【J1開幕直前クラブガイド】トップ5入りへ充実補強! ドグ不在もさらなる競争で躍進を《清水エスパルス》

2019.02.12 19:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第10弾は清水エスパルスを紹介。

◆補強は充実…ドグ離脱の不安を競争力向上のきっかけに《上位争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択
(C)CWS Brains,LTD.
ヤン・ヨンソン監督体制1年目の2018シーズンは、5年ぶりの一桁順位で将来に期待が膨らむ1年を送った。開幕前に降格候補に挙がったが、生え抜き選手の成長、途中加入の強力ストライカーFWドウグラスのフィットにより、8年ぶりの7戦無敗を成し遂げて8位フィニッシュ。そういった背景もあり、FW北川航也が日本代表に初選出されるなど、実りのあるシーズンを送り、J1復帰2年目にしてチームが一皮むけた印象だ。

手応えを掴んで迎える今シーズンの目標は「トップ5」。そこに手を伸ばせるだけの補強も敢行した。獲得したのは8選手。中でも、川崎フロンターレから獲得した2年連続ベストイレブンのDFエウシーニョにかかる期待値は高い。王者のJ1連覇に貢献し、果敢な攻撃参加と得点力、サイドで起点となれる右サイドバックだけに、チームが武器とするサイド攻撃、カウンターの強化に向けた重要なピースとなる。そして昨シーズン、センターバックが本職のDF立田悠悟に任せるしかなかったポジションにJ1トップクラスの選手を置けることが何よりも大きい。

その守備陣では主力のDFフレイレが退団したが、即戦力として長身とスピードを兼ね備えたDFヴァンデルソンを獲得。エウシーニョの加入で立田を主戦場で起用できるようになった他、DF二見宏志もいるため、競争も期待できる。攻撃陣でも10番のMF白崎凌兵が退団したものの、昨シーズンにV・ファーレン長崎で残留争いの中、27試合7ゴールを記録したMF中村慶太を獲得して補完。選手層が薄かったボランチにもMFヘナト・アウグストを獲得するなど、補強ポイントに沿って充実した補強ができたと言える。

しかし、予想外のアクシデントが。昨シーズンに15試合11得点と圧倒的な存在感を放ち、残留が最大の補強とも言える存在だったドウグラスに不整脈の症状が発覚。復帰時期も未定で、長期離脱の可能性もある。ストロングポイントだった昨シーズンのリーグ2位の得点力を誇る前線に暗雲が垂れ込めた感は否めない。エースの復帰まで成長著しい北川やベテランFW鄭大世をはじめ、周囲でどれだけ得点力を補えるかがまず一つポイントになるだろう。

ただ、逆を言えば競争を生み出すチャンス。昨シーズン終盤に見せた強さはドウグラスの加入によるものももちろん大きいが、北川の代表初選出によって周囲に刺激を与えたことも要因の一つ。北川やFW金子翔太、立田らに続き、昨シーズンにU-19日本代表に選出されたMF滝裕太やFW平墳迅、高橋大悟ら若手選手の新たな突き上げがあれば、躍進も十分にあり得るだろう。

ヤン・ヨンソン監督はオフシーズン、[3-5-2]の併用やポゼッションの向上にも着手。昨シーズンはJ1で戦う基礎を築き、今オフで戦力の上積みができたことで、ヤン・ヨンソン監督の本領が今シーズン、見られるかもしれない。

◆補強動向《A》※最低E~最高S
Getty Images
【IN】
GK高木和徹(23)←ジェフユナイテッド千葉/期限付き満了
GK梅田透吾(18)←清水エスパルスユース/昇格
DFエウシーニョ(29)←川崎フロンターレ/完全
DFヴァンデルソン(28)←アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)/期限付き
MF中村慶太(25)←V・ファーレン長崎/完全
MFヘナト・アウグスト(27)←パルメイラス(ブラジル)/完全移籍
MF楠神順平(31)←モンテディオ山形/期限付き満了
MF西澤健太(22)←筑波大学/新加入

【OUT】
GK植草裕樹(36)→現役引退
GK新井栄聡(23)→ツエーゲン金沢/期限付き
DFフレイレ(29)→湘南ベルマーレ/完全
DF角田誠(35)→V・ファーレン長崎/完全
DF呉少聰(18)→広州恒大(中国)/完全
MF兵働昭弘(36)→現役引退
MF白崎凌兵(25)→鹿島アントラーズ/完全
MF村田和哉(30)→柏レイソル/完全
MF増田誓志(33)→ソウルイーランド(韓国)/期限付き
MF枝村匠馬(32)→栃木SC/完全
MF清水航平(29)→サンフレッチェ広島/期限付き
MF宮本航汰(22)→FC岐阜/期限付き延長
FWミッチェル・デューク(28)→ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)/完全
FW長谷川悠(31)→V・ファーレン長崎/完全
FWクリスラン(26)→ブラガ(ポルトガル)/完全移籍

◆超WS編集部イチオシ選手
FW北川航也(22)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
王者・川崎Fから加入したエウシーニョの活躍も今シーズンを占う上で重要。しかし、ドウグラスの復帰時期未定の離脱によって、昨シーズンに飛躍を遂げた若きストライカーへの期待はさらに高まった。

昨シーズン、プロ4年目を迎えた北川はFWクリスランやドウグラスという個性の強い相方とのコンビの中で覚醒し、キャリアハイとなる13ゴールを決めた他、バイタルエリアでの仕事にも磨きをかけてアシストも8つ記録した。昨年はその期待値から代表デビューも飾り、先日まで行われていたAFCアジアカップのメンバーにも選出。しかし、不慣れな1トップで持ち味を発揮することができず、ノーゴールの屈辱も味わった。

悔しい思いをして迎える今シーズンは序盤から、昨シーズンに生かし生かされの関係を築いた相棒が不在。そのため自身への期待と周囲からのプレッシャーは強くなる。しかしその中で、課題に挙げるポストプレーを磨き、昨シーズン以上の数字を残すことができなければ、清水の躍進はない。この1年は若きエースの真価が問われることになりそうだ。

◆注目の東京五輪世代!
DF立田悠悟(20)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
清水注目の東京五輪世代は、立田だ。プロ2年目の昨シーズン、立田は開幕前に負傷者が出た右サイドバックで躍動。J1リーグに25試合出場し、プロ初ゴールも記録した。

今シーズンはエウシーニョの加入で本職とするセンターバックでの起用が濃厚。3バックシステムの可能性もあるが、従来の4バックシステムの場合、DFファン・ソッコやヴァンデルソンらとのポジション争いに打ち勝つ必要がある。ただ、出場機会を勝ち取ることができ、オレンジ軍団を後方から支えられる存在になれば、それは五輪代表のみならず、A代表への評価にもつながる。

アジアカップではDF冨安健洋が日本代表のセンターバックとして定位置を確保。同い年の活躍ぶりに感化されないわけがない。本職でプレーすることが見込まれる今シーズン、立田にとって勝負の年となる。
コメント
関連ニュース
thumb

【2019-20プレミアリーグベストイレブン】新王者リバプールから最多7人!

2019-20シーズンのプレミアリーグが終了しました。そこで本稿ではベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:アリソン DF:アレクサンダー=アーノルド、ファン・ダイク、マグアイア、ロバートソン MF:ヘンダーソン、デ・ブライネ、ワイナルドゥム FW:オーバメヤン、ヴァーディ、マネ GKアリソン・ベッカー(27歳/リバプール) 出場数:29(先発回数:29)/失点数:23/出場時間:2545分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季はレスターのカスパー・シュマイケルやシェフィールド・ユナイテッドのディーン・ヘンダーソン、バーンリーのニック・ポープなど優れたパフォーマンスを披露したGKが多かった中、背番号「1」に変更し、王者の最奥部に鎮座したアリソンを最優秀GKに選んだ。完璧な強さを誇ったリバプールにおいて活躍するシーンというのはそれほど見られなかったが、第26節のノリッジ戦では1対2の絶体絶命のピンチを冷静沈着なセーブで回避するなど、要所で光るプレーでリーグ最少失点を誇った。 DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(21歳/リバプール) 出場数:38(先発回数:35)/得点数:4/出場時間:3176分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> もはや説明不要の世界最高右サイドバック。今季は自己記録更新の13アシストに加え、4ゴールも記録。第6節のチェルシー戦ではデザインされたセットプレーからミドルシュートを突き刺し、優勝を決めた第31節のクリスタル・パレス戦と第37節のチェルシー戦では直接FKを叩き込んでいる。元々プレースキックの精度も高かったアーノルドがFKからゴールも奪えるようになれば鬼に金棒だ。 DFヴィルヒル・ファン・ダイク(29歳/リバプール) 出場数:38(先発回数:38)/得点数:5/出場時間:3420分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> こちらも説明のいらない選手だ。リバプールがタイトルを獲得出来たのはこの男のお陰と言っても過言ではないだろう。相方がケガなどで定まらない中、安定してハイパフォーマンスを披露したファン・ダイクは全38試合にフル出場。今季はコロナによる超過密日程を強いられた中でケガをしなかったのは、この上ない貢献となった。 DFハリー・マグワイア(27歳/マンチェスター・ユナイテッド) 出場数:38(先発回数:38)/得点数:1/出場時間:3420分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> DF史上移籍金最高額トップ2が並ぶ贅沢な布陣に。だが、その能力に疑いの余地はなく、レスターを支えた守備力をユナイテッドでも遺憾なく発揮。加入1年目から全38試合にフル出場し、失点数を昨季の「54」から「36」に大幅に減少させた。なかなか得点が伸びなかった前半戦を最小限の被害で抑えられたのは、この男の活躍に他ならない。 DFアンドリュー・ロバートソン(26歳/リバプール) 出場数:36(先発回数:34)/得点数:2/出場時間:3113分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アーノルドとこの男は常にセットでいるべきだ。レスターのベン・チルウェルやユナイテッドのルーク・ショーも印象的だったが、アーノルド同様に自己最多の12アシストを記録したロバートソンには出場数においても及ばなかった。守備力も高く、しばらくはレッズの両サイドバックの覇権が続くだろう。 MFジョーダン・ヘンダーソン(30歳/リバプール) 出場数:30(先発回数:26)/得点数:4/出場時間:2244分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 数々の名手が蔓延るプレミアリーグの中盤において、この男ほどのリーダーシップを備えた選手は稀だ。デ・ブライネやブルーノ・フェルナンデスのような派手さはないものの、その身をもって周りの選手を鼓舞する姿はまさに縁の下の力持ち。リバプール加入から苦節9年、ようやく栄光を掴んだキャプテンがベストイレブン入りだ。 MFケビン・デ・ブライネ(29歳/マンチェスター・シティ) 出場数:35(先発回数:32)/得点数:13/出場時間:2800分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 一方こちらは最多アシストというわかりやすい実績を残した。世界最高の攻撃的MFとなったデ・ブライネは、今季も序盤戦からアシストを量産。最終節で大台の20アシストに到達し、2002-03シーズンにアーセナルのディエリ・アンリが記録したプレミアリーグ最多アシスト数に並んだ。また、13ゴールも自己最多で、シティの総得点の3割を超えるゴールを生み出した。 MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(29歳/リバプール) 出場数:37(先発回数:35)/得点数:4/出場時間:2948分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦ではレスターのマディソンがこのポジションでベストの1人だったが終盤戦の離脱が響いた。ワイナルドゥムはヘンダーソン同様に目に見える成績はないものの、攻守において欠かせない選手だった。素早いトランジションでピンチの芽を積むこともあれば、確かなビルドアップ能力で前線をサポート。的確ポジショニングでセカンドボール回収率も高かった。 FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31歳/アーセナル) 出場数:36(先発回数:35)/得点数22/出場時間:3139分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 低迷したアーセナルにおいて一人気を吐いたオーバメヤン。FWニコラ・ペペの加入で、FWアレクサンドル・ラカゼットと共に強力な3トップが完成するかに思われたがその実、ラカゼットは昨季を下回る10ゴール、適応に苦しんだペペは5ゴールという結果に終わった。その中でリーグ2位タイの22ゴールを挙げたオーバメヤンは、キャプテンとしてもチームを牽引した。 FWジェイミー・ヴァーディ(33歳/レスター・シティ) 出場数:35(先発回数:34)/得点数:23/出場時間:3034分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> フォクシーズのエースが今季の得点王に輝いた。チームとしても快進撃を続けた前半戦は第9節から8試合連続ゴールの暴れっぷりで、歴史的勝利となったサウサンプトン戦はハットトリックを記録した。後半戦からはその勢いに歯止めが掛かり、優勝した15-16シーズンの24ゴールを超えることは出来なかったが、33歳にして初めての得点王は高く評価できる。 FWサディオ・マネ(28歳/リバプール) 出場数:35(先発回数:31)/得点数:18/出場時間:2755分<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200811_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> すっかりベストイレブンの常連となったマネは、今季は18ゴール9アシストを記録。リバプール加入以降自己ベストと言える成績で優勝に大きく貢献した。特筆すべきは自己最多のアシスト数で、チーム随一の走力を生かしたチャンスメイクが印象深いシーズンだった。 2020.08.12 17:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【2019-20プレミアリーグ総括】超WS選出の最優秀選手は抜群のリーダーシップで優勝に導いたヘンダーソン!

◆後世に語り継がれるシーズンに 新型コロナウイルスによる前代未聞の事態に見舞われた今季のサッカー界。プレミアリーグも3カ月の中断を強いられた中、空前絶後の強さを誇ったリバプールが30年ぶりのリーグ優勝を果たした。1993年設立のプレミアリーグにおいては初制覇となり、結果的に様々な意味で歴史に残るシーズンとなった。 リバプールの優勝はシーズン半分が経過した時点で決まったも同然だった。開幕から破竹の勢いで勝ち点を積み重ね、第18節終了時点で2位のレスター・シティとの勝ち点差は「13」。チャンピオンズリーグ(CL)王者であるリバプールはクラブ・ワールドカップ参加による過密日程と長距離移動もあった中で、疲れを感じさせないパフォーマンスで第27節まで無敗を継続。そして、新型コロナによる中断明けの第31節で悠々と優勝を決めた。 一方、今季も優勝最右翼と見られていたマンチェスター・シティは意外にも苦戦。第5節で昇格組のノリッジに敗れるなど、思いがけないところで足踏みしたその原因は一重に守備にあった。センターバックは元々課題とされてきたが、頼みのDFアイメリク・ラポルテがヒザのケガでシーズンの半分を棒に振り、MFフェルナンジーニョを緊急登板する事態に。昨季は23失点に抑えた守備も今季は35失点に増加した。だが、今夏はすでにボーンマスからオランダ代表DFナタン・アケを獲得するなど、復権を目指す来季に向けて補強を進めている。 今季はリバプールの優勝が早々に決まった中、3位以下のCL出場権争いは熾烈を極めた。上述したように2位でシーズンを折り返したレスターをはじめ、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンが鎬を削り、さらには昇格組のシェフィールド・ユナイテッドも予想外の善戦を見せた。 そんな熱戦を3位で勝ち抜いたユナイテッドは、夏にDFハリー・マグワイアやDFアーロン・ワン=ビサカを獲得し守備を改善したが、開幕から不安定な戦いを続け、一時は8位にまで落ち込むなど低迷。スールシャール監督には解任報道も噴出した。しかし、冬の移籍市場で獲得したMFブルーノ・フェルナンデスがチームを一変させた。すぐにトップ下でポジションを掴んだポルトガル代表は加入後14試合で8ゴール7アシストの成績を残し、チームは第25節から無敗を継続。コロナ明けはMFポール・ポグバやFWマーカス・ラッシュフォードらが復帰したことで勢いに拍車がかかり、最後はレスターを直接下して3位の座を射止めた。 そのユナイテッドと同勝ち点で4位に滑り込んだのがチェルシーだ。絶対的エースだったFWエデン・アザールを失った中、補強禁止処分でその穴を埋めることができなかったロンドンの雄は、レジェンドのフランク・ランパードを指揮官に据え新シーズンを迎えた。新監督はアカデミー出身の若手を積極採用し、FWタミー・エイブラハムやMFメイソン・マウントらを次々とトップチームデビューさせたが、指揮官も含めて経験値の低いヤングチームは調子の波が激しく、一度流れを失えば軌道修正出来ない試合が散見。それでも、今季で退団となるMFウィリアンやFWオリヴィエ・ジルーなどベテランの活躍も目立ったチェルシーが、なんとか4位で来季のCL出場権を手にした。 惜しくもCLを逃す結果となったレスターは前半戦は快進撃を見せていたものの、MFウィルフレッド・エンディディが負傷した中盤戦辺りから勢いは急降下。とりわけ再開後は9試合で2勝しか挙げられず、安泰と思われていたCL出場圏内からズルズルと引き摺り落とされていった。そんなレスターだが、歴史的なシーズンの一助になった試合がある。それは昨年10月に行われたサウサンプトン戦。レスターはアウェイながら9得点を挙げる大勝を収め、イングランドの131年のフットボール史において初めて、アウェイで9得点という大記録を打ち立てた。また、今季得点王のFWジェイミー・ヴァーディとFWアジョセ・ペレスがハットトリックを達成しており、1試合で2人が3得点以上したのは2003年5月以来2度目の快挙となった。 台風の目となったウルブズとブレイズはコロナ明けから失速。特にブレイズは3勝しか挙げられず最終的に9位に後退した。そんな2チームを躱して6位でフィニッシュしたのがトッテナムだ。昨年11月に成績不振に陥ったマウリシオ・ポチェッティーノ監督と袂を分かち、後任に選んだのはスペシャル・ワン、ジョゼ・モウリーニョ。しかし、プレミアリーグを熟知する智将もすぐに結果を出すことは出来ず、FWハリー・ケインやFWソン・フンミンの負傷離脱に悩まされ、連勝もままならないまま中断期間へ突入した。だがこれが転機となり、ケインが長期離脱から復帰したチームは、再開後は5勝3分け1敗という好成績で巻き返し6位に浮上。来季のヨーロッパリーグ(EL)の予選参加権を得ることになった。 トッテナムよりさらに厳しいシーズンを過ごすことになったのが、同じノースロンドンのアーセナルだ。トッテナム同様にこちらも成績不振で前任のウナイ・エメリ監督を解任し、クラブOBのミケル・アルテタを招聘。シティでジョゼップ・グアルディオラ監督の右腕を務めていたスペイン人指揮官は、8位で就任初年度を終えたものの、FAカップを制覇するなど来季以降に向けて土台を構築した。 なお残留争いでは、ノリッジの降格が早い段階で決まったが、残り2枠は最終節まで未確定だった。可能性があったのはアストン・ビラ、ボーンマス、ワトフォードの3チーム。17位で最終節に突入したアストン・ビラは、16位のウェストハムとドロー。18位のワトフォードの相手は無情にもアーセナルで、善戦したものの惜敗。そして、19位だったボーンマスはエバートンに勝利したが、アストン・ビラに勝ち点「1」及ばず無念の降格となった。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 新王者の主将が今季のMVPだ。2015年にレジェンド、スティーブン・ジェラードから腕章を受け継ぎ、普段は誠実さや勤勉さ、試合中は闘争心をむき出しに周りの選手達の鑑としてチームを統率するヘンダーソン。チームの中では最古参で“クロップ産”の選手ではないが、むしろそんなクロップ監督が信頼するからこそ、全て選手がヘンダーソンの鼓舞に耳を傾けた。2011年の加入から苦節9年、度重なるケガも乗り越え、ようやく念願のタイトルを手にした。 ★最優秀監督 ◆ユルゲン・クロップ(リバプール) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_12_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最優秀監督はリバプールを30年ぶりの栄光に導いたドイツ人指揮官で間違いないだろう。2015年の就任から一貫したスタイルを浸透させ、チームを土台から作り上げたクロップ監督は、弱点を的確に補強するフロントの協力も得ながら、完全無欠のチームを完成させた。昨季は勝ち点「97」を積み上げながらも1ポイントに涙を飲んだが、今季はそれを上回る勝ち点「99」でライバルのマンチェスター・シティを大きく上回り完全優勝。また、クラブ・ワールドカップも制覇し、5年で名実ともに世界一となった。 【期待以上】 ★チーム ◆マンチェスター・ユナイテッド <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_12_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> シーズン前半に躍進したレスター・シティも見事だったが、より重要な後半戦に目を向けた時、見事にチャンピオンズリーグ出場権を逆転で勝ち取ったマンチェスター・ユナイテッドを選びたい。前述したようにマグワイアやワン=ビサカを獲得しただけに前半戦の成績は期待外れだったが、B・フェルナンデスを獲得した後半戦は目を見張るものがあった。また、今季は若手の成長も目覚しく、スウォンジーから獲得したMFダニエル・ジェームズや生え抜きのFWメイソン・グリーンウッドの活躍は今季のユナイテッドを支えた中心選手だった。 ★選手 ◆MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_12_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> そして期待以上の選手は間違いなくこの男だろう。トッテナムも獲得に動いたというポルトガル人MFは、誰でも難しいとされるプレミアリーグに難無く適応。チームにスピードと創造性をもたらし、一撃必殺のパスやシュートの飛び道具で攻撃を牽引した。クラブ史上7人目の快挙となった2カ月連続での月間MVP選出は、B・フェルナンデスがいかに優れた選手かの証。涙まで流したというユナイテッド加入初年度はCL出場の大団円となった。 【期待外れ】 ★チーム ◆アーセナル <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_12_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FAカップを獲ったとはいえ、納得のいくシーズンではなかったというのが正直なところ。統率力の乏しかったウナイ・エメリ監督を解任し、クラブOBのミケル・アルテタにカリスマ性を求めたが、緊急でチームを立て直すには経験がまだ浅かった。試行錯誤をする中で、チームは10月下旬から年末にかけての12試合で1勝しか挙げられない時期も。シーズン前に獲得したFWニコラ・ペペやDFキーラン・ティアニーの覚醒は来季に持ち越しとなった。 ★選手 ◆ダビド・ルイス(アーセナル) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_12_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> そんなアーセナルにおいて、ダビド・ルイスは評価が分かれる存在だ。夏に800万ポンドという手頃な移籍金でチェルシーから加入し、心許ない守備陣の中で最多の32試合に出場した。だが、一定の評価はあるものの、ベテランらしからぬイージーミスが少なくなかった。その実、今季のプレミアリーグにおいてPKを与えたのはなんと5回。リーグ史上ワースト記録で足を引っ張ってしまった印象だ。 2020.08.12 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【2019-20ラ・リーガ ベストイレブン】優勝マドリーから最多5選手を選出!

2019-20シーズンのラ・リーガが全日程を消化しました。そこで本稿では今シーズンのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:クルトワ DF:カルバハル、ジエゴ・カルロス、セルヒオ・ラモス、レギロン MF:カゼミロ、カソルラ MF:ジェラール・モレノ、メッシ、オカンポス FW:ベンゼマ GK ティボー・クルトワ(28歳/レアル・マドリー) 出場試合数:34(先発:34)/失点数:20 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 4シーズン連続受賞中のオブラクを抑えて2013-14シーズン以来、通算3度目のサモラ賞を受賞。多くの批判に晒された昨季から一転、今季はまさに守護神というべき抜群の安定感を披露し、18試合でクリーンシートを記録するなど、1試合平均0.59点という驚異的なスタッツを叩きだした。また、昨年12月のバレンシア戦のラストプレーで見せたベンゼマの同点ゴールに繋がったヘディングシュートは今季のラ・リーガ制覇において語り草となった。 DF ダニエル・カルバハル(28歳/レアル・マドリー) 出場試合数:31(先発:31)/得点数:1 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季のラ・リーガ最高のサイドバック。近年、ケガによる離脱が目立っていたが、今季は2014-15シーズン以来のリーグ戦30試合出場を達成。チームとして右ウイングをなかなか固定できなかった中、攻守両面で右サイドに安定感をもたらした。1ゴール5アシストと数字上の貢献以上に試合を読む力、要所を締める好守が光った。 DF ジエゴ・カルロス(27歳/セビージャ) 出場試合数:35(先発:35)/得点数:2 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 初挑戦のラ・リーガでセンセーショナルな活躍を披露。今夏、ナントから1500万ユーロで加入したブラジル人DFは、リーグ・アンよりレベルの高いアタッカーが揃うラ・リーガでも、持ち味の圧倒的な対人能力の強さ、読みを利かせた守備で快足を誇るクンデとのコンビで堅牢な守備を築いた。現在、国内外のビッグクラブから寄せられる関心こそ、今季の充実度を表しているはずだ。 DF セルヒオ・ラモス(34歳/レアル・マドリー) 出場試合数:35(先発:35)/得点数:11 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 3年ぶりのラ・リーガ制覇に導いたエルブランコの頼れるカピタン。シーズンを通して良好なコンディションを維持し、ディフェンスリーダーとしてリーグ最少失点の堅守に大きく貢献。さらに、正確無比なPK、得意のヘディングに加え、圧巻の直接FKまで決めるなど、ゴールスコアラーとしても存在感を放ち、キャリアハイの11ゴールを挙げた。 DF セルヒオ・レギロン(23歳/セビージャ) 出場試合数:31(先発:29)/得点数:2 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> センターバックでヴァラン、サビッチ、左サイドバックでユーリという候補もいたが、武者修行先のセビージャで充実した1年を過ごしたレアル・マドリーのカンテラーノを選出。フェルラン・メンディの加入によって押し出される形でマドリー前指揮官のロペテギ監督が率いるアンダルシアの雄に加入すると、左サイドバックと左ウイングバックの主力としてキャリアハイの31試合2ゴール4アシストと見事に結果を残した。粗削りな部分はあるものの、攻守両面で総合力の高さを見せつけた。来季に関してはセビージャ残留を希望も、新天地は国外か…。 MF カゼミロ(28歳/レアル・マドリー) 出場試合数:35(先発:35)/得点数:4 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季のMVP。両ウイングや中盤では積極的なローテーションを採用したジダン監督だったが、唯一フル稼働をさせたのは中盤の底で攻守のバランスを整えたブラジル代表MF。文句なしの今季のベストMFだった。 MF サンティ・カソルラ(35歳/ビジャレアル) 出場試合数:35(先発:29)/得点数:11 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> スペイン屈指の魔術師が完全復活。2018年夏に7年ぶりの古巣帰還を果たしたベテランMFは、4ゴール10アシストを記録した昨季を上回る11ゴール10アシストの圧巻の数字を残し、イエローサブマリンでのラストシーズンを終えることになった。本人が認めるようにプレー強度や運動量の面では衰えは否めないが、それを補って余りある戦術眼、テクニックを武器にチームの5位フィニッシュに大きく貢献した。絶妙なボールタッチ、視野の広さ、プレー精度と、思わず感嘆の声を上げざるを得ない妙技の数々を披露してくれた。なお、シーズン終了後にチャビ監督率いるカタールのアル・サッドへの移籍が発表されており、魔術師の今後の幸運を心から願う。 MF ジェラール・モレノ(28歳/ビジャレアル) 出場試合数:35(先発:33)/得点数:18 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> キャリアハイの18ゴールを挙げ、スペイン人最多得点者に与えられるサラ賞を初受賞。昨シーズン、エスパニョールから古巣帰還を果たしたスペイン代表FWは、カソルラやチュクウェゼ、エカンビら特長の異なるアタッカー陣との質の高い連係を見せながらコンスタントにゴールを量産。質の高い動き出しと得意の左足でのフィニッシュが印象的だった。 MF リオネル・メッシ(33歳/バルセロナ) 出場試合数:32(先発:31)/得点数:25 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 25ゴールを挙げて歴代最多となる7度目のピチーチを受賞。さらに、21アシストはキャリアハイの数字となり、1シーズンでの20ゴール20アシストはラ・リーガ史上初の記録となった。相棒スアレスの不在や、グリーズマンらの適応苦戦によってフィニッシュの局面では依存がより顕著なシーズンとなり、徹底したセットプレー対策などを敷かれたものの、その対策を上回るパフォーマンスで個人としてはきっちり結果を残した1年だった。 MF ルーカス・オカンポス(26歳/セビージャ) 出場試合数:31(先発:29)/得点数:14 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 初挑戦のラ・リーガでキャリアハイの14ゴールを記録。10代でフランスに渡り、イタリアでの武者修行を経て、マルセイユで台頭したアルゼンチン代表FW。昨夏、満を持してスペインの地ではセビージャの新エースとして華々しい活躍を披露。187cmの恵まれた体躯に加え、ロングスプリントを繰り返せるスタミナ、両足をそん色なく使いこなす万能型ウイングは、フィニッシャーとしての才能も開花させ、14ゴール3アシストという見事な数字を残した。また、サイドバックでのプレー経験を生かし、守備面の貢献も見逃せない。 FW カリム・ベンゼマ(32歳/レアル・マドリー) 出場試合数:36(先発:35)/得点数:21 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> エル・ブランコの主砲として優勝に大きく貢献。昨季に続き20ゴールの大台に乗せ、異次元のメッシに次ぐ2位のゴール数を挙げると共に、チーム最多8アシストを記録し、エースストライカーの役割を全うした。相手の徹底マークに遭った中、チーム最多の36試合出場という責任感も高く評価したい。 2020.08.11 21:01 Tue
twitterfacebook
thumb

【2019-20ラ・リーガ シーズン総括】超WS選出の最優秀選手はカゼミロ!

◆再開後、爆走のレアル・マドリーが3季ぶりの戴冠! バルセロナとマドリードの2強による三つ巴の覇権争いが見込まれた今季のラ・リーガを制したのは、レアル・マドリーだった。 3シーズンぶりの覇権奪還に向けてMFアザールやDFメンディ、DFミリトン、FWヨビッチと大型補強を敢行したマドリーだが、その新戦力で及第点を与えられるのは左サイドバックの主力を担ったメンディと補強の効果は薄かった。逆に、嬉しい誤算となったのが、昨季の46失点から25失点と大幅に改善された守備。 圧巻のパフォーマンスでサモラ賞に輝いた守護神クルトワ、攻守両面で絶大な存在感を放った主将DFセルヒオ・ラモス、MFカゼミロとセンターラインを担った守備陣がシーズンを通して安定した働きをみせ、アトレティコ・マドリーはおろか今季欧州5大リーグ最少失点を記録。その意外な堅守と、フル稼働で前線をけん引したエースFWベンゼマらの勝負強さが3シーズンぶりの戴冠の最大の要因となった。 また、ジダン監督の卓越したチームマネジメントにより、序盤、中盤戦に台頭したMFバルベルデやFWヴィニシウス、FWロドリゴらの若手、シーズン終盤戦に存在感を放ったMFクロース、MFモドリッチらベテラン勢とシーズンを通してチームとしての歯車がうまく噛み合った。特筆すべきは、新型コロナウイルスの影響で約3カ月の中断を経て再開されたシーズン終盤戦。特殊な状況下、過密日程によって多くのライバルが勝ち点を取りこぼした中、10勝1分けの圧巻の戦績で最後は独走態勢を築いた。 その優勝チームと勝ち点5差の2位に甘んじて3連覇を逃したバルセロナは、絶対的なエースFWメッシ、守護神テア・シュテーゲンの攻守の要2人の孤軍奮闘光るも、シーズンを通して安定感を欠いた。目玉補強となったFWグリーズマンの不振や一部主力の離脱が重なり、取りこぼしが目立った中、中盤戦にかけては首位を維持していたが、今年1月にはスーペルコパ・デ・エスパーニャ敗退の影響もありバルベルデ前監督を解任。後任にセティエン監督を招へいするも、チグハグな戦いぶりは変わらず。チームとして戦い方の最適解を見いだせず、再開後は悪い内容ながらも何とか勝ち点を積み上げたが、絶好調のマドリーを最後まで捕まえ切れなかった。 その2強以上に大幅なスカッド刷新を図ったアトレティコは、大きく水を開けられる形での3位フィニッシュとなった。前述のグリーズマン、闘将DFゴディンなど、近年の黄金期を支えたベテランがチームを離れた中、グリーズマンの後釜としてFWフェリックスを獲得するなど、各ポジションを刷新。開幕3連勝と上々の滑り出しを見せたが、以降は度重なる前線の負傷者の影響などもあり、以前から課題とされる得点力不足が顕著に。最終的な得点数はリーグ7位の51ゴールと、リーグ2位(27失点)の堅守を生かせず、停滞感が漂うシーズンとなった。 異次元の3強を除くオトラ・リーガを制したのは、ロペテギ体制1年目のセビージャ。ポルト、マドリー、スペイン代表ではポゼッション重視の理想主義の印象が強かったロペテギ監督だったが、セビージャではソリッドな守備を特長とする手堅いチームを作り上げた。敏腕SDモンチ主導の下、新戦力のFWオカンポス、DFクンデ、DFジエゴ・カルロス、DFレギロンらが主力を担い、得点力には改善の余地も攻守両面で安定したシーズンを送り、最大の目標だったトップ4フィニッシュを達成した。 ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは、確固たるスタイルを持った複数のチームが序盤戦、中盤戦、終盤戦と主役級の輝きを放った中、最終的にビジャレアル(5位)、レアル・ソシエダ(6位)、グラナダ(7位)の3チームが出場権を確保。リーグ再開後に好調を維持したビジャレアルは、DFパウ・トーレス、MFカソルラ、FWジェラール・モレノとセンターラインが安定しており、そこに多士済々のアタッカーが絡む魅力的な攻撃でリーグ3位の得点数(63点)を記録。同じくMFウーデゴールやFWオヤルサバルら若きアタッカーが存在感を放ったソシエダは、前半戦の主役を担った。 残留争いではレガネス(18位)、マジョルカ(19位)、エスパニョール(最下位)の3チームがセグンダに降格となった。元日本代表指揮官のアギーレ監督の下、シーズン終盤に盛り返したレガネスだが、今冬にFWエン=ネシリ、FWブラースヴァイトと主力ストライカーを引き抜かれたことが痛恨に。昇格組マジョルカは戦力的にプリメーラ残留を掴むほどの力はなかった。27年ぶりの降格となったエスパニョールは監督人事、戦力補強すべてが失敗に終わり、落ちるべくして落ちた印象だ。 最後に、マジョルカFW久保建英、エイバルMF乾貴士の2選手に関してはシーズンを通して残留争いに巻き込まれた中、久保が35試合4ゴール5アシスト、乾が29試合2ゴール4アシストとまずまずの数字を残している。来季に向けては久保のビジャレアルへのレンタル移籍が決定し、乾の残留も決定的となっている。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆MFカゼミロ(レアル・マドリー) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 単純なスタッツ、パフォーマンスを考えれば、異次元のメッシを選出すべきだが、3シーズンぶりの優勝を果たしたマドリーに敬意を払い、カゼミロをMVPに選出。カピタンとして堅守をリードし、キャリアハイの11ゴールを挙げたDFセルヒオ・ラモス、サモラ賞獲得のGKクルトワ、エースストライカーのFWベンゼマも捨てがたいが、フランス人指揮官が最も替えの利かない存在と考えるブラジル代表MFを推したい。 コンディション調整が非常に難しい特殊なシーズンにおいても、一定以上のコンディションを維持し続けて優勝チームの中盤に常に優位性をもたらした。豊富な運動量、ポジショニングセンス、球際の強さ、要所で見せる絶妙な攻撃参加と獅子奮迅の活躍ぶりだった。 ★最優秀監督 ◆ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セビージャ、ビジャレアル、グラナダを躍進させた指揮官たちの仕事ぶりも見事だったが、前代未聞のシーズンの優勝監督を最優秀監督に選出。正直なところ、2016-17シーズンの前回優勝時、CL3連覇に関しては現役時代から培ってきた卓越した勝負勘、底知れぬ勝負強さという、いわゆる“持っている”という印象が強かったが、今シーズンの優勝に関しては指揮官としてのマネジメント能力、戦術眼、采配力と確かな手腕を感じさせられた。 シーズン序盤に関しては目玉補強のアザールなどの主力の出遅れや、全体的なコンディションの重さもあって勝ち切れない状況が続いたが、その苦境をMFバルベルデやFWロドリゴ、FWヴィニシウスという若手の台頭でうまく埋めた。その後はセルヒオ・ラモス、ベンゼマの勝負強さと、守護神クルトワを中心とする堅守を武器に順調に勝ち点を重ね、今季の覇権争いのターニングポイントとなった3月のクラシコでは我慢強く起用し続けたヴィニシウスの活躍もあって会心の勝利。そして、リーグ再開後は圧巻の11戦無敗で駆け抜け、3季ぶりの戴冠を果たした。ベイルとやハメスといった不満分子の扱いにやや苦慮したものの、そのカリスマ性を武器に見事にチームをまとめ上げた。 【期待以上】 ★チーム ◆グラナダ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昇格組ながらクラブ史上初のEL出場権を獲得する快挙を達成。39歳の青年指揮官ディエゴ・マルティネス監督の下、昨季のセグンダA(2部)を2位で終え2016-17シーズン以来のプリメーラに復帰したグラナダ。 FWソルダード、MFゴナロンといった実力者を補強も下馬評は決して高くなかったが、[4-4-2]をベースに各選手が自身の役割を全うする組織だったスタイルを武器に快進撃を続け、第10節にはマドリーやバルセロナ、アトレティコを抑えて首位に立った。その後は対戦相手の分析が進み、冬の期間には負けが先行。だが、第24節から6戦負けなしと復調を見せると、リーグ再開後も着実に勝ち点を重ねた。そして、9位で迎えた最終節ではアスレティック・ビルバオに4-0の快勝を収めると、ヘタフェとバレンシアの敗戦によって7位でフィニッシュし、クラブ史上初のEL出場権を獲得した。 ★選手 ◆FW久保建英(マジョルカ) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季ラ・リーガのサプライズに。FC東京から世界屈指の名門レアル・マドリーに加入した若き日本代表は、昇格組のマジョルカを武者修行先に選択。昨年9月1日の第3節バレンシア戦でプリメーラデビューを飾ると、数試合の準備期間を経て同年11月のビジャレアル戦で待望の初ゴール。以降は一時期ベンチを温める難しい期間はあったものの、最終的にリーグ戦35試合に出場し4ゴール5アシストを記録。 とりわけ、長期に渡る中断期間に取り組んだフィジカルトレーニングによって、再開後は持ち味のテクニック、戦術眼に強さとスピードが加わり、切れ味鋭い仕掛け、視野の広さとキック精度を生かした高精度のチャンスメークで、アトレティコやバルセロナ、マドリーといった世界屈指の守備陣を手玉に取る鮮烈な活躍を披露した。なお、来シーズンは今季5位のビジャレアルが新たな修行先となる。 【期待外れ】 ★チーム ◆ベティス <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_102_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 好タレント擁するも、昨季以下の15位と振るわず。昨シーズンを10位で終えたベティスはセティエン前監督(現バルセロナ)の後任として、昨季エスパニョールにEL出場権をもたらしたルビ監督を招へい。さらに、GKパウ・ロペス、MFロ・チェルソ、DFフィルポら主力が抜けた中、FWイグレシアス、FWフェキル、DFエメルソン、FWフアンミ、MFアレーニャ(冬加入)らを補強。 しかし、堅守速攻をベースとするルビ監督のスタイルは、極端なポゼッションスタイルを採用していた前体制と大きくやり方が異なることもあり、シーズン序盤から苦戦。中位以下に甘んじる状況が続く中、6月半ばにはルビ監督の更迭に踏み切った。その後、トゥルヒージョ暫定指揮官の下で辛くも残留を手繰り寄せるのが精一杯だった。新シーズンに向けてはチリ人指揮官ペジェグリーニ 監督の招へいが決定しているが、ここに来て中国行きの可能性が浮上したことにより、ジョルディ・クライフ氏への指揮官交代も噂されている。 ★選手 ◆FWエデン・アザール(レアル・マドリー) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_102_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> エルブランコ加入の夢実現もキャリア最悪のシーズンに。チェルシーとベルギー代表の絶対的なエースとして、1億ユーロ超えの鳴り物入りで加入したアザールだが、シーズンを通じてコンディション面に問題を抱え、16試合出場1ゴール3アシストという低調な数字に終わった。 プロデビューシーズンを除きリール、チェルシーでは毎シーズン30試合以上に出場するタフネスぶりも売りのひとつだったが、憧れのクラブ加入で気が緩んだか、完全にウエイトオーバーでシーズンを迎えると、持ち味の鋭い仕掛けは見る影もなし。さらに、全権を与えられたチェルシー時代と異なり、チームプレーを求められた影響もあり、窮屈なプレーぶりも目立った。本調子を出し始めた昨年11月の負傷離脱は不運としか言いようがないが、それでも同じく苦戦したFWフェリックス、FWグリーズマンと比較しても、最も期待外れなプレーヤーだった。 2020.08.11 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【2019-20セリエAベストイレブン】上位4強から満遍なく選出!

2019-20シーズンのセリエAが8月2日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:ハンダノビッチ DF:デ・フライ、ボヌッチ、テオ・エルナンデス MF:デ・ルーン MF: ルイス・アルベルト、ディバラ、アレハンドロ・ゴメス FW:ルカク、インモービレ、C・ロナウド GKサミル・ハンダノビッチ(36歳/インテル) 出場試合数:35(先発回数:35)/失点数:32/出場時間: 3150分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw07.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントスの優勝に貢献したシュチェスニーも候補に挙がったが、試合数と失点数を考慮し、インテルの守護神を選出。相変わらずのセービング能力の高さで、簡単にゴールを割らせなかった。リーグ最少失点の堅守を誇ったチームの最後の砦として、圧倒的な存在感を未だに放ち続けている。 DFステファン・デ・フライ(28歳/インテル) 出場試合数:34(先発回数:32)/得点数:4/出場時間: 2828分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw08.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> DFシュクリニアル、急成長したDFバストーニと共に強固な3バックを形成。今季はベテランのDFゴディンが加わったが、コンテ監督は実力者のゴディンではなくデ・フライをディフェンスリーダーに指名し、その期待に見事応えたと言える。 DFレオナルド・ボヌッチ(33歳/ユベントス) 出場試合数:35(先発回数:35)/得点数:3/出場時間: 3085分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw09.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 復帰2年目の今季、相棒の主将DFキエッリーニが開幕前に長期離脱となった中、ボヌッチがディフェンスリーダーとして、そして代役のキャプテンとしてさすがの存在感を放った。新加入のDFデ・リフトがなかなかチームにフィットせず不安定だった序盤、持ち前のソリッドさと統率力でカバーして見せた。33歳とベテランの域に入ってきた中、コンディションを高いレベルで維持したことも評価したい。 DFテオ・エルナンデス(22歳/ミラン) 出場試合数:33(先発回数:32)/得点数:6/出場時間:2818分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw010.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 左サイドバックからテオ・エルナンデスを選出。ミランから唯一の選出としたテオ・エルナンデスは、シーズンを通してダイナミックな攻撃参加を武器に存在感を示し続けた。守備の軽さは玉に瑕だが、それを補って余りある攻撃力で6ゴール5アシストを記録。左サイドからのオーバーラップはミランの強烈な武器となった。 MFルイス・アルベルト(27歳/ラツィオ) 出場試合数:36(先発回数:36)/得点数:6/出場時間:3122分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw012.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 後半戦はやや失速したが、それでも16アシストを記録し、得点王に輝いたインモービレの大半のゴールをお膳立てしてみせた。シーズン開幕前にはセビージャへの復帰が噂されながらもラツィオでの4シーズン目を迎えたスペイン人MFは、抜群の精度を誇るスルーパスを武器に攻撃を操った。 MFマルテン・デ・ルーン(29歳/アタランタ) 出場試合数:35(先発回数:29)/得点数: 2/出場時間:2717分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw011.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 相棒のMFフロイラーと共にアタランタの中盤を支えた。攻守に幅広く動くフロイラーに対し、デ・ルーンは中盤をコントロールできるMFでチームに絶妙なバランスをもたらした。ハードなスタイルを貫いたチームの中で、疲弊を感じさせずケガなくシーズンを戦い切った点も評価。 FWパウロ・ディバラ(26歳/ユベントス) 出場試合数:33(先発回数:25)/得点数:11/出場時間: 2165分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw013.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季開幕前には放出の可能性もあった中、見事な活躍で9連覇に導いた。コロナに感染する逆境にも遭ったが、リーグ再開後は5試合連続ゴールを挙げるなど、逆にギアを上げた。最終的には3トップ中央の位置でのプレーに落ち着いたが、C・ロナウドと良好な関係を保ち、攻撃を牽引した。一定の自由を与えられたファンタジスタは本来の輝きを取り戻し、インテル戦やアタランタ戦といったビッグマッチで貴重なゴールを挙げた。 MFアレハンドロ・ゴメス(32歳/アタランタ) 出場試合数:36(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:2860分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw014.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 躍進アタランタの中心。在籍6シーズン目の10番が今季も躍動した。32歳と円熟味を増した小柄な天才アタッカーは、ルイス・アルベルトと並ぶ16アシストでFWサパタ、FWムリエルらのゴールをお膳立て。リーグ最強の攻撃力を誇るアタランタを象徴する存在だった。 FWロメル・ルカク(27歳/インテル) 出場試合数:36(先発回数:33)/得点数:23/出場時間:2983分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw015.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 覚醒したFWラウタロ・マルティネスと共にインテルの攻撃を牽引。DFスモーリング同様、ほぼ戦力外扱いでマンチェスター・ユナイテッド退団となった中、自身の価値を改めて証明してみせた。圧倒的なフィジカルを武器にインテルのレジェンドであるヴィエリ氏を思い起こさせるような重戦車ぶりでセリエAの守備陣をなぎ倒し、23ゴールをマークした。 FWチーロ・インモービレ(30歳/ラツィオ) 出場試合数:37(先発回数:36)/得点数:36/出場時間:3176分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw016.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 堅守速攻を完結させるフィニッシャーとして申し分ない働きを果たした。得意の裏抜けからの正確なシュートでゴールを量産。ルイス・アルベルトとのホットラインもラツィオの十八番となっている。 FWクリスティアーノ・ロナウド(35歳/ユベントス) 出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:31/出場時間:2919分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw017.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 加入2シーズン目の今季もゴールゲッターとしての役割をしっかりと果たした。パフォーマンス自体は決して良いものとは言えなかったが、それでもPKを含め、決定機を確実に仕留め続けて31ゴールを挙げた点は流石の一言。 2020.08.11 18:01 Tue
twitterfacebook