ライプツィヒ、バルサやシティ関心の逸材SBルアンを獲得!2019.03.29 16:06 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは28日、パルメイラスからU-20ブラジル代表DFルアン・カンジド(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。今年7月から正式加入となる同選手は2023年6月30日までの4年契約にサインしている。パルメイラスの下部組織に在籍するルアンは、184cmの恵まれたサイズに加え、高い身体能力と攻撃センスに長けた攻撃的な左サイドバック。18歳ながら飛び級でU-20ブラジル代表でもプレーする同選手は、左ウイングや左サイドハーフでもプレー可能であり、ブラジル国内ではレアル・マドリーDFマルセロの後継者としても期待される逸材だ。

そのルアンに関してはDFジョルディ・アルバの将来的な後釜を探すバルセロナやマンチェスター・シティ、ユベントスなど多くのビッグクラブが関心を示してきたが、ここ最近若手タレントのリクルートに長けているライプツィヒが争奪戦を制した。

争奪戦を制して逸材確保に成功したライプツィヒのラルフ・ラングニック監督は、「我々は半年間に渡って彼を見てきた。左サイドのすべてのポジションでプレー可能であり、彼の加入によってチームは柔軟で多彩のプレーヤーを迎え入れられる。それだけに彼がこのクラブを選んだことを嬉しく思うよ」と、コメントしている。

なお、ドイツ『ビルト』が伝えるところによれば、ライプツィヒは800万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1000万ユーロ(約12億6000万円)を移籍金として支払う見込みだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リヨン、ライプツィヒ退団の19歳フランス人ウインガーを獲得

リヨンは9日、ライプツィヒを退団していたニコラス・フォンテイン(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となっている。 左ウイングを主戦場とするフォンテインは、2016年夏にエビアンからライプツィヒに移籍。ライプツィヒではトップチームでの出場機会がなかった中、契約満了によりこの夏に退団していた。世代別のフランス代表ではU-16から選出され、U-18まで選ばれていた。 2019.07.10 03:37 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ライプツィヒのドイツ代表DF獲得に動く!

アトレティコ・マドリーが、RBライプツィヒに所属するドイツ代表DFルーカス・クロステルマン(23)に注目しているようだ。ドイツ『ビルト』のレポートを引用してスペイン『アス』が伝えた。 今夏にDFリュカ・エルナンデス(23)やDFディエゴ・ゴディン(33)、DFフアンフラン(34)など主力DFが相次いで退団したアトレティコ。そのため、ディフェンスラインの補強に動いているクラブは、先日に行われたU-21スペイン代表とU-21ドイツ代表の対戦となったU-21欧州選手権の決勝戦にスカウトを派遣。その際にクロステルマンをチェックしたようだ。 各年代のドイツ代表にも選出されているクロステルマンは、右サイドバックが主戦場でありながら守備的な複数のポジションをこなせるポリバレントな選手。189cmと長身ながらスピードに長けており、昨シーズンのブンデスリーガでは26試合で5ゴール1アシストを記録した。 また、ライプツィヒと2021年まで契約を残す同選手にはアーセナルも関心を寄せている模様。アトレティコはアーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(24)にも関心を持っていることから、玉突き移籍の可能性もありそうだが、果たして…。 2019.07.03 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

PSV、ポルトガル代表FWブルマを5年契約で獲得!

PSVは28日、ライプツィヒからポルトガル代表FWブルマ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 スポルティング・リスボンの下部組織出身のブルマは、2013年2月にトップチームへと昇格すると、9月にガラタサライへ完全移籍。その後はガズィアンテプシュポルやレアル・ソシエダへのレンタル移籍を経て、2017年6月にライプツィヒへ移籍。 ライプツィヒでは在籍2年間で公式戦67試合に出場し10ゴール5アシストをマーク。今シーズンは主にカップ戦要員としてブンデスリーガ14試合を含む公式戦27試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 左ウイングを主戦場とするブルマは、2017年11月にポルトガル代表デビュー。これまで7試合に出場し、2018年10月に行われたスコットランド代表との国際親善試合で代表初ゴールをマークしている。 2019.06.29 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、プレミア最年少出場の神童MFに関心か

バルセロナが、フルアムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルアム下部組織出身で現在16歳のエリオットは5月4日に行われたプレミアリーグ第37節のウォルバーハンプトン戦に88分から出場。16歳30日でのプレミアリーグ史上最年少出場記録を樹立した。 その逸材とフルアムの現行契約は今夏まで。クラブは新契約を拒否された模様であり、今夏にフリーで退団する可能性が高いと見られている。 しかし、エリオットを狙っているのはバルセロナだけではないようだ。若手育成に定評のあるライプツィヒも関心を寄せているようで、今夏の去就が注目されている。 2019.06.17 15:14 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ライプツィヒのウパメカーノに関心か

アーセナルが、ライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFデヨール・ウパメカーノ(20)に関心を抱いているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 今夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得を目指すことが報じられているアーセナル。だが、来シーズンのCL出場権を手にできなかったことで、今夏は選手の売却費用を除き4000万ポンド(約55億円)と言われる乏しい補強費と緊縮財政を強いられる見込みだ。 そうした中で、メインターゲットとしてバルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティを掲げてきたが、高額な移籍金に加えて選手当人が残留を望んでいることもあり獲得を断念。そこでアーセナルは、強靭なフィジカルに加え、鋭い読みやボール捌きにも優れているU-21フランス代表DFに照準を切り替えたという。 今シーズンはケガの影響もあり公式戦出場は22試合に留まったウパメカーノの現行契約は2021年まで。ライプツィヒから新契約を提示されているが、いまだ合意には至ってはいないことから、プレミアリーグに移籍することが指摘されている。 また、アーセナルは他の案としてサンプドリアのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)にも興味を示しているとのこと。果たして、アーセナルはCBの獲得に成功することができるのだろうか。 2019.06.05 18:11 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース