レーティング: 日本 0-1 コロンビア《キリンチャレンジカップ2019》

2019.03.22 21:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗北した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽日本代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 東口順昭 5.5
ほとんど難しいプレーはなかった

DF
5 室屋成 5.5
積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを持たせた
16 冨安健洋 5.5
ハンドでPKを与えてしまったが、それを除けば及第点の出来に。セットプレーでゴールに迫る場面も

3 昌子源 6.0
欧州仕込みの守備はコロンビア代表相手にも通じた

4 佐々木翔 5.5
この試合は攻撃よりも守備での貢献が目立った。S・ビジャのスピードに上手く対応

(→安西幸輝 -)

MF
7 柴崎岳 5.5
フリーでパスを受けられる場面も多く、何本か効果的な縦パスも通っていた

6 山口蛍 5.0
高いインテンシティを見せた

(→小林祐希 5.0)
途中出場から積極性を見せシュートも2本記録。もっとプレー時間が欲しかった

21 堂安律 5.0
ドリブルでの仕掛けは期待が持てたが、少しスペースが足りなかったか

(→乾貴士 5.0)
香川投入後すぐにピッチに立ち、中島含めた3人のファンタジスタが共演。ドリブルでチャンスメイク

9 南野拓実 5.5
積極的にシュートを打つ姿勢は相手の脅威に。前半最初の決定機も南野だった

(→鎌田大地 -)

8 中島翔哉 6.5
昨年11月以来の出場に。ドリブルやクロスで何度もチャンスを演出

FW
18 鈴木武蔵 5.0
身体能力では劣っていなかった。前半の決定機を決めておきたかったが…

(→香川真司 5.0)
ロシアW杯後初招集初出場となった。クラブでの好調さを持ち込むことはできなかったが、球離れは良く無難に捌いた印象

監督
森保一 5.5
森保ジャパン発足以降初招集の選手を積極的に起用した。やはり大迫なきセンターフォワードの後釜が課題か

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
中島翔哉(日本代表)
今の日本代表の攻撃の中心はこの男。アジリティの高いドリブルはコロンビアの選手たちにも恐怖を与えた。

日本 0-1 コロンビア
【コロンビア】
ファルカオ(後19[PK])

関連ニュース
thumb

EL勝利で首位浮上のレスター、ロジャーズ監督も歓喜 「自分たちのサッカーを取り戻せた」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 レスターは25日に行われたヨーロッパリーグ(EL) グループC第5節でレギア・ワルシャワと対戦した。プレミアリーグ3試合未勝利に終わるなど、不調に陥るチームだったが、この日は前半にFWパトソン・ダカとMFジェームズ・マディソンのゴールで2点を先取。その後に1点を返されたものの、すぐさまMFウィルフレッド・エンディディのゴールで突き放すと、後半は相手の攻撃を抑え、3-1のスコアで勝利した。 この結果、レスターはナポリをかわしてグループ首位に浮上。最終節に勝利すれば、決勝トーナメント進出が確定する状況となっている。 試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督はチームにとって公式戦5試合ぶりの勝利となったことに歓喜。試合でのパフォーマンスについても、満足感を示した。 「我々は自分たちのサッカーを取り戻せた。それがここ数日を経ての重要なメッセージだったね。我々のサッカーとはピッチの高い位置からのプレッシングと攻撃的なカウンタープレッシングだ。そうすることで、我々のゲームのすべてがより速くなる」 「チームのポジショニングは素晴らしく、良いゴールを決めることもできた。相手のPKについては少し厳しく残念に思うが、全体的には良い集中力を発揮できたね。試合に勝てたことは良い気分だ」 また、ロジャーズ監督は選手を称えつつ、チームに声援を送ったホームスタジアムのファンにも感謝を表明。勝利を手にできたのは、ファンの力があってこそだと語っている。 「この数日間、選手は回復の必要があったにもかかわらず、本当によく働いたと思う。彼らは大いなる称賛に値するだろう。今夜は自分たちらしいプレーができた。それはここでの最後の試合(0-3で敗れたチェルシー戦)の後で見たかったものだ」 「観客の皆にも感謝している。これこそがこのスタジアムの特徴だね。観客がチームを支え、チームがそれに応えることで、あのようなパフォーマンスができるのだ。ファンもまた、大きな称賛に値するよ。グループ内には質の高いチームが揃っているから、我々にはまだやるべきことがたくさんある」 2021.11.26 12:01 Fri
twitterfacebook
thumb

メルテンス、今季初弾を自賛で喜び露わ 「僕らの戦いで一番良かった部分? 僕のゴール!」

ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが振り返った。『UEFA.com』が報じている。 ヨーロッパリーグ(EL)グループCの3試合を消化して、1勝1分け1敗の2位につけるナポリ。4日に行われた第4節では2ポイント差で首位に立つレギア・ワルシャワとのアウェイ戦に臨み、4-1の快勝で飾った。 前半開始から10分で失点して追いかける展開を強いられたナポリだが、後半だけで4ゴールと攻撃陣が奮起。73分から出場したメルテンスはその2分後にPKから勝ち越し弾を決め、チームの逆転勝利に貢献した。 ナポリはこれで2連勝となり、首位に浮上。今夏に左肩の手術に踏み切った影響もあり、フィットネスが整わず、今季のここまで出場した公式戦6試合でゴールがなかったメルテンスも試合後、結果に満足した。 「最近のレギアが苦しんでいるのは知っていたし、結果も悪いものだった。でも、負けが続くなかでも良いチームだし、チャンスを作り出せてもいた。そして、今夜の彼らもゴールを決めたわけだが、こういう結果になってすごく満足だ」 完全復活が期待されるベルギー人アタッカーはまた、自身がマークした勝ち越しゴールを回想。自身の待ちに待った今季初ゴールに冗談を飛ばして喜びつつ、チーム全体としてのパフォーマンスを評価した。 「僕らのパフォーマンスで一番良かった部分? 僕のゴールだね! でも、真面目な話をすると、後半から良くなって、スピードも上がり、すごく効率的なプレーできた。前半は効率性が欠けていたんだ。僕は今夜の全ゴールを気に入っている」 2021.11.05 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

セリエAに続きELでも首位浮上のナポリ、指揮官も称賛 「ここには素晴らしいグループがある」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がヨーロッパリーグ(EL)での勝利を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリは4日に行われたELグループC第4節で首位レギア・ワルシャワと対戦した。この試合で複数の主力選手を休ませたチームは開始10分で先制点を許す苦しい展開に。しかし、後半には2つのPKもあり、怒涛の4ゴールを挙げると、相手に反撃を許さずに4-1で勝利した。 EL連勝でグループ首位に浮上したことに対して、試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は喜びを露わに。セリエAでも首位を快走するなど、優れたパフォーマンスを発揮し続けるチームを称えている。 「今晩、チームは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。楽をするのではなく、勝利のため戦うことができると証明してくれたね。序盤のミスで試合を複雑にしてしまったが、常にプレーを軌道に乗せようとしていた。チームのローテーションはうまくいったと思う」 「少し苦労はしたが我々は主導権を握れており、皆よくやってくれた。ここには素晴らしいグループがある。このチームは、様々なシナリオに沿ったプレーの仕方を心得ているんだ」 「前半は避けられたゴールを許しただけでなく多くのミスもあったが、後半にはチームのクオリティが上がっていた。今回も、ベンチから投入された選手が正しい姿勢を持ち、違いを生み出していたと思う」 「これは素晴らしいものになる大会であり、そこに残るためには卓越したものが必要だ。ここで引き下がるわけにはいかないね。このチームは、皆が一緒にプレーするため作られた組織であり、全員がお互いを理解している。正しい姿勢を持っている選手たちを、私は祝福するよ」 「レギア・ワルシャワは、この2試合で我々に多くの問題を与えてきた。そして監督交代後の今日はさらに強い意志を持っていたと思う。私は彼らがまだ存在感を発揮できると確信している」 2021.11.05 11:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出も自信を覗かせるナポリ指揮官「我々が弱くなる理由がわからない」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がレギア・ワルシャワ戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループC第4節でレギア・ワルシャワとアウェイで対戦するナポリ。首位のレギア・ワルシャワとは勝ち点差「2」に迫っており、勝利すればグループトップに浮上できる可能性のある重要な一戦だ。 一方でナポリは3日、FWロレンツォ・インシーニェとMFファビアン・ルイスがこの試合を欠場することを発表。加えて、ケガのため別メニュでの調整が続くFWビクター・オシムヘン、DFケヴィン・マルキュイ、DFコスタス・マノラスも遠征メンバー外となっており多くの主力選手を欠いて臨むことになった。 それでもスパレッティ監督は、「明日、我々が弱くなる理由がわからない」と自信をあらわに。負傷者に左右されない強力なチームであることを強調した。 「我々にはチームに競争力をもたらすことのできる選手が揃っている。ELでの旅を続けるため、私たちは勝ちに来たのだ。欠場者がいても、私に勝利を保証してくれるスカッドがある」 「我々は3日ごとにプレーしているので、多少のフィジカル的な問題は常に起こりうる。タイトなスケジュールのため、大事をとって休ませている選手もいる」 「その一方で、出場に値する選手や、チームに重要な貢献をしてくれる選手もいるのだ。さらにこれまでのところ、途中出場のメンバーも決定的な役割を果たしている」 「5人の交代要員は全てキープレーヤーであり、先発出場できるポテンシャルも持っている。マネジメントの観点から言うと、たったひとつの試合に勝つためにチーム全体の力が必要なのだ」 「明日、我々に足りないものは何もない。唯一の目標は勝利であり、それを達成するために努力する」 「サポーターは選手と同じくらい大切な存在だ。あらゆる場面でありがたさを実感しているよ。明日も彼らがフェアプレーとスポーツマンシップを見せてくれると確信している」 2021.11.04 20:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、インシーニェ&ファビアン・ルイスのレギア・ワルシャワ戦欠場を発表…オシムヘンらも引き続きメンバー外に

ナポリは3日、翌日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節のレギア・ワルシャワ戦に向けて主力2選手が欠場することを発表した。 欠場するのはイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェとスペイン代表MFファビアン・ルイスの両選手。共に3日に行われた全体練習には参加せず、インシーニェは先月末のトレーニングで痛めた箇所の回復プログラムをこなし、ファビアン・ルイスは左内転筋に軽い張りを訴えたため、個別メニューとなった。 これを受け、クラブは声明で「ファビアンとインシーニェはワルシャワに向けて出発することはない」と発表した。 また、ケガのため別メニューの続く、FWビクター・オシムヘン、DFケヴィン・マルキュイ、DFコスタス・マノラスも遠征メンバー外となった。 公式戦6試合負けなしと好調のナポリだが、21日に行われたレギア・ワルシャワとの連戦初戦ではインシーニェやオシムヘンらゴールで勝利していただけに、アウェイでの第2戦は厳しい戦いになりそうだ。 2021.11.04 02:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly