ライプツィヒ、バルサやシティ関心の逸材SBルアンを獲得!2019.03.29 16:06 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは28日、パルメイラスからU-20ブラジル代表DFルアン・カンジド(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。今年7月から正式加入となる同選手は2023年6月30日までの4年契約にサインしている。

パルメイラスの下部組織に在籍するルアンは、184cmの恵まれたサイズに加え、高い身体能力と攻撃センスに長けた攻撃的な左サイドバック。18歳ながら飛び級でU-20ブラジル代表でもプレーする同選手は、左ウイングや左サイドハーフでもプレー可能であり、ブラジル国内ではレアル・マドリーDFマルセロの後継者としても期待される逸材だ。

そのルアンに関してはDFジョルディ・アルバの将来的な後釜を探すバルセロナやマンチェスター・シティ、ユベントスなど多くのビッグクラブが関心を示してきたが、ここ最近若手タレントのリクルートに長けているライプツィヒが争奪戦を制した。

争奪戦を制して逸材確保に成功したライプツィヒのラルフ・ラングニック監督は、「我々は半年間に渡って彼を見てきた。左サイドのすべてのポジションでプレー可能であり、彼の加入によってチームは柔軟で多彩のプレーヤーを迎え入れられる。それだけに彼がこのクラブを選んだことを嬉しく思うよ」と、コメントしている。

なお、ドイツ『ビルト』が伝えるところによれば、ライプツィヒは800万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1000万ユーロ(約12億6000万円)を移籍金として支払う見込みだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒが酒井高&伊藤不出場のHSVに快勝で初の決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ハンブルガーSVvsライプツィヒが23日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利し、初の決勝進出を果たした。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 準々決勝でパーダーボルンを下したHSVは酒井高がベンチスタート、伊藤がベンチ外となった。一方、アウグスブルクを延長戦の末に下したライプツィヒはヴェルナーやY・ポウルセン、ハルステンベルクなどベストメンバーを送り出した。 決勝進出を懸けた準決勝、時間の経過とともに攻勢を強めていたライプツィヒが12分に先制する。フォルスベリの左CKからY・ポウルセンがヘッドで流し込んだ。 さらに16分、ヴェルナーの左クロスに合わせたY・ポウルセンのシュートが右ポストを直撃。ルーズボールをゴールエリア左のヴェルナーがシュートに持ち込むも、GKにセーブされた。 劣勢だったHSVだったが、24分にミスを突いて追いつく。ジャッタがカンプルからボールを奪ってボックス手前左からコントロールシュート。これがゴール右上に決まった。 1-1となって以降もライプツィヒが攻勢に出ていたが、前半終盤の42分、HSVに逆転のチャンス。ドウグラスのスルーパスに抜け出したネイリーがボックス内からシュート。だが、GKグラーチの好守に阻まれた。 1-1で迎えた後半もライプツィヒが押し込むと、53分に勝ち越した。カンプルの浮き球パスをボックス右のY・ポウルセンが折り返すと、ヤンジチッチのオウンゴールを誘った。 その後もライプツィヒが主導権を握ると、69分には右サイドを突破したクロステルマンの折り返しを受けたボックス中央のフォルスベリがバー直撃のシュートを浴びせた。 そして72分、ライプツィヒに決定的な3点目が生まれる。ボックス手前左でパスを受けたフォルスベリがゴール左隅にシュートを蹴り込んだ。 このままHSVの反撃を許さなかったライプツィヒが3-1で快勝。初の決勝進出を果たしている。決勝ではブレーメンvsバイエルンの勝者と対戦する。 2019.04.24 05:37 Wed
twitterfacebook
thumb

伏兵ハルステンベルクのドッペルパックでボルシアMGとの上位対決を制したライプツィヒが3位を堅守!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、ボルシアMGvsライプツィヒが20日に行われ、1-2でライプツィヒが勝利した。 5位ボルシアMG(勝ち点51)と3位ライプツィヒ(勝ち点58)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う上位対決。 共に[3-5-2]のシステムで臨んだ一戦。オープンな展開で立ち上がっていった中、まずは8分、ライプツィヒがフォルスベリのミドルシュートでゴールに迫った。対するボルシアMGは12分、プレアがオンターゲットのシュートをマークし牽制した。 互いに攻め合う中15分、ライプツィヒにPKが与えられる。ボックス左に侵入したハルステンベルクがヘアマンに倒された。このPKをハルステンベルク自ら決めてライプツィヒが先制した。 その後もハイプレスをかけるライプツィヒが主導権を握っていたが、前半半ば以降はボルシアMGも反撃。敵陣でのプレーを増やしたが、決定的なシーンを生み出すには至らず0-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始8分にライプツィヒが突き放す。フォルスベリのスルーパスをボックス左で受けたハルステンベルクがシュートを流し込んだ。 ハルステンベルクのドッペルパックで2点を追う展開となったボルシアMGは、62分に1点差に詰め寄る。ノイハウスのスルーパスをボックス内で受けたプレアがシュートを流し込んだ。続く67分にはプレアのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKグラーチのファインセーブに阻まれ、同点には追いつけない。 ボルシアMGの反撃を許したライプツィヒは72分に決定機。しかし、ヴェルナーがGKと一対一となったものの、シュートはゾンマーにセーブされてしまう。さらに85分にはハルステンベルクがロングカウンターから右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 それでも2-1で逃げ切ったライプツィヒがボルシアMGとのポイント差を10に広げ、3位を堅守。CL出場権獲得をほぼ確実にしている。 2019.04.21 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェルナー、移籍か ライプツィヒ会長「延長拒否」認める

RBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(23)が契約更新せずの姿勢を示しているという。ドイツ『ビルト』が報じた。 2016年夏にシュツットガルトから加入したヴェルナーは、3シーズン連続でブンデスリーガ二桁得点をマークするRBライプツィヒの若き点取り屋。2017年にA代表デビューを果たした注目株で、レアル・マドリーやリバプールが動向を追っているとみられる。 そのヴェルナーの契約は2020年に失効予定。上記他クラブの関心報道もあって、以前からRBライプツィヒとの延長交渉の行方にも注目が集まっており、それが破談した場合、今夏の移籍市場が移籍金を手にできるラストチャンスとなる。 そうしたなか、オリバー・ミンツラフ会長が以前、バイエルンとの個人合意報道も飛び出したヴェルナーとの延長交渉の進捗状況について次のようにコメント。選手側に延長の意思がないとして、今夏に手放す可能性を認めた。 「ティモ・ヴェルナーは我々の下で国民的な選手に成長した選手なのだから、もちろんのこと、彼をキープしたい。「だが、その彼から延長の意向がないという知らせを受けた。今、合理的な話し合いを行っており、誰にとっても良い最適解が見つかるだろう」 2019.04.14 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマで四苦八苦のチェコ代表FWにエバートンらが関心か

ローマのチェコ代表FWパトリック・シック(23)にエバートンやRBライプツィヒが関心を示しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 2017年夏にサンプドリアから総額4200万ユーロ(約52億2000万円)でローマに加入したシック。だが、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコとの連係難、度重なるケガの影響などもあり、ここまで公式戦53試合で8ゴールとその高額な移籍金に見合った活躍は見せられていない。 前述のジェコの今夏の去就次第もローマが売却に踏み切る可能性が高いと伝えられるシックに関しては、現時点でエバートンとライプツィヒが獲得に関心を示しているようだ。 ローマは同選手の移籍金に関して2400万ユーロ(約30億円)以上を見込んでいるが、状況次第では買い取りオプション付きのレンタル移籍などにも応じる構えだ。 新天地候補のエバートンに関してはセンターフォワードの主力であるイングランド人FWドミニク・キャルバート=ルーウィンがリーグ戦29試合出場で6ゴールと前線の火力不足に悩まされており、同選手を新エースストライカー候補の1人と目している模様だ。 一方、ライプツィヒではエースストライカーであるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに今夏退団の可能性があり、シックを後釜の1人と考えているようだ。 2019.03.29 13:48 Fri
twitterfacebook
thumb

フィル・フォーデンのドイツ移籍なしか

マンチェスター・シティに所属するU-21イングランド代表MFフィル・フォーデン(18)のドイツ移籍の可能性は低いようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 シティの下部組織出身のフォーデンは、イングランドで最も有望な若手の一人だ。今季は公式戦23試合に出場し6ゴール2アシストを記録。そんなフォーデンにライプツィヒをはじめとする多くのドイツクラブが関心を示しているようで、レンタル移籍を視野に動いているとみられている。 だが、『デイリー・メール』によると、フォーデンにもシティにも移籍の意思はなく、ジョゼップ・グアルディオラ監督はMFダビド・シルバの後継者として考え、大切に育てていく方針であることを明かしている。フォーデンの出場機会の少なさから批判されることもある同監督だが、「我々と共にプレー出来ること、我々が信頼しているということを、彼が知っていることが大切なんだ。毎シーズン毎シーズン、彼は強くなっている。信じられない才能だよ。だが、もっと成長できる部分はたくさんある」とし、将来への期待を口にしていた。 昨年12月に2024年までの契約にサインしたフォーデン。世界最高指導者の下、今後更なる成長を遂げる姿を楽しみにしたい。 2019.03.28 15:55 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース