1。しかし自力優勝の可能性はなく、シティのつまずきを期待するしかない。一方、チャンピオンズリーグでも先日にバルセロナに0-3で敗北。次がホーム戦といえど、これをひっくり返すのは至難の業だ。

その敗戦からバウンスバックを目指す今節のスタメンは、バルセロナ戦から4選手変更。ジョー・ゴメス、マティプ、ミルナー、ケイタに代わり、ロブレン、アーノルド、ヘンダーソン、スタリッジが起用された。

キックオフ直後からリバプールがペースを握る。アンカーのファビーニョを起点に、前線ではマネやサラーのアイデア溢れるプレーで次々とニューカッスルゴールに迫る。11分に左からのクロスを頭で合わせたサラーは、さらにそのこぼれ球を押し込みにかかったが、体勢が悪くシュートを枠に飛ばすことはできなかった。

それでもリバプールがゴールを奪うのは時間の問題だった。13分、サラーのシュートで右CKを獲得すると、アーノルドのクロスをファン・ダイクがフリーで合わせあっさり先制した。

だが、意外にもニューカッスルがすぐに取り返す。20分、右サイドから上がったクロスがファーサイドのリッチーに流れると、グラウンダーの折り返しをロンドンがシュート。これはアーノルドにブロックされたが、こぼれ球をアツが押し込んで試合を振り出しに戻した。

25分にもアジョセ・ペレスがGKアリソンを強襲するシュートを放ち、さらなる得点の香りが漂うニューカッスルだが、そんな期待をリバプールは打ち砕く。28分、右のコーナーアーク付近でボールをキープしたスタリッジのヒールパスをアーノルドがダイレクトでクロス。何でもないクロスだったが、ニューカッスルはここでもマークを外してしまい、ゴール前でフリーとなっていたサラーが右足で流し込んで勝ち越しに成功した。

後半もこのままの流れで進むかに思われたが、この日のニューカッスルは一味違った。54分、ニューカッスルの右CKの場面。一度跳ね返されたボールをボックス手前からマンキージョが頭で入れなおすと、これをロンドンが正面からダイレクトシュート。Gkアリソンも一歩も動けずにネットを揺らした。

絶対に引き分け以下で終わりたくないリバプールは66分にワイナルドゥムを下げてシャキリを投入。攻撃的な選手を増やす。だが、73分にアクシデント。サラーが相手との接触で倒れ込んでしまい、そのままストレッチャーに乗せられピッチを後に。代わりにオリジが起用されたが、今後のチャンピオンズリーグや最終節に不安が残る交代となった。

84分にはミルナーをロブレンに代えて投入。するとその2分後、右サイドで得たFKをシャキリが蹴ると、途中出場のオリジが頭で合わせて再び勝ち越しに成功した。

サラーの負傷もあり、後半アディショナルタイムは8分に。その間、ニューカッスルはシェアを下げて武藤を投入。その武藤のファーストプレーはオフサイドに。

そして、長かったアディショナルタイムも逃げ切り、リバプールが劇的勝利。首位を行くシティに圧力をかけた。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、逸材CBベン・ホワイト獲得を来夏優先事項に

リバプールが来夏の移籍市場においてブライトンのイングランド人DFベン・ホワイト(23)の獲得を優先事項に設定したようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。 今シーズン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、DFジョー・ゴメスの長期離脱によりセンターバックのやり繰りに苦労しているリバプール。だが、今冬の移籍市場では同ポジションの補強を見送る可能性が高くなっている。 ただ、クラブのリクルート部門は元々手薄なセンターバックの補強を考慮しており、来夏に向けて周到な準備を進めているようだ。 『リバプール・エコー』が伝えるところによれば、リバプールは2019年夏辺りから関心が伝えられてきたホワイト獲得を最優先事項としており、今シーズンも定期的にスカウトを派遣して同選手の状態を具にチェックしているという。 ブライトンの下部組織出身のホワイトは昨シーズンにレンタル加入したリーズ・ユナイテッドで台頭。182cmと体格には恵まれていないものの、プレミアリーグのセンターバックでトップレベルのスピードなどアスリート能力が高く、地上戦でも空中戦においても高いデュエルの勝率を記録している。 また、鬼才マルセロ・ビエルサ監督、現指揮官のグラハム・ポッター監督という、2人の智将から攻守両面で多くのことを学んでおり、ビルドアップの質に加え、マンマーク守備、守備的MFやサイドバックでのプレーなど、23歳にして特筆すべき引き出しの多さを見せている。 そして、『リバプール・エコー』は世界屈指のスカッドを誇るリバプールで主力を務めるには多くの部分で改善が必要であると主張しながらも、その伸びしろとチームスタイルに合致したプロフィールを考えれば、クラブにとって有益な補強になると締めくくっている。 ただ、評価額が5000万ポンド(約71億円)とも言われる逸材センターバックにはプレミアリーグのビッグ6がこぞって関心を示しており、熾烈な争奪戦を制する必要がある。 2021.01.15 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

FAカップの抽選会でドロワーの大役を任された元イングランド代表クラウチ、本番でふざける

11日に2020-21シーズンのFAカップ4回戦と5回戦の組み合わせ抽選会が行われた。 組み合わせの運命を決めるドロワーには元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏が起用されたが、そのドローの仕方が風変わりだと注目を集めた。 <div id="cws_ad">◆GKからボールが一度も地面に触れることなく…クラウチが豪快ボレーシュート <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlYzd0NzNZayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> クラウチ氏は、ドローするタイミングになると、右手を下ろし、大きく円を描くように一周して、ボックスの中へと手を入れていた。 このモーションは、2017年1月に、セルティックの熱狂的サポーターとしても知られる歌手のロッド・スチュワート氏が、スコットランドの国内カップ5回戦の組み合わせ抽選会にドロワーとして参加した時に見せたパフォーマンスの模倣だ。 しっかりとイベントを盛り上げたクラウチ氏だったが、自身の古巣であるリバプールの対戦相手には、プレミアリーグでも首位を争うライバルであるマンチェスター・ユナイテッドを引き当ててしまった。 このことについては、リバプールサポーターに対して、ユーモアを交えながらも謝罪している。 「正直このカードを引くことになるとは思っていなかった。(ユナイテッド対リバプールは)本当にビッグマッチだ。一応言わせてもらうけど、私もこの対戦カードの試合に出たことがあるし、決勝点を決めたことだってあるんだ!」 なお、FAカップ4回戦の日程は1月第4週の週末に開催される予定だ。 <div id="cws_ad" >◆クラウチが独特なモーションで盛り上げるも…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Never change, <a href="https://twitter.com/petercrouch?ref_src=twsrc%5Etfw">@petercrouch</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> <a href="https://t.co/AjmHakCmBU">pic.twitter.com/AjmHakCmBU</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1348710638844051468?ref_src=twsrc%5Etfw">January 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ◆FAカップ4回戦組み合わせ ①チェルトナム(4部) vs マンチェスター・シティ ②ボーンマス(2部) vs クローリー(4部) ③スウォンジー(2部) vs ノッティンガム・フォレスト(2部) ④マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール ⑤サウサンプトンorシュルーズベリー・タウン(3部) vs アーセナル ⑥バーンズリー(2部) vs ノリッジ(2部) ⑦チョーリー(6部) vs ウォルバーハンプトン ⑧ミルウォール(2部) vs ブリストル・シティ(2部) ⑨ブライトン vs ブラックプール(3部) ⑩ウィコム(2部) vs トッテナム ⑪フルアム vs バーンリー ⑫シェフィールド・ユナイテッド vs プリマス(3部) ⑬チェルシー vs ルートン・タウン(2部) ⑭ウェストハム vs ドンカスター・ローバーズ(3部) ⑮ブレントフォード(2部) vs レスター・シティ ⑯エバートン vs シェフィールド・ウェンズデイ(2部) ◆FAカップ5回戦対戦カード ⑪の勝者 vs ②の勝者 ④の勝者 vs ⑭の勝者 ⑫の勝者 vs ⑧の勝者 ⑦の勝者 vs ⑤の勝者 ⑥の勝者 vs ⑬の勝者 ⑯の勝者 vs ⑩の勝者 ③の勝者 vs ①の勝者 ⑮の勝者 vs ⑨の勝者 2021.01.13 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サラーが故郷エジプトに新たな支援…医療用の酸素ボンベを寄付

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、エジプトの故郷ナグリグ村に医療用の酸素ボンベを寄付した。『ESPN』が伝えている。 現在、エジプトでは新型コロナウイルスの第2波が訪れており、ここまで総感染者数が15万人以上、死者が8200人以上と深刻な被害が出ている。 そういった状況の中、昨年11月に自身も感染者の一人となったサラーは、自身のチャリティー財団を通じてナグリグ村に医療用の酸素ボンベ14本を寄付した。 また、サラーは昨年に医療支援を提供する新たな救急ステーションの建設費用、救急車を寄付しており、コロナ禍において両者は患者の緊急搬送などでフル稼働しているという。 以前から熱心に慈善活動に取り組んでいるエジプトの英雄は、ナグリグ村の女子校、スポーツ施設、医療機器などの建設費用を寄付。さらに、下水処理場建設のための土地を購入してきた。 コロナ禍においてはナグリグ村とその近隣の村に数千トンの食料を提供していた。 2021.01.13 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

主審が判断ミスを認める、ファン・ダイクが重傷を負ったシーンは「オフサイドに気を取られすぎた」

プレミアリーグで主審を務めているマイケル・オリヴァー氏が、今シーズンの重要な判定に関してミスだったと認めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 オリヴァー氏は、今シーズン担当したプレミアリーグの試合で1つの大きなミスを犯したことを認めた。それは、リバプールvsエバートンのマージーサイド・ダービーでの一件だ。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=91fgrkmgbeld1al24mu6kc3mx" async></script></div> 事件は10月17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートンvsリバプールの一戦。シーズン序盤好調を維持していたエバートンと首位のリバプールの一戦は大きな注目が集まったが、開始5分に起こったプレーが世界中で物議を醸した。 リバプールのセットプレーの流れで、クロスに飛び込んだヴィルヒル・ファン・ダイクがエバートンGKジョーダン・ピックフォードのアフターチャージで足を挟まれ負傷交代。試合後の検査で右ヒザ前十字じん帯の損傷が見つかり、手術を余儀なくされる重傷となった。 このシーンでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入し、ファン・ダイクがオフサイドポジションにいたためPKはなし。さらにその後のプレーということで、ピックフォードもお咎めなしとなっていた。 しかし、この試合で主審を担当していたオリヴァー氏はこの時の判断について間違いだったことを認め、オフサイドであった判定は変わらなくとも、ピックフォードも退場すべきだったと語った。 「当初はオフサイドなのでPKにはなり得ないので、最初にオフサイドをチェックする必要があると考えていた」 「オフサイドでなければ、私はPKを与えるつもりだとVARにも言ったと思う。私は何度もその場面を見直した。ピックフォードが自分で手を広げている以外には何もしていないと本当に思っている。ただ、ケガが示しているように、間違った方法をとったとも言える」 「私を含め、チャレンジついて考えることはあまり考慮していなかった。オフサイドを与えて、ピックフォード退場させることもできた。後でそれを見て驚いたのは、ピッチで何も抗議されなかったということだ。選手は誰もレッドカードを要求はしていなかった」 「より大きなプロセスを考えることとは対照的に、我々は一歩ずつ進むことに夢中になりすぎていた。PKにはなり得ないという事実だけでなく、チャレンジも検討していた。我々がしたように、オフサイドから再開すべきだったと思うが、ジョーダン・ピックフォードには別のペナルティが与えられるべきだった」 VARが導入されたなかでも起きてしまったこの事件。ミスジャッジは減った一方で、肉眼では判別できないレベルの細かすぎるオフサイドの判定には異論も唱えられている。 しかし、オリヴァー主審はVAR自身はプラスに働いていることを強調。ピッチ内での不平不満は減り、余計な論争を産まなくなったと感じていると明かした。 「VARが強迫観念を与えていることは知っている。しかし、私はそれを望んでいる。ゲームを変えることに関するすべてのことには騒ぎが付いて回る。ただ、明日のランチタイムにそれを無くした場合、週末を通して聞こえてくるの人々が“VARを通した報道”を叫ぶことだけだろう」 「最終的にVARを使用したとしても、それは私の決断だ。フィールドで決定を下すのは私だ。そして、最初に正しく判定できれば、VARが関与する理由はない」 「今、私は前に進むことができ、ピッチサイドのモニターに確認するという2度目のチャンスもある。気が変わったり、そのままにしたりすることができる」 「VARは試合に役立っていると思う。より公正な決定が得られている。選手も受け入れてくれている。モニターに行くと、少なくともどちらも満足しているため、フィールドで受け入れてくれることが増える。それをライブや写真で見ることができる」 「そして、我々が受ける虐待にも役立つ。選手は20分前に起きたことに対して、しつこく不平を言ってくることはない。彼らはそれが発見されたことを嬉しく思う。チェックされたことを嬉しく思う。彼らは自分たちの考えをいい、世界は進んでいく」 2021.01.10 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

南野が決勝点アシスト! リバプール、クラスター発生で“ユース”送り込んだビラ撃破で4回戦進出《FAカップ》

FAカップ3回戦、アストン・ビラvsリバプールが8日にビラ・パークで行われ、1-4で勝利したリバプールが4回戦進出を決めた。なお、リバプールのFW南野拓実は先発し62分までプレーした。 2005-06シーズン以来の同タイトル獲得を目指すリバプールは、プレミアリーグで首位をキープも直近のサウサンプトン戦を0-1で落とすなど、3戦未勝利とここに来て不振が続く。リーグ戦の前回対戦で2-7の大敗を喫したビラとのリベンジマッチでは先発6人を変更。 GKにケレハー、最終ラインがファビーニョを除きミルナー、ネコ・ウィリアムズ、リース・ウィリアムズが並び、中盤はヘンダーソンがアンカーに戻り、インサイドハーフにカーティス・ジョーンズ、ワイナルドゥム。前線はマネを最前線に置き左に南野、右にサラーが入った。 一方、トップチームに新型コロナウイルスのクラスターが発生し、スミス監督を含めトップチームのほとんどの選手が隔離対象となったビラは、試合開催も危ぶまれた中、U-23チームとU-18チームの混合チームという異例のメンバー構成でプレミア王者に臨んだ。 FIFAクラブ・ワールドカップ参戦の影響でリバプールがユースチームで臨んだ2019年12月のEFLカップとは真逆の形での開催となったこの一戦。リバプールがいきなりゴールをこじ開ける。4分、右サイドに流れたC・ジョーンズの正確なクロスをゴール前でDF2枚の間に飛び込んだマネが頭で合わせた。 ビラの若武者相手にいきなり格の違いを見せつけたリバプールは、直後の10分にもサラーの右クロスに反応したゴール前のワイナルドゥムが右足ワンタッチで際どいシュートを放つなど、2点目に迫っていく。 その後、時間の経過と共に緊張から解き放たれたホームチームが押し返し始めるが、最後の局面ではさすがにクオリティの差が目立つ。23分にファビーニョのミドルシュート、マネとボックス付近で決定的なシュートを放つと、36分にもカウンターからサラーが左足を振っていくが、GKオノディのファインセーブに阻まれる。 すると、なかなか2点目を奪えないリバプールはそのツケを払うことに。41分、ロウのハイライン裏を狙ったグラウンダーのスルーパスに反応したルイ・バリーにDFリース・ジェームズが完璧に入れ替わられてゴール前に抜け出されると、元バルセロナの17歳FWに冷静にGKとの一対一を制された。 ユースチーム相手に追いつかれる屈辱を味わったプレミア王者はすぐさま反撃。前半アディショナルタイムには相手を押し込んでヘンダーソン、C・ジョーンズと際どいミドルシュートを放ったが、相手DFのブロックとGKの好守に阻まれ、1-1のイーブンで試合を折り返すことになった。 迎えた後半、リバプールはヘンダーソンに代えてチアゴをアンカーの位置で投入。立ち上がりの49分に南野の左足シュートで最初のフィニッシュシーンを作り出すと、53分にはゴール前の混戦からサラーがゴールネットを揺らすが、ここはGKへのファウルでゴールは認められない。 それでも、攻勢を続けるアウェイチームは60分、右サイドのサラーから足元にパスを受けたボックス中央の南野が冷静にワイナルドゥムに落とすと、オランダ代表MFが絶妙なコントロールシュートを右隅へ流し込んだ。 この勝ち越し直後に南野、C・ジョーンズを下げてフィルミノ、シャキリを送り込んだリバプールは、気落ちしたビラを一気に突き放す。まずは63分、ボックス手前のシャキリから出た浮き球のパスをゴール前で競り勝ったマネが頭で合わせて3点目。続く65分には再びシャキリのパスからボックス中央でボールを受けたサラーが見事な股抜きの反転シュートをゴール右隅に流し込んだ。 一気に点差を3点に広げたリバプールはここから試合をクローズにかかる。74分にはサラーとマネを下げてオックスレイド=チェンバレン、オリジをピッチに送り込んだ。 試合終盤にかけては初のトップチームのゲームで消耗色濃いビラの若武者を難なくいなしてゲームをコントロールしたリバプールが4-1のスコアを維持したままきっちり試合を終わらせた。 そして、前半は思わぬ苦戦を強いられたものの、プレミア王者の意地を見せたリバプールが順当に4回戦進出を決めた。 また、同日行われたウォルバーハンプトンvsクリスタル・パレスは1-0で勝利したホームのウルブスが4回戦進出を決めた。 プレミアリーグ勢同士の対戦は、互いに主力をピッチに送り込んだ中、前半の37分にアダマ・トラオレが右サイドからのカットインで決めた圧巻の左足のミドルシュートが決勝点となり、ホームチームが突破を決めた。 2021.01.09 06:56 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly