広島が今大会初白星! メルボルン本田も凱旋弾《ACL2019》2019.03.12 20:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンフレッチェ広島は12日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループF第2節でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)をホームに迎え撃ち、2-1で勝利した。

広州恒大(中国)との初戦を落とした広島は直近の一戦から先発11名が入れ替わり、パトリックや水本といった攻守の要を先発起用。本田もメルボルン・V側の先発メンバーに入り、主将として2007年以来12年ぶりにJリーグクラブと相対した。

本田の両チームを通じたオープニングシュートで立ち上がった試合は、ホームの広島が3分にカウンター。相手のハイラインを抜け出したパトリックがドリブルでボックス右深くをえぐり、中央に折り返す。これに東が合わせ、広島が先制する。

右インサイドハーフでプレーする本田の急所を突く縦パスやセットプレーで攻撃を活性化させたメルボルン・Vだが、要所のところで広島守備網の攻略に苦慮。そのなか、本田が33分に見せ場を迎えるが、左足のミドルシュートを枠に飛ばせない。

多くボールの主導権を握られ、守備の時間帯が続く広島だが、大崩れすることなくメルボルン・Vの揺さぶりに対応。前半終盤にカウンターやセットプレーからパトリックがメルボルン・Vのゴールに襲いかかるなど、良いリズムで攻撃を繰り出す。

追加点を目指す広島は1点リードで迎えた後半の頭から先制弾の東を下げ、エミル・サロモンソンを投入。だが、追いすがるメルボルン・Vが前半と同様、ボールの主導権を握り続け、自陣深い位置で守備に回る展開を強いられてしまう。

何とか追いつきたいメルボルン・Vは59分、司令塔として存在感が際立つ本田にシュートチャンス。ハーフウェイライン付近でのパスカットから敵陣中央に持ち運び、迷いなく得意の左足を一閃。鋭いシュートだったが、枠の上に外れる。

だが、トロイージが左足コントロールショットでGK中林の守る広島ゴールを脅かすと、71分にボックス右深くに侵攻したレシオティスの折り返しにボックス中央の本田が反応。滑り込みながら左足で合わせ、メルボルン・Vがイーブンに戻す。

追いつかれた広島は77分に水本を下げて柏、続く83分に最後の交代枠で和田に代えて野津田をピッチに送り出すと、81分に勝ち越し。左サイドの柏が上げたクロスにボックス内の渡が頭で合わせ、広島が再びリードする。

結局、このゴールが決勝点となり、広島が今大会初白星。4月10日に行われる次節、大邱FC(韓国)とホームで対戦する。本田の一発も実らず、開幕2連敗のメルボルン・Vは同日、広州恒大(中国)のホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

前回王者の鹿島が痛恨の連敗でGS突破に黄色信号…最終節は首位の山東魯能と激突《ACL2019》

鹿島アントラーズは8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループE第5節でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦し、0-1で敗戦した。 現在勝ち点7でグループ2位につける鹿島が、最下位のジョホール・ダルル・タクジムのホームに乗り込んだ一戦。今節の結果次第でグループステージ突破の可能性がある鹿島は、直近の清水エスパルス戦からスタメンを4人変更。セルジーニョ、遠藤康、平戸太貴、安部裕葵がスタメンに名を連ねた。 鹿島のファーストチャンスは14分、遠藤のラストパスをボックス左で受けたレオ・シルバが左足を振り抜くも、これはGKタルミジがセーブ。さらにこぼれ球を拾ったセルジーニョがボックス中央からシュートを放ったが、これは枠の左に外れた。 高い湿度と劣悪なピッチコンディションに苦しむ鹿島は、その後マレーシア王者に主導権を握られると38分にピンチを迎える。カブレラのスルーパスで右サイドを抜け出したマンソルのクロスが直接ゴールに向かったが、これはGKクォン・スンテのセーブで難を逃れた。 守護神の奮起に応えたい鹿島は40分、相手のパスミスに素早く反応した遠藤が左サイドを抜け出すとダイレクトクロスを供給。これをゴール前でフリーの伊藤が左足で合わせたが、シュートは大きく枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、鹿島は開始早々にピンチを招く。47分、ジョホールは自陣からのカウンターを仕掛けると、サファウィ・ラシドのパスを最前線で受けたシャフィク・アフメドがワンタッチでボックス右深くまで侵入しシュートを放ったが、これはサイドネットに外れた。 それでも鹿島は、60分に決定機。遠藤のスルーパスに飛び出したGKタルミジのクリアボールが伊藤に当たると、このボールがゴール方向へ向かったが、わずかに右に外れた。 チャンスを逃した鹿島は、69分に失点を許す。マンソルのスルーパスをボックス左横で受けたシャフィク・アフメドがカットインでボックス左まで切り込みシュート。これがゴール右隅に決まった。 失点を喫した鹿島は、71分に平戸を下げて土居を、75分に遠藤を下げて金森を投入。すると79分、永木の右CKが相手DFに当たりゴール方向へこぼれると、ゴール右から走り込んだ伊藤が反応するも、わずかに詰め切れず。シュートはゴールの右に逸れた。 その後、83分に山口を投入した鹿島は試合終了間際に決定機。93分、安西の左クロスからボックス中央の町田が頭で落とすと、これを受けた伊藤がワントラップから右足で狙ったが、このシュートはゴール右に外れた。 結局、試合は0-1で終了。痛恨の敗戦により今節でのグループステージ突破を逃した鹿島は、最終節で首位通過を決めている山東魯能とホームで対戦する。 2019.05.09 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】勝てば突破の可能性も! アウェイの気候に負けず勝利なるか《ジョホール・ダルル・タクジムvs鹿島アントラーズ》

8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ第5節が開催。ディフェンディングチャンピオンの鹿島アントラーズはアウェイでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆勝利でグループ突破の可能性</span> 現在勝ち点7でグループ2位につける鹿島は、アウェイで最下位のジョホール・ダルル・タクジムと対戦する。最終節は現在首位の山東魯能(中国)と対戦するだけに、しっかりとここで勝ち点3を積み上げていきたいところ。もう1試合の結果次第では、グループステージ突破が決定する一戦だ。 直近のリーグ戦は3-0で清水エスパルスに快勝。しかし、ケガ人、出場停止などの影響もあり、波に乗っているとは言えない状況だ。一方で、チーム力の底上げには徐々に着手できており、しっかりとここで勝利を収めたい。 安定感が出始めている状況だけに、鹿島らしさという点では結果が必要となるだろう。リーグ戦で上位に浮上するためにも、まずはACLでしっかりとグループステージ突破を手中に収めたい。 <span style="font-weight:700;color:#593fa6;font-size:1.1em;">◆地の利を生かして初勝利なるか</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対するジョホール・ダルル・タクジムは、初のACLでここまで1分け3敗。2連勝でわずかながらグループステージ突破の可能性が残っているため、残りの2試合は必勝で来るはずだ。 国内リーグであるマレーシア・スーパーリーグでは9勝3分けと強さを見せているが、やはりアジアの壁は厚く、さらに今節はエースであるジオゴが出場停止と苦しい状況だ。 一方で、気温30度超という気候面では地の利がある。鹿島にとってはネックとなる高温多湿の条件で、体力勝負を挑めば勝機も見られるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:クォン・スンテ DF:永木亮太、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝 MF:遠藤康、レオ・シルバ、名古新太郎、白崎凌兵 FW:土居聖真、金森健志 監督:大岩剛 前節の慶南FC戦からは若干のメンバー変更を予想。センターバックには出場停止だった犬飼智也と町田浩樹が復帰。また、ボランチにはレオ・シルバが入ると予想する。また2トップにはACLで出場機会がある金森健志と土居聖真が入ると予想する。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> DF安西幸輝(23) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 鹿島の注目選手は、DF安西幸輝をピックアップ。今シーズンは左右のサイドバックとしてフル稼働。攻守において目立った活躍を見せ、チームを支える大きな存在となっている。 マレーシアの気候を考えれば消耗戦になることは容易に想像がつく。また、守備だけでなく攻撃面でも違いを見せる必要があり、攻守でチームを支える安西の活躍は必要不可欠となるだろう。 左サイドのコンビネーションも白崎凌兵、安部裕葵ともに問題なく、どちらも安西を生かせるプレーをする。鹿島の左サイドからの崩しにも注目だ。 2019.05.08 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】勝ち点1で突破の広島、ホームに難敵・広州恒大を迎える《サンフレッチェ広島vs広州恒大》

8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ第5節が開催。サンフレッチェ広島はホームに広州恒大(中国)を迎える。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆勝ち点1で突破決定</span> 広島は、前節行われたアウェイでの大邱FC戦で0-1と勝利。3連勝で勝ち点を「9」に伸ばし、グループで首位に立っている状況だ。 そして今回迎え撃つのが、2位の広州恒大。勝ち点差「2」の難敵に引き分け以上の結果を残せば、広島のグループステージ突破が決定する。 広州恒大とは初戦で対戦し、アウェイで2-0と完敗。リーグ戦で起用していない若手主体で臨んだ一戦は、力の差を見せつけられて敗れている。しかし、その敗戦以降チームはリーグ戦でも5連勝。ACLも3連勝と結果を残し続けている。 それでも、直近のリーグ戦は3連敗。それも全て0-1で敗れている状況と、事態は深刻だ。無失点を続けていた一方で、無得点で3連敗。チームを立て直すきっかけにしたいところだろう。 <span style="font-weight:700;color:#db0202;font-size:1.1em;">◆勝って首位に立ちたい広州恒大</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対する広州恒大も、今節はしっかりと勝利したいところだろう。前節は最下位のメルボルン・ビクトリー相手に1-1のドロー。最終節で大邱FCとの対戦を残しており、今節敗れたとしても自力突破の可能性は残る。 しかし、今節勝利すれば突破に大きく近づくだけに、アウェイゲームながらも必勝で臨んでくるはずだ。 そんな広州恒大だが、直近のリーグ戦では北京国安に0-1と敗戦。さらに、今季の公式戦で11試合10ゴールを記録しているMFタリスカが負傷の疑いがあり、広島戦で起用できない可能性もある。広島にとっては朗報だが、広州恒大がどのような布陣で臨むのか。アウェイゲームの戦い方にも注目だ。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_5_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:大迫敬介 DF:荒木隼人、野上結貴、佐々木翔 MF:エミル・サロモンソン、松本泰志、稲垣祥、清水航平 MF:森島司、東俊希 FW:パトリック 監督:城福浩 今節で突破が決まる可能性のある広島は、ここ最近のACLと同様にリーグ戦のメンバーとACLメンバーの混合チームとなるだろう。後方はリーグ戦でも起用される野上結貴、佐々木翔に加え、前節の大邱FC戦でプロ初ゴールを記録した荒木隼人が入るだろう。また、中盤には松本泰志、森島司、東俊希と若手を起用。1トップはパトリックになると見られる。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> GK大迫敬介(19) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_5_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 広島の注目選手は、GK大迫敬介だ。今節は引き分け以上で勝ち抜けが決まるとなると、守備面に大きな比重がかかることが予想される。広州恒大の強力な攻撃陣に対し、どのように守るのか。その最後尾に立つ、大迫に注目だ。 19歳ながら、今シーズンいきなりチャンスをもらうと、リーグ戦では5試合連続クリーンシートに貢献するなど能力の高さを発揮。ACLでもチームを勝利に導くビッグセーブを見せるなど、成長著しい守護神だ。 アジアの舞台でもメキメキと力をつける大迫。ゴールを守るパフォーマンスだけでなく、最終ラインとのコミュニケーションを含めて守備陣を統率できるか。2014年以来のグループステージ突破のキーマンに注目だ。 2019.05.08 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

全北現代が北京国安を下し首位確定! 残り1枠は浦和と北京の直接対決で決定《ACL2019》

7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第5節が行われた。グループGの北京国安(中国)vs全北現代モータース(韓国)は0-1で全北現代が勝利。全北現代が首位での決勝トーナメント進出を決めた。 勝ち点7で2位につける北京国安と、勝ち点9で首位に立つ全北現代の一戦。試合は立ち上がりから両チームともに相手ゴールに迫る攻撃的な姿勢を見せる。 すると17分、ボックス右からのクロスを中央でキム・シンウクがヘッド。これがゴール右に決まり、全北現代が先制する。 北京国安はバカンブを中心として全北現代ゴールに迫るも、決定機を作れない。 全北現代は42分にビッグチャンス。ハン・ギョウォンのクロスにイム・ソンヨンがヘッド。ドンピシャで合わせるも、至近距離でGKツォウ・デハイがセーブし、事なきを得る。 迎えた後半の全北現代が攻め立てる展開だったが、追加点を奪えず。北京国安も最後まで攻めきれない展開が続き、試合は終了。0-1で全北現代が勝利した。 この結果、北京国安は勝ち点7のままとなり、ブリーラム・ユナイテッドに1-2で勝利した浦和レッズに勝ち点で並ばれる展開に。最終節での直接対決で、グループステージ突破チームが決定する。 北京国安 0-1 全北現代モータース 【全北現代】 キム・シンウク(前17) 2019.05.07 23:42 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、一時は逆転も痛恨ドローで自力突破の可能性が消滅《ACL2019》

川崎フロンターレは7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループH第5節で上海上港と対戦し、2-2で引き分けた。 ここまで1勝1分け2敗の3位川崎Fは、3-1で勝利した直近のベガルタ仙台戦からスタメンを3名変更。ジャジエウ、田中、脇坂に代えて舞行龍、大島、レアンドロ・ダミアンを起用した。 負ければ予選敗退が決まる川崎Fは、開始早々に1点を追う展開を強いられる。6分、敵陣右サイドで斎藤がオスカルにボールを奪われると、ボールはすぐさま前線へ送られる。ハーフウェイライン付近でボールを受けたフッキに登里が抜かれ一気にピンチになると、GKチョン・ソンリョンもかわされゴールに流し込まれた。 それでも川崎Fは13分に同点に追いつく。バイタルエリア中央で斎藤のパスを受けたレアンドロ・ダミアンがボックス内に進攻。そのまま右足でシュートを放つと、これがゴールに突き刺さった。 それから川崎Fはイニシアチブを握り攻勢に出る。37分、登里のスローインを受けたレアンドロ・ダミアンがボックス手前右から右足を振り向く。しかし、わずかにゴール上に外れた。 40分にフッキにクロスバー直撃のヘディングシュートを見舞われた川崎Fは1-1で試合を折り返した後半開始早々にもピンチを招く。そのフッキにボックス右を侵攻されると、マイナスのクロスの先にエウケソン。完全にフリーだったが空振りしてくれたおかげで事なきを得た。 60分にはバイタルエリア左でルーズボールを拾った長谷川がワントラップでボックス左に進攻。GKヤン・チュンリンとの一対一の場面を迎えるもシュートはGKの正面に飛んでしまう。 再三ゴールに迫る川崎Fは66分についに勝ち越しに成功する。敵陣中央右サイドでボールを受けた守田のクロスにニアサイドに飛び込んだ谷口が頭で合わせてネットを揺らした。 待望の追加点で逆転に成功した川崎Fだったが、71分に被弾。オスカルに敵陣中央右サイドからクロスを入れられると、ファーサイドのフッキにヘディングシュートを決められ、すぐさま追いつかれてしまう。 自力突破のためには勝利が絶対条件の川崎Fは、長谷川、馬渡に代えて直近のリーグ戦で2アシストを記録した脇坂、鈴木を投入し攻撃の活性化を図る。 しかし、この交代は功を奏さず試合は2-2で終了。川崎Fは自力での決勝トーナメント進出の可能性が消滅した。なお、川崎Fが決勝トーナメントに進むためには、最終節のシドニー戦に勝利して、かつ蔚山が上海上港に勝たなければならない。 2019.05.07 21:34 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース