スポルティングがゼニトのポルトガル代表DFネトを獲得…7月に加入

2019.03.12 12:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スポルティング・リスボンは11日、ゼニト・サンクトペテルブルクのポルトガル代表DFルイス・ネト(30)の獲得を発表した。契約期間は3年間となる。

ネトは、ポルトガルのヴァルジンSCの下部組織出身で、2007年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にナシオナルへと移籍すると、2012年8月にはシエナへと移籍。2013年2月にゼニトへと完全移籍した。

2017年8月からはフェネルバフチェへとレンタル移籍を経験し、今シーズンから復帰。ロシア・プレミアリーグでは11試合、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。また、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーからは外れたものの、UEFAネーションズリーグではメンバーに選出されていた。

なお、ネトの移籍はフリートランスファーとなり、2019年7月からスポルティングに合流する。
コメント