昌子源、後輩の安西幸輝に熱いエール!「堂々とやっている姿はチームの刺激になる」《キリンチャレンジカップ2019》2019.03.25 21:49 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 チームの中心選手となったトゥールーズDF昌子源は、古巣鹿島アントラーズから唯一の招集および初招集となった安西幸輝や、同クラブで同僚だった西大伍について語ってくれた。

◆昌子源(トゥールーズ/フランス)

──鹿島アントラーズで一緒にプレーした安西幸輝選手について

「(安西)幸輝は初めて呼ばれたから縮こまるんじゃなく、自分の良さを全面に出すべきだと思う。その結果ミスしても問題ないと思うし、周りに何を言われても気にする必要は無い。そういう風にやって欲しいなと」

「僕もこの間の試合ではスライディングだったりファルカオの対応だったりで、もちろんミスはあったかもしれないけど、そうやって掴んでいくものだと思う」

「(西)大伍君は試合の流れを読むのが得意で常に冷静で。時には攻撃の組み立てに参加したり、時には後ろで守ってくれたりしてくれるけど、幸輝の良さは絶対推進力。間違いなく前の選手を助けられる選手」

「僕も何度か経験ありましたけど、鹿島から一人なので、鹿島のチームメイトは見てると思う。幸輝が堂々とやっている姿はチームの刺激になる。そういう影響力がある舞台が代表だと思うので」
コメント
関連ニュース
thumb

不可解判定に涙を呑んだ広島…王者鹿島は勝負強さを見せてベスト8進出!!《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019決勝トーナメント1回戦2ndレグのサンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズが25日に行われた。3-2で広島が勝利し2戦合計3-3としたものの、アウェイゴール差で鹿島がベスト8進出を決めた。 運命のセカンドレグをホームで迎える広島はファーストレグで稲垣が2枚のイエローカードを受けて退場に。この試合も出場停止のため代わりに荒木が先発に起用された。 ホームでのファーストレグの1点のアドバンテージを持つ鹿島はスタメンを2人変更。安西と白崎を代えて町田と名古が入った。ファーストレグで決勝点を挙げたセルジ―ニョは土居とツートップを組んだ。 ベスト8進出に2点必要な広島が立ち上がりから積極的に仕掛ける。2分、左CKのこぼれ球を野上がシュート。これは相手にブロックされて枠の外へ流れた。 ここで鹿島にアクシデント。チョン・スンヒョンがCKの競り合いの中で負傷し続行不可能に。代わりにルーキーの関川がピッチに送られた。 鹿島はもう一人のルーキー名古が左サイドからチャンスを作る。切れのあるドリブルで相手を抜き去りゴール前に折り返したが、広島守備陣もそう簡単に決定機を許さない。 14分に広島はFKのチャンス。敵陣左サイドから森島がゴール前にクロスを放り込むと、野上がダイビングヘッドで合わせる。ドンピシャのタイミングだったがシュートはGKクォン・スンテの正面に飛んでしまった。 広島が主導権を握るものの鹿島のペナルティエリア内で悉く跳ね返されてしまう。すると33分、鹿島は左サイドのレオ・シルバが上げたクロスは佐々木にクリアされるも、そのボールを拾った土居がボックス中央から右足を振り抜くと相手DFの股を抜いてゴール左に決まった。 これで逆転突破には3得点が必要になった広島。42分に巧みなパスワークから川辺にゴールチャンスが訪れたが、ゴール一歩手前でクリアされてしまい、2戦合計0-2で試合を折り返した。 後半に向けて広島は清水を下げてパトリックを投入。するとそのパトリックが48分、カウンターから早速シュートに持ち込む。その後は何度かゴール前まで運ぶものの、簡単にはシュートを打たせてもらえない時間が続く。 対して鹿島は少ない手数でチャンスを作る。63分に右サイドバックからピッチ中央のレオ・シルバに渡ると、レオ・シルバはワンタッチで前線のセルジ―ニョへ。セルジーニョはGK中林と一対一になるが、頭上を狙ったループシュートは僅かに左に外れた。 ここを決められていれば万事休すとなっていが広島だったがこのピンチを凌ぐと63分、右サイドにポジションを変えた柏のクロスをパトリックが打点の高いヘディングで合わせると、競り合いに来た相手に当たってゴールイン。これで2戦合計1-2とした。 さらに広島は72分、再び右サイドのクロスからパトリックがヘディングシュートを放つと、こぼれ球を拾って森島から佐々木へ。佐々木はボックス左から左足を振り抜き、これがニアを突いてネットを揺らした。 あとはアウェイゴール分の1点に迫った広島だったが74分、鹿島のカウンターの決定機をGK中林が阻止してしまい一発退場に。これで広島は3枚目の交代カードを使って吉野に代えてGK林を投入した。 それでも広島の猛攻は続く。80分、左サイドでボールを受けたパトリックがドリブルでボックスに侵入したところで関川のスライディングタックルを受け転倒。広島はPKを主張したが主審は抗議したドウグラス・ヴィエイラにイエローカードを提示。 さらに物議を醸すシーンが82分に生まれる。右サイドを突破した柏のグラウンダーのクロスをファーサイドでパトリックが押し込んで逆転…かに思われたが主審の笛。クロスを上げた柏が相手に後ろから倒されPKと思いきや、ここで柏のシミュレーションを取られるという不可解な判定でゴールは認められなかった。 試合も90分を迎えようかという終盤戦。広島はCKの場面でGK林もゴール前へ上がる。しかしこれが裏目に出てしまう。クロスを撥ね返した鹿島は当然のようにカウンターへ。必死に戻る林や広島の選手らを尻目に左サイドでボールを持った土居が無人のゴールへ流し込んで決定的な追加点を挙げた。 絶望的状況に立たされた広島。後半アディショナルタイムが5分与えられた中で、パトリックが関川に倒されPKを獲得。これを自ら決めるも焼け石に水。ゴール直後に試合終了のホイッスルが鳴り響き、鹿島のベスト8進出が決定。不可解な判定で涙を呑んだ広島は試合には勝利したもののここで敗退となった。 なお、ベスト8の対戦相手は抽選で決まる。 2019.06.25 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】カギを握るのはバランスとコントロール、ベスト8への大一番《サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ》

25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の第2戦、サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズが、広島広域公園陸上競技場で行われる。 ラウンド16で実現した日本勢対決。第1戦は鹿島が1-0で先勝しアドバンテージを持って臨むことに。一方の広島は、ホームで逆転勝利を目指す。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆失点せずに逆転勝利を</span>〜サンフレッチェ広島〜 アウェイで行われた第1戦は鹿島の対策に苦しんだ。ホームゲームとなった鹿島は、アウェイゴールを与えないために強固な守備ブロックを形成。裏を取らせない守り方に苦しんだ。 おかげでポゼッションを高めることはできたものの、崩しの部分とフィニッシュワークに精度を欠き、無得点。24分に許したセルジーニョのゴールで逃げ切られ、1-0で敗戦となった。 広島にとっての苦しみは敗戦だけではない。86分にはMF稲垣祥が2度目の警告を受け退場処分に。第2戦では起用できないことも影響を与える。 まずは同点に追いつくことが必要となる広島だが、鹿島にゴールを許してしまえば、3点が必要となる状況だけに、前掛かりになり過ぎるのも避けたいところ。ゲームコントロールが勝敗を分けそうだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆精神的優位の王者はトドメをさせるか</span>〜鹿島アントラーズ〜 対する鹿島は、精神的にも余裕がある状況だ。アウェイゴールを許さずにホームでの勝利。第2戦で先に得点を奪うことがあれば、一気にゲームを優位に進めることができる。 ホームでは王者らしく、試合巧者ぶりを発揮した鹿島は、先週末のリーグ戦もなかったためにコンディション面も問題はない。昨シーズンは抜け目のない勝ち上がりで頂点まで上り詰めており、今シーズンもその戦いぶりは健在だ。 第2戦で必要なのは、アウェイゴール。しかし、先制を許せばイーブンの状態となり、広島を勢いづかせてしまう可能性も高い。まずは落ち着いて試合をコントロールしながら、広島が攻勢に出たタイミングをしっかりと生かすことができるか。決定力がカギを握ることになるだろう。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:荒木隼人、野上結貴、佐々木翔 MF:清水航平、川辺駿、吉野恭平、柏好文 MF:森島司、柴崎晃誠 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:稲垣祥 日本代表:大迫敬介、松本泰志<hr>勝利が必要な広島は、前述の通り稲垣祥が出場停止となりボランチの人選が難しい状況に。3バックの中央でプレーしていた吉野恭平を1つ前にあげ、ACLで出場を重ねる荒木隼人が3バックの右、中央に野上結貴、左に佐々木翔と予想する。また、渡大生に代えて柴崎晃誠をシャドーで起用と予想。攻守のバランスをいかに取れるかがカギとなる。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:永木亮太、チョン・スンヒョン、犬飼智也、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、レオ・シルバ、白崎凌兵 FW:セルジーニョ、土居聖真 監督:大岩剛 日本代表:安部裕葵 出場停止:なし<hr>対する鹿島は、第1戦と同じ陣容で臨むと予想する。前述の通りリーグ戦がなかったため、広島戦から過密日程を避けられている。現状のベストメンバーを用意し、しっかりと2戦合計で勝利を目指す。 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF柏好文</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>広島の注目選手はMF柏好文だ。キャプテンとして、そしてアタッカーとしての活躍が求められる柏。第1戦でも好機を作りながらもゴールを奪えず。鹿島の堅い守備に苦しんだ。ホームで迎える第2戦。グループステージでの勝負強さを体現するため、柏の切れ味鋭いドリブルが火を吹くか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF土居聖真</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>鹿島の注目選手はMF土居聖真だ。第1戦でもそのプレーに輝きを見せており、直近のリーグ戦でも持ち味であるボールを持った際のプレーが際立っていた。ACLではセルジーニョが得点を量産しているが、その1つ手前のプレーでチームを支えられるか。広島に止めを刺すゴールを奪いたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆先制ゴールで変わる展開</span> この試合のポイントは先制点の行方だろう。ホームの広島が先制し2戦合計で追いつくのか、それとも鹿島が先制しアウェイゴールを奪うのかで大きく展開は変わる。 互いにゴールを目指す展開が予想されるが、その意識がより強いのは広島だろう。しかし、失点もしたくないだけに、固い入りになるはず。どちらが均衡を破るかはわからない状況だ。 試合のポイントはバランスとゲームコントロール。いかにチームとしてバランスを取りながら、自分たちのペースに持ち込むかが互いに求められることだ。中盤の攻防もカギを握るが、時間が進むたびに焦りが出るのは広島。そこを見逃さずに鹿島は仕留められるかだ。 日本勢同士の対決となったラウンド16第2戦。ベスト8を懸けた戦いは、25日の19時にキックオフを迎える。 2019.06.25 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、日本期待の若手2選手を注視か 贔屓紙が報じる

バルセロナが、鹿島アントラーズに所属する日本代表MF安部裕葵(20)とセレッソ大阪への加入が内定している桐光学園のU-20日本代表FW西川潤(17)を注視しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 レアル・マドリーへ移籍が決まった日本代表MF久保建英(18)の獲得に失敗したバルセロナ。しかし、同クラブは、日本市場を狙っており、Bチームでプレー可能な有望な若手選手として、安部と西川を約5カ月以上に渡りモニタリングしているという。 バルセロナは安部に対して、買い取りオプション付きレンタルでの獲得を希望している模様。しかし、鹿島側は移籍金150万ユーロ(約1億8000万円)での売却を望んでいるという。 もう一方の西川は現在17歳。国際サッカー連盟(FIFA)が定める国外移籍の基準を満たしていないことから、18歳になる2020年2月21日以降での獲得を視野に入れているようだ。 2017年に広島県の瀬戸内高校から鹿島に入団した安部は、今シーズンから背番号「10」を継承。ここまで明治安田生命J1リーグ13試合で1ゴールを記録している。また現在、コパ・アメリカに参戦中の日本代表にも選出されており、日本時間18日に行われたグループC第1節のチリ代表戦に途中出場して、A代表デビューを飾ると、21日に行われた第2節のウルグアイ代表戦ではフル出場を果たした。 現役高校生の西川は国内外での争奪戦の末、C大阪入団が内定。今年3月のルヴァンカップではプロデビューを飾っている。また、今月中旬まで行われていたU-20ワールドカップ(W杯)には、U-20日本代表に飛び級で選出され、3試合に出場した。 2019.06.24 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手㉓】U-20ワールドカップ回避の悔しさをぶつけるコパアメリカ。残り2戦で攻撃の起点に!/安部裕葵(鹿島アントラーズ/FW)

「(自分が入った後半21分は)ビハインドからの展開で、素早い攻撃をしないといけなかった。でも試合頭から速い攻撃しかなかったので、タメを作らないといけないっていう。ホント、矛盾してるかもしれないけど、そういう頭だったので、タメを作ることと素早く攻撃するってことの両方を、難しいけど頭に置きながら入りました」 U-22世代中心の編成とはいえ、記念すべき国際Aマッチデビューを飾った17日のコパアメリカ初戦・チリ戦(サンパウロ)。安部裕葵(鹿島アントラーズ)は極めて冷静な状態でゲームを全体を俯瞰していた。 この日の日本は前線に上田綺世(法政大学)、2列目に前田大然(松本山雅FC)、久保建英(レアル・マドリー)、中島翔哉(アル・ドゥハイル)というスピードを武器とする選手が数多く陣取ったこともあり、タテに速い攻めに偏った状態になっていた。そのリズムを安部は何とか変えようと試みた。 その思惑よりも、どちらかというとサイドアタッカーのように左コーナー付近までえぐる仕事が多くなったが、安部の意図を久保も理解し、2人のコンビから何度かチャンスが生まれた。「彼らがU-20ワールドカップ(ポーランド)に揃って参戦していたら、韓国ではなく日本が決勝に進んでいたかもしれない」という感想を抱いた人も多かったのではないか。それを誰よりも痛感しているのは安部本人に違いない。だからこそ、今大会に賭けるものは大きいに違いない。チリ戦では惜しくもゴールをこじ開けることはできなかったが、次への可能性を垣間見せたのは確かだ。 20日のウルグアイ戦でも彼ら2人のフレッシュなコンビを見たいところ。ただ、前田と原輝綺(サガン鳥栖)の負傷欠場によって、4バックの継続自体が微妙になっている。4バックの場合は2列目が3枚あるため、安部と久保の併用の道が大きく開けるが、3バックだと前線は1トップ・2シャドウになり、アタッカーの枚数が1枚減る。こういった状況はあるにしても、安部はチリ戦よりも出場時間が長くなるのは間違いないだろう。 「僕はいつも試合前にどういうプレーをするかっていうのは何も考えないんで。試合には行って流れを見つつ、自分がやるべきことを試合の中で考えるタイプなんで。ただ、ウルグアイは昨年10月のキリンチャレンジカップ(埼玉)の時よりは強い。そう思って取り組めばいいんじゃないかと思います」と本人は状況を見ながら臨機応変に攻めを組み立てていく考えだ。 ウルグアイの守備陣はご存知の通り、長友佑都(ガラタサライ)の同僚であるGKムスレラが最後尾に陣取り、センターバックにヒメネスとゴディンとアトレティコ・マドリーコンビが並ぶ。右サイドバックはカセレス(ユベントス)、左サイドバックはラクサール(ACミラン)といずれも百戦錬磨の猛者ばかりだ。2006年から指揮を執る名将・タバレス監督の堅守速攻スタイルはすでに浸透していて、守備のオートマティズムは南米随一と言っていい。それを安部が個の力だけで攻略するのは容易ではない。組織的な崩しが要求されてくるのだ。 2列目要員には久保、中島、三好康児(横浜F・マリノス)、伊藤達哉(ハンブルガーSV)と個性豊かな技巧派タレントが揃っているだけに、安部が入った場合は彼らを巧みに使いながら変化をつけていくことが求められる。冒頭のコメント通り、チームの流れとは反対のプレーが必要だと感じ、それをピッチで実行に移せる冷静沈着なアタッカーであれば、難敵に対しても十分向かっていけるはず。彼の非凡な創造性が今こそ発揮されるべき時だ。 「コパ・アメリカはメディアの数、見ている人の数だったり、国を背負って戦う責任、プレッシャーが違うだけで、自分がプレーする内容や質は練習から一緒。それにウルグアイのアウェー状態になったとしても、僕はACL決勝のアウェーのイランを経験しているんで、あれを超えることはないですね。ブラジルが相手ならあれ並みになるかもしれないけど、全然大丈夫です」 こう語気を強めたように、どんな大舞台でも恐ろしいほどの冷静さを貫けるのが、常勝軍団・鹿島でエースナンバー10をつける20歳の若武者だ。今季は鹿島で白崎凌兵や中村充孝らと激しいポジション争いを強いられ、ベンチを温めることが多くなっているが、この苦境を打破するためにも、コパ・アメリカで確固たる自信を取り戻したいところ。 そういう意味でも今回のウルグアイ戦は最高の試金石と言っていい。FIFAランキング8位という世界的強豪国に何らかのインパクトを残せれば、彼自身の前々からの希望である欧州移籍の道も開けるかもしれない。さらに24日にはグループ最終戦・エクアドル戦(ベロオリゾンテ)も残されている。こうした残されたチャンスを生かして、大きな成果を手にすべく、日本のファンタジスタにはブラジルの地で思う存分、躍動してほしいものだ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">鹿島の安部裕葵に注目!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />2カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.06.21 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アジア16強で実現の日本勢対決、ホーム鹿島がまず先勝! セルジーニョの先制ヘッド弾が決勝点《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019決勝トーナメント1回戦1stレグの鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が18日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、ホームの鹿島が1-0で先勝した。 山東魯能に次ぐ3勝2分け1敗でグループE2位通過の王者鹿島。2-0で勝利した直近のセレッソ大阪戦からスタメン2名変更し、レオ・シルバが復帰した。 元ブラジル代表MFパウリーニョを擁する広州恒大と同居したグループFを5勝1敗の首位で突破の広島。2-0で勝利した直近の湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名変更した。 ACLベスト16の舞台で実現した日本勢対決は2分、ハーフウェイライン付近でルーズボールを拾った遠藤のロングパスから鹿島にチャンス。DFラインの背後に抜け出したセルジーニョがバイタルエリア中央からシュートを放っていくが、GK中林に処理された。 対する広島は22分、敵陣左サイド深い位置でボールを受けた佐々木が縦に仕掛けてクロス。ニアサイドのドウグラス・ヴィエイラが左足で合わせたものの、わずかにゴール右に外れてしまう。 そうしたなかで、鹿島は24分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた土居が一気にボックス左に侵攻してクロス。ディフレクトしたボールがゴール前に飛ぶと、反応したセルジーニョが頭で押し込み、鹿島が先制する。 1点リードで試合を折り返した鹿島は46分、ボックス右の遠藤からパスを受けたバイタルエリア右の三竿が左足ダイレクト。鋭いシュートがゴールマウスを強襲したが、GK中林のファインセーブに遭い、追加点とはならない。 続く61分にもバイタルエリア中央の遠藤が放った左足シュートでゴールに迫った鹿島だが、ここはGK中林がセーブ。徐々に広島ペースに傾き始めるなかでしたたかに追加点を目指すらしい戦いを見せるが、なかなか相手GKの牙城を崩せない。 すると、広島は71分にドウグラス・ヴィエイラがミドルシュート。74分に川辺を下げてパトリックをピッチに送り出して、攻撃の活性化を図るが、86分に稲垣がこの日2枚目のイエローカードを受け退場となり、数的不利に陥ってしまう。 結局、数的優位のアドバンテージを手にした鹿島がアウェイゴールを許すことなく、ホームで先勝。リターンレグは6月25日にエディオンスタジアム広島で行われる。 2019.06.18 21:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース