なでしこジャパン、相手GKのミスを突き2度のリードもドイツ相手にドロー! 欧州遠征1敗1分けで6月のW杯へ《国際親善試合》2019.04.10 00:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
なでしこジャパン(女子日本代表)は9日、ドイツのベンテラー・アレーナでドイツ女子代表との国際親善試合に臨み、2-2のドローに終わった。

今年6月に行われるFIFA女子ワールドカップフランス2019に向けて最終調整に入るなでしこジャパンは、3月31日から4月11日にかけてヨーロッパ遠征を敢行。4日に行われたW杯開催国フランス女子代表戦では多くの課題が残る内容で1-3の敗戦を喫していた。

大会前最後のテストマッチとなる今回の一戦に向けて高倉麻子監督はフランス戦から先発3人を変更。GKに平尾知佳が入ったほか、最終ラインは変わらず清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、鮫島彩の4人。中盤は引き続きボランチに杉田妃和、三浦成美が入り、2列目は中島依美、長谷川唯と、小林里歌子に代わった遠藤純、1トップは横山久美から菅澤優衣香に代わり、[4-4-2]から[4-2-3-1]にシステムを変更した。

開始直後から前線から積極的なプレッシャーを見せるなでしこジャパンだが、フィジカルの強さを長いボールを使うドイツ相手になかなか良い形でボールを奪えず。時間の経過と共にフランス戦同様に押し込まれる状況が続くが、粘りの守備で早々の先制点は許さない。

守備で粘りの対応が目立つ一方、攻撃の場面では長谷川らの仕掛けをことごとくタイトな守備で阻まれ、なかなか良い形で攻撃を見せられない。時折、最前線の菅澤にボールが収まるも、全体の押し上げが遅くなかなか厚みのある攻撃を仕掛けられない。

25分には自陣左サイドで与えたFKの場面でキッカーのマロジャンに2枚の壁の外側を巻く意表を突いたグラウンダーシュートでゴールを脅かされるが、ここはGK平尾が冷静に対応する。

前半半ばを過ぎて徐々に試合が膠着していく中、なでしこジャパンに幸運な形から先制ゴールが生まれる。35分、相手の最終ラインでのパス回し場面でGKシュルトが足を滑らせたのか、味方へのパスが短くなると、これに反応した長谷川がエリア外から左足のダイレクトシュートを無人のゴールへ流し込んだ。

その後は再びドイツの攻勢に晒されたものの、前半終了間際のカウンターからボックス左でマロジャンが放ったシュートはGK平尾が何とかはじき出し、前半を無失点で終えることに成功した。

迎えた後半、複数の選手交代とシステム変更を行い、前がかりとなったドイツ相手に押し込まれる立ち上がりを強いられるなでしこジャパン。51分の相手の決定機はゴール前のマグルのシュートをGK平尾が身体を張ったセーブで阻止するが、直後の53分に同点に追い付かれる。自陣左サイドでDF鮫島が数的不利の対応を強いられた中、ヘンドリッヒの縦パスに抜け出したマロジャンにフリーでクロスを許すと、これをゴール前のポップに難なく頭で流し込まれた。

何とか流れを変えたいなでしこジャパンは失点直後の55分に遠藤、菅澤を下げてフランス戦で2トップを組んだ横山、小林を同時投入。そして、システムも[4-4-2]に変更した。だが、交代後もドイツの勢いを止められないでしこジャパンは57分、最終ラインが整わない中で浮き球のパスを許して抜け出したマグルにGKの頭上を抜くループシュートを許すが、これはわずかに枠の左に逸れて事なきを得る。

このピンチを逃れたなでしこジャパンは62分、ボックス左で溜めた長谷川からのスルーパスに抜け出した小林がゴール左角度のないところからシュートを放つが、わずかに枠を捉え切れず。

それでも、69分には再びGKシュルトの信じ難いパスミスを拾った中島と横山のボックス内でのパス交換から中央の横山が冷静にシュートを流し込み、再び相手のミスから勝ち越しに成功する。さらに71分には2つの痛恨ミスで動揺が見えるGKシュルトに対して中島が強烈なミドルシュートを放ってファンブルを誘うが、3点目とはならず。

その後、72分に清水を下げて宮川麻都を投入したなでしこジャパンだが、ここまで好守でチームを救っていたGK平尾のミスから同点に追い付かれてしまう。72分、左サイド深くに侵攻したクナックの浮き球クロスを落下点に入った平尾がキャッチに行くが、ここで痛恨のファンブル。このこぼれ球をフートに気迫のダイビングヘッドで押し込まれた。

何とか勝って終わりたいなでしこジャパンは83分、三浦と中島に代えて猶本光と植木理子を同時投入。試合終了間際の90分には横山の右CKをファーサイドでフリーの植木が頭で枠の右隅に飛ばすが、ここは相手DFのゴールライン上でのスーパークリアに阻まれる。土壇場での勝ち越しチャンスを逸したものの、その後のマロジャン、クナックの決定機をGK平尾が意地の2連続セーブで阻み、試合は2-2のままタイムアップを迎えた。内容面では劣勢も相手のミスを効率良く得点に結びつけたなでしこジャパンは世界ランク2位のドイツ相手にドローに持ち込んだ。

今回のヨーロッパ遠征を1敗1分けの結果で終えたなでしこジャパンは、5月22日からのトレーニングキャンプを経て6月10日にアルゼンチン女子代表とのW杯グループステージ初戦に臨む。

ドイツ女子代表 2-2 なでしこジャパン
【ドイツ女子代表】
ポップ(53)
フート(72)
【なでしこジャパン】
長谷川唯(32)
横山久美(69)
コメント
関連ニュース
thumb

【平成サッカー30年の軌跡】 平成23年/2011年 未曾有の災害にサッカー界は…

新元号が「令和(れいわ)」に決定し、2019年4月30日をもって幕を閉じる「平成」。日本サッカーにとって、「平成」という時代は大きな変革を遂げた30年間となりました。Jリーグ設立、ドーハの悲劇、日韓W杯招致…。激動の30年を平成の出来事と共に振り返ってみましょう。 <span style="font-weight:800;font-size:1.1em;">世の中の流れ</span> <div style="text-align:center;" class="yui-wk-div"><img class="yui-img" src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/heisei0423.jpg" alt="" width="100%"></div> 2011年3月11日、東北を未曾有の大震災が襲った。現在は復興が進んでいるが大きな傷跡を残した。 <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">■日本中が悲しみと不安に包まれた日</span> 平成23年(2011年)、日本を未曾有の大災害が襲いました。東日本大震災です。3月11日に起こったこの地震は最大震度7、マグニチュード9.0という日本における最大の震災で、約1万8500人もの尊い命が失われました。 さらに大きな影響を及ぼしたのが、地震の影響により発生した、東京電力福島第一原発での事故です。これにより放射能漏れが発生し、東日本全体が大きな不安に包まれまれました。また原発の運転停止に伴い関東での電力危機が発生。電力不足を防ぐために関東で定期停電が行われました。この災害は電力が有限の資源であるという事実、そして原子力発電所の危うさについて国として考えさせられる出来事になりました。 また、世界に目を向けると、世界的大企業、アップル社の創業者スティーブ・ジョブズ氏が病気の為、56歳の若さでこの世を去ったのもこの年です。ITやソフトウェア業界に大きな影響を与えた彼の死は世界中に衝撃を与えました。また、スティーブ・ジョブズ氏の死後、伝記が出版され世界中でベストセラーになりました。 さらに、2001年のアメリカ同時多発テロの主導者とされる、オサマ・ビンラディン容疑者が、パキスタンで米軍によって殺害されたのも平成23年の出来事です。 その他には、日本で地上アナログ放送が終了とデジタル放送への完全移行や、中国が日本のGDP(国民総生産)を抜いて世界2位になったことが発表されました。 <div class="web-only" style="display:none;text-align:center;font-weight:800;font-size:1.0em;"> <a href="/index/index/c/FREE/id/heisei_lookback" target="_blank">【特集】“平成”で起きた出来事覚えてる?『平成サッカー30年の軌跡』を辿ろう!</a> </div> <span style="font-weight:800;font-size:1.1em;">サッカー界</span> <div style="text-align:center;" class="yui-wk-div"><img class="yui-img" src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/heisei042301.jpg" alt="" width="100%"></div> 2011年のアジアカップで日本が2大会ぶりの優勝。 <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">■再び伝説となったザックJAPANのアジアカップ</span> 2011年、日本代表は前年のワールドカップでの成功を受け、”自分たちのサッカー”の確立を図っていました。これを受けて、イタリア・セリエAのACミランなどでの監督経験を持つイタリア人のアルベルト・ザッケローニを代表監督として招へいします。 この年、新体制発足以降初めての国際大会であるアジアカップに臨みました。新体制になってからまだ日が浅いせいか、大会序盤はなかなか調子が上がらず、苦しい戦いを強いられます。特に予選第2戦のシリア戦では、GKの川島永嗣(現ストラスブール)が退場になるなど、厳しい試合展開になりましたが、それでも2-1で勝ち切ります。結果、苦しみながらも2勝1分で日本はグループを首位で突破しました。 大会ホスト国であるカタール相手の準々決勝では、後半に吉田麻也(現サウサンプトン)が退場してしまい、数的不利の状況で1点リードされるという厳しい状況に再び陥っています。しかし驚異の粘りを見せた日本が3-2で勝利し、準決勝へと駒を進めました。 宿敵・韓国代表を迎えた準決勝はPK戦までもつれこむ激闘となります。両チーム前半1点ずつ決めますが、その後は決め手を欠き1-1のまま延長戦に突入。迎えた延長前半、日本がPKを獲得し勝ち越しますが、延長後半の120分、まさかの失点を許し同点追いつかれてしまいます。 PK戦では、日本代表の守護神・川島永嗣が、2004年アジアカップのヨルダン戦での川口能活を彷彿とさせる大活躍を見せます超人的セーブを連発し、PK戦で韓国に1本もゴールを許さず、日本の勝利に貢献しました。 決勝を前に、日本代表はエースの香川真司が負傷離脱するというアクシデントにも見舞われます。さらに決勝の相手はオーストラリア。日本にとって高さを武器にするオーストラリアは苦手な相手であり、ドイツW杯でも痛い敗戦を喫していた相手でした。エースの離脱、そして相性の悪い相手との決勝でしたが、日本代表選手の頭には優勝の2文字しかありませんでした。 決勝の試合は両者の実力が拮抗した接戦となります。両チームが果敢に攻め合う展開になりますが、お互いチャンスをものに出来ず前後半の90分が終了。準決勝の韓国戦でも120分を戦っていた日本にとっては、2試合連続での延長戦へ突入となりました。ここでFWの前田遼一に代わってここまで思うような活躍が出来ていなかった李忠成が途中交代で投入され、後にヒーローとなるのです。 延長後半、ついにその時が訪れます。左サイドの長友佑都からのクロスをフリーで待ち受けた李忠成が、得意の左足でダイレクトボレー。ボールは美しい起動を描きゴールの左上に吸い込まれました。日本はこの1点を試合終了まで守り抜き、アジアカップ連覇を達成したのでした。2010年のW杯同様、チーム一丸となって厳しい戦いを次々にものにしていった日本代表の姿に日本中が熱狂し、大きく盛り上がった大会となりました。 <div style="text-align:center;" class="yui-wk-div"><img class="yui-img" src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/heisei042302.jpg" alt="" width="100%"></div> 伝説のボレーシュート。 <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">■復興支援試合で見せた“魂のカズダンス”</span> <div style="text-align:center;" class="yui-wk-div"><img class="yui-img" src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/heisei0423kazu.jpg" alt="" width="100%"></div> 震災を受けて日本サッカー協会は復興支援チャリティーマッチを開催。自粛ムードの中でカズが見せた“魂のカズダンス”は日本全体を盛り上げた。 2011年3月11日に発生した東日本大震災。スポーツ界ではプロ野球全試合が中止になるなど、様々なイベントが延期や中止となり、日本中は自粛ムードに包まれていました。そんな中発表されたのが、日本代表とJリーグ選抜による復興支援チャリティーマッチの開催でした。 震災からわずか18日後のチャリティーマッチ開催に、「まだ早い」「中止にすべき」という意見も少なくありませんでした。しかしサッカーを通じて何かを伝えたいと選手、協会が一丸となり開催が決定されました。日本代表には本田圭佑、長友佑都ら海外組12名も参加。そしてJリーグ選抜のそうそうたる顔ぶれの中には唯一J2からの招待となったキングカズこと、三浦知良も名を連ねました。 試合では日本代表が2ゴールでリードして迎えた後半37分、サポーターが待ち望んだ瞬間がついに訪れます。キングカズがゴールを決めたのです。Jリーグをずっと引っ張ってきたこの男のゴール、そしてトレードマークであるカズダンスに日本中が心を震わせました。この試合は、東北の被災地にテレビを通して伝えられ、約1億6000万円の義援金が集まりました。 日本が一体となって東北を支援する、という大きな流れを作るきっかけの1つになれたこのイベントは非常に重要なものとなりました。 <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">■なでしこジャパンが偉業達成!</span> <div style="text-align:center;" class="yui-wk-div"><img class="yui-img" src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/heisei042303.jpg" alt="" width="100%"></div> 2011年の女子W杯で、なでしこジャパンがアジア勢初となる優勝という偉業を達成した。 男子サッカーがアジアカップ連覇に沸いていた2011年、女子サッカー日本代表、通称「なでしこジャパン」も快挙を達成していました。6月にドイツで開催されたFIFA女子W杯での優勝です。これはFIFA主催の世界大会で優勝したのは、男女・年代別を通じて初の偉業で、アジア勢全体としても初優勝となりました。 決勝戦のアメリカ戦は日本時間の午前3時35分からの放送だったにも関わらず最高瞬間視聴率27.7%を記録する等、これまでにない程の盛り上がりを見せ、なでしこジャパンフィーバーを生みました。また、この快挙は世界でも大きく取り上げられ、各国メディアは華麗なパスサッカーを展開するなでしこジャパンを「女子サッカーのバルセロナ」と称賛しました。 2019.04.23 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本が2023年女子W杯ホスト国に正式立候補

日本サッカー協会(JFA)は12日、国際サッカー連盟(FIFA)に対するFIFA女子ワールドカップ(W杯)2023の「招致登録書」提出を発表した。 FIFAは「意思表明書」提出期限の3月15日時点で、日本を含む9協会(アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、コロンビア、韓国※北朝鮮と共催の可能性、ニュージーランド、南アフリカ)の招致意思を表明を発表。そして、今回、11日付けで「招致登録書」を提出したことにより、正式な招致立候補に至った。 日本女子代表は1991年の第1回中国大会(前身の女子世界選手権、2003年からFIFA女子W杯に変更)から参加しており、2011年のドイツ大会で初優勝。前回の2015年カナダ大会は準決勝だった。なお、今年6月7日〜7月7日にかけて開催される第8回フランス大会への出場も決まっている。 ◆招致活動に関するスケジュール 《2019年》 ▽3/15 意思表明書」をFIFAに提出 ▽3/18 FIFAが招致登録ならびに概要書類を意思表明国に送付 ▽4/16まで 大会招致意思の再確認、招致登録書をFIFAに提出 ▽4月18日 FIFAが招致及び開催に関する書類を招致登録国に送付 ▽10月4日まで 招致及び開催に関する最終書類、開催合意書などをFIFAへ提出 《2020年》 ▽3月 FIFA理事会において開催国決定 2019.04.12 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表も参戦! 東アジア王者を懸けた戦い、 EAFF E-1サッカー選手権の日程が発表!

日本サッカー協会(JFA)は5日、12月10日(火)から18日(水)にかけて韓国で開催されるEAFF E-1サッカー選手権 2019のマッチスケジュールを発表した。 日本代表となでしこジャパンが出場する今大会。男子は12月10日(火)に初戦を中国代表と戦い、同14日(土)に香港代表と、同18日(水)に韓国代表と対戦する。 女子は12月11日(水)に北朝鮮女子代表と、同14日(土)に中国女子代表、同17日(火)に韓国女子代表と対戦する。 <マッチスケジュール> ◇男子 ▽12月10日(火) 《19:30》 中国代表vs日本代表【M1】 ▽12月11日(水) 《19:30》 韓国代表vs香港代表【M2】 ▽12月14日(土) 《19:30》 日本代表vs香港代表【M3】 ▽12月15日(日) 《19:30》 韓国代表vs中国代表【M4】 ▽12月18日(水) 《16:15》 香港代表vs中国代表【M5】 《19:30》 韓国代表vs日本代表【M6】 ◇女子 ▽12月10日(火) 《16:15》 韓国女子代表vs中国女子代表【W1】 ▽12月11日(水) 《16:20》 日本女子代表vs北朝鮮女子代表【W2】 ▽12月14日(土) 《15:55》 中国女子代表vs日本女子代表【W3】 ▽12月15日(日) 《16:15》 韓国女子代表vs北朝鮮女子代表【W4】 ▽12月17日(火) 《16:15》 北朝鮮女子代表vs中国女子代表【W5】 《19:30》 韓国女子代表vs日本女子代表【W6】 2019.04.05 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、小林里歌子のゴールで一時追いつくも開催国フランスに完敗…《国際親善試合》

なでしこジャパン(女子日本代表)は現地時間4日、オセールのスタッド・アッベ・デシャンでフランス女子代表との国際親善試合に臨み、1-3で敗戦した。 今年6月に行われるFIFA女子ワールドカップフランス2019に向けて最終調整に入るなでしこジャパンは、3月31日から4月11日にかけてヨーロッパ遠征を敢行中。そのヨーロッパ遠征の初陣で開催国で優勝候補の一角に挙がるフランスと対戦した。 先月にアメリカで行われた2019シービリーブスカップを1勝1敗1分けで終えた高倉監督率いるチームは、この初陣に向けてGKに山下杏也加、最終ラインに清水梨紗、南萌華、熊谷紗希、鮫島彩を起用。中盤は三浦成美と杉田妃和の2ボランチに中島依美、長谷川唯が両サイドに入り、2トップは横山久美と小林里歌子のコンビとなった。 立ち上がりから高さやスピードで違いを見せるホームチーム相手に劣勢を強いられたなでしこジャパンは3分、右サイドへのサイドチェンジからトルランに高い位置で浮き球のクロスを許すと、これをファーサイドでDF熊谷に競り勝ったゴーヴァンに頭で合わせられると、GK山下がゴールライン上で懸命にかき出すもラインを割ったとの判定でゴールが認められる。 早い時間帯に先制を許す厳しい入りを強いられたなでしこジャパンだが、失点直後の8分に三浦と杉田のボランチコンビの粘りから前線の横山にボールを繋ぎ右足のミドルシュートで反撃を試みる。 その後は相手のシンプルな縦への仕掛けやロングボールで押し込められる中、ホームチームにアクシデント。GKペイロー=マニャンがロングボールを蹴った際に左ヒザを負傷。プレー続行不可能となり、22分にGKブアディが緊急投入される。 すると、この交代直後の24分になでしこジャパンは左サイドからの展開から杉田の横パスをペナルティアーク付近の小林がスルー。これをフリーで受けた中島のシュートはGKに弾かれるが、こぼれ球に反応した小林が冷静に蹴り込み同点に追いついた。 良い時間帯に追いついたことで、ここからなでしこジャパンの押し返す展開を期待したが、サイドを起点にスピーディーな仕掛けを続けるフランス相手に我慢の時間帯が続く。その中でGK山下の好守やDF熊谷を中心に粘りの守備を続ける。だが、34分には左CKの場面で長身ルナールがファーに流したボールをアンリに折り返されると、このクリアボールをル・ソメにダイレクトボレーで合わせられ中島にディフレクトしたボールがゴール左隅に吸い込まれた。 その後の猛攻を何とか凌いで1-2のスコアで試合を折り返したなでしこジャパンは、後半も同じ11人で臨む。立ち上がりの49分にはディアニに個人技から枠内シュートを許すが、これはGK山下の好守で凌ぐ。 その後は守備面で粘り強い対応が目立つ一方、なかなか攻め手を見いだせないなでしこジャパン。流れを変えたい高倉監督は60分過ぎに清水と横山を下げて宮川麻都、菅澤優衣香を同時投入。システムを[4-2-3-1]に変更して1トップの菅澤の下に長谷川を置く形に。さらに79分には中島を下げてよりアタッカー色の強い宮澤ひなたをピッチに送り出すが、効果的な一手とはならない。 すると、82分にはボックス右でカスカリーノに強烈なミドルシュートを打たれると、これはGK山下の好守で凌ぐがこぼれ球をDF熊谷がクリアし切れなかったところをディオニに詰められて決定的な3点目を奪われてしまった。 その後、86分に長谷川を下げて植木理子を投入したなでしこジャパンは何とかゴールを奪おうと攻勢に出るが、試合終了間際のセットプレーの流れから熊谷が放ったシュートも枠を大きく外れて万事休す。一時は同点に追いつくも試合を通して劣勢を強いられたなでしこジャパンは1-3の敗戦を喫した。 なお、ヨーロッパ遠征初戦を黒星で終えたなでしこジャパンは、現地時間9日にドイツ女子代表戦を戦う予定だ。 フランス女子代表 3-1 なでしこジャパン 【フランス女子代表】 ゴーヴァン(3) ル・ソメ(34) ディアニ(82) 【なでしこジャパン】 小林里歌子(24) 2019.04.05 05:57 Fri
twitterfacebook
thumb

日テレ・ベレーザのMF籾木結花、ケガでなでしこジャパンを辞退《ヨーロッパ遠征》

日本サッカー協会(JFA)は31日、日テレ・ベレーザに所属するMF籾木結花がケガのため、4月にヨーロッパ遠征を実施するなでしこジャパンへの参加を辞退することを発表した。なお、追加招集はないことも併せて伝えている。 ヨーロッパ遠征では、4月4日にフランス女子代表と、4月9日にドイツ女子代表と対戦。6月にフランスで行われる女子ワールドカップ前最後の海外遠征となる。 2019.03.31 18:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース