ピョンテク決勝弾のミランが最下位キエーボに競り勝ち5連勝!《セリエA》2019.03.10 06:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは9日、セリエA第27節でキエーボのホームに乗り込み、2-1で競り勝った。前節は10人のサッスオーロにオウンゴール弾で辛勝し、4連勝としてインテルをかわし3位に浮上したミラン(勝ち点48)は、次節にインテルとのミラノ・ダービーを控える中、バカヨコやチャルハノール、リカルド・ロドリゲスといった主力をベンチスタートとし、ビリアやカスティジェホ、ラクサールらをスタメンで起用した。

最下位キエーボ(勝ち点10)に対し、いつも通りの[4-3-3]を採用したミランは3トップに右からスソ、ピョンテク、カスティジェホと並べた。

そのミランが立ち上がりから押し込んでいくと、15分にボックス右に侵入したケシエが際どいシュートを浴びせた。続く19分、FKからロマニョーリのヘディングシュートでGKを強襲したミランが31分に先制した。

ペナルティアーク中央付近でパケタが得たFKをビリアが狙うと、完璧なシュートがゴール左上に決まった。

その後、主審への抗議でガットゥーゾ監督が退席処分となったミランは41分に同点とされる。レリスの右クロスからヘテマイのヘディングシュートが決まってしまった。

1-1で迎えた後半、54分にパケタに代えてチャルハノールを投入したミランは56分に勝ち越す。スソのクロスが流れ、ピョンテクのゴール至近距離からのシュートはGKソレンティーノに阻まれるも、ルーズボールを拾った流れからカスティジェホのヘッドでの落としに反応したピョンテクがボレーで蹴り込んだ。

リードしたミランはボールを回して時間を消化。75分にはロングカウンターから3点目のチャンスが訪れたが、ボックス内からのケシエのシュートは枠を捉えきれなかった。

それでも、終盤にかけては危なげない試合運びで逃げ切り。ダービーを前に5連勝とし3位を死守している。
コメント
関連ニュース
thumb

ドンナルンマのPKストップにピョンテク&スソ弾で降格フロジノーネを退けたミランが上位に圧力!《セリエA》

ミランは19日、セリエA第37節でフロジノーネをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節フィオレンティーナ戦を1-0と逃げ切って2連勝とした5位ミラン(勝ち点62)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを3ポイント差で追走する中、降格の決まっている19位フロジノーネをホームに迎えた。 3トップに右からスソ、ピョンテク、ボリーニと並べたミランが徐々に押し込む展開とするも、なかなかシュートにはつなげられない。 そんな中30分、浮き球のルーズボールをペナルティアーク中央のバカヨコがボレー。際どいシュートだったが、わずかに枠の右に外れた。結局、重苦しい展開が続いた前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半開始30秒、ミランにこの先制のチャンスが訪れる。ロングボールをピョンテクに当てた流れから、ルーズボールを拾ったボリーニがボックス中央からシュート。だが、枠を捉えきることができなかった。 すると48分、ミランがPKを献上する。浮き球パスでディフェンスライン裏を突かれると、アバーテがボックス内に侵入してきたパガニーニを倒してしまった。しかし、チャーノが枠の右に蹴ったシュートはGKドンナルンマがビッグセーブで凌ぎ、ミランは助かった。 直後、バカヨコに代えてクトローネを投入したミランは、フラットな[4-4-2]に変更。そのミランが57分に先制した。スソの右クロスがルーズとなったところをファーサイドのボリーニがボレー。枠に向かったシュートをゴール前のピョンテクがコースを変えてネットを揺らした。 さらに66分、ミランが一気に突き放す。ボックス手前右で得たFKをスソが直接狙うと、完璧なシュートがゴール右上に決まった。 その後はフロジノーネの反撃を許さず、2点のリードを保っていく。そして終盤、今季限りで退団するアバーテがピッチを後にし、A・コンティが投入された。 88分にはヴァルザニアのボレーシュートでゴールを脅かされるも、GKドンナルンマがファインセーブで凌ぎ、ミランが2-0で勝利。3連勝としてこの後に試合を行うインテルとアタランタの上位勢に圧力をかけている。 2019.05.20 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

レスター、ミランの10番への関心強める? フロジノーネ戦視察へ

レスター・シティが、ミランに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノール(25)を注視し続けているようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 昨シーズンにレバークーゼンから移籍金2200万ユーロ(約27億円)でミランに加入したチャルハノール。加入初年度こそ公式戦45試合8ゴールを記録したものの、今シーズンはここまで公式戦44試合3ゴールとロッソ・ネロの10番としては物足りない数字に。とりわけ、レバークーゼン時代に“FKの名手”と評された姿は見受けられない状況だ。 チャルハノールは以前からミランの放出候補として挙げられている。そんな同選手に対して、先日にも興味を抱いていることが伝えられたレスターが、19日に行われるセリエA第37節、ミランvsフロジノーネの一戦にスカウトを送り込むようだ。 先日にはウェストハムと競合する可能性が伝えられ、3000万ユーロ(約36億8000万円)を準備していることも伝えられているレスターだが、果たして獲得に動くのだろうか。 2019.05.19 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、チェルシー解任報道のサッリと面談へ

ミランがチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)を来季指揮官に据えるべく、面談を行うようだ。イタリア『メディアセット』が伝えている。 同メディアによればミランのCEOを務めるイバン・ガジディス最高経営責任者(CEO)がサッリ監督と面談するため、数時間以内にロンドンに向かうとのことだ。 今季、ナポリからチェルシーの指揮官に就任したサッリ監督はプレミアリーグで3位、ヨーロッパリーグで決勝に進出させるなど一定の結果を残したが、ロマン・アブラモビッチオーナーが同監督とファンや上層部との関係を問題視し、解任の準備を進めていると報じられていた。 一方のミランはシーズン開幕前や1月の移籍市場で巨額投資をしたものの、2試合を残すセリエAで5位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場が微妙な状況で、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の来季続投が不透明な状況となっている。 2019.05.17 06:01 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGとユナイテッドがミラン守護神に興味か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(20)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『La Repubblica』の情報をもとに伝えている。 ロッソネロの絶対的守護神として君臨するドンナルンマ。20歳ながらミランでの公式戦160試合以上に出場しており、今季もリーグ戦34試合でフル出場中だ。 しかし、伝えられるところによると、ミランは再びファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触する恐れがあり、今夏に主力選手を放出する可能性があるという。そんな中、PSGは、ドンナルンマのの獲得を画策しており、すでに5000万ユーロ(約61億円)の移籍金を準備しているようだ。 その一方でイタリア『Calciomercato.com』は、PSGが巨額オファーを準備しているスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の後釜としてマンチェスター・ユナイテッドがドンナルンマの獲得に興味を示していると報じている。 2019.05.16 02:45 Thu
twitterfacebook
thumb

チャルハノール弾を守り抜いたミラン、フィオレンティーナに辛勝でアタランタ追走《セリエA》

ミランは11日、セリエA第36節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節ボローニャ戦をパケタが退場したものの、競り勝って3試合ぶりの勝利を挙げた5位ミラン(勝ち点59)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを3ポイント差で追走。CL出場権争いに食らいついた中、3トップにピョンテク、スソ、ボリーニと並べる[4-3-3]で臨んだ。 残留をほぼ確実としている13位フィオレンティーナ(勝ち点40)に対し、静かな入りとなった中、5分にムリエルに枠内シュートを打たれてしまう。 その後、徐々に押し込む展開としていったミランは、21分に決定機。CKの流れからボックス右のムサッキオが入れたクロスにスソがダイレクトでシュート。だが、GKラフォンの守備範囲に飛んでしまった。 続く24分にはスソとの連係からチャルハノールがボックス右に侵入して枠内シュートを浴びせたが、GKラフォンの好守に阻止される。 前半半ば以降もミランのペースが続くと、35分に先制した。右サイドからのスソの左足クロスにニアサイドのチャルハノールがヘッドで合わせたシュートがゴール左に決まった。 迎えた後半、前がかるフィオレンティーナに52分、キエーザのミドルシュートでゴールを脅かされる。さらに55分、キエーザのスルーパスでボックス右のスペースを突いたミララスに決定的なシュートを許すも、GKドンナルンマが好守で凌いだ。 その後も押し込まれたミランだったが、後半半ばを過ぎてフィオレンティーナの勢いが落ち始めると、73分に追加点のチャンス。ボックス右のスソの折り返しをケシエがシュート。だが、枠の上に外してしまった。 すると76分にはピンチ。ケシエのボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス左からキエーザに枠内シュートを打たれた。だが、ここもGKドンナルンマが凌いだ。 すると今度はミランに追加点のチャンス。80分、ボリーニのボールカットからショートカウンターを発動してクトローネがボックス右からシュート。だが、枠の左に外してしまった。 結局、追加点こそ奪えなかったものの、1-0で逃げ切ったミランが勝利。アタランタを3ポイント差で追走している。 2019.05.12 05:29 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース