主力多数不在のPSG、今季初の連敗でリーグ優勝はまたしてもお預け…次節ホームのモナコ戦で優勝決定へ!《リーグ・アン》2019.04.18 04:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アン第28節延期分、ナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)が17日に行われ、ホームのナントが3-2で勝利した。前節、2位リールとの直接対決で屈辱的な1-5の大敗を喫して2年連続8度目のリーグ制覇がお預けとなったPSGは、選手と監督として在籍経験のあるクラブOBのハリルホジッチ監督が率いる15位のナントとのアウェイゲームで連覇決定を狙った。

優勝が懸かるこの一戦だが、多くの負傷者とサスペンションによってトップチーム10名近くが不在となったため、トゥヘル監督はキンペンベをキャプテンに指名。GKブッフォン、ダニエウ・アウベスの両ベテランにドラクスラー、ケーラー、パレデス、クルザワ、チュポ=モティングの準主力と生え抜きの若手という構成で臨んだ。

やや押し込まれる入りとなったPSGは12分、ゴール前でクリバリに決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKブッフォンの見事なセーブで阻む。すると19分、ボックス手前右でパレデスからパスを受けた右サイドバックのダニエウ・アウベスが右足を振り抜くと、やや不規則な回転がかかったボールがゴール左上隅の絶妙なコースに決まり、ベテランDFのゴラッソで先制に成功した。

しかし、先制からわずか3分後の22分に左CKを与えると、キッカーのロニエがゴール前に入れたボールをジエゴ・カルロスにうまく頭で合わせられて早々に同点ゴールを奪われる。

その後、一進一退の攻防が続く中、35分にはドラクスラーからの絶妙なスルーパスに抜け出したディアビにボックス右で決定機も右足のシュートは相手DFの好ブロックに阻まれる。すると、前半終了間際の44分にはロングボールに反応したクリバリの対応にあたったDFケーラーが簡単に振り切られてマイナスに折り返されると、モトーサミが繋いだボールをゴール右でフリーのワリスに流し込まれ、逆転を許して前半を終えた。

後半に入ってもピリッとしないPSGは立ち上がりの52分、再び相手の左CKの場面でクルザワの頭でのクリアがゴール前のジエゴ・カルロスに当たってしまい、この跳ね返りがそのままゴールネットを揺らし、不運な形から3失点目を献上。さらに59分にはエリア外に飛び出してGKブッフォンがクリアした際にこぼれ球を繋がれてクリバリに無人のゴールへロングシュートを浴びるが、これはわずかにクロスバーの上を越えて事なきを得る。

何とか追い付きたいトゥヘル監督は61分、エンソキを下げてダグバを投入。[4-4-2]からパレデスを3バックの一角に落とした[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更した。さらに74分にはクルザワを下げてこれがトップチームデビューとなる20歳のトルコ人FWグクルをピッチに送り出す。78分にはゴール前の混戦からピッチに倒れ込んだチュポ=モティングが尻もちをついた状態から強引に身体を捻って右足のシュートを放つが、この意表を突いたトリッキーなシュートは左ポストを叩いた。

その後は相手のロングカウンターからのピンチをGKブッフォンの好守で何とか凌ぐ苦しい状況が続いたPSGは89分、ボックス右でダグバからの折り返しに反応したグクルが丁寧な右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込み、デビュー戦でデビューゴールを記録。だが、同点に追いつく時間は残されておらず、2-3のまま試合はタイムアップ。

多数の主力不在で今季初の連敗を喫したPSGは、またしても優勝を決めることができず。それでも、アウェイ連戦を終えたことで21日に行われる第33節のモナコ戦でホームでの自力優勝を決められる可能性が残った。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGがネイマール移籍金を驚愕の360億円に設定!?

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)にバルセロナ復帰が噂されている中、PSGがネイマールの移籍金に驚愕の3億ユーロ(約360億円)を要求しているとスペイン『アス』が伝えている。 18日にスペインのラジオ番組『エル・ラグエロ』にて、既にバルセロナがネイマールと連絡を取っており、移籍金1憶ユーロ(約121億円)に加えMFウスマーヌ・デンベレ、MFイバン・ラキティッチ、DFサミュエル・ユムティティを提供する用意があると報じられた。 しかし翌日にフランスの日刊紙『ル・パリジャン』が、PSGはネイマールの移籍金として驚愕の3億ユーロ(約360億円)を要求していると伝えた。これは同選手が2年前にバルセロナからPSGに移籍した際の金額よりも7800万ユーロも高い金額である。 ネイマール自身は近頃「もうここ(PSG)ではプレーしたくない、バルセロナに帰りたい」、「僕はバルセロナを去るべきでは無かった」などの発言をしているとされ、復帰希望が高まっているようだ。ただ上記の法外な移籍金設定等により復帰は簡単ではない模様で、金額だけでなく人的トレードも含めて交渉にあたっていると同紙は伝えている。 はたしてバルセロナでのM(リオネル・メッシ)S(ルイス・スアレス)N(ネイマール)復活はあるのか、サッカー界きってのスーパースターの今後の動向に注目が集まる。 2019.06.20 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、バレッラ獲得関心のインテルに横やりか

パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 カリアリ生え抜きのバレッラは、172cmと上背はないものの、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備しているボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MF。インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを彷彿させるイタリア代表MFは、今シーズンの公式戦38試合で1ゴール4アシストを記録した。 そんなバレッラに強い関心を示しているというインテルにPSGが横槍。最近スポーツ・ディレクター(SD)に復任したレオナルド氏が、イタリアからのパイプを駆使してバレッラ獲得を考えているようだ。同氏は過去にペスカーラからイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを1100万ユーロ(現在のレートで約13億3000万円)で引き抜いた実績を持っている。 なお、バレッラの移籍金は4000万ユーロ~5000万ユーロ(約48億5000万円~約60億6000万円)になると複数のイタリアメディアは推測している。 2019.06.19 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG会長、ムバッペ残留“200%”確信「こんな最高な選手、手放さない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケラフィ会長が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の残留を強調している。イギリス『BBC』が『フランスフットボール』を引用して伝えた。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは最終節を残して、ここまでリーグ戦29試合33ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 しかし、その授賞式でムバッペが「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍をほのめかすようなスピーチを発したことが原因で周囲を騒がせた。その後、クラブは火消しのツイートをし、その場を収めたが、依然としてレアル・マドリーからの関心が伝えられている。 そうした状況の中だが、PSGのアル・ケラフィ会長はムバッペのクラブ残留を確信している。 「こんな最高な選手、手放さないよ」 「彼はチームやクラブと成長するという我々のプロジェクトに関わりたいと思ってくれている。彼はとても知的で理解してくれている。彼が来年もPSGにいるかって? 100パーセントではなく、200パーセントと確信している」 2019.06.19 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ラムジーに続きラビオもフリーで獲得へ!

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)との合意に至ったようだ。スペイン『El Chiringuito TV』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今夏の移籍が決定的となっているラビオ。当初はバルセロナ行きが濃厚と思われていたが、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)の獲得もあり消滅した。 最近の報道では、ラビオ争奪戦はマンチェスター・ユナイテッドとユベントスの一騎打ちだと見られていた。そうした中で同選手は先日に、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」とイタリア王者との交渉を認めていた。 そして、今回伝えられるところによると、サラリー面では、年俸700万ユーロ(約8億4000万円)に1000万ユーロのサイン料(約12億1000万円)。さらに2024年までの5年契約で合意に至ったようだ。 なお、ユベントスは来シーズンに向けてアーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の獲得に成功。フリーでの補強は2人目となる。 2019.06.18 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール、金銭+選手でカンプ・ノウ帰還か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰が迫っているという。ブラジル『Globoesporte』が報じた。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約269億9000万円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに対して、古巣バルセロナが水面下で連れ戻しに動いている様子。PSGとの交渉は順調に進められており、バルセロナは移籍金を1億ユーロ(約121億1000万円)に抑える代わりとして、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)や、同代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)のいずれかを譲渡するという。 PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。この発言はネイマールに向けたものとして話題を集めており、フランス『レキップ』によると、これまで放出を否定してきたPSGは適切なオファーが届けば、交渉に応じる姿勢だとみられる。 なお、ネイマールとPSGの契約は2022年6月まで。PSG会長の発言により、一層の脚光を浴びることになったネイマールの去就は、どのような形で終着するのだろうか。 2019.06.18 18:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース