実戦復帰のナスリ、復調に自信「フットボールは自転車に乗るようなもの」2019.01.11 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが復帰の喜びを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。ナスリは、昨年12月31日にウェストハムに加入。2017年夏に加入したアンタルヤシュポル時代にドーピングによる18カ月間の出場停止処分を受けて契約解消となり、それ以降は無所属の期間が続いていた。しかし、マンチェスター・シティ時代の恩師でもあるウェストハム指揮官、マヌエル・ペジェグリーニ監督と4年ぶりの再会を果たし、処分期間終了の今年1月1日からトップリーグのクラブに参加できることとなった。

5日のFAカップ3回戦バーミンガム戦(2-0でウェストハム勝利)で実戦復帰も果たしたナスリは、以下のように一連の騒動を振り返っている。

「(規制されている)物質を全く摂取していなかったから、まだがっかりしているよ」

「ビタミン剤は適量丁度だったけど、それが多すぎた。2日間摂取できるものを1日で摂取した。僕は病気だったしそれを後悔している。医師の処方を受けたけど、まだ受け入れられない」

「そうして僕はキャリアの中で1年間を失った。ある時点では4年間の出場停止も議論されていたよ。多くのことが頭を過って、僕のキャリアは終わったんだと思ったよ。だから今回の2度目のチャンスに恵まれて幸せだ」

「あの経験はキャリアの中で最悪だった。この世界で最悪な気分だったよ」

「僕は自信家だし、フットボールは自転車に乗るようなものだ。一度やり方が分かればいつだってできる」

「唯一のすべきことは体力を取り戻すことだね。でも、僕は自分自身に何かを証明したいという考え方をしているし、戻ってきたということを証明したい」
コメント
関連ニュース
thumb

アルナウトビッチがインテル復帰を希望か…クラブもFW補強の代替案に?

インテルに対して、ウェストハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(30)の獲得に向かう可能性が浮上した。イタリア『スカイ』が報じた。 来シーズン、アントニオ・コンテ新体制でスタートするインテル。その新シーズンに向け、ストライカーの補強が取り沙汰されており、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)とともに、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)を獲得する動きが指摘されている。 そのルカクに関して個人合意の一報も飛び出しているインテルだが、ユナイテッドは移籍金として8000万ユーロ(約97億5000万円)を要求。したがって、より安く獲得が見込める推定2500万ユーロ(約30億4000万円)のアルナウトビッチを代替候補としてリストアップしており、選手自身もインテル行きを希望しているという。 アルナウトビッチは2009年夏、トゥベンテから買取オプション付きのレンタルでインテルに加入したが、当時指揮官だったジョゼ・モウリーニョ氏から信頼を勝ち取れず、1シーズンで退団。以降、ブレーメンや、ストーク・シティを経て、2017年からウェストハムでプレーしている。 2019.06.22 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アデバヨール、2年半ぶりプレミア帰還か

トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(35)にプレミアリーグ帰還の可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーなどで活躍したアデバヨールは、クリスタル・パレス退団後の2017年1月にトルコのバシャクシェヒルに加入。在籍2年半で公式戦76試合に出場し28ゴール8アシストを記録した。 35歳とキャリアの晩年を迎えている同選手に、ウェストハム、ワトフォード、そして来季の昇格が決まっているシェフィールドといったプレミアリーグのクラブからオファーが届いているという。 その中でアデバヨールは、アーセナルやトッテナムでプレーしたことから馴染み深いロンドンの街に戻ることを考慮しているようで、ウェストハムがポールポジションに立っているのではないかと言われている。 セルティックも関心を寄せていると噂される中、プレミア復帰となれば2年半ぶりのこととなる。 2019.06.22 14:14 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが興味のディオプ、ウェストハム残留か

ウェストハム・ユナイテッドのフランス人DFイッサ・ディオプ(22)に関してマンチェスター・ユナイテッドが接触している事が報じられているが、ここにきて残留の可能性も出てきた事をイギリス『スカイスポーツ』が伝えている。 ディオプはトゥールーズの下部組織出身で2015-16シーズンのニース戦でプロデビュー。今シーズンはレギュラーとしてリーグ戦33各試合に出場。年代別フランス代表にも選出されておりフル代表デビューも期待される若手センターバックだ。 ディオプは昨夏に2200万ポンド(約30億円)の移籍金でウェストハムに5年契約で加入しているが、今週になりマンチェスター・ユナイテッドからの接触が報じられていた。 ディオプは来週ウェストハムと交渉予定だが、現状クラブに愛着があり、またクラブにも同選手の売却意思はなく、マンチェスター・ユナイテッドから見返りとして提示されている選手にも興味が無いという。 一方で、ウェストハム側はユナイテッドにMFスコット・マクトミネイに譲渡の意思があるか尋ねたとも伝えられている。 2019.06.20 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

CB強化必至のユナイテッド、ハマーズ長身DFが新たにターゲット入り

マンチェスター・ユナイテッドがフランス人DFイッサ・ディオプ(22)に興味を示しているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 世代別のフランス代表歴を持つディオプは昨夏、ウェストハム史上最高額の移籍金2200万ポンドでトゥールーズから加入。身長194cmの長身が魅力のセンターバックで、初挑戦のイングランドでもすぐさま主力の座を射止め、公式戦38試合2得点をマークした。 今夏の移籍市場でセンターバックの強化を最優先事項に掲げるユナイテッドは、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)や、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)をリストアップしているとみられる。 ただ、クリバリ(1億8000万ポンド/約246億9000万円)と、マグワイア(8000万ポンド/約109億3000万円)の価格はともに高額であり、失敗した場合の代替え案として、新たにディオプに目を光らせているという。 ユナイテッドは選手1人の譲渡と、移籍金4500万ポンド(約61億4000万円)を支払う意思を示している模様。だが、ウェストハムに売るつもりはなく、6000万ポンド(約81億9000万円)未満のオファーに応じない姿勢とのことだ。 2019.06.16 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、スペイン代表MFフォルナルスを5年契約で獲得!

ウェストハムは14日、ビジャレアルに所属するスペイン代表MFパブロ・フォルナルス(23)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間で、1年の延長オプションも付いている。 マラガでプロデビューしたフォルナルスは2017年夏にビジャレアルに完全移籍で加入。セントラルMFやトップ下を主戦場に中盤の複数ポジションをこなせるボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MFで、今シーズンの公式戦50試合に出場し5ゴール6アシストを記録した。 また、クラブの発表によると、フォルナルスは2018年夏にラツィオから獲得したフェリペ・アンデルソンに次いでクラブ史上2番目の高額な契約となるとのこと。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、フォルナルスの移籍金は2400万ポンド(約32億8500万円)とのこと。史上最高額のフェリペ・アンデルソンは4200万ポンド(約57億5000万円)だった。 ウェストハムへの加入が決まったフォルナルスはクラブ公式サイトで以下のように語っている。 「とても気分が良いよ。すごく嬉しいことで、このチームに加入できることを感謝している」 「誠実なファンがいることや美しいスタジアムがあることは知っているよ。毎週の試合でスタジアムを埋め尽くすなんて凄いよね」 「マラガで共闘したマヌエル(・ペジェグリーニ)の存在は大きかった。世界で最も優れたコーチの1人だから、ともに仕事をしたかったんだ」 なお、マラガ時代に師事したマヌエル・ペジェグリーニ監督についてもコメント。「僕は以前、マリオと仕事をしたことがある。マラガにいたときから、彼を知っているよ」とコメント。「彼は世界で最も優れた監督の1人であり、そのような人と仕事をしたくない人はいるのかい?」と語り、恩師との再会を喜んでいる。 2019.06.14 22:21 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース