リバプール、伏兵オリジの土壇場弾でニューカッスルに劇的勝利! シティに圧力かけるもサラーが負傷交代…《プレミアリーグ》2019.05.05 05:51 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第37節、ニューカッスルvsリバプールが4日に行われ、3-2でリバプールが勝利した。2冠の可能性を残すリバプールだがその実無冠に終わる可能性が極めて高い。リーグ戦は今節を入れて残り2試合で、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は1。しかし自力優勝の可能性はなく、シティのつまずきを期待するしかない。一方、チャンピオンズリーグでも先日にバルセロナに0-3で敗北。次がホーム戦といえど、これをひっくり返すのは至難の業だ。

その敗戦からバウンスバックを目指す今節のスタメンは、バルセロナ戦から4選手変更。ジョー・ゴメス、マティプ、ミルナー、ケイタに代わり、ロブレン、アーノルド、ヘンダーソン、スタリッジが起用された。

キックオフ直後からリバプールがペースを握る。アンカーのファビーニョを起点に、前線ではマネやサラーのアイデア溢れるプレーで次々とニューカッスルゴールに迫る。11分に左からのクロスを頭で合わせたサラーは、さらにそのこぼれ球を押し込みにかかったが、体勢が悪くシュートを枠に飛ばすことはできなかった。

それでもリバプールがゴールを奪うのは時間の問題だった。13分、サラーのシュートで右CKを獲得すると、アーノルドのクロスをファン・ダイクがフリーで合わせあっさり先制した。

だが、意外にもニューカッスルがすぐに取り返す。20分、右サイドから上がったクロスがファーサイドのリッチーに流れると、グラウンダーの折り返しをロンドンがシュート。これはアーノルドにブロックされたが、こぼれ球をアツが押し込んで試合を振り出しに戻した。

25分にもアジョセ・ペレスがGKアリソンを強襲するシュートを放ち、さらなる得点の香りが漂うニューカッスルだが、そんな期待をリバプールは打ち砕く。28分、右のコーナーアーク付近でボールをキープしたスタリッジのヒールパスをアーノルドがダイレクトでクロス。何でもないクロスだったが、ニューカッスルはここでもマークを外してしまい、ゴール前でフリーとなっていたサラーが右足で流し込んで勝ち越しに成功した。

後半もこのままの流れで進むかに思われたが、この日のニューカッスルは一味違った。54分、ニューカッスルの右CKの場面。一度跳ね返されたボールをボックス手前からマンキージョが頭で入れなおすと、これをロンドンが正面からダイレクトシュート。Gkアリソンも一歩も動けずにネットを揺らした。

絶対に引き分け以下で終わりたくないリバプールは66分にワイナルドゥムを下げてシャキリを投入。攻撃的な選手を増やす。だが、73分にアクシデント。サラーが相手との接触で倒れ込んでしまい、そのままストレッチャーに乗せられピッチを後に。代わりにオリジが起用されたが、今後のチャンピオンズリーグや最終節に不安が残る交代となった。

84分にはミルナーをロブレンに代えて投入。するとその2分後、右サイドで得たFKをシャキリが蹴ると、途中出場のオリジが頭で合わせて再び勝ち越しに成功した。

サラーの負傷もあり、後半アディショナルタイムは8分に。その間、ニューカッスルはシェアを下げて武藤を投入。その武藤のファーストプレーはオフサイドに。

そして、長かったアディショナルタイムも逃げ切り、リバプールが劇的勝利。首位を行くシティに圧力をかけた。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、ミニョレアウトでマッカーシー獲得か

リバプールが、サウサンプトンのイングランド代表GKアレックス・マッカーシー(29)の獲得を考慮しているようだ、イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジル代表GKアリソン・ベッカーが守護神を務めるリバプールでは、昨シーズン前半までレギュラーを張っていたGKシモン・ミニョレが第二GKを役割を果たしている。 伝えられるところによると、ミニョレは今夏で退団する可能性が高いようで、リバプールは代役としてマッカーシーに白羽の矢を立てたという。 マッカーシーは2016年夏にクリスタル・パレスからセインツに移籍。昨季後半から正GKの座を掴んだが、今季終盤はGKアンガス・ガンの台頭により出場機会を無くした。一方で、昨年11月にはアメリカ代表との親善試合でイングランド代表デビューを果たしている。 2022年まで契約を残しているが、セインツはオファー次第で移籍に応じる構えとのことだ。 2019.06.17 14:02 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールのサラーが見られるのはあと1年?

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、来夏の退団を考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2017年夏の加入以降、ここまで公式戦104試合で71ゴールを挙げているサラー。2018-19シーズンにはクラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導き、14年ぶりとなるビッグイヤーをもたらした。 『ミラー』によると、サラーは今季限りでのリバプール退団を考えていたものの、CL優勝に沸くリバプールサポーターを見て思い改めたという。だが、リバプールを去る気持ちに変わりはないようで、来夏に大金を置き土産に移籍することを決めているという。 ユルゲン・クロップ監督も同選手に意向は察しており、サラーの去就に関するクラブ上層部の会議にも出席しているとのこと。なお、サラーを狙っているのはユベントスとレアル・マドリーと伝えられている。 2019.06.16 17:22 Sun
twitterfacebook
thumb

充実の1年を終え…ファン・ダイク、思いを綴る「整理するのに数日、必要だった」

今シーズンの戦いを終え、リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、自身のツイッター(@VirgilvDijk)に思いを綴った。 今シーズンのファン・ダイクは輝かしい活躍を見せた。プレミアリーグでは惜しくも勝ち点1差で優勝を逃したものの、わずか1敗という驚異的な成績を残した。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では14年ぶりの優勝。個人としてもこの1年間、一度もドリブル突破を許さない鉄壁ぶりを披露し、チームの守備の柱としてけん引した。この活躍が認められ、プレミアリーグ年間最優秀選手賞、イングランドサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手賞を受賞した。 また、その活躍ぶりは主将を務めるオランダ代表でも。2016年のユーロ、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では予選敗退で本戦出場を逃していた“オランイェ”。今年、UEFAネーションズリーグでは惜しくも決勝戦でポルトガル代表に敗れたものの、準優勝という好成績を残し、復活を予感させた。 クラブ、代表ともに輝きを放ったファン・ダイクには、バロンドール獲得の期待も高まっている。そんな同選手が充実の1年を総括し、ファン・サポーターに感謝を告げた。 「信じられないシーズンを終え、整理するのに数日、必要だった」 「僕らは今シーズン、リバプールというチームとして素晴らしいことを成し遂げた。そして、僕はこのようなグループ、選手たちを持つチームの一員でいられることをとても誇りに思う」 「ヨーロッパチャンピオンになるという夢が実現したんだ!」 「僕ら全員は今、より多くの成功に飢えている。そして、それを成し遂げ続けるために全てを出し続けていくよ」 「オランダ代表の将来にも興奮している。将来が楽しみとなった今シーズンの戦いに上積みをしていくつもりだ。この数か月間、本当にありがとう。ブレークの後に再び突き進む準備をして、また会おう!」 2019.06.15 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、新守護神候補にカリウスをリストアップか

ローマがリバプールからレンタル移籍でベシクタシュに加入しているドイツ人GKロリス・カリウス(25)の獲得に興味を示しているようだ。トルコ『fotoMac』の情報を引用してイタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 昨夏にブラジル代表GKアリソン(26)がリバプールへ移籍したことで新守護神としてスウェーデン代表GKロビン・オルセン(29)を迎え入れたローマ。しかし、低調なパフォーマンスでシーズン終盤はベンチを温める日々が続き、今夏の有力な放出候補となっているようだ。 そのため、今夏に新守護神の獲得を目論んでいるローマは、カリアリのイタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ(24)やアタランタのイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(24)の国内組に加えてベティスのスペイン代表GKパウ・ロペス(24)をリストアップ。その中に、カリウスも含まれているという。 2016年夏にマインツからリバプールへ加入したカリウス。昨年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦では致命的なミスを犯したこともあり、今シーズンはベシクタシュへ期限付き移籍で加入し、公式戦35試合に出場していた。 2019.06.13 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

“ビッグ6”の対戦は!? 熾烈な優勝争いのシティとリバプールは11月と4月に対戦!

13日、2019-20シーズンのプレミアリーグの日程が発表された。 開幕戦ではいきなりマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーの対戦が組まれた中、連覇のマンチェスター・シティ、チャンピオンズリーグ王者のリバプール、ヨーロッパリーグ王者のチェルシー、チャンピオンズリーグファイナリストのトッテナム、ヨーロッパリーグファイナリストのアーセナル、そしてユナイテッドの“ビッグ6”の対戦はいつなのか、まとめて見た。 まず、激しい優勝争いを繰り広げたシティとリバプールだが、初戦は11月9日にアンフィールドで対戦。エティハド・スタジアムでは4月4日とシーズン終盤に対戦することが決定している。 チャンピオンズリーグ決勝カードのリバプールとトッテナムは、10月26日にアンフィールドで、1月11日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで対戦する。 そのほか、マンチェスターダービーは、12月7日にエティハド・スタジアムで、3月7日にオールド・トラッフォードで対戦。ノースロンドン・ダービーは8月31日にエミレーツ・スタジアムで、4月25日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われる。 なお、テレビのスケジュールや、他大会の勝ち上がりにより、日程の変更が行われる可能性はある。 ◆2019年 8月10日:マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー 8月17日:マンチェスター・シティvsトッテナム 8月24日:リバプールvsアーセナル 8月31日:アーセナルvsトッテナム 9月21日:チェルシーvsリバプール 9月28日:マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル 10月19日:マンチェスター・ユナイテッドvsリバプール 10月26日:リバプールvsトッテナム 11月9日:リバプールvsマンチェスター・シティ 12月3日:マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナム 12月7日:マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド 12月14日:アーセナルvsマンチェスター・シティ 12月21日:トッテナムvsチェルシー 12月28日:アーセナルvsチェルシー ◆2020年 1月1日:アーセナルvsマンチェスター・ユナイテッド 1月11日:トッテナムvsリバプール 1月18日:リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド 1月22日:チェルシーvsアーセナル 2月1日:トッテナムvsマンチェスター・シティ 2月8日:チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド 2月29日:マンチェスター・シティvsアーセナル 3月7日:マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティ 3月14日:トッテナムvsマンチェスター・ユナイテッド 3月21日:チェルシーvsマンチェスター・シティ 4月4日:マンチェスター・シティvsリバプール 4月25日:トッテナムvsアーセナル 5月2日:アーセナルvsリバプール 5月9日:リバプールvsチェルシー 2019.06.13 19:10 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース