広島、U-20日本代表MF東俊希のプロA契約締結合意 今季公式戦9試合1ゴール2019.05.01 15:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンフレッチェ広島は1日、U-20日本代表MF東俊希(18)のプロA契約締結合意を発表した。4月23日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に行われたグループステージ第4節の大邱FC戦でプロA契約締結条件の出場時間をクリアした。広島下部組織出身の東は、2018年にトップチームに2種登録され、同年9月にプロ契約を締結。今シーズンはここまで公式戦9試合1得点を記録している。

プロA契約締結で合意に達した東は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「A契約締結に合意できて、嬉しく思います。サンフレッチェ広島の勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします。」
コメント
関連ニュース
thumb

耐えに耐えた鳥栖が広島撃破で降格圏脱出!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖が17日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 スタートダッシュこそ成功したものの、直近では4連敗中の8位・サンフレッチェ広島(勝ち点17)は、1-2で逆転負けを喫した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを4名変更。佐々木、エミル・サロモンソン、稲垣、渡に代えて荒木、野津田、松本、清水を起用した。 一方、長いトンネルから抜け出した最下位・サガン鳥栖(勝ち点7)は、3-1で勝利した前節のガンバ大阪戦からメンバーを1名変更。金崎に代えて趙東建を起用した。 試合は硬い入りとなり、互いに様子を見合う立ち上がりに。そうした中、先にチャンスを作ったのは広島。26分、ボックス左外でボールを受けた清水がインスイングのクロスを供給。ゴール前に流れてきたボールにドウグラス・ヴィエイラが反応したが、オフサイドの判定となった。 対して鳥栖は43分、後方からのフィードを受けた豊田がバイタルエリア右のスペースにボールを落とす。これを受けた三丸がカットインからスルーパスを送ると、ボックス左に抜け出した趙東建がシュートを放ったが、GK大迫の好セーブに遭った。 ゴールレスドローで試合を折り返すと、48分にホームチームが決定機を迎える。敵陣左サイドの深い位置でパスを受けた荒木がクロスを送る。ニアサイドに走り込んできた柴崎がダイビングヘッド。しかし、GK高丘の好守に遭い、千載一遇のチャンス決めることはできない。 後半に入り、イニシアチブを握る広島は73分、ボックス左に侵攻した柏がクロスを送る。ファーサイドのエミル・サロモンソンには合わず。こぼれ球に反応した柴崎がオーバーヘッドで狙ったが、GK高丘の正面に飛んでしまう。さらに85分には、ボックス右外からエミル・サロモンソンのクロスからゴール前のドウグラス・ヴィエイラがヘディングシュートを放つも、今度は枠に飛ばない。 試合はゴールレスのまま終盤に。このまま引き分けかに思われた87分、ここまで耐えてきた鳥栖が待望の先制点を奪う。右CKの流れからこぼれ球を拾った小林が左サイドへ展開。ボールを受けた三丸が縦に仕掛けてクロスを送ると、エミル・サロモンソンのクリアミスを誘発し、頭に当てたボールがGK大迫の頭上を越えてそのままゴールに吸い込まれた。 終盤に大きな先制点を奪った鳥栖は、その後も広島の攻撃を耐えて1-0で試合終了。勝利した鳥栖は今シーズン初の連勝を飾り、自動降格圏を脱出した。一方の広島は泥沼の5連敗となった。 2019.05.17 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

広島、ルーキー荒木隼人とプロA契約締結!

サンフレッチェ広島は14日、DF荒木隼人(22)とプロA契約を締結したことを発表した。 昨年関西大学在学中に特別指定選手として広島に加入した荒木は今シーズンから本格的にプレー。先日のAFCチャンピオンズリーグの広州恒大戦で、プロA契約の締結条件では450分の試合出場時間を超過し、今回に至った。 同大会のグループステージ第4節の大邱FCでは、ダイビングヘッドでプロ初ゴールを記録した荒木。クラブの公式サイトでさらなる活躍を誓っている。 「A契約締結に合意できて嬉しく思いますが、現状に満足することなく今まで以上に努力してチームの勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします」 2019.05.14 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ハモン&松下弾の仙台が逆転勝利! 広島は開始2分で先制も後半AT被弾でドロ沼4連敗《J1》

12日、明治安田生命J1リーグ第11節のベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島がユアテックスタジアム仙台で行われ、2-1で仙台が勝利した。 前節川崎フロンターレに敗れた17位の仙台は、スタメンを1人変更。富田晋伍に代えて、椎橋慧也をボランチで起用。[4-4-2]のシステムで臨んだ。 対する7位の広島は、前節の横浜F・マリノス戦で0-1と敗戦。5連勝からの3連敗とチーム状態が下降気味だ。今節は、前節からスタメンを1人変更。野津田岳人に代えて、負傷明けのドウグラス・ヴィエイラをトップに置く[3-4-2-1]のシステムで臨む。 互いに勝利が欲しい両チームだったが、開始早々にスコアが動く。2分、左サイドを持ち上がった柏が右足でクロス。ボックス中央に飛び込んだドウグラス・ヴィエイラが右足アウトで合わせると、ゴール右に決まり広島が先制する。 11分、仙台がビッグチャンス。スルーパスにジャーメイン良が反応。ディフェンスの対応に遭うも、蜂須賀が奪い返す。ルーズボールをボックス内右でジャーメインがヒールパス。これに反応した蜂須賀がシュートを放つも、右ポストに嫌われる。 22分に広島はチャンス。右サイドからサロモンソンが入れたクロスを、ボックス中央でドウグラス・ヴィエイラが受けるもシュートまでいけず。その流れから左サイドに展開すると、柏のパスを受けた川辺がミドルシュートを放つも、金正也が頭でブロックする。 30分、広島は再び左サイドから崩す。柏のスルーパスに抜けた佐々木がボックス前でキープ。左に流れた渡に出すと、クロスを柴崎がボックス中央でヘッド。しかし、これはGKがキャッチする。 直後に仙台はビッグチャンス。左サイドからのパスをハモン・ロペスがヒールであげると、これが絶妙なパスに。ジャーメインが抜け出してシュート体制に入るも、ハモン・ロペスが強引にシュートを狙ったためにかぶってしまい決定機を逸する。 44分に仙台はチャンス。ボックス手前でFKを獲得すると、永戸が直接狙う。しかし、シュートはわずかに右に外れ、ゴールとはならない。 50分、広島は左サイドからのクロスをドウグラス・ヴィエイラがボックス中央でヘッド。しかし、これはGKがキャッチする。 52分、相手のパスをカットしたサロモンソンがボックス内右からグラウンダーのパス。フリーのドウグラス・ヴィエイラがダイレクトで合わせるが、GK正面とはいかない。 仙台はそこから逆襲。ハモン・ロペスがドリブルで持ち込み右サイドの吉尾へパス。これが少し流れると、吉尾が右サイドからシュート性のクロス。GK大迫がセーブすると、こぼれ球に反応したジャーメインが至近距離からシュートも、枠を大きく外して得点とはならない。 59分に広島はビッグチャンス。サロモンソン、ドウグラス・ヴィエイラ、柴崎とパスを繋ぎ、最後は柴崎のパスを受けたサロモンソンがボックス内でシュート。しかし、これは金正也に当たってゴールとはならない。 70分に仙台は決定機。ハーフウェイラインからの浮き球のパスに反応した石原崇が抜け出すと、ボックス内でGKと一対一に。しかし、シュートはGK大迫がブロックし得点を許さない。 広島は83分、ボックス手前でこぼれ球を拾った渡がドリブル突破。DF2人をかわすと、最後はボックス内で左足シュート。しかし、DFにブロックされてしまう。 広島がチャンスを生かせない中、仙台は右サイドでスペースにパスを出すと、途中出場の兵藤が反応。ボックス内右の深い位置からマイナスに折り返すと、ハモン・ロペスがダイレクトで蹴り込み、仙台が同点に追いつく。 一気に逆転を目指す仙台は、ここから攻撃が活性化。アディショナルタイム1分には、ボックス内でパスを受けた石原崇がシュートもGK大迫がキャッチ。広島はアディショナルタイム2分にパトリックがシュートも、枠を外れる。 迎えたアディショナルタイム3分、石原崇のパスをボックス内で受けた松下が左足シュート。これがゴール右に決まり、仙台が土壇場で逆転に成功。そのまま終了し、2-1で仙台がホーム3連勝。一方の広島はリーグ戦ドロ沼の4連敗となった。 2019.05.12 15:06 Sun
twitterfacebook
thumb

広島のACL決勝T進出によりリーグ戦の日程が変更

2019明治安田生命J1リーグは8日、第15節のサンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレおよび第16節のサンフレッチェ広島vs川崎フロンターレの日程が変更となったことを発表した。 同日にAFCチャンピオンズリーグで広州恒大を下した広島は、最終節を残してグループステージの首位突破が確定した。 これに伴い、J1リーグでは上記2試合の日程が変更。6月15日19:00キックオフ予定だった広島vs湘南は、同14日19:00からに変更された。また、元々未定だった広島vs川崎Fは7月31日19:00からに決定した。 ◆日程変更 第15節 サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレ 6月15日(19:00)→6月14日(19:00) 第16節 サンフレッチェ広島vs川崎フロンターレ 7月31日(19:00) 2019.05.08 22:39 Wed
twitterfacebook
thumb

広島、強敵広州恒大を倒し首位突破決定! 日本勢一番乗り《ACL2019》

サンフレッチェ広島は8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループF第5節で広州恒大と対戦し、1-0で勝利した。 ここまで3勝1敗で首位に立つ広島。だが、リーグ戦では3連敗中と決していい状態ではない。引き分け以上でグループステージ突破が決まる中で、直近の横浜F・マリノス戦からスタメンを7人変更して臨んだ。 ファーストシュートは広島。9分、左CKのこぼれ球を東がボックス手前左からダイレクトシュート。インサイドステップで丁寧に合わせたが、シュートは枠の上を越えてしまった。11分には右からのクロスにパトリックが飛び込んだが、頭一つ分届かずボールは流れた。 相手の守備の隙間を突いて縦パスを量産する広島は左CKを得た15分、森島のクロスをニアの佐々木がバックヒールで後ろに流すと、これが相手の足に当たってオウンゴールを誘った。 先制点に絡んだ佐々木は21分に左サイドから中へカットインし自らミドルシュート。30分には森島がトライ。だがこれは相手にブロックされる。 守備では素早いチェックで自由にボールを持たせず主導権を掴んでいく。それでも42分に右サイドを攻められると、クロスを収めたヤン・シュウウェイにボックス内からシュートを打たれる。しかし、ゴールライン上で野上がブロック。ファインプレーでチームを救う。 広島の1点リードで迎えた後半、広州恒大は2人選手を入れ替えてテコ入れ。立ち上がりは広州恒大が攻勢を強めたものの、堅守が売りの広島もしっかり対応。 61分に広島も東を下げて柏を投入。64分には渡が野津田に代わってピッチに立った。 攻撃的な選手を投入したが、70分の時点で後半はシュート無し。我慢の時間帯が続く。そんな中75分にガオ・リンにボックス右からのシュートを許すが左に外れた。 広島は最後の交代カードでパトリックを下げて皆川を送り出す。あくまで点を奪いに行く作戦のようだ。それでも広島は防戦一方。後半初のシュートは84分。敵陣左サイドからのFKを皆川がダイビングヘッド。バックヘッドとなったシュートはGKの手の中に納まった。 その後、4分の後半アディショナルタイムも広島は粘り強く守り抜き、前半のオウンゴールで逃げ切りに成功。大会4連勝で最終節を残して首位突破を決めた。 一方、グループFもう一試合、大邱FCvsメルボルン・ビクトリーは4-0で大邱FCが勝利した。 開始9分にエドガルのゴールで早々に先制した大邱FCは、1点リードで試合を折り返すと、後半怒涛の3得点で敗退が決まっているメルボルン・ビクトリーを粉砕。広州恒大を抜いて2位に浮上した。最終節は広州恒大と大邱FCが激突する。 2019.05.08 21:02 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース