ユナイテッドがルカクの2戦連続弾&A・ペレイラのPL初弾で吉田先発のサウサンプトンに逆転勝利!《プレミアリーグ》2019.03.03 02:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第29節のマンチェスター・ユナイテッドvsサウサンプトンが2日に行われ、3-2でマンチェスター・ユナイテッドが勝利した。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は90分までプレーした。リーグ11戦無敗で5位に位置するユナイテッドが、本拠地オールド・トラフォードに17位のサウサンプトンを迎えた一戦。ミッドウィークに行われたクリスタル・パレス戦を完勝したユナイテッドは、その試合から先発を2人変更。フレッジとジオゴ・ダロトに代えてラッシュフォードとアンドレアス・ペレイラが先発で起用された。

一方、ミッドウィークに行われたフルアム戦でリーグ5試合ぶりの勝利を飾ったサウサンプトンは、同じ先発を起用。吉田は2試合連続でスタメンに名を連ねている。

試合はユナイテッドが開始早々からチャンスを迎える。3分、ポグバのくさびのパスが相手DFに当たると、ボックス内でこぼれ球を拾ったルカクがシュート。しかし、このシュートはGKダンの好セーブに阻まれた。

立ち上がりのピンチを凌いだサウサンプトンは、26分に反撃。敵陣でのスローインからボールを奪うと、ロストボールをオースティンが逆サイドへパス。これをバイタルエリア右で受けたヴァレリがボックス手前から右足一閃。強烈なミドルシュートが、GKデ・ヘアの手を弾きゴールネットに突き刺さった。

先制を許したユナイテッドは、40分にゴールへ迫る。ヤングの右CKをゴール前のスモーリングがヘディングで合わせたが、このシュートは左ポストに弾かれた。

迎えた後半、ユナイテッドは51分に相手選手と接触で右足を痛めたサンチェスを下げてジオゴ・ダロトを投入。すると53分、自陣からのロングフィードを右サイドのジオゴ・ダロトがルカクとのワンツーでこれを収めると、素早く中央へパス。パスを受けたアンドレアス・ペレイラはバイタルエリア中央からコントロールショットを狙うと、ボールはゴール右に吸い込まれた。

同点弾で攻勢を強めるユナイテッドは、59分にもオーバーラップしたショーの横パスをバイタルエリア中央でアンドレアス・ペレイラが繋ぐと、これをボックス左で受けたルカクが切り返しから右足を振り抜き、シュートをゴール右隅に流し込んだ。

逆転を許したサウサンプトンだが、セットプレーからユナイテッドゴールに迫る。73分、敵陣でのセカンドボールを奪い合ったアームストロングがボックス左手前でヤングに倒されてFKを獲得すると、 ワード=プラウズのFKが直接ゴール左上に突き刺さった。

再び振り出しとなった一戦は、そのまま終盤に差し掛かり試合終了かと思われたが、88分にスコアが動く。ショーの横パスをバイタルエリア中央で受けたフレッジがワンタッチで縦に繋ぐと、相手DFに当たったこぼれ球をペナルティアーク内のルカクが素早くシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。

勝ち越しに成功したユナイテッドは、94分にもラッシュフォードがボックス内で17に倒されPKを獲得。ポグバのPKはGKバンのファインセーブに阻まれたが、試合は3-2のままタイムアップ。

ホームで苦しみながらも、アンドレアス・ペレイラのプレミア初ゴールやルカクの2戦連発弾でユナイテッドが逆転勝利を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、ユナイテッド行き濃厚のブルーノ・フェルナンデスに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨シーズンのリーグ戦33試合で20ゴール13アシストとセンセーショナルな活躍を見せたB・フェルナンデス。この活躍もあり、マンチェスター・ユナイテッド移籍が頻繁に報じられているが、スポルティングが5500万ポンド(約74億円)を要求していることもありクラブ間での交渉は停滞している模様だ。 そのポルトガル代表MFに対して、PSGも目を光らせているという。だが、ユナイテッド同様に高額な移籍金に難色を示しており、その他のオプションを考慮している模様。現時点ではあくまで獲得候補の1人という位置付けだ。 ただ、多額の負債を抱えているスポルティングは、今夏のタイミングでの同選手の売却を計画しており、移籍市場が閉幕に近づくに連れて移籍金の額が下がっていく中でどこかで折り合いを付ける考えのようだ。 そのため、適正価格での獲得が可能となった場合、ユナイテッドやその他の競合クラブと共に獲得に動きだすかもしれない。 2019.07.21 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アシュリー・ヤングが一部サポーターからのブーイングに晒される…人種差別被害の可能性も

マンチェスター・ユナイテッドは20日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019でインテルに1-0で勝利した。だが、この試合でキャプテンのイングランド代表DFアシュリー・ヤングに対する一部サポーターの行動が物議を醸した。 今夏のプレシーズンツアー中のユナイテッドはオーストラリアからシンガポールに渡り、20日にICC初戦でインテルと対戦。試合はゴールレスで折り返した中、76分にはセットプレーの流れから17歳FWメイソン・グリーンウッドが挙げたゴールによってユナイテッドが1-0で競り勝った。 その一方で物議を醸したのは、ヤングに対する一部サポーターの振る舞いだ。イギリス『テレグラフ』など現地で取材した記者の報告によると、一部のユナイテッドサポーターはヤングがボールタッチする度に継続的にブーイングを行っていたという。 さらに、スタンドで観戦していたサポーターのSNSの投稿によると、ヤングに対して“n●●●●r(黒人に対する差別的な表現)”と叫んでいる音声も確認されていた。 同試合後、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ヤングに対する執拗なブーイングに関して言及。同選手のプロフェッショナリズムを称賛すると共に、サポーターに対して同選手を支えてほしいとの要望を伝えた。 「私はアシュリーが最高のプロフェッショナルだと思っている。彼はいつでもチームのためにすべてを捧げ、今日も彼のクロスがゴールに繋がった」 「我々は自分たちのファンがプレーヤーを支えることを望んでおり、アシュリーは長年このクラブにとって非常に忠実な存在であり、そして彼は今後も自身のパフォーマンスを見せ続けてくれるはずだ」 「まだ、彼とはこの件について話し合っていない。彼らは試合後クールダウンのランニングをしていたからね。ただ、この後に話し合いたいと思う」 2019.07.21 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド守護神デ・ヘア、6年契約締結で合意か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の去就問題がついに解決しそうだ。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 新シーズン限りでユナイテッドとの契約が失効するデ・ヘア。1年以上前から続く延長交渉は依然として合意に至っておらず、パリ・サンジェルマン(PSG)行きの憶測も飛び出している。 だが、デ・ヘアは長きにわたる熟考の末、ユナイテッドでのキャリア続行を決意。プレシーズンツアーから戻り次第、新たに週給37万5000ポンド(約5000万円)の6年契約を結ぶ模様だ。 その決断に至った理由として、賃金の引き上げも決め手の1つだが、常に金銭よりフットボールを優先するなかで、ユナイテッドとともにタイトルを獲得できるとの思いが大きいという。 また、契約延長が長引いたのは、昨夏の更新を期待したデ・ヘアにとっても予想外で、同じくジョルジ・メンデス氏を代理人に雇うジョゼ・モウリーニョ氏の更迭も影響したとのことだ。 なお、上記額で契約更新となれば、デ・ヘアは世界最高給のGKになる。続報を待ちたい。 2019.07.21 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルカク狙うインテルの72億円オファーを拒否

マンチェスター・ユナイテッドがベルギー代表FWロメル・ルカク(26)獲得を狙うインテルの5400万ポンド(約72億円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『BBC』が報じている。 2017年夏にエバートンから7550万ポンドでユナイテッドに移籍したルカクだが、オーレ・グンナー・スールシャール体制下では序列が下がっていると見られる中で、アントニオ・コンテ新監督の就任したインテルがこの夏、猛アプローチを続けている。 だが、3年契約を残すルカクに対し、相応の利益が生まれない形での放出に引き続きユナイテッドが難色を示している格好だ。 インテルではこれまでエースFWの座を務めてきたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがコンテ監督の構想外となっており、ルカクを新エースとして据えたい意向だ。 なお、20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップのインテル戦ではルカクはメンバー外となっていた。 2019.07.21 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

新星グリーンウッドが決勝弾! ユナイテッドがインテル破り白星スタート《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019が20日にシンガポールで行われ、マンチェスター・ユナイテッドがインテルに1-0で勝利した。 スールシャール体制2年目となるユナイテッドは、ワン=ビサカとダニエル・ジェームズの新加入組が先発。そのほか、マティッチやポグバ、マルシャル、ラッシュフォードといった面々がスタメンに入り、ケガ明けのショーもスタートからピッチに立つなど、レギュラーシーズンさながらのメンバーを起用した。 コンテ新体制のインテルは、新戦力組のセンシを先発メンバーに抜擢した一方で、同じく今夏加入のバレッラがベンチスタート。エスポージトら若手の起用を施したなかで、ガリアルディーニや、ブロゾビッチ、デ・フライ、シュクリニアル、ハンダノビッチら一部主力もスターティングメンバーに名を連ねた。 今夏のルカクを巡る移籍報道が加熱する両者の一戦は、ユナイテッドが能動的に進める展開となる。自陣で中央の守りを固めてきたインテルに対して、ワン=ビサカとショーの両サイドバックを生かしたサイドアタックで打開を図るが、フィニッシュの精度も欠いて、なかなか有効打に繋がらない。 自陣で中央の守りを固めてきたインテルを左右に揺さぶり続けるユナイテッドは、後半開始早々からゴールに迫るが、左CKからマティッチが放ったヘディングシュートは惜しくも右ポストを直撃。その後も依然として試合のイニシアチブを握り続けるが、局面でひと工夫を欠いた攻撃に終始する。 ユナイテッドの攻撃こそ無失点で凌ぎ続けるものの、攻めの場面で良いところがほとんどないインテル。流れを引き寄せようと、後半開始から投入したペリシッチに続き、73分にジョアン・マリオや、新戦力のバレッラらをピッチに送り出すが、攻撃のリズムを作りだすことができない。 すると、63分に大幅なメンバー入れ替えを施したユナイテッドが76分に均衡を破る。敵陣左サイドで獲得したFKのチャンスからアシュリー・ヤングが右足でクロス。GKハンダノビッチの弾いたボールをボックス右で拾ったグリーンウッドが左足シュートを叩き込み、ユナイテッドがついに先取する。 結局、このプレシーズン期間でアピールを続けている新星グリーンウッドのゴールが決勝点となり、ユナイテッドがインテルに勝利。今大会を白星スタートで飾っている。 2019.07.20 22:30 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース