フェライニがふくらはぎの負傷により約1ヵ月間の離脱

2019.01.18 20:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニが、ふくらはぎの負傷により最低3、4週間の離脱を強いられるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

『スカイ・スポーツ』によると、フェライニはトレーニングの中で負傷。昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督からオーレ・グンナー・スールシャール監督が仕事を引き継いで以来、フェライニは出場機会を激減させており、今冬の移籍も囁かれる中での離脱となった。

フェライニの状態について、スールシャール監督は以下のようにコメントしている。

「彼はおそらく最低3、4週間を要する。ふくらはぎの問題だ」

「悲しいことだ。選手それぞれに違った特徴があるし、私たちはみんなフェライニの特徴を分かっているからね」

「彼は一生懸命に頑張ってこれからのビッグゲームのために戻るよ」

関連ニュース
thumb

ドルトムントはC・ロナウド獲得に関心なし…世界トップクラスの年俸がネックに

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)との関連が伝えられるドルトムントだが、ドイツ『スカイ』によれば、獲得に関心を持っていないようだ。 チャンピオンズリーグ(CL)出場を求めて、今夏の移籍を熱望しているC・ロナウド。ここまでバイエルンやチェルシー、アトレティコ・マドリーなどの名が取り沙汰されたが、いずれも具体的な交渉には進展しなかった。 また、古巣であるスポルティングCPが獲得に向けて接触したものの、C・ロナウドはあくまでCL優勝を目指せるトップクラブ移籍を望んでいることから、実現の可能性は低い模様だ。 移籍市場も終盤に差し掛かるなか、いまだ獲得に接近するクラブは現れていないが、ドイツ『ビルト』ら複数メディアによると、現在37歳はドルトムント移籍を希望しており、代理人のジョルジュ・メンデス氏が売り込みを図っているという。 今季CLに出場するドルトムントは、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜として獲得したコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが、精巣腫瘍で長期離脱に。クラブはケルンからフランス人FWアントニー・モデストを緊急補強したが、ハーランドの抜けた穴を完璧に埋めるため、並外れた決定力を備えるC・ロナウド獲得の可能性はあると報じられていた。 しかし『スカイ』は、現時点でドルトムントはC・ロナウド獲得に関心を抱いていないと、明確に報道を否定。3000万ユーロ(約41億円)ともされるC・ロナウドの高額年俸を負担するのが困難とのことだ。加えて、若手を中心に獲得するクラブの補強方針にも反していることから、今後も獲得に関心を持つ可能性は低いと伝えられている。 2022.08.19 18:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに急浮上したカゼミロ獲得の動き、成立近し?

降って湧いたように浮上したレアル・マドリーからブラジル代表MFカゼミロ(30)を狙うマンチェスター・ユナイテッドの動きだが、早々に形となりうるようだ。 今夏のマーケット序盤からバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを狙うなど、中盤のコネクター役を探すユナイテッド。1stターゲットだったF・デ・ヨングの取り逃がす公算が高まるなか、新たに獲得を目指したユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオも給与面で折り合いつかず、ことごとく逃している。 暗い影を落とすなか、急浮上したのが元ドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表MFルカ・モドリッチとともに長らくレアル・マドリーの中盤に君臨するカゼミロだ。突如として浮かび上がったニュースとあって、当初こそ信じがたい部分もあったが、欧州各メディアから事実とする報道が次々となされ、注目をさらっている。 そして、イギリス『BBC』の続報によると、交渉は迅速に進み、ユナイテッド側は数日以内の取引完了を楽観視。取引額は基本移籍金6000万ユーロ(約82億7000万円)に1000万ユーロ(約13億7000万円)の出来高払いで、カゼミロはユナイテッド内でトップクラブの給与を手に1年延長オプション付きの4年契約にサインするという。 また、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者もほぼ同様の見立てで、ユナイテッドは数時間以内の取引成立を目指して奔走。レアル・マドリー側がオファーを受け入れた場合、カゼミロはユナイテッド入りに際したメディカルチェックが48時間以内にも受けると推察され、スピード決着の様相も呈している模様だ。 プレミアリーグ開幕2連敗スタートでなりふり構っていられないユナイテッドではブラジル代表MFフレッジとスコットランド代表MFスコット・マクトミネイの出来がイマイチで、補強の必要性が改めて浮き彫りに。開幕からのチーム状況もあって、補強の動きに拍車がかかっている。 そうした背景もあるなかで、ロマーノ氏いわく、カゼミロの獲得を時間の問題とするユナイテッドだが、メディカルチェックにビザ取得、そして契約を結ぶまでに24〜48時間を要するため、22日にホームで行われるリバプールとのプレミアリーグ第3節には間に合わないものとみられる。 2022.08.19 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

最下位ユナイテッド…OBは移籍希望のC・ロナウドにリーダーシップ求める「彼だけがチームを引っ張れる」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、去就問題に揺れるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにリーダーシップを期待している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 昨季プレミアリーグを6位で終えたユナイテッドは、今夏にエリク・テン・ハグ監督を招へい。新体制での巻き返しを誓い新シーズンに臨んだが、プレミアリーグ開幕から2連敗で最下位に転落するなど、早くも危機的状況に立たされている。 加えて、エースとしてチームの牽引が期待されたC・ロナウドはチャンピオンズリーグ(CL)出場を求めて移籍を希望。代理人のジョルジュ・メンデス氏は他クラブへの働きかけを隠そうとせず、チームの混乱に拍車をかけている有様だ。 YouTubeチャンネル『The Diary of a CEO』に出演したネビル氏も、古巣の現状やC・ロナウドの振る舞いには落胆。それでも、今の混乱するチームを牽引できるのはC・ロナウドだけだと、リーダーシップの発揮を望んだ。 「(現在の振る舞いについては)クリスティアーノを批判しないとならない部分だ。君はスターであり、世界一の選手なんだ。今の状態はいい加減にして欲しいね。今はピッチを出て行く時じゃないだろうと言いたい」 「今こそ、彼のような選手がチームを率いていくべき時だと思う。しかし、実際の彼はクラブを去りたがっており、その望みは叶うかもしれない。そして、誰が彼の決断を責められるだろう」 「彼は、偉大なことを成し遂げているクラブで、自分のキャリアを終えたいのだ。それでも、私はあのユナイテッドのドレッシングルームで、彼だけがチームを引っ張れる選手だと思っているよ。彼だけが、生まれつきの反発力と精神的な強さを備えている」 また、ネビル氏はかつてのチームには力強いリーダーシップを備える選手がいたと回想。現在はそうした大黒柱の不在が混乱の一因になっていると分析した。 「かつてはピーター・シュマイケルやロイ・キーンが選手たちの目の前にいて、トンネルを歩いていた。安心感があったよ。当時の我々は20代前半の若者だった」 「経験豊富な人たちに見守られているとわかるから、安心できたのだ。一人じゃないと理解できていた。だが、今の選手たちはピッチに出ると孤独を感じているように見える。自分のそばに、誰もいないような気がしているだろう」 2022.08.19 16:08 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、アントニーに再挑戦もアヤックスが門前払い…代替案にPSVガクポ

今夏のマーケットが終盤に差しかかり、補強の手を強めるマンチェスター・ユナイテッドだが、以前から噂されるアヤックスからブラジル代表FWアントニー(22)の獲得は難しそうだ。 ここまでDFタイレル・マラシア、DFリサンドロ・マルティネス、MFクリスティアン・エリクセンを獲得したユナイテッドだが、プレミアリーグでまさかの開幕2連敗。先が思いやられる結果でなりふり構っていられず、補強の動きにも噂レベルながら拍車がかかっている。 そんな赤い悪魔は二の足を踏むコネクター役にレアル・マドリーでプレーするブラジル代表MFカゼミロの獲得話が唐突に浮上して、実際にその動きが前進中とされるが、同時に今夏の早い段階から関心が取り沙汰されるアントニーにも再チャレンジしているといわれている。 そして、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、ユナイテッドは17日に移籍金8000万ユーロ(約109億7000万円)のオファーを打診したが、アヤックスは拒否。今後もプッシュし続けるか否か不明で、獲得の可能性は現時点で希薄だという。 なお、ユナイテッドはほかのターゲットとして、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポをあげている模様だ。 2022.08.19 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

「C・ロナウドにはチーム作りだったりにかける時間がない」 元戦友ナニがフォロー

マンチェスター・ユナイテッドからの移籍か、残留かで揺れるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に元戦友でメルボルン・ビクトリーのMFナニが語っている。 今季のユナイテッドがエリク・テン・ハグ新体制で再出発を期すなか、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを求め、移籍を懇願しているといわれるC・ロナウド。開幕後もユナイテッドでプレーしているものの、家族の事情によるプレシーズンの不参加をはじめ、その後もネガティブなニュースが相次ぎ、いまだ移籍の話で話題を振りまいている。 最近では売る気なしの姿勢だったユナイテッドの上層部もチーム内でネガティブな存在となりつつあるC・ロナウドの現状から、一転して移籍容認の方針転換が噂に。イギリス『メトロ』によると、ナニはユナイテッド時代の同僚であるリオ・ファーディナンド氏のポッドキャスト番組『Vibe With FIVE』で、同胞の現状に理解を示したようだ。 「僕らは一緒にプレーしてずいぶんと時間が経つし、クリスティアーノはもう子供じゃない。時代は変わり、リアクションも姿勢も変わる。でも、見ての通り、彼はずっと一貫している。負けず嫌いで、チームがうまくいっていないときは反応する」 「ただ、違うのは時代だ。彼はまたマンチェスター・ユナイテッドでプレーしているけど、様々なチームで様々な選手とうまくやってきたんだ。今は監督が強いチームを作ろうとしているクラブにいるけど、それは簡単じゃないし、時間もかかる」 「クリスティアーノにとって、チーム作りや次のシーズンを待つのに時間をかけてはいられない。この先もゴールを決め、トップに立ち続ける選手でいたいんだ。だから、今回の反応はいたって普通。誰だって、間違った反応をしたりするものさ」 2022.08.19 08:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly