伊東純也が今季3得点目! ヘンクもリーグ優勝&CL本選権に王手《ジュピラー・プロ・リーグ》

2019.05.04 10:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクに所属する日本代表FW伊東純也が今シーズン3得点目をマークした。ヘンクは3日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ(PO1)第7節でアントワープと激突。PO1全試合スタメンの伊東はフル出場を果たした。

25分に獲得したPKのチャンスから先制したヘンクは55分に追加点。続く57分、左サイドからのクロスに伊東が右足ダイレクトで合わせ、さらにリードを広げた。

結局、後半アディショナルタイムに獲得したPKのチャンスから4点目を挙げたヘントが完勝。今シーズンのリーグ2位以内が確定した。

そのヘンクは5月12日に行われる次節、リーグ優勝と来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)本選出場権をかけて、クラブ・ブルージュと対戦する。

ヘンク 4-0 アントワープ
マリノフスキ(前25[PK])
サマッタ(後10)
伊東純也(後12)
ハイネン(後45+1[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

ウニオン・ベルリンがレバークーゼンとの上位対決制して暫定4位浮上! 遠藤渓太は3戦連続出場機会なし《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第16節、ウニオン・ベルリンvsレバークーゼンが15日にアルテ・フェルステライで行われ、ホームのウニオンが1-0で勝利した。なお、ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。   5位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)と3位レバークーゼン(勝ち点29)による上位対決。直近5戦無敗と好調を維持するウニオンだが、遠藤は直近2戦出番なしとなっている。レバークーゼンをホームで迎え撃ったこの一戦でも引き続きベンチスタートとなった。   立ち上がりから拮抗した展開が続く中、時間の経過と共にアウェイのレバークーゼンが相手陣内深くまで侵攻していく。14分にはカウンターからボックス中央に飛び出したデミルバイに決定機も、ここは相手に寄せられてバランスを崩して右足のシュートは枠の右に外れる。   一方、ウニオンも直後の15分に最初の決定機。左CKの場面でトリメルのクロスをゴール前のフリードリッヒが頭で合わすが、これは左ポストを掠めて枠の左に外れた。   その後、ウニオンは20分過ぎにベッカーの負傷によりトイヒャートのスクランブル投入を余儀なくされるが、格上レバークーゼン相手に奮闘。前半終盤の38分にはシック、デミルバイと際どいシュートを続けて許すが、何とか耐え抜いて0-0のイーブンで試合を折り返した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半はホームのウニオンにいきなりビッグチャンス。50分、プロメルの絶妙なスルーパスに抜け出したトイヒャートがボックス付近まで抜け出して冷静にコースを狙った左足のシュートを放つ。だが、これは右ポストの内側を叩き惜しくも先制点とはならず。さらに、61分にもカウンターからトイヒャートが際どいシュートを放つが、これも枠の右に外れた。   ディアビとベイリーの両翼が存在感を欠き後半に入って攻撃が停滞するレバークーゼンは69分に2枚替えを敢行。シックとバウムガルトリンガーを下げてアラリオ、アランギスをピッチへ送り込んだ。   この交代でレバークーゼンがやや流れを引き戻し、試合は均衡が保たれたまま終盤に突入。すると、試合を通してよりゴールに迫っていたウニオンが土壇場でゴールをこじ開ける。88分、自陣中央でのボール奪取からレンツのスルーパスに反応したトイヒャートがDFを置き去りにしてゴール前までドリブルで運ぶ。GKとの一対一では右足のシュートを触られるが、ディフレクトしたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。   そして、レバークーゼンとの上位対決に競り勝ったウニオンが6戦負けなしで暫定ながら4位に浮上した。 2021.01.16 06:44 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表DF植田直通がリーグ・アンへ移籍か? 最下位のニーム移籍が近いと識者が明かす

セルクル・ブルージュに所属する日本代表DF植田直通(26)に移籍の可能性があるようだ。 植田は2018年7月に鹿島アントラーズからセルクル・ブルージュへと移籍。ここまで公式戦で55試合に出場し1得点を記録している。 今シーズンもジュピラー・プロ・リーグで8試合に出場している植田。しかし、10月以降はメンバー外になる事が多く、2試合の出場に終わっている状況だ。 その植田は、ここに来てリーグ・アンへの移籍が浮上しているとのこと。その行き先として名前が挙がっているのがニームだ。 フランスでコメンテーターやジャーナリストとして知られ、ニームに精通しているロマン・コレット=ガウディン氏が、自身のツイッター(@RomainCG75)で植田の移籍について言及している。 「日本代表のセンターバックである植田直通は、ニーム・オリンピックに接近している」 ニームは現在のリーグ・アンで最下位に1。19試合を終えて勝ち点12であり、残留ラインの17位ナントとの勝ち点差は「5」となっている。ただ、得点が14に対して失点は40とまずは守備の改善に着手することになるが、チームでの出場機会を得られていなくなっている植田が救世主となるだろうか。 2021.01.15 21:11 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第16節プレビュー】ヴォルフスブルクvsライプツィヒ、ウニオンvsレバークーゼンの上位対決

先週行われた前節では首位バイエルンがボルシアMGに逆転負けを喫し、2位ライプツィヒがドルトムントに完敗したことで2ポイント差に変動はなかった。迎える第16節は6位ヴォルフスブルク(勝ち点25)vs2位ライプツィヒ(勝ち点31)、5位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)vs3位レバークーゼン(勝ち点29)による上位対決が行われる。 まずは土曜開催のヴォルフスブルクvsライプツィヒ。ヴォルフスブルクは前節ウニオン・ベルリン戦では退場者を出しながらも2-2の引き分けに持ち込んで見せた。地力を付けてきたところを見せた中、ライプツィヒを下して上位陣を追走することができるか。 対するライプツィヒは前節、勝利すれば首位浮上だった中、ドルトムント戦では後半に崩れ、3失点を喫して完敗となった。今季リーグ戦2敗目を喫したチームは、勝利して翌日に試合を行うバイエルンにプレッシャーをかけられるか。 続いて金曜開催のウニオンvsレバークーゼン。ウニオン(勝ち点25)は前節ヴォルフスブルク戦では数的優位を生かせず引き分けに持ち込まれてしまった。とはいえ、格上クラブに対して持ち味のカウンターが十分に機能しており、自信を更に深めているはず。FWアウォニーのスピードがショートカウンターを武器とするレバークーゼン相手にも牙を剥くか。ここ2試合出番のない遠藤渓太に出場機会があるかにも注目だ。 一方、ブレーメン相手に低調ドローに終わった3位レバークーゼン(勝ち点29)は前節、ブレーメン相手にほぼチャンスを作れず何とか引き分けるのが精いっぱいだった。これでここ3試合1分け2敗とブレーキがかかっているが、好調ウニオンを下せるか。 ボルシアMG戦では2点のリードをひっくり返されての痛恨の逆転負けを喫した首位バイエルン(勝ち点33)は、8位フライブルク(勝ち点23)とのホーム戦に臨む。ボルシアMGが難敵とはいえ、王者らしからぬ不覚を取ったバイエルンは、水曜に行われたDFBポカールでは2部のキール相手にまさかのPK戦負けとなってしまった。悪い流れが続いた中、気持ちを切り替えてフライブルクを一蹴できるか。 そしてライプツィヒを撃破した4位ドルトムント(勝ち点28)は、最下位マインツ(勝ち点6)とのホーム戦に臨む。ライプツィヒ戦ではFWハーランドがドッペルパック、MFサンチョが2試合連続ゴールと、両ヤングスターが輝きを放った。主軸のMFヴィツェルがアキレス腱断裂の大ケガを負ってしまったが、上位に食らいついたドルトムントは最下位に沈む相手に対して3連勝となるか。 アウグスブルクに快勝としたMF遠藤航の10位シュツットガルト(勝ち点21)は、7位ボルシアMG(勝ち縁24)とのホーム戦に臨む。アウグスブルク戦では快足アタッカーのMFワマンギドゥカを軸に多くのチャンスを生み出したシュツットガルト。4試合ぶりの勝利を手にした中、格上のボルシアMG相手にもショートカウンターで撃破となるか。 MF長谷部誠、MF鎌田大地が揃って先発し、マインツに2-0と快勝した9位フランクフルト(勝ち点23)は、17位シャルケ(勝ち点7)とのホーム戦に臨む。マインツ戦では2試合連続ボランチでの先発となった長谷部が試合をコントロールするさすがのパフォーマンスを発揮してチームの勝利に貢献した。鎌田は元気がなかったが、前節1年ぶりの勝利を手にしたシャルケを下して4連勝となるか。 前節ヘルタ・ベルリン戦を1-0と競り勝ったMF堂安の15位ビーレフェルト(勝ち点13)は、14位ホッフェンハイム(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。ヘルタ戦では自陣に引きながら我慢強く勝機を見いだしたビーレフェルト。堂安もポスト直撃のシュートなどで存在感を示したが、前節シャルケに完敗し、残留を争う可能性のあるホッフェンハイムに勝利して今季初の連勝としたい。 最後に前節レバークーゼン戦でベンチ外となったFW大迫の13位ブレーメン(勝ち点15)は、11位アウグスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨むが、大迫に出番は訪れるか。 ◆ブンデスリーガ第16節 ▽1/15(金) 《28:30》 ウニオン・ベルリンvsレバークーゼン ▽1/16(土) 《23:30》 ヴォルフスブルクvsライプツィヒ ケルンvsヘルタ・ベルリン ホッフェンハイムvsビーレフェルト ドルトムントvsマインツ ブレーメンvsアウグスブルク 《26:30》 シュツットガルトvsボルシアMG ▽1/17(日) 《23:30》 バイエルンvsフライブルク 《26:00》 フランクフルトvsシャルケ 2021.01.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【DAZN欧州組応援部】12月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、12月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は11/25(水)〜12/28(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同 DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」12月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:FW南野拓実(リバプール)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_minamino.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:225分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:1勝2分け </p></div> 2020年の1月に加入した南野は、12月19日のプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で待望のプレミア初ゴールを記録。中盤でのプレーでユルゲン・クロップ監督の信頼を得つつある中で、なんとか加入1年以内にリーグ戦でゴールを記録した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF冨安健洋(ボローニャ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:6試合(先発6試合) 出場時間:540分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:1勝3分け2敗 </p></div> 11月度も2位だった冨安は、2カ月連続で2位にランクイン。安定したパフォーマンスでチームの守備を支えるとサイドバックでもプレー。チームも徐々に結果が出るようになり、12月23日のセリエA第14節のアタランタ戦では右サイドバックとして出場しシーズン初ゴールを記録した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_suzuki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">©STVV</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:6試合(先発6試合) 出場時間:497分 成績:3ゴール2アシスト チーム成績:2勝1分け3敗 </p></div> 12月度の1位に輝いた鈴木はついに覚醒の予感。今シーズンはコンスタントに結果を残してきたが、12月に入り3ゴールを記録。アシストも2つ記録した。チームの結果がなかなか出ない中で、新監督を迎えても信頼を掴み取った。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:MF森岡亮太(シャルルロワ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_morioka.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:7試合(先発7試合) 出場時間:630分 成績:1ゴール2アシスト チーム成績:3勝1分け3敗 </p></div> 期間中のゴールは1だが、2アシストを記録。チーム内での信頼を得ているほか、リーグ3位と状態は良い。ただ、期間中はチームとしてなかなか結果が出ず。それでも森岡が結果を残した試合は勝利しており、しっかりとこの先も数字を残したいところだ。 2021.01.14 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

中島翔哉は再び中東へ、塩谷司所属のアル・アインにレンタルへ

ポルトの日本代表MF中島翔哉(26)は、再び中東でプレーすることになるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 中島は、2019年7月にカタールのアル・ドゥハイルからポルトへ加入。ポルトでの1年目は序盤はコンスタントに出場機会を得て、プリメイラ・リーガで16試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 <div id="cws_ad"<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlTEE0aTBWViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間以降は、チームに復帰することなくシーズンを終え、優勝のメダル授与式などにも参加していなかった。 セルジオ・コンセンソン監督から見放され、今シーズンも当初はチームに合流していなかった中島だが、チームメイトからの要望もあり復帰を許されることに。すると信頼を回復し、ここまでリーグ戦4試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合プレーしている。 昨年12月から再び出場機会を失った中島。リーグ戦ではベンチ外になるなどしたが、どうやら中東への移籍が浮上していた。 そんな中、代理人を務めるテオ龍希氏が13日に中島の去就についてコメント。UAEのアル・アイン移籍に向けて動いていることを明かした。 「ポルトとともに良い形で解決された。ポルトは中島に多くの投資をし、アル・アインのプロジェクトを信じている。だから、このような決定となった。中島は早く行きたいだろう」 「目標は、中島がアル・アインで6カ月間過ごし、ポルトに戻って、日本代表とオリンピック代表のポジションを争うことだ」 かつては、カタールのアル・ドゥハイルでプレーしたこともある中島。UAEのアル・アインには、日本代表DF塩谷司も所属しており、日本人コンビが中東で実現する可能性がありそうだ。 2021.01.14 09:43 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly