乾vsウー・レイの日中対決実現! アラベス、エスパニョールに敗れEL権争いからさらに後退《リーガエスパニューラ》

2019.04.13 22:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF乾貴士が所属するアラベスは13日、敵地でリーガエスパニューラ第32節のエスパニョール戦に臨み、1-2で落とした。

勝ち点1差でEL出場圏の6位バレンシアを追うアラベスは乾が3試合連続のスタメン入り。中国代表FWウー・レイを先発起用してきた13位のエスパニョールから4試合ぶりの白星を目指した。

エスパニョールが立ち上がりからボールの主導権を握った試合は、アラベスが守勢の展開に。16分に右CKからボルハ・イグレシアスにゴールネットを揺らされたが、オフサイドの判定に助けられ、事なきを得る。

だが、アラベスは耐え凌げない。19分、メレンドのスルーパスに反応したペドロサが左サイドの最終ライン背後を抜け出して、相手のマークも突破。ボックス左から右足シュートを決め、エスパニョールが先制する。

リードを許したアラベスは26分、右サイドからボックス右にドリブルを仕掛けた乾が積極的にゴールを狙っていき、反撃の急先鋒に。28分にロサレスの負傷交代に見舞われた相手を徐々に攻め立て始める。

ところが、無得点で後半に入ったアラベスは早々に2失点目。ボックス右のボルハ・イグレシアスがゴール正面のウー・レイにクロスを試みると、これがラグアルディアのオウンゴールを誘い、エスパニョールが突き放す。

出鼻を挫かれたアラベスだったが、56分に左サイドのジョニーが左足クロスに最終ラインの背後を抜け出す動きを見せたカレリが反応。VAR判定に引っかかったが、得点が無事に認められ、1点差に詰め寄る。

その後、エスパニョールが64分にウー・レイをベンチに下げると、アラベスも79分に2枚替えに動き、その1枠で乾もお役御免。結局、アラベスは最後までエスパニョールに追いつけず、4試合白星なしの結果に終わった。
コメント