岩政大樹、部活動指導員として現場復帰! 不完全な環境に「『面白い』と感じてしまった」

2019.03.25 16:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズン限りで東京ユナイテッドFCの選手兼コーチの座を退き、現役引退を発表していた元日本代表DF岩政大樹氏(36)が指導者として現場復帰することを発表した。

東京学芸大学在学時にFC東京の特別指定選手だった岩政は、2004年に鹿島アントラーズに入団。常勝軍団を後方から支え続け、2007シーズンから2009シーズンにはJ1リーグ3連覇を成し遂げたほか、数々のタイトルを獲得した。その後、10年間過ごした鹿島を退団し、2014年にタイ・プレミアリーグのテロ・サーサナFCでプレーした後、ファジアーノ岡山を経て、2017年に東京ユナイテッドFCへ選手兼コーチとして加入。2018年10月22日に現役引退を発表していた。

そんな中、岩政氏は自身のオフィシャルブログで文化学園杉並中学・高等学校の「部活動指導員」として現場復帰することを報告した。
『現場復帰』

「引退をした数ヶ月前。私は2年間続けてきた指導も一旦区切りをつけさせてもらいました。あれから数ヶ月。4月よりまた指導の現場に立つことになりました。場所は、文化学園杉並中学・高等学校です。そこで「部活動指導員」として、週2~3回指導をさせていただくことになりました」

「以前は女子校だったため、今年度より共学となったばかりの学校です。当然、サッカー部は一年生しかいません。グラウンドはテニスコートしかなく、普段使えるのはテニスコート1面だけ。これを「面白い」と感じてしまったので、この先がどうなるかは分かりませんが、まずはやってみたいと思います」

「週末使えるグラウンドもありません。どうか皆さん、お力添えをいただき、練習試合なりをさせていただけると助かります。よろしくお願いします。まずは、指導の現場に立てることを楽しみにしています」

「やはり、解説や執筆をしていると、どうしても頭でっかちになりがちな自分に気づきます。それは決して悪いことではありませんが、ピッチレベルで意識してきたバランスを失いかねない危険性を感じずにはいられませんでした」

「さらに、育成年代の指導は必ずやっておきたいことでしたから、これは私にとって願ってもない機会だと思っています。そういえば私は、中高の数学の教員免許を取得しましたが、元々数学を教えたかったのではなく、サッカー部をもちたかったのでした」

「出会うことになった子どもたちと向き合って、彼らが少しでもサッカーが上手くなる。サッカーを通して人として成長する。そんな指導を目指します」

関連ニュース
thumb

なでしこリーグ覇者のS世田谷が勝ち抜け、今季で解散のアンジュは敗れてクラブの歴史に幕《皇后杯》

第44回皇后杯2回戦の10試合が、3日から4日にかけて各地で行われた。 今季のプレナスなでしこリーグで初優勝を飾ったスフィーダ世田谷FCは、来季からリーグ2部へ昇格するヴィアマテラス宮崎と対戦。リーグMVP、大竹麻友の2得点などで3-1と勝利し、3回戦進出を決めた。 今季限りで活動を終えるアンジュヴィオレ広島は東洋大学と相まみえ、0-4で敗れた。6分、大宮アルディージャVENTUSへの加入が決まっている北川愛莉に先制ゴールを許すと、以降も失点が重なって4失点。反撃を試みるも及ばず、これが最後の試合となり、クラブの歴史に幕を閉じた。 1回戦で社会人チームの福岡J・アンクラスを破った藤枝順心高校は、今季のなでしこリーグ得点女王・千葉園子を擁するASハリマアルビオンと対戦。U-17女子ワールドカップ(W杯)にも出場した久保田真生のゴールなどで、90分を終えて3-3と健闘したが、延長戦で3失点を喫し、3-6で敗れた。 また、岡山県作陽高校が大倉弓佳の決勝点で筑波大学を撃破。セレッソ大阪堺レディースが静岡SSUボニータをPK戦の末に下すなど、年上のチームを破って次のステージへ駒を進めている。 その他の結果は以下の通り。なお、WEリーグ所属チームは4回戦からの登場となる。 ◆皇后杯2回戦 ▽12月3日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">スフィーダ世田谷FC 3</span>-1 ヴィアマテラス宮崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">伊賀FCくノ一三重 2</span>-0 常盤木学園高校 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">愛媛FCレディース 3</span>-2 SEISA OSAレイア湘南FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ASハリマアルビオン 6</span>-3 藤枝順心高校 筑波大学 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 岡山県作陽高校</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">セレッソ大阪堺レディース 0</span>-0(PK5-4) 静岡SSUボニータ FCふじざくら山梨 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ニッパツ横浜FCシーガルズ</span> 朝日インテック・ラブリッジ名古屋 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 早稲田大学</span> ▽12月4日 アンジュヴィオレ広島 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 東洋大学</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">オルカ鴨川FC 5</span>-0 ディオッサ出雲FC ◆3回戦組み合わせ ▽12月10日 スフィーダ世田谷FC vs 東洋大学 伊賀FCくノ一三重 vs 愛媛FCレディース ASハリマアルビオン vs 岡山県作陽高校 オルカ鴨川FC vs 早稲田大学 ▽12月11日 セレッソ大阪堺レディース vs ニッパツ横浜FCシーガルズ 2022.12.04 20:51 Sun
twitterfacebook
thumb

「公式戦では初めて」CBで先発の浦和L・安藤梢、今季初のクリーンシートで期待に応える「面白さもあったし自信にも」

進化をし続ける10番が頼もしい。 三菱重工浦和レッズレディースは3日、2022-23 Yogibo WEリーグ第5節で大宮アルディージャVENTUSとのアウェイでの"さいたまダービー"に臨んだ。 開幕から3試合連続の複数得点を挙げ、3連勝で首位をいく浦和だったが、ダービーに向けて大きな懸念事項があった。なでしこジャパンの活動中にセンターバックの高橋はなが右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負い、長期離脱。ただでさえ人材不足の最終ラインで、誰が代役を務めるのかに大きな注目が集まった。 WEリーグカップではサイドが本職の上野紗稀や長嶋玲奈も起用されていたが、この日、楠瀬直木監督が指名したのは安藤梢。なでしこジャパンでも126試合に出場した百戦錬磨のアタッカーを抜擢した。 メンバー発表された「DF10安藤梢」にはファンも驚きを隠せなかった。それもそのはず、本人いわくセンターバックでの出場は「公式戦では初めて」。だが、ふたを開けてみれば安定感は誰よりも抜群だった。 チームのボール保持時間が長いこともあって、明確な守備機会そのものは決して多くはなかった。だが、読みを効かせたくさびのつぶしやインターセプトなど、随所で好プレーを披露。カウンターを受けた53分のシーンでは、流れて大宮FW髙橋美夕紀を追走していたが、パス出しの瞬間にマークを捨ててスペースをケアし、好判断で見事に山崎円美のシュートをブロックした。 トラップ精度も高くパススピードも速いため、ビルドアップも卒なくこなした安藤。チームは3-0で勝利を収め、リーグ戦では今季初のクリーンシートを達成。もちろん、安藤1人の力ではないとはいえ、貢献度は誰の目にも明らかだった。 指揮官は試合直後のインタビューで「ケガ人もいて(後ろに)人がいないので、なんでも屋さんの安藤におんぶにだっこ」と冗談めかしたが、「非常にいいディフェンスラインを築いてもらって助かっています」と評価している。 クラブ公式サイトでも安藤の声を紹介。プレーへの満足感以上に、さらなる向上心をうかがわせる。 「(センターバックでの出場は)公式戦では初めてです。プレーしてみて面白さもありましたし、みんなで声を出し合いながら協力して、無失点で抑えられたので、少し自信にもなりました。でも、精度やポジショニングの部分で、上げていかないといけないところもあると感じています」 「ビルドアップのところでは、攻撃のいいスタートになればいいと意識しながら、自分がFWのときにやられたら嫌なところを突いていきたいというのはありました」 安藤は2009年シーズン後に浦和からドイツのFCR2001デュイスブルク(現:MSVデュイスブルク)へ加入し、フランクフルトやエッセンでもプレー。国内タイトルだけでなく、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)も制覇。2017年6月に古巣の浦和へと復帰し、昨季はボランチも経験した。 浦和は次節、11日にホームでINAC神戸レオネッサとの大一番を迎える。40歳となった今でも進化を続ける安藤のプレーにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】大宮V vs 浦和Lのハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UIORQSNjkk0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.04 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉がMF末吉塁と契約更新「勝利のために全力でピッチを走ります!」

ジェフユナイテッド千葉は4日、MF末吉塁(26)との契約更新を発表した。 末吉は初芝橋本高校、大阪体育大学を経て、モンテディオ山形に入団。2021年に千葉へと完全移籍で加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで22試合に出場していた。 末吉はクラブを通じてコメントしている。 「来季もジェフユナイテッド市原・千葉でプレー出来ることをとても嬉しく思います!ジェフの勝利のために全力でピッチを走ります!J1昇格のために共に戦いましょう!」 <span class="paragraph-title">【動画】末吉塁の今シーズンプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9thmvq9mc8U";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.04 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木の背番号10、MF森俊貴が契約更新「1人でも多くの子どもたちに夢や希望を与えたい」

栃木SCは4日、MF森俊貴(25)との契約更新を発表した。 森は栃木県出身で、栃木の下部組織育ち。法政大学に進学後、2020年に入団した。 3年目を迎えた今シーズンは明治安田生命J2リーグで29試合に出場。天皇杯でも2試合プレーした。 森はクラブを通じてコメントしている。 「2022年も栃木SCを応援してくれた皆さま、ありがとうございました。来季も大好きな栃木SCでプレーさせていただくことになりました。今年はプロになって初めて声出し応援のなかでプレーすることができ、改めて自分は幸せ者だと感じました」 「毎試合熱いサポートをしてくれる栃木SCファミリーの方の期待に応えたい、1人でも多くの子どもたちに夢や希望を与えたい、この気持ちを胸に尽力していきます!」 「栃木県、そして茂木町を盛り上げられるよう頑張ります!宜しくお願いします!」 2022.12.04 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島がYS横浜のFW河辺駿太郎を完全移籍で獲得、今季はJ3で26試合5得点

鹿児島ユナイテッドFCは4日、Y.S.C.C.横浜のFW河辺駿太郎(26)が完全移籍で加入することを発表した。 河辺は大分県出身で、明治大学からドイツの下部リーグへと渡ることに。2020年10月に大分県のジェイリースFCへ加入すると、2021年にYS横浜へと完全移籍で加入した。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合に出場し1得点を記録。今シーズンは26試合で5得点を記録していた。 鹿児島に加入する河辺は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様、はじめまして。この度、Y.S.C.C.より加入する事になりました、河辺駿太郎です。鹿児島ユナイテッドFCの一員になれる事を心から嬉しく思います」 「オファーをいただいた際に、クラブのビジョン、目標、フィロソフィー等丁寧に説明していただきました。それら全てに感銘を受け、鹿児島の力になりたいと強く思い、入団を決意しました。鹿児島ユナイテッドFCのJ3優勝、J2昇格に貢献できるよう、勇猛果敢にプレーします」 「これからの皆様との挑戦が楽しみです。地元が大分県という事もあり、再び九州の地でプレーできる事にとてもワクワクしています!1日でも早く皆様に認めてもらえるように、精一杯頑張ります。応援よろしくお願い致します!」 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.に関わる全ての皆様」 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに移籍する事になりました。直接、お別れのご挨拶ができない事をお許し下さい」 「まずは、夢であったJリーグの舞台でプレーするチャンスをくれたこのクラブに最大の感謝を伝えたいです。ありがとうございます」 「そして、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、誠にありがとうございました」 「この2年間、Y.S.C.C.の選手としてプレー出来た事を誇りに思います。ニッパツでのデビュー戦、宮崎でのJリーグ初ゴール、勝てない日々とそれを皆で乗り越えて勝利した瞬間など、全てが僕の財産です」 「この決断は簡単ではありませんでした。後悔なく、全てをやり切ったとかそういう清々しさはまるでありません。あのシュートを決めてれば、あのパスを通していればという試合が沢山あり、もっとこのクラブの勝利に貢献したかったのが正直な気持ちです」 「しかし、今までもそうであったように、常に自分の可能性に挑戦し続けたいという気持ちと、成し遂げたい目標の為にこの決断を致しました。Y.S.C.C.を離れても、僕の中で特別なクラブである事は変わりません」 「新たな挑戦、背中を押して応援していただければ幸いです。更に成長した姿を見せられるように、精一杯頑張ります。改めて、2年間ありがとうございました! 2022.12.04 20:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly