スポルティングがゼニトのポルトガル代表DFネトを獲得…7月に加入2019.03.12 12:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スポルティング・リスボンは11日、ゼニト・サンクトペテルブルクのポルトガル代表DFルイス・ネト(30)の獲得を発表した。契約期間は3年間となる。ネトは、ポルトガルのヴァルジンSCの下部組織出身で、2007年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にナシオナルへと移籍すると、2012年8月にはシエナへと移籍。2013年2月にゼニトへと完全移籍した。

2017年8月からはフェネルバフチェへとレンタル移籍を経験し、今シーズンから復帰。ロシア・プレミアリーグでは11試合、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。また、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーからは外れたものの、UEFAネーションズリーグではメンバーに選出されていた。

なお、ネトの移籍はフリートランスファーとなり、2019年7月からスポルティングに合流する。
コメント
関連ニュース
thumb

ブルーノ・フェルナンデスに獲得熱望のユナイテッドが再度アプローチか

スポルティング・リスボンのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)にマンチェスター・ユナイテッドがアプローチをする見込みだ、とイギリス『インデペンデント』伝えた。 ブルーノ・フェルナンデスは2012年に当時セリエBのノヴァーラでプロデビュー後、ウディネーゼ、サンプドリアを渡り歩き、2017-18シーズンからスポルティングでプレー。昨季はリーグ戦33試合に出場し、20得点を挙げる活躍を見せた。 ユナイテッドは以前からブルーノ・フェルナンデス獲得に乗り出したが、スポルティングは放出を固辞してきた。だが、移籍が有力視されるフランス代表MFポール・ポグバ(26)に代わる選手としてブルーノ・フェルナンデスの獲得にこだわりを見せており、移籍金を5000万ポンド(約67億円)に上乗せしてまで再度交渉に臨む考えだという。 また、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がブルーノ・フェルナンデスの獲得を特に熱望しているようで、今後の交渉にも自信を持っているという。 さらに、ニューカッスルのMFシーン・ロングスタッフ(21)の獲得も視野に入れているなど、中盤の補強に精を出すユナイテッド。はたして大型補強成功となるのか。今後の動きにも注目が集まる。 2019.07.16 20:19 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、B・フェルナンデスと個人合意か

マンチェスター・ユナイテッドが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表ブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に向けて前進したようだ。イタリア方面の情報をもとにイギリス『ミラー』が伝えている。 2017年夏にスポルティングへ加入したB・フェルナンデス。加入初年度からリーグ戦で33試合10ゴール11アシストを記録し、リーグMVPを獲得すると、昨シーズンもリーグ戦33試合で20ゴール13アシストと圧巻の成績を収めた。 以前からユナイテッドへの移籍が噂されるポルトガル代表MFだが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記者を務めるニコロ・スキーラ氏(@NicoSchira)が、個人合意に至ったことをツイート。残すはクラブ間合意のみとなっているようだ。 しかし、金銭面においてまだ隔たりが。ユナイテッド側が移籍金3100万ポンド(約42億3000万円)を提示したのに対して、スポルティング側は5000万ポンド(約68億3000万円)以上を要求しているという。トッテナムとリバプールが目を光らせているというB・フェルナンデスだが、ユナイテッドは射止めることができるだろうか。 2019.07.02 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのU-20ポルトガル代表MFカマーチョが古巣スポルティングと5年契約

スポルティング・リスボンは27日、リバプールのU-20ポルトガル代表MFラファエウ・カマーチョ(19)を完全移籍で獲得することを発表した。 カマーチョは、スポルティングやマンチェスター・シティの下部組織で育ち、2016年7月にリバプールU-18へ入団。2018年7月からU-23チームへと昇格していた。 2018-19シーズンはプレミアリーグ2で14試合に出場し8ゴール5アシスト、UEFAユースリーグでも6試合に出場し4ゴール3アシストと活躍。トップチームでもプレミアリーグでは第23節のクリスタル・パレス戦の1試合に途中出場。FAカップでは3回戦のウォルバーハンプトン戦にフル出場していた。 カマーチョはスポルティングと5年契約を締結。2013年7月以来6年ぶりに古巣復帰となった。 2019.06.28 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコもB・フェルナンデス争奪戦参戦へ

アトレティコ・マドリーが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『A Bola』の情報を引用してスペイン『マルカ』が報じている。 母国ボアヴィスタ出身のB・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入。今シーズンの公式戦53試合で32ゴール18アシストと圧巻の数字を残した。 この活躍にアトレティコのディエゴ・シメオネ監督が熱視線を送っているという。同クラブはポルトガル代表MFの獲得に向けて移籍金5000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロの総額6000万ユーロ (約73億1000万円)のオファーを準備しているようだ。 しかし、B・フェルナンデスはマンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢が関心を示していると各紙は報じている。同選手の獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.06.16 14:06 Sun
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・フェルナンデス争奪戦、ユナイテッド優勢か

マンチェスター・ユナイテッドがスポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の争奪戦で優位に立っているのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今シーズン、公式戦32得点18アシストのハイパフォーマンスを披露したブルーノ・フェルナンデス。今夏、ユナイテッドのほか、マンチェスター・シティ、リバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢の関心が取り沙汰されており、動向に注目が集まっている。 だが、トップ下やインサイドハーフが主戦場のブルーノ・フェルナンデスに対して、リバプールは興味を失っており、トッテナムも撤退。シティも熱が冷め気味であるため、依然として関心を示しているユナイテッドに獲得レースを制する可能性が出てきているという。 そのブルーノ・フェルナンデス獲得に必要といわれる移籍金は5000万ポンド(約68億3000万円)。すでにウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)を獲得したユナイテッドは、ポルトガルの人気プレーメーカーをも射止めるのだろうか。 なお、ユナイテッドはイギリス産の有望株を中心とした補強が指摘されており、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)や、クリスタル・パレスのU-21同国代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)にも関心を示しているとみられる。 2019.06.15 16:05 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース