主力多数不在のPSG、今季初の連敗でリーグ優勝はまたしてもお預け…次節ホームのモナコ戦で優勝決定へ!《リーグ・アン》2019.04.18 04:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アン第28節延期分、ナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)が17日に行われ、ホームのナントが3-2で勝利した。前節、2位リールとの直接対決で屈辱的な1-5の大敗を喫して2年連続8度目のリーグ制覇がお預けとなったPSGは、選手と監督として在籍経験のあるクラブOBのハリルホジッチ監督が率いる15位のナントとのアウェイゲームで連覇決定を狙った。

優勝が懸かるこの一戦だが、多くの負傷者とサスペンションによってトップチーム10名近くが不在となったため、トゥヘル監督はキンペンベをキャプテンに指名。GKブッフォン、ダニエウ・アウベスの両ベテランにドラクスラー、ケーラー、パレデス、クルザワ、チュポ=モティングの準主力と生え抜きの若手という構成で臨んだ。

やや押し込まれる入りとなったPSGは12分、ゴール前でクリバリに決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKブッフォンの見事なセーブで阻む。すると19分、ボックス手前右でパレデスからパスを受けた右サイドバックのダニエウ・アウベスが右足を振り抜くと、やや不規則な回転がかかったボールがゴール左上隅の絶妙なコースに決まり、ベテランDFのゴラッソで先制に成功した。

しかし、先制からわずか3分後の22分に左CKを与えると、キッカーのロニエがゴール前に入れたボールをジエゴ・カルロスにうまく頭で合わせられて早々に同点ゴールを奪われる。

その後、一進一退の攻防が続く中、35分にはドラクスラーからの絶妙なスルーパスに抜け出したディアビにボックス右で決定機も右足のシュートは相手DFの好ブロックに阻まれる。すると、前半終了間際の44分にはロングボールに反応したクリバリの対応にあたったDFケーラーが簡単に振り切られてマイナスに折り返されると、モトーサミが繋いだボールをゴール右でフリーのワリスに流し込まれ、逆転を許して前半を終えた。

後半に入ってもピリッとしないPSGは立ち上がりの52分、再び相手の左CKの場面でクルザワの頭でのクリアがゴール前のジエゴ・カルロスに当たってしまい、この跳ね返りがそのままゴールネットを揺らし、不運な形から3失点目を献上。さらに59分にはエリア外に飛び出してGKブッフォンがクリアした際にこぼれ球を繋がれてクリバリに無人のゴールへロングシュートを浴びるが、これはわずかにクロスバーの上を越えて事なきを得る。

何とか追い付きたいトゥヘル監督は61分、エンソキを下げてダグバを投入。[4-4-2]からパレデスを3バックの一角に落とした[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更した。さらに74分にはクルザワを下げてこれがトップチームデビューとなる20歳のトルコ人FWグクルをピッチに送り出す。78分にはゴール前の混戦からピッチに倒れ込んだチュポ=モティングが尻もちをついた状態から強引に身体を捻って右足のシュートを放つが、この意表を突いたトリッキーなシュートは左ポストを叩いた。

その後は相手のロングカウンターからのピンチをGKブッフォンの好守で何とか凌ぐ苦しい状況が続いたPSGは89分、ボックス右でダグバからの折り返しに反応したグクルが丁寧な右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込み、デビュー戦でデビューゴールを記録。だが、同点に追いつく時間は残されておらず、2-3のまま試合はタイムアップ。

多数の主力不在で今季初の連敗を喫したPSGは、またしても優勝を決めることができず。それでも、アウェイ連戦を終えたことで21日に行われる第33節のモナコ戦でホームでの自力優勝を決められる可能性が残った。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、指揮官トゥヘルと契約延長!

パリ・サンジェルマン(PSG)は25日、トーマス・トゥヘル監督(45)と2021年まで契約延長したことを発表した。 昨年5月に前任のウナイ・エメリ監督の後を引き継いでフランス王者の指揮官に就任したトゥヘル監督。フランス初挑戦ながら、元ドルトムント指揮官はリーグ戦で29勝4分け5敗という成績を収め、クラブをリーグ・アン2連覇に導いた。 今季は、悲願のチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦で敗退。また、決勝まで進んだクープ・ドゥ・フランスではPK戦の末にレンヌに敗れ、リーグ・アン1冠にとどまった。 それでもフランス『Telefoot』によると、前任者が問題視されていた選手やクラブとの関係が良好な点を鑑みて、首脳陣は契約を1年延長することを決意したとのこと。 トゥヘル監督はクラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「私は非常に満足している。今回の契約延長、私のPSGに対するコミットメントを誇りに思っている」 「私や私のスタッフを信頼してくれた会長やクラブに感謝したい。また、ファンからも大きなサポートを受けていると感じている」 「我々のクラブに栄光が訪れることを確信しているよ」 2019.05.25 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスが今夏マドリー退団を検討…

レアル・マドリーでキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)が、今夏のクラブ退団を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』がスペイン『El Chiringuito TV』のレポートを引用して伝えた。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。だが、2018-19シーズンは自身とクラブにとって加入後、最低とも言える厳しいシーズンとなった。 とりわけ、今季のセルヒオ・ラモスは悪癖の退場に加え、エゴイスティックなプレー、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アヤックス戦での出場停止を巡る騒動など、クラブ、マドリディスタの反感を買う場面が目立った。 そのため、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めたセルヒオ・ラモスは、今夏の退団を考慮し始めているようだ。 なお、そのセルヒオ・ラモスに関しては過去に獲得寸前までいっていたと言われるマンチェスター・ユナイテッドと共に、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得の可能性を問い合わせていたようだ。 マドリー、あるいは古巣セビージャでキャリアを終えると思われたセルヒオ・ラモスだが、今夏国外に活躍の場を移すことになるのか…。 2019.05.24 21:38 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG会長に黒い疑惑…世界陸上招致に不正関与か

パリ・サンジェルマン(PSG)の会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏に黒い疑惑だ。イギリス『BBC』が報じた。 カタールのテレビ局『BeIn Sports』のトップであるアル・ケライフィ氏は2017年と2019年の世界陸上開催地招致で不正関与の疑いがあり、今年3月からフランス検察の調査対象に。なかでも、招致に動いた2011年にアル・ケライフィ氏が兄弟で共同運営しているカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)から当時の国際陸上競技連盟(IAAF)だったラミーヌ・ディアック氏の息子が運営する会社に2度にわたり、計350万ドル(約3億8000万円)が支払われた経緯を捜査しているという。 この件を受け、アル・ケライフィ氏の顧問弁護士は「いかなる類の支払いも一切認識していない」との声明で申し立てに遺憾の意。だが、ラミーヌ・ディアック氏はすでに3月に起訴されており、その息子にも逮捕状が出ている模様だ。 なお、カタールは2017年こそ招致に失敗したものの、今年2019年の開催権利を勝ち取り、9月から10月にかけてドーハで行われる予定だ。 2019.05.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏フリーのラビオ、ユナイテッドが依然興味か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)に対して、マンチェスター・ユナイテッドの追随が続いているという。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 ユナイテッドは今冬の元ベルギー代表MFマルアン・フェライニに続いて、スペイン代表MFアンデル・エレーラも今夏退団。オーレ・グンナー・スールシャール監督は手薄なセントラルMFの補強をリクエストしている模様だ。 そこで挙がったのがラビオだ。ラビオはPSGとの延長交渉を固辞して今シーズン限りでの退団が既定路線。複数クラブの関心が噂されるが、ユナイテッドもルイス・ファン・ハール政権時代から追ってきた同選手だという。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したユナイテッドは、ラビオ争奪戦で不利な状況とされるが、セルビア代表MFネマニャ・マティッチの長期的な後継者として同選手に依然興味を抱いているとのことだ。 2019.05.24 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ワン=ビサカからムニエにシフトか

マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27)にも目を光らせているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏の移籍市場で新たな右サイドバックとして、クリスタル・パレスのU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に興味を注ぐユナイテッド。だが、クリスタル・パレスが市場価値をはるかに上回る7000万ポンド(約97億2000万円)の売値を定めていることで、ユナイテッドはターゲットの再検討を強いられている模様だ。 そこで新たな候補として挙がったのがムニエだ。そのムニエとPSGの契約は残り1年。ユナイテッドは2500万ポンド(約34億7000万円)で獲得可能とみられており、今週にPSG側と移籍交渉の話し合いを行ったという。 2019.05.24 10:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース