ケイン&ソン・フンミンが離脱のトッテナム、代役としてマウコムの獲得を検討か2019.01.15 18:24 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムが、バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)の獲得を検討しているようだ。『ESPN』が伝えた。

トッテナムでは、1月13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦で、終盤にケインが足首を負傷。足首のじん帯損傷の疑いがあり、完治までには少なくとも4週間がかかる見込みのようだ。また、韓国代表FWソン・フンミンがアジアカップを戦う同代表合流のため、その一戦を最後にチームから離脱している。韓国が決勝まで進んだ場合には、最低でも2月1日まではイングランドに戻ることができない。

攻撃陣が手薄になっているトッテナムは、バルセロナで不遇の時を過ごしているマウコムのレンタル移籍での獲得を検討しているようだ。

昨夏に推定移籍金4100万ユーロ(現在のレートで約51億円)でボルドーからバルセロナに加入したマウコム。しかし、選手層の厚いバルセロナでスタメンを奪うことはできておらず、リーガエスパニョーラでのプレー時間は97分にとどまっている。なお、選手当人もレンタル移籍にはオープンな姿勢でいるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【リーガエスパニョーラ第33節プレビュー】優勝へカウントダウン進むバルサはソシエダと対戦!

先週末に行われた第32節ではチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けて主力温存の首位バルセロナ、モチベーションに問題を抱える3位レアル・マドリーの上位2チームが揃って格下相手にドロー。一方、2位のアトレティコ・マドリーが勝利を収めて首位との勝ち点差を縮めた。また、ベティスとの壮絶なセビージャ・ダービーを制したセビージャがヘタフェを抜き4位に浮上している。 前節、2軍で臨んだ最下位ウエスカ戦をゴールレスドローで終えたバルセロナ(勝ち点74)だが、16日に行われたCLではユナイテッドに3-0の快勝を収めて4シーズンぶりのベスト4進出を果たした。そして、ひとまずCLの戦いを忘れて臨むリーガでは10位のレアル・ソシエダ(勝ち点41)を相手に2戦ぶりの白星を目指す。ユナイテッド戦は消耗を強いられるような試合展開を回避したため、今回の試合でも問題なく主力を起用可能だが、来週ミッドウィークにもアラベス戦が開催されるため、この2試合でターンオーバーを行う可能性が高い。その中でCL準決勝で古巣リバプールとの対戦が決定したFWスアレスやMFコウチーニョらのパフォーマンスに注目したい。 前節、残留争い中のセルタ相手にエースFWグリーズマン、FWモラタのゴールで勝ち切ったアトレティコ(勝ち点65)はバルセロナとの勝ち点差を「9」、レアル・マドリー(勝ち点61)との勝ち点差を「4」とした。ただ、現実的にここからの逆転優勝の可能性は低いため、2位死守を最優先に今後を戦いたい。その中で連勝を目指す今節は13位のエイバル(勝ち点40)の敵地に乗り込む。プレッシングの強度が高く[4-4-2]を基本布陣とする比較的似たスタイルを志向するタフな相手に対してきっちり勝ち切りたい。 一方、月曜開催となったレガネス戦を1-1のドローで終えたレアル・マドリーは数人の選手がモチベーションの低下を認めるなど、目標に乏しい消化試合の中で停滞感が漂う。それでも、7位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点46)と対戦する今節はサンティアゴ・ベルナベウでの試合だけにピリッとした試合を見せたいところ。注目は4試合連続ゴール中のFWベンゼマだ。今季ここまでリーガで18ゴール、公式戦27ゴールの元フランス代表FWは残り6試合でリーガ24ゴール、公式戦32ゴールという自己記録更新が懸かっており、現在のマドリーの中で最もモチベーション高くプレーできる選手だ。 また、熾烈なトップ4&ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いではMF柴崎岳を擁する5位のヘタフェ(勝ち点51)と、4位のセビージャ(勝ち点52)の直接対決が行われる。前節、ダービーを制して3連勝中のセビージャが勢いで勝るが、ヘタフェも数的不利を背負った中、土壇場PK弾で前節バジャドリーとドローに持ち込んでおり、好勝負が期待できそうだ。 その2チームの潰し合いを期待する6位のバレンシア(勝ち点49)はビジャレアルとのダービーを制してEL準決勝進出を決めた勢いをもって9位のベティス(勝ち点43)とのタフなアウェイゲームに臨む。さらに、直近4戦未勝利で8位まで順位を落としたMF乾貴士を擁するアラベス(勝ち点45)は降格圏に沈む18位のバジャドリー(勝ち点31)と対戦する。 また、混戦の残留争いにおいては19位のラージョ(勝ち点27)と最下位のウエスカ(勝ち点25)による裏天王山も開催される。 《リーガエスパニョーラ第33節》 ▽4/19(金) 《28:00》 アラベス vs バジャドリー ▽4/20(土) 《20:00》 セルタ vs ジローナ 《23:15》 エイバル vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 ラージョ vs ウエスカ 《27:45》 バルセロナ vs レアル・ソシエダ ▽4/21(日) 《19:00》 レバンテ vs エスパニョール 《21:00》 ヘタフェ vs セビージャ 《23:15》 レアル・マドリー vs ビルバオ 《25:30》 ビジャレアル vs レガネス 《27:45》 ベティス vs バレンシア 2019.04.19 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

名手デ・ヘア、失態のCLバルサ戦後に謝罪

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・へアが16日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦、チームメイトに詫びたという。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ホームでの1stレグで0-1の先勝を許したユナイテッド。続く16日の2ndレグで逆転突破に向け、勝利が求められ、立ち上がりから攻勢を仕掛けた。だが、終わってみれば0-3の完敗。パリ・サンジェルマン(PSG)との前ラウンドに続く逆転突破とはならず、ベスト8敗退が決まった。 この2ndレグでもゴールマウスを守ったデ・へアだが、16分に先制を許すと、続く20分にも失点。その2失点目はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの利き足ではない右足から繰り出された勢いのないシュートだったが、らしくない脇の下を抜かれる凡ミスを犯してのものだった。 そうしたパフォーマンスに批判な声が相次ぐデ・ヘアは敗退が決まった2ndレグ終了後、ドレッシングルームで自責の念を強め、チームメイトに謝罪。自身のミスがなければ、ユナイテッドが準決勝に勝ち上がれたかもしれなかったとの旨を口にした模様だ。 近年のフットボール界において、指折りのGKとして数えられるデ・ヘア。今後、プレミアリーグでのトップ4争いに全力を注ぐことになるユナイテッドの守護神として、名誉挽回のパフォーマンスが求められる。 2019.04.19 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ミスを笑わないバルサ守護神「デ・ヘアのエラーは誰にでも起こり得る」

バルセロナに所属するドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが16日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦でのエピソードを明かした。イギリス『Tribal Football』が報じた。 敵地での1stレグを1-0の先勝で飾ったバルセロナは、4年ぶりの準決勝進出を目指してホームでのリターンレグに臨むと、入りこそ相手の勢いに苦戦したが、終わってみれば3-0で快勝。2戦合計4-0でベスト4進出を決めてみせた。 この試合で勝利が必須だったユナイテッドだが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアが16分に1失点目を許すと、その4分後にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのさほど勢いのないシュートのキャッチミスで2失点目。覇気を欠いた。 そうした背景もあり、難なく準決勝に勝ち上がりを決めたバルセロナの守護神テア・シュテーゲン。だが、同じポジションの選手だからだろうが、喜べない感情が湧き上がり、デ・ヘアに対しても声掛けしたという。 「喜ぶのに少し時間がかかったよ。ダビド・デ・ヘアのエラーによるゴールだったからだ」 「皆、同じ人間。ああいったことは誰にだって起こり得ることだ」 「彼は僕と同じポジション。人生はまだ長くて、僕は彼にこう話した」 「『大したことないさ。あれは人間の過ちに過ぎないよ』ってね」 2019.04.19 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「Rakuten Cup」の発表会見に登場したアビダル氏、イニエスタら所属の神戸は「我々にとっても意義深い」

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の発表記者会見が行われた。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 記者会見に登壇した元バルセロナの選手で、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が今回の来日についてコメント。Rakuten Cupを楽しみにしていると共に、バルセロナのフィロソフィーを日本に伝えたいと語った。 ◆エリック・アビダル氏(FCバルセロナ) 「こんばんは。我々のパートナーである楽天様とともに、FCバルセロナジャパンツアー2019の発表をできることを大変嬉しく思います」 「楽天とのパートナー関係は2年前にスタートしました。サッカーだけのパートナーではありません。私たちにとっては共通の価値観である、敬意、チームワーク、そして野心を秘めた関係性です」 「今年の夏、チェルシー、そしてヴィッセル神戸と素晴らしい試合をできることを期待しています。プレシーズンにおいて、このような大きなチームとの対戦というのは非常に重要なことです。チャンピオンズリーグで活躍をしていく上でも非常に重要です」 「チェルシーとの試合は、非常に重要でありますし、ヴィッセルとの試合は元FCバルセロナの選手3名が現在ヴィッセルに所属しています。我々のプレーの仕方、哲学をよく理解している選手がヴィッセルに居るということは、我々にとっても意義深いことです」 「おそらく、日本のチームにバルサウェイを伝えて、ユースチームやアカデミーにとっても、バルサのプレーの仕方を伝えていくという一環でしょう。バルセロナは楽天とのパートナーシップを通じて、我々のスタイルを日本に伝えたいと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190418_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div> 「また、日本というのは、我々にとって、すでに家のようなものです。すでに4つのアカデミーを持っているからです。全てのアカデミーでのコーチは、バルセロナで教育を受けています。ローカルコーチ、日本のコーチにバルセロナでの哲学、プレースタイルを伝えることによって、我々にとって日本にいるファンのみなさまと近づき、バルセロナの経験、価値観を体験していただきたいと思います」 「そして、楽天の皆さんには心から感謝したいと思います。我々のこのコラボレーションに大きな貢献をいただき、ここ日本に来日する機会を与えてくださってありがとうございます。2015年以来の来日となります。2019年夏、東京で神戸で皆さんと会えることを楽しみにしています」 2019.04.18 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、メッシの止め方に「全員で対応する」

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、バルセロナ戦について言及している。イギリス『メトロ』が伝えている。 リバプールは17日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでポルトと対戦。1stレグを2-0で勝利したリバプールは、序盤こそ相手の圧力に押し込まれたが、26分にFWサディオ・マネのゴールで先制すると、65分にFWモハメド・サラーが追加点を奪う。その後、ポルトに1点を返されたが、途中出場のFWロベルト・フィルミノ、ファン・ダイクにもゴールが生まれ、4-1で勝利。2戦合計スコア6-1で準決勝進出を決めた。 この結果、準決勝でバルセロナとの対戦が決定。守備の要であるファン・ダイクはベスト4進出を喜ぶとともに、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの抑え方についても言及した。 「分からない。分かっているのは僕たちにとって素晴らしい対決になるということだ」 「再びセミファイナルに進出できてとても嬉しい。僕が言えるのはそれだけだよ」 「(メッシの止め方は)全員でやることだね。一対一の勝負ではないし、特定のストライカーだけを見ることはしない。僕たち全員で対応することであり、これが唯一上手く守る方法だね」 「難しいだろうね。僕は彼が世界最高のプレーヤーだと思っているけど、まぁ見ててよ」 2019.04.18 20:06 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース