発展途上のチームにとってはマイナスではない勝ち方/日本代表コラム

2019.01.23 14:09 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアでの戦いでここまで相手にボールを持たれたことはあっただろうか。21日に行われたアジアカップ ラウンド16のサウジアラビア代表戦、日本代表は1-0で勝利し、ベスト8に駒を進めた。

負ければ即大会が終了するノックアウトステージに突入。初戦は、アジアの中でも強敵であるサウジアラビアとなった。ここ数年で再び力をつけ、ロシア・ワールドカップにも出場。グループステージでの敗退となったが、エジプト代表に勝利していた。

フアン・アントニオ・ピッツィ監督の下、ポゼッションサッカーを確立してきたサウジアラビアは、日本を相手にもしっかりと自分たちのスタイルを出してきた。試合を通してのサウジアラビアのポゼッションは76.3%。後半は80%を超えており、日本は防戦一方だった。

◆拙攻にも助けられた前半
Getty Images

試合は立ち上がりからボールを握るサウジアラビアに対し、日本は前線からしっかりと守備を構築。ポゼッションをされ、ボールを運ばれるシーンは多かったものの、アタッキングサードでの相手の稚拙な攻撃にも助けられ、失点をしないまま時間が経過して行く。

1トップに入ったアル・ムワラッドに対しても、DF冨安健洋(シント=トロイデン)が競り負けることなくケア。DF吉田麻也(サウサンプトン)との連携も向上し、危なげなく守っていた。

一方の攻撃は、1トップに入ったFW武藤嘉紀(ニューカッスル)にボールを入る機会が少なく、MF南野拓実(ザルツブルク)やMF堂安律(フローニンヘン)とのコンビネーションも、改善は見られたが、良い形は作れていなかった。

それでも20分、CKを獲得すると、MF柴崎岳(ヘタフェ)の絶妙なクロスを、冨安がヘディングで合わせてゴール。冨安の代表初ゴールで、日本が先制した。

◆カギを握った先制点
Getty Images

立ち上がりからサウジアラビアは、先制点を目指して攻勢をかけていた。押し込む時間はあり、セットプレーも何度か獲得していただけに、自分たちが主導権を握っていたはず。しかし、日本の先制により、状況が一変した。

サウジアラビアは継続してポゼッションを高め、日本陣内でのプレー時間が長くなる。しかし、アタッキングサードでの精度は低く、日本ゴールに迫るシーンは多くなかった。

とりわけ、日本の最終ラインもDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF長友佑都(インテル)を含めて集中を見せていた。サウジアラビアの揺さぶりにも大きく振られることはなく、前半は危なげなく戦えていただろう。

森保一監督も「少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」と試合後にコメント。オプションと言うと少しポジティブすぎる気もするが、この展開で無失点に抑えられたことは大きい。

後半に入っても、サウジアラビアは立ち上がりからポゼッションを高めて行く。しかし、日本は最後まで大きく崩されたシーンは少なかった。

◆したたかな勝ち方はマイナスではない
Getty Images

ポゼッションされてしまったという点では、数字で見ても大きな差があり、日本の試合ではなかなか見られるものではなかった。しかし、そんな中でも無失点に抑え、90分で勝ち切ったことは、今のチーム状態を考えてもプラスだろう。

ポゼッションすれば勝てるのであれば話は変わってくるが、こういった展開の試合を勝ち切ったことは、経験値という点でも得たものは大きいはずだ。

3年後のカタール・ワールドカップまでには、6月のコパ・アメリカもあり、その後のアジア予選もある。世界との差を詰めるという課題はありながらも、何よりもアジアを勝ち抜かないことには、世界の舞台にすら立てない。

その中で、経験値の少ない選手たちを中心としたチームがしたたかに勝ち切ったことは、この先の決勝までの道のりを考えてもプラスだ。

◆防戦を打開する追加点は課題
Getty Images

とは言え、サウジアラビア戦のような展開では、1点差は危険だ。どんな形でも、1点が入る可能性は少なくない。PKを取られる可能性もある。クロスやシュートがオウンゴールに繋がることもある。ブロックに入っていても、ディフレクトしてコースが変わることだって考えられる。

今大会の日本は、効果的な追加点を奪うことができていない。それは、1トップの一番手である大迫勇也(ブレーメン)が負傷で居ないことも少なからず影響しているだろう。しかし、どんな状況でもゴールを奪わなければ勝てないのは一緒だ。

サウジアラビア戦はあまりにもボールを持たせてしまったことは事実。そのため、攻撃陣が形を作ることさえできなかったことも事実だ。ポゼッションの数字というよりは、その局面を打開しきれなかったことを課題とすべきだろう。

カウンターのチャンスでは、MF原口元気(ハノーファー)のロングフィードをフリーで受けた武藤に通ったが、コントロールできずにシュートを打てなかった。

右サイドに途中から入ったMF伊東純也(柏レイソル)も、チャンスと思われるシーンがあったがファウルの判定で立ち消えに。少ないながらも得点のチャンスを作れて居た瞬間はあっただけに、次同じ展開となれば2点目、3点目の奪い方を準備しておきたい。

◆発展途上のチームなりの戦い方
Getty Images

ロシア・ワールドカップでベスト16まで勝ち進んだ日本だが、現在の日本代表は活動開始から5カ月目。メンバーも大きく変わり、国際大会での経験が少ない選手が多い。言わば発展途上のチームだ。

アジアの中では力があるとはいえ、特有の雰囲気や日本に対する相手国の出方など、初めて感じる選手も多いはず。メンバーの多くが初めてのアジアカップ出場であり、A代表の経験すら少ない選手が多い。

そんな中で、内容として満足するものはなくとも、ここまで4連勝。優勝まではあと3つという状況だ。課題を毎試合見つけ、次の試合までに改善する。その繰り返しをすることで、チームは成長し、力をつけていくもの。優勝という目標もさることながら、多くの試合を経験するというのも、今のチームには必要なことだ。

この4試合を見ても、冨安の成長は目覚しい。一方で、南野、堂安、北川、伊東などは結果を残せて居ないだけに、悔しいものを胸に抱えているはずだ。その力が結果として残ったとき、チーム、そして個人として、1つステージを上げることができるはずだ。

次はベトナム代表との対戦。これまでの4カ国とは、また大きくスタイルが異なるチームだ。試合数が増え、日程と移動を考慮すれば、選手たちの疲労もケアしていきたいところ。「総合力」で頂点に立つための準備に期待したい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント