前半に退場者を出したPSG、負傷者も続出でリールに驚愕の5失点…優勝は次節以降におあずけ《リーグ・アン》2019.04.15 06:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、リーグ・アン第32節でリールと対戦し1-5で敗れた。首位のPSG(勝ち点81)と、2位のリール(勝ち点61)による優勝をかけた一戦。引き分け以上で優勝が決まるPSGは、引き分けに終わった前節のストラスブール戦からスタメンを4選手変更。GKにアレオラ、3バックにチアゴ・シウバ、キンペンベ、ダグバが入り、中盤センターにダニエウ・アウベスとヴェッラッティ、両ウイングにムニエとベルナト、3トップにパレデスとムバッペ、ドラクスラーが起用された。

開始2分、PSGはボックス右でダニエウ・アウベスのヒールパスを受けたムニエにチャンス。シュートともクロスともとれるキックをムバッペが押し込んで早速ゴールかに思われたが、ムバッペがオフサイドでゴールは認められず。

簡単にゴールに近づいたPSGのペースで進むかに思われたが7分、リールはイコネが右サイドからインスイングのクロスを上げると、手前で見方がフリックしたボールがムニエに当たってオウンゴール。ホームのリールが先制した。

しかしその4分後、個人技で右サイドを突破したムバッペのクロスをボックス左からベルナトが押し込んで、PSGがすぐに同点に追いついた。さらに13分にムバッペが今度は味方のスルーパスからネットを揺らしたが、ここもオフサイドの判定となった。

同点で主導権を握るPSGだが、15分キャプテンのチアゴ・シウバがヒザを負傷。ケーラーとの交代でピッチを退いた。さらに、24分には今度はムニエが足を痛めて続行不可能に。代わりにディアビが投入された。これでダニエウ・アウベスが右ウイングバックに、パレデスが中盤、ディアビが前線に入った。

負傷者を立て続けに前半だけで2人も出してしまったPSGのトラブルは続く。36分、浮き球パスでPSGの最終ラインを抜け出したペペに対し、ベルナトが後ろからのチャージで倒してしまう。これが決定機阻止で一発退場の判定に。これで残り55分強をPSGは10人で戦うことになった。

そんな中迎えた後半戦。1人少ないPSGにリールが襲い掛かる。51分、自陣でボールを奪ったリールは素早くカウンターを発動。ピッチ中央のイコネから見事なスルーパスを受けたペペはGKアレオラとの一対一を楽々と制し、リールが勝ち越しに成功した。

以降も押し込まれる展開が続くPSG。すると65分、イコネのパスから最終ラインを突破したバンバに決められ3失点目。さらに71分にはセットプレーからガブリエウのヘディングシュートを許し、まさかの4点目を喫した。

この事態にPSGもお手上げ状態。その後も何度もあわやという場面を作られる。そして迎えた84分、リールは左CKをフォンテが頭で合わせ5点目を奪取。

予想だにしなかった展開となった首位PSGと2位リールの頂上決戦は、PSGが前半に退場者を出したこともあり、リールがまさかの大量5得点で粉砕。PSGの優勝は次節以降に持ち越された。
コメント
関連ニュース
thumb

ムバッペ、移籍示唆のスピーチも…PSGが残留強調「このストーリーは来季も続く」

パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の残留を強調した。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは最終節を残して、ここまで公式戦28試合32ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 そんな中、その授賞式でムバッペは、「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍をほのめかすようなスピーチを発した。 この発言で周囲を騒がせたムバッペだが、クラブはその後、ツイッター(@PSG_inside)で声明を発表。同選手の残留を明かしている。 「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間とても強く結ばれた。そして、このストーリーは来シーズンも続く」 「PSGが創立されてから50年という記念のシーズンに、ヨーロッパのフットボール界に歴史を刻むという野心を共有し、大きな1ページを記すために、共にみんなが役割を果たさなくてはならない」 2019.05.21 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがカンテに照準変更 魅力的なオファーか

チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(28)に対して、パリ・サンジェルマン(PSG)が目を光らせているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 今年1月に続いて今夏もエバートンに所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエ(29)の獲得挑戦が憶測として浮上しているPSG。だが、依然としてエバートン側に放出の意思がなく、何としてでも守備的MFを獲得したいPSGはターゲットを変更したという。 そこで、新たに挙がったのがカンテだ。昨年11月に新契約締結に至った上、チェルシーが補強禁止処分を受けた状況だけに、実現しがたそうだが、PSGはキャリアの絶頂期にいる28歳の同選手に無視しがたい好オファーを用意している模様だ。 なお、そのPSGはカンテを獲得できなかった場合の次なる手として、ワトフォードに所属するフランス人MFアブドゥライエ・ドゥクレ(26)を注視しているとみられる。 2019.05.20 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペがリーグ・アンMVP! 授賞式で移籍匂わす注目スピーチ

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)が2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップ制覇を成し遂げて迎えた今シーズンも28試合32得点9アシストの成績を残しており、最終節を残した現時点で22ゴールを挙げるリールのFWニコラ・ペペに10得点差をつける得点王争いにおいても受賞が確実だ。 イギリス『デイリー・メール』によれば、リーグ・アン史上初となるダブル受賞の快挙を成し遂げたムバッペは、出席した授賞式で次のようにスピーチしたという。 「もちろん、今シーズンは失望もあったけど、それもフットボールの一部さ。(リーグ・アン年間最優秀選手賞は)僕にとって、非常に重要な瞬間だ。おそらく、キャリアのなかで1つ目、もしくは2つ目のターニングポイントに来ている」 「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」 また、授賞式終了後のミックスゾーンでメディアの取材に応じたムバッペは、移籍をほのめかしたスピーチの真意を問われると、こう返答した。 「僕は言っておかなければならないと思ったことを言ったまでさ。あのようなメッセージを送れる場で、僕は自分のメッセージを送っただけだ。もっと話すのは多すぎる。これ以上、僕から送りたいメッセージはないよ」 なお、そのムバッペを巡っては以前からレアル・マドリーのターゲットとして浮上。そのレアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が同胞の若き主砲に大きな関心を抱いているとみられる。 2019.05.20 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG指揮官トゥヘル、グリーズマン獲得に否定的 「我々にとって非現実的」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督が、一部で獲得報道が出ているアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)に関して言及した。フランス『レキップ』が指揮官の公式会見のコメントを伝えた。 グリーズマンは14日、クラブ公式サイトで「新たな経験、新しい挑戦」を理由に今シーズン終了後の退団を電撃表明。移籍先としてバルセロナが確実視されているが、バイエルンやマンチェスター・シティと共にPSGの関心も取り沙汰されている。 トゥヘル監督は翌日に行われるリーグ・アン第37節のディジョン戦に向けた会見の場でグリーズマンに関する質問を受けると、「非現実的」と獲得の可能性を否定している。 「彼は現時点で世界のどのチームのためにもプレーすることができる。しかし、彼は我々にとって非現実的である。いずれにせよ我々は守備強化に集中することから始めるべきである」 2019.05.17 23:06 Fri
twitterfacebook
thumb

41歳ブッフォンにPSGから延長オファー! 本人認める

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)がクラブからの新契約打診を明かした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 昨夏にユベントスから1年契約+1年の延長オプションで加入したブッフォン。フランス代表GKアルフォンス・アレオラとの併用のなかで、公式戦24試合に出場しているが、延長交渉に進展がなく、今シーズン終了後の退団どころか、引退の可能性さえも取り沙汰されている状況だった。 渦中のブッフォンは『Sky Uno』で注目を集める去就について問われると、PSGから延長オファーが届いたことを認め、42歳となる来シーズンの現役続行に含みを持たせた。 「クラブが契約延長を提案してくれた。本当に幸せだよ。数日中に彼らと会って、プロジェクトを吟味する。僕らがともに前進することが正しいのかどうかを見極めるよ」 9回のスクデット獲得や、4回のコッパ・イタリア優勝に貢献したユベントス時代の多大なる功績もあり、現フットボール界でも一線を画す存在として輝き続けるブッフォン。来シーズンも現役を続けるのか。今後の動向も大いに注目だ。 2019.05.17 13:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース