【インタビュー】プレーの幅を広げた遠藤渓太が感じる成長と危機感

2019.02.09 19:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
サイドをドリブルで切り裂き、チームの攻撃を活性化させる遠藤渓太。プロ3年目の2018年は、チームとしても個人としても新たなことに取り組んだ。

U-21日本代表としてもこれまでにない役割を与えられた遠藤。順風満帆とはいかなかったシーズンだが、得たものは大きい。プレー機会を増やしながらも、危機感を持ったシーズンを終えた遠藤からは、手応えとともに今後への固い決意を語ってくれた。

取材・文・写真:菅野剛史
取材協力:アディダスジャパン
◆様々な悔しさを2019シーズンへ

──2018シーズンを振り返ってください

プロ3年間の中で一番試合に絡めたシーズンだと思います。シーズン序盤は、なかなかチャンスを作れなかったり、良い場面を作っても得点に繋がらないシーンも多くあって、チームも下降気味になる時間が多かったです。調子が悪い時期もありましたし、残留争いまでしてしまい、苦しいシーズンでした。

その中で、チームとしても個人としてもそこから目を逸らさずに挑んだ結果が、残留という結果に繋がったと思います。それ以外にも、チームとしての成長や2019シーズンに繋がるものもあったと思います。


──監督が代わり、やり方も大きく変わり、遠藤選手としてもポジションを含めて大きな変化
があったシーズンだったと思います


監督に求められることが大きく変わりましたし、監督が求めているプレーをみんなも分かったと思います。監督が求める通りに動くことで、得点が生まれるシーンもありました。ただ、試合中はボードゲームのように動くものではないので、その場で臨機応変に動けることが大事だと思います。

新しい監督になって1年目でしたし、大きな変化があった中で、残留できたことは2019年に向けて良かったことかなと思います。


──ドリブルのイメージが強いですが、2018シーズンは味方を生かすプレーや時間を作るプレーなども多かったと思います。プレーの幅が広がったという感覚はありますか

僕の周りに活かすと良い選手がたくさんいますし、横(天野純選手)にも後ろ(山中亮輔選手)にも日本代表の選手がいました。良いタイミングでしっかり動いてくれますし、パスを出すとそれに応じたプレーを見せてくれます。だからこそ、そこは信頼関係ですね。パスを出せるようになりました。


天野選手は、「パスが出てくるようになったから、俺も走るようになった」と言ってくれたこともあったので、少しずつ周りを見ることができる様になったのかなと思います。


──YBCルヴァンカップではニューヒーロー賞を受賞されましたが、受賞に対しての思いというのを改めて
(C)J.LEAGUE PHOTOS
大会では点を取っていないですし、手応えがあったのは準決勝の鹿島アントラーズ戦だけです。無得点でニューヒーロー賞を獲っていいのかという気持ちはあったのですが、そこは今後のプレーで表現できれば良いかなと思いました。決勝に出られない悔しさもあったので、そういったものも2019シーズンに繋げていければと思います。

◆代表は最後に呼ばれなければ意味がない

──2018年はU-20、U-21日本代表としての活動も多くありました

ポジションがまず違いますし、今までやったことのないポジションだったので、手探りの中で最初はやっていました。チャンスをもらえていた部分があったので、そこで結果を残せれば良かったですが、なかなか結果を残せず、手応えもない感じでした。


代表は呼ばれる度に結果を残して、次はないという気持ちでやらなければいけないと思っています


──ウイングバックという普段やっていないポジションでしたが、クラブでの役割との切り替えなどは難しかったですか

攻撃の部分はあまり変わらないですが、守備の部分は大変でした。元々守備はそれほど得意ではないので、その中でしっかりポジショニングや声を掛けるなどが難しかったです。


──2020年の東京オリンピックに向けて、もう1つ下の世代はU-20ワールドカップもあり、競争が激化すると思いますが

ずっと代表に呼ばれていても、最後に呼ばれなければ意味が無いと思っています。ポジションを取られて出られなくなる可能性は常にありますし、下の世代で調子の良い選手がいれば、自ずとそういったことは起こると思います。その競争に勝ってこその東京オリンピックだと思いますし、しっかり選ばれてこそ代表選手だと思うので、まずはチームで結果を残すことですね。


──2018シーズンのチームでの活躍、成長が代表にも繋がっているという意識はありますか

それは監督も言ってくれました。チームで試合に出られなくなったら、きっと代表にも呼ばれなくなるので、危機感を持ってやっていきたいなと思います。

◆足は凄く敏感、馴染むことが大事
(C)CWS Brains,LTD.
──今度新たに登場する「X」はカラーが赤ですが、見られた時の感想はどうでしたか?

個人的には結構好きなタイプの色ですね。


──派手なスパイクが好みですか?

派手なスパイクが好きですね。


──機能面も含めて、スパイクへのこだわりはありますか

やっぱりフィット感は大事だなと思います。最初に履いた時の感覚も大事ですし、しばらく履いて足に馴染む感じも大事ですね。


──プレーをする上で、スパイクの影響は大きいと思いますが、違いには敏感ですか?

凄く敏感ですね。足裏が痛くなったり、側面が痛くなってしまうことがあるので、練習でしっかり履いて馴染ませてというのが必要になりますね。


──今履いている「X」はフィット感を含めて合っているんですね

長く履いていると足に馴染んでくれるので、そこはとても良いなと思います。


遠藤渓太選手が着用の『EXHIBIT PACK』は
アディダス オンラインショップでチェック

関連ニュース
thumb

女子W杯や今季のJリーグ公式試合球「オーシャンズ(OCEAUNZ)」が発表! ブルーやグリーンのカラーリング

アディダスは24日、今夏行われるオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の公式試合球を発表した。 オセアニア地域の共済となる今大会。なでしこジャパンも参加が決定しており、スペイン女子代表ともグループステージで同居している。 今回発表された公式試合球は「オーシャンズ(OCEAUNZ)」と命名。開催地域であるオセアニア(OCEANIA)と、オーストラリア(AU)とニュージーランド(NZ)のイニシャルが組み合わされている。 「オーシャンズ」には両国の雄大な自然と文化にインスピレーションを受けたデザインとカラーリングが取り入れられ、今回の共同開催大会を記念した公式試合球となっている。 真珠のような光沢感のあるホワイトベースに、オーストラリア独特の景色からインスパイアされたブルーとグリーンの模様を施し、ニュージーランドの雄大な山々や、オーストラリアとインド洋との深いつながりを視覚的に 表現したデザインとなっている。 グラフィックパターンにはオーストラリア出身のシェルニー・サットン(Chern’ee Sutton)と、ニュージーランド出身のフィオナ・コリス(Fiona Collis)という 2 名のアーティストの手によるデザインをフィーチャーし、今回の 2 カ国共同開催を記念した。また、ゴールやボールといったサッカーに関する様々な要素もビジュアルに取り入れることで、この記念すべきスポーツの祭典を表現している。 アディダスが発表するFIFA女子ワールドカップの歴代公式球としては1999年以来9代目にあたり、カタール W杯の公式試合球「アル・リフラ」と同様に、現代サッカーのスピーディーな展開に対応する機能性を実現している。 なお、2月に開幕する明治安田生命Jリーグや2023年のFIFA(国際サッカー連盟)主要大会でも公式球となる。 <span class="paragraph-title">【写真】選手もボールを手に! Jリーグ&女子W杯の公式試合球「OCEAUNZ」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230124_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.01.24 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「美しい」「いつだって釘付けにさせる」イタリア代表がアディダスで初ユニフォーム!「大理石」のデザインにファンから称賛の嵐「なんてデザインなんだ!」

イタリアサッカー連盟(FIGC)とアディダスは17日、新ユニフォームを発表した。 これまでプーマがサプライヤーを務めてきたイタリア代表。新たにアディダスと契約を結び、1月1日からサプライヤー契約がスタート。今回が初めてのアディダス製のユニフォームとなる。 デザインは、イタリア全体を代表する自然、地理、文化的要素である「大理石」。何世紀にもわたってイタリア半島の多くのモニュメントや場所に存在するものだ。 伝統の“アッズーリ(青)”をベースとしたホームキットは、シャツとパンツの両方に伝統的な職人技と革新的な技術を組み合わせた手作業で、大理石を生地に再現。まとまりのある美しいデザインとなった。 また、アディダスのスリーストライプは白で入っているものの、イタリア国旗の緑と赤が細いラインで入り、トリコロールが再現され。首周りや袖口にはゴールドもあしらわれている。また、襟の裏には「Italia」の文字が入っている。 アウェイキットも「大理石」から強くインスピレーションを得ており、ネイビーで大胆にデザイン。オフホワイトをベースとし、まさに「大理石」のようなイメージに仕上がっている。 ファンは「美しい」、「イタリアはいつだって釘付けにさせる」、「なんてデザインなんだ!」、「デル・ピエロを使ってくるとは」とコメント。初のアディダスユニフォームは好評を得ている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】イタリア代表のアディダス初ユニフォームが大好評!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="70_TteEz5cA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw0.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/italy20230117_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.01.17 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「かっこよ!!!」「素晴らしい」J1昇格目指す仙台の新ユニフォームはクラブ初の全身ゴールド!「黄金聖闘士」

ベガルタ仙台は10日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンはJ1復帰を目指した中、上位につけていたが、後半戦に入り低迷。シーズン途中に監督交代を行うなどしたが立て直せず。7位で終了し、J1参入プレーオフにも回ることができずに終わった。 改めてJ1昇格を目指すシーズンとなる2023年。伊藤彰監督が続投となり臨むシーズンは、引き続きアディダスがサプライヤーとなる。 FPの1stは「黄金主義(GOLDISM) 」がテーマ。クラブのシンボルであるベガルタゴールドをシャツからショーツ、ソックスと全身に採用。クラブ史上初のオールゴールドとなった。 デザインはサイズの違う大小のひし形が整列され、グラデーションを感じさせる仕様となっている。なお、首周りとアディダスのスリーストライプ、ロゴはベガルタブルーとなっている。 2ndはオールホワイトのカラーコンビネーションを継承し、デザインは1stと同じ。ひし形の色は、銀河の色を表すベガルタブルーで表現されている。また、首周りやアディダスのスリーストライプもベガルタブルーに。一方で、アディダスのロゴはベガルタゴールドとなっている。 GKはアディダスのグローバルデザインを踏襲。1stがベガルタレッド、2ndがベガルタブルーをベースとしており、光り輝くダイヤモンドのベース柄がユニフォームにデザインされている。 ファンは「全身ゴールド!」、「好き」、「かっこよ!!!」、「黄金聖闘士」、「素晴らしい」、「黄金を纏うとは」と、クラブ史上初の試みに好意的な反応が寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】仙台の新ユニフォーム、FP1stは全身ゴールドに!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">━━━━━━━━━━━━<br>ベガルタ仙台 2023シーズン<br> ユニフォーム発表‼<br>━━━━━━━━━━━━<br><a href="https://t.co/9wVe4K9gmv">https://t.co/9wVe4K9gmv</a><a href="https://twitter.com/hashtag/VEGALTA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VEGALTA</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/GRAV_%E5%8D%94%E5%89%B5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GRAV_協創</a><a href="https://twitter.com/hashtag/UNIFORM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UNIFORM</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベガグッズスタッフ</a> <a href="https://t.co/oFf4soile8">pic.twitter.com/oFf4soile8</a></p>&mdash; ベガルタ仙台【公式】 (@vega_official_) <a href="https://twitter.com/vega_official_/status/1612721026466516992?ref_src=twsrc%5Etfw">January 10, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.10 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「かっけえ」「クリスマスプレゼント」町田がアディダスと契約、新ユニフォームに反響「レスター?」「チェルシー?」と海外クラブっぽさを感じるファンも

FC町田ゼルビアは24日、2023年よりアディダスとオフィシャルキットパートナーと契約することを発表。新ユニフォームデザインも発表された。 新監督に黒田剛監督を迎え、新社長にはサイバーエージェントの藤田晋社長が就任と改革中の町田。JFL時代の2009年から「SVOLME」がサプライヤーを務めていた。 しかし、その契約も2022シーズンを持って14年間で終了。新たなサプライヤーにアディダスを迎えることとなった。 その町田の新ユニフォームはとてもシンプルなデザインに。1stユニフォームはクラブカラーの青を採用。金色のスリーストライプスでクラブを表現したクールなデザインとなり、メインとなるロイヤルブルーで鋭さを、肩のネイビーで落ち着きを表現している。 2ndユニフォームはホワイトをベースに、クラブカラーの青と金を使ったシンプルですっきりとしたデザインとなっている。 また、GKは1stがチームカレッジレッド、2ndがチームイエローとなっている。 新デザインには「レスターっぽい?」、「どこか漂うチェルシー感」、「リーズに見える」と海外クラブのデザインに似ているというコメントが集まった。 また「かっけえ」、「シンプルで良き」、「いいじゃん」、「クリスマスプレゼント第一弾」というコメントの他、「アディダスとは!」、「まじか!」、「本気出してきた」、「ありがとう!」と、新たな契約を喜ぶ声も集まった。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】町田がアディダスと契約! 新ユニフォームも発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IW7JVQJMuZc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CmiBOfOvebP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CmiBOfOvebP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CmiBOfOvebP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC町田ゼルビア(@fcmachidazelvia)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.24 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表のW杯ベスト16の健闘称え、全選手と監督の名前入りメモリアルユニフォームが限定発売

アディダスは23日、カタール・ワールドカップ(W杯)でベスト16に進出した日本代表のメモリアルユニフォームを数量限定で発売することを発表した。 日本は、“新しい景色”としてベスト8以上の成績を目指して戦った中、グループステージではW杯王者の経験があるドイツ代表、スペイン代表に勝利する快挙を見せ、世界を驚かせた。 ラウンド16ではクロアチア代表と対戦。PK戦の末に惜しくも敗れ、再びベスト8の壁に阻まれたが、健闘した姿は多くの日本国民の心にも響くこととなった。 そんな中、アディダスは森保一監督とW杯メンバー26名の名前と背番号が入ったメモリアルユニフォームを発売。国内限定、210着限定で販売する。 歓喜をもたらす祈りの象徴として表現され、今回のサッカー日本代表の活躍の象徴となった「ORIGAMI」のグラフィックはそのままに、フロントにはSAMURAI BLUEが戦い抜いたグループステージ3戦とノックアウトステージのマッチデイプリントと試合結果を刻印。サッカー日本代表の歴史的な健闘を称える、メモリアルな1枚となっている。 23日(金)の10時よりアディダスオンラインショップやアディダスアプリ、一部全国のアディダスお取り扱いオンラインショップにて予約受付を開始。24日(土)10時より一般発売が開始される。価格は2万4200円(税込)、サイズはS〜3XLまで用意されている。 <span class="paragraph-title">【写真】新しい時代を切り拓いた日本代表のメモリアルユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221222_tw0.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221222_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221222_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221222_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.12.23 10:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly