オーバメヤンが全ゴールに絡むエースの仕事! ホームで鮮やか逆転のアーセナルがベスト8進出《EL》2019.03.15 07:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16・2ndレグ、アーセナルvsスタッド・レンヌが14日に行われ、ホームのアーセナルが3-0で勝利した。この結果、2戦合計4-3としたアーセナルの準々決勝進出が決まった。先週にレンヌホームで行われた1stレグではアーセナルが先制も前半にパパスタソプーロスが退場したことが響き、最終的にレンヌが3-1で先勝した。

アウェイゴールこそ奪ったものの敵地で厳しい敗戦を喫したアーセナルだが、先週末に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチでは攻守に相手を圧倒。2-0の完勝でユナイテッドにスールシャール体制で初のリーグ戦黒星を与えて4位に再浮上した。

その勢いを生かして逆転突破を目指す今回の一戦に向けては出場停止のパパスタソプーロスに代えてムスタフィ、GKをレノからチェフに代えた以外、ユナイテッドと同じメンバーを起用。なお、前ラウンドのBATEボリソフとの初戦での退場で合計3試合の出場停止が科されていたラカゼットだったが、処分軽減によってスタメンでの起用となった。

キックオフ直後からエンジン全開のアーセナルがいきなりゴールをこじ開ける。5分、左サイドから横パスを繋いで右サイド深くに進攻したナイルズがボックス右のラムジーに繋ぐと、DFに囲まれながらもラムジーがグラウンダーで折り返したボールをオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。

開始早々のゴールに沸くスタジアムの後押しを受けてさらに勢いづくホームチームは15分、相手を押し込み左サイドでオフサイドポジションにいたコラシナツと入れ替わる形で抜け目なくボールを回収したオーバメヤンがゴールライン上で柔らかな折り返しを入れると、セルフジャッジで動きを止めた相手守備陣を出し抜いたファーのナイルズが頭で流し込んだ。

前半早い時間帯の2ゴールによって2戦合計3-3としアウェイゴール差で逆転に成功したアーセナルは、やや重心を後方に下げてバランス重視の戦い方にシフト。これに対してゴールが必要となったレンヌは徐々に攻撃に出ていくが、前回対戦で機能したサールとブリゴーの両サイドハーフが徹底マークに遭い、なかなか攻撃の形を作れぬまま前半を終えることになった。

それでも、ハーフタイムの修正によってよい形で後半に入ったレンヌは立ち上がりの47分に相手陣内高い位置でムスタフィからボールを奪ったグルニエがボックス手前のニアンに丁寧なパス。これをニアンが右足でフィニッシュに持ち込むが、GKチェフが指先で触ったシュートは左ポストを叩いた。

後半は一進一退の緊迫感のある攻防が続く中、徐々に守る時間が長くなってきたアーセナルは70分、エジルとラカゼットを下げてムヒタリアン、イウォビを投入する二枚替えを敢行。すると、この交代直後に貴重な追加点が生まれる。

72分、相手陣内中央でボールを持ったムヒタリアンが丁寧なスルーパスを左サイドのスペースに送ると、これに反応したコラシナツがグラウンダーで折り返す。最後はオフサイドラインぎりぎりで飛び込んだオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。そして、オーバメヤンはゴール裏にあらかじめ用意していた袋から『ブラックパンサー』のマスクを取り出して被るゴールセレブレーションを見せた。

痛恨の3点目を献上したものの1ゴールを奪えば延長戦に持ち込めるレンヌは選手交代を行いながらゴールを目指していくが、ベン・アルファらの仕掛けで決定機に持ち込みかけるが、再三オフサイドにかかるなどチャンスをモノにできない。

それでも、オーバメヤンの2度の決定機逸で何とか望みを繋ぐレンヌは決死の攻めを見せると、後半アディショナルタイムにはボックス内でニアンにシュートチャンスも枠を捉えたシュートは相手DFのブロックに遭い、ゴールとはならず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、得意のホームでの鮮やかな逆転劇で2戦合計スコアを4-3としたアーセナルのベスト8進出が決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

エメリ、ザハ獲得を希望…クラブ上層部に補強費増額を要求か

アーセナルが、クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、ポリバレントFWとして、ザハの獲得を望んでいるという。しかし、ガナーズはチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃したことで、選手の売却費用を除き4500万ポンド(約61億5000万円)と言われる乏しい補強費と緊縮財政を強いられている。 既報によれば、ザハのプライスタグは1億ポンド(約136億9000万円)。そのため、エメリ監督は、コートジボワール代表FW獲得に向けて、クラブ上層部に補強費の増額を要求したようだ。 そのザハは今年4月に「タイトル争いができるより高いレベルでのプレーを目指さないといけない」とステップアップを希望。同メディアは現状、ザハが古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰に近づいているとし、迅速に交渉する必要があると見解を示している。 2013年夏にクルスタル・パレスからユナイテッドに移籍したザハだったが、鳴かず飛ばずに終わり、レンタル生活を経て、2015年夏にクリスタル・パレスに復帰。それ以降は、切れ味抜群のドリブルで輝きを取り戻すと、今シーズンの公式戦36試合で10ゴール10アシストの数字を残した。 2019.06.24 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルに追い風か…セルティック、ティアニー流出に備えルカク従弟をリストアップ?

セルティックが、ラピド・ウィーンに所属するベルギー人DFボリ・ボリンゴリ・ムボンボ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズンの主力として活躍したスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の流出危機に瀕しているセルティック。同選手に対してアーセナルから関心を寄せられており、先日には移籍金1500万ポンド(約20億5000万円)のオファーを提示されたものの、セルティック側はこれを拒否していたことが報じられている。 しかし、ガナーズは1900万ポンド(約26億円)の再オファーで交渉に再び望むと見られている。セルティックは、ティアニーの売却に関して、2500万ポンド(約34億2000万円)以上の移籍金を要求してはいるものの、万が一に備えて後釜探しを開始。そこで、300万ポンド(約4億1000万円)で獲得可能と見られるムボンボをリストアップしているようだ。 マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクの従弟であるムボンボは、2013年にクラブ・ブルージュでプロデビューを飾ると、シント=トロイデンへのレンタル移籍を経て、2017年夏にラピド・ウィーンへ加入。豊富な運動量とスピードを生かした攻撃的左サイドバックで、今シーズンの公式戦31試合で1ゴール5アシストを記録した。 また、ベルギー人DFには、ハダースフィールドとバーンリーも興味を示しているとのことだ。 ※写真はクラブ・ブルージュ時代 2019.06.24 15:56 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが第ニのロバートソン候補ティアニーに移籍金20億でオファーも…

セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の獲得に向けたアーセナルの1回目のオファーは失敗に終わったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セルティック下部組織出身のティアニーは、同クラブ出身でリバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(25)になれる素質があるとも見込まれている左サイドバック。今シーズンは公式戦40試合1ゴール6アシストを記録し、代表でもすでに12試合の出場を数える経験値の高い選手だ。 そんなティアニーに対して、アーセナルは移籍金1500万ポンド(約20億5000万円)でオファー。しかし、セルティック側には拒否されており、すでに再オファーに向けて準備していると見られている。 なお、同メディアはナポリもティアニー獲得に興味を示していると報道。アーセナルは果たしてスコットランド代表DFを射止めることはできるだろうか。 2019.06.24 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

エメリ、教え子キンペンベの獲得望むも…

アーセナルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表DFプレスネル・キンペンベ(23)の獲得に興味を示しているようだ。フランス方面の情報をもとにイギリス『90min』が報じている。 今夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得を目指しているアーセナル。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督は、2016年から2年間PSGで共闘したキンペンベとの再会を望んでいるという。 PSG下部組織出身のキンペンベは2014年7月にプロデビュー。188㎝と恵まれた体躯に高精度の左足のパスを兼ね備えているセンターバックで、今シーズンは公式戦36試合に出場した。 記事によると、キンペンベとクラブのスターであるFWネイマールの関係があまり良くないことからPSGは無理して引き留めることはしない模様。しかし、市場価値がアーセナルの今夏の補強費用である4500万ポンド(約61億5000万円)と見られていることから、現実的な代替案も用意しているようだ。 2019.06.22 14:39 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ベジェリン獲得へ?

アトレティコ・マドリーがアーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(24)の獲得を狙っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 今夏、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)や、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)、元スペイン代表DFフアンフラン(34)の退団が決まったアトレティコ。バックラインの強化を希望するディエゴ・シメオネ監督は、右サイドバックの新戦力として、ベジェリンを注視しているという。 そこで、アトレティコはアーセナルのウナイ・エメリ監督がセビージャ時代に指導したスペイン代表MFビトロ(29)の譲渡を含めたオファーで、ベジェリンの引き抜きを画策。だが、そのベジェリンの現行契約は2023年まであり、アーセナルに売却の意思はなく、安売りするつもりもない模様だ。 なお、ベジェリンは現在、大ケガからのカムバックを目指してリハビリ中。来シーズンに間に合わないことを想定して、アーセナルはウィングバックとしてもプレー可能であり、大連一方からの退団を希望しているベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)の獲得に動いているとされる。 2019.06.22 09:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース