形に固執した最悪の前半、対応力不足を2戦目の糧にできるか/日本代表コラム

2019.01.10 14:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
「厳しい戦いになるということはチームで共有して、今日のトルクメニスタン戦に臨みました」

試合後の記者会見で日本代表の森保一監督が最初に語った言葉。予想通りの苦しい展開であったことを認め、その中で逆転勝利を収めたことは、結果だけを見ればプラスと言える。しかし、チームとしての戦い方を紐解くと、やはり厳しい内容だったと言わざるを得ない。

2大会ぶりのアジア制覇を目指して臨んだ今大会。グループステージの初戦で当たった相手は、トルクメニスタン代表だ。中央アジアの国であり、2018年11月のキリンチャレンジカップでは近隣国のキルギス代表と対戦した。

その試合では、4-0と快勝を収め、2018年の代表活動を良い形で締めくくった。しかし、前半で2点をリードしてからは停滞。後半に入り、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンヘン)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)の4人からなる攻撃ユニットを投入。試合が活性化したものの、戦力差を痛感させられる場面でもあった。そして、それはこのトルクメニスタン戦でも出たように思う。
Getty Images

大事なアジアカップ初戦のスターティングメンバーは、GK権田修一(サガン鳥栖)、DF冨安健洋(シント=トロイデン)、堂安、南野を除く11人中7名がロシア・ワールドカップ経験者。初戦の勝利に向けた意気込みを感じるラインナップだった。しかし、フタを開ければコンディションが整っていないことが明白で、運動量も少なく、ミスも散見される展開だった。

森保監督も「最終的にチームとしてコンディションを合わせる部分で難しいところはあった」と試合後に認め、「そこはある程度、覚悟していた」と語った。確かにシーズン終了後の国内組、シーズン真っ只中の海外組、そして試合の出場時間が短い選手と個々のコンディション調整が難しい時期ではある。それでも、厳しい戦いになると戦前に予想していたならば、試合中の対策を準備しておくべきだったと思う。

◆最悪の前半、形に固執し墓穴を掘る
Getty Images

立ち上がりからペースが上がらず、パスミスやボールロストからカウンターを受けていた日本。その要因の1つは、中央からの崩しに固執しすぎたことだろう。左サイドに入った原口、右サイドの堂安ともに、サイドに張る機会は少なく、ボールを受ければ常に中を意識。ボールサイドとは逆にいても、中央に絞っていた。

また、中盤でボールを持ったMF柴崎岳(ヘタフェ)や冨安も縦パスで南野に当てるシーンが多く、DF長友佑都(ガラタサライ)やDF酒井宏樹(マルセイユ)の両サイドバックが攻撃に絡む機会は少なかった。

ブロックを敷くトルクメニスタンにとっては、中央を固めてボールを奪い、簡単にカウンターに移れたため、日本陣内に攻め込むことができた。さらに、コンディション面も影響したのか、トランジションが極端に遅く、ボールロスト時に足が止まるシーンが前半から見られた。

単調な攻撃、運動量の欠如を生み出した要因の1つは、中島の不在とも言える。ケガによる大会不参加は、2018年の戦いで日本の攻撃を牽引していた存在の大きさを初戦でも感じさせた。中島が出場していた際には、左サイドに張ってボールを受け、中央へのカットインやコンビネーションで崩す他、サイドを縦に仕掛ける崩しなど、攻撃のバリエーションが豊富だ。中央の崩しに固執することは、少なくともなかっただろう。

1失点目は、堂安のパスミスから生まれたカウンター。アマノフの強烈なミドルシュートは褒めるべきものではあったが、距離が離れていたこと、そしてブラインドになっていなかったことを考えると、権田の対応にも不満は残る。日本代表の守護神になるのであれば、あのシュートは防ぐ必要があった。打ってこない、打ったとしてもあのレベルのシュートは来ないという油断があったのかもしれない。しかし、親善試合ではなく公式の大会。アジアの頂点を決める大会なのだから、油断は禁物だ。

◆ハーフタイムで修正し逆転勝利
Getty Images

失点だけでなく、決定的なピンチを何度も迎えた日本は、ハーフタイムで修正する。まずは、サイドの関係だ。中央に固執するあまり、ピッチの幅を使えていなかった前半に比べ、後半は特に左サイドの長友が修正。本来であれば、原口が使うべき大外のレーンを長友が使い、サイドからの崩しを多用した。

また、「切り替えの部分あったりとか、球際のバトルのところ」と森保監督が明かした通り、中盤、前線での球際の強度を上げていった。その結果、徐々にセカンドボールを拾えるようになり、同点ゴールにつながる。

それまでは、単純なクロスを選択していたものの上手くいかず。しかし、相手の意識がクロスに向いたタイミングで、左サイドでボールを持った原口がグラウンダーのボールを中央へ。大迫の素晴らしいボールコントロールでゴールを奪った。そして逆転ゴールもサイドから。吉田のロングフィードを原口が落とし、駆け上がった長友がボックス内へ。相手DFの対応のまずさもありながら、長友が冷静にクロスを入れ、大迫が無人のゴールへと押し込んだ。

◆修正力を見せるも、対応力の欠如を露呈
Getty Images

サイドからの仕掛けを増やしたことで逆転できたことはプラスだろう。ただし、この対策がハーフタイムでしかできなかったことは、大きな課題と言える。試合中に流れを変える、相手の出方を見てやり方を変える。難しい要因があったにせよ対応力の欠如が露呈した。

「前半はゴールを奪えなくてもボールを動かしたことが相手にとってボディブローのように効いてきたと思う」と森保監督は、前半をビハインドで終えてもプラスに捉えたが、それは相手がトルクメニスタンという実力差があったから。日本が目指すアジアの頂点に向かうには、決勝トーナメントでアジアの実力国との戦いが待っている。

ハーフタイムというチーム全体に指示を送れるタイミングで変化をもたらせることは、そこまで難しいことではない。ただ、それを試合中にできなければ、後半が始まってしまえば、もう修正が難しいと言わざるを得ない。もちろん、交代のカードを切ることでも対応はできるが、根本的な解決は、ピッチ内で選手ができる必要があるだろう。

思い起こせば、2018年7月、ロシア・ワールドカップのラウンド16で対戦したベルギー代表戦。2-0とリードした日本だったが、マルアン・フェライニが投入されて追いつかれ、ラストプレーで逆転を許して敗退した。様々な要因があるものの、この試合でも欠けていたのはピッチ内での対応力だ。自分たちの形に固執しているようでは、この先に厳しい戦いが待っているだろう。

◆大事な2戦目、バウンスバックに期待
Getty Images

悪いところばかりを指摘してきたが、収穫もゼロではない。試合終了後の表情を見ていれば、勝ったという事実こそ喜ばしいものの、誰一人笑顔の選手はいなかった。自分たちに足りないもの、そしてアジアカップというものを4年ぶりに思い出した選手も多いはず。森保体制初の公式戦で、痛いほどに課題を突きつけられた。

それは指揮官も同様だ。「内容的には攻守ともにすべて上げていかないといけない。次の試合の課題として進んでいきたいと思う」と会見で語った。アジアでの戦いは東京五輪世代を率いても、森保監督は難しさを痛感していたはず。そして、A代表の初戦でも感じただろう。

日本が目指すものはアジア制覇。つまり、大会を通じて7試合を戦わなければいけない。当然、チームとしてのピークを初戦に合わせることもなく、大会を通じてコンディションを全体的に上げていき、キープすることが求められる。トルクメニスタン戦はFW北川航也(清水エスパルス)のみを投入したが、展開によってはグループステージの残り2戦で多くのことを試す必要もあるだろう。

W杯経験組は改めて気が引き締まり、初出場組はアジアの難しさを痛感したはず。しかし、その経験が次戦以降の糧となることで、頂点が見えてくるはず。順風満帆なスタートとならなかったことは、改めてアジアの戦いの難しさを体感するという意味では、収穫だっただろう。次戦のオマーン代表戦のバウンスバックに期待したい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

形なくして勝利なし…森保一監督率いる東京五輪代表に覚える不安/日本代表コラム

チームの主力を務めてきた海外組が不在だったというエクスキューズはあるが、屈辱以外の何物でもない結果となった。 森保一監督率いるU-23日本代表は、AFC U-23選手権の第2戦のシリア代表戦で1-2と敗戦。初戦のサウジアラビア代表戦に続く連敗で、大会を後にすることが決定した。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=sy77dnqytg7e18a4vgo3kgr9x" async></script></div> お粗末と言えばそれまで。サウジアラビア戦同様に、先手を奪われるゲーム展開となり、追いつくものの、試合終盤に失点し連敗を喫した。 「勝つためのメンバーで戦いたい」と試合前に語っていた森保監督は、サウジアラビア戦から6名のメンバーを変更。勝ち上がりに望みをつなぐべく、シリアに挑んだ。 ◆11月から変わらない守備の問題 しかし7分、スルーパスを通されるとGKと一対一のピンチに。ここはGK大迫敬介のセーブで凌ぐも、その流れから与えたCKではニアでフリックされると、ボックス中央で町田浩樹がファウル。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるチェックが入り、PKを与えることとなった。 直接的な原因は町田が相手選手の頭部を蹴り上げる形となったことだが、そもそもはCKを与えることとなったシーンの守り方にある。ハーフウェイライン付近で齊藤未月が相手選手に寄せるも、体勢を崩しながらスルーパスで通されてしまう。渡辺剛が寄せ、コースを限定したことで大迫がセーブできたが、このスルーパスを出すところまでのリスク管理がなっていなかった。 前半のうちに相馬勇紀のミドルシュートで追いついた日本。後半は若干修正されてペースを掴んだ時間帯もあり、決定機も作ったが決められず。88分にロングカウンターを受けると、失点を喫し、1-2で敗れた。 2失点目のシーンも相手選手がドリブルで抜け出した際、町田がボールホルダーにチャレンジすることが可能だった。しかし、並走するバラカト(9番)のケアを選択したためにボックス内に侵入。そのままノープレッシャーでシュートを決められてしまった。 サウジアラビア戦の2失点、そしてシリア戦の2失点。ひいては失点につながらないシーンであっても、守備の対応のまずさは同じだ。それは昨年11月に広島で行われたU-23コロンビア代表戦から何も成長していないと言える。後手を踏む守備、寄せの甘さ、ボールを奪い切るという意識。12月のU-23ジャマイカ代表戦は相手のレベル、コンディションの問題もあり計算できるものではなく、それを除けば3試合連続で同じやられ方をしていると言っていい。 ◆オーガナイズされていないチーム 今大会、選手の招集に関しては強制力がないため、海外組の選手は食野亮太郎(ハーツ)のみの参加となった。その食野もグループステージのみの参加となることが濃厚と言われていた状況だ。今となっては、グループステージしか戦えないため、ハーツとしては予定通り食野を戻すことができて安心だろう。 この数年で東京オリンピック世代の多くの選手が日本を飛び立った。キャプテンを務めるDF中山雄太(ズヴォレ)を筆頭に、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF菅原由勢(AZ)、DF板倉滉(フローニンヘン)、MF三好康児(アントワープ)、MF久保建英(マジョルカ)、FW安部裕葵(バルセロナ)、FW前田大然(マリティモ)がヨーロッパへ。MF堂安律(PSV)もオランダでプレーしており、主力の大半が居ない大会という事実もある。 しかし、日本のサッカーがレベルアップしていくのであれば、この流れはこの先も止まることはないことであり、4年後のパリ・オリンピックの出場権が獲得できなくなる可能性は、現実問題として考えなくてはいけない状況に陥ったと言えるだろう。 前述のコロンビア戦は、久保、堂安をA代表から外してまで臨んだものの0-2で惨敗。チームとしての形はなく、攻撃は単発、守備は軽率という体たらくぶりを見せることとなってしまった。 もちろん集まる時間が少ないということは十分理解できるが、今回は国内組がメインとなって臨んでおり、タイに入ってからも時間はあった。これまでの海外遠征でも一緒にプレーしていたことはあり、チーム力が欠落している言い訳はできない。 ◆再現性のない攻守のプレー しかし、守備面での約束事はこの2試合でも見られていない。カバーに入るのか、ボールホルダーに寄せるのか。どの位置でボールを奪いに行くのか、それとも遅らせるのか。どの局面で、何を選択するという最低限の約束事があるとは考えにくい失点の仕方を4つしている。(1つはバックパスのミスだが、これも含めてだ) 一方で、攻撃面も課題は一緒だ。サウジアラビア戦は小川航基を1トップに、食野と旗手怜央をシャドーに配置し、右WBに橋岡大樹、左WBに杉岡大暉を配置。シリア戦は上田綺世をトップに、食野と森島司をシャドーに、右WBは橋岡、左WBに相馬勇紀を配置した。 サウジアラビア戦は前線のコンビネーションがハマらず、良い形でボールが入るシーンが少なかった。食野の強引なシュートによって1点は奪ったが、クロスも合わず、コンビネーションも合わないというシーンが目立った。 そして迎えたシリア戦。組み合わせを変更したものの、サウジアラビア戦の課題は継続。上田が動き出しているのを見る選手は少なく、頼みの綱は相馬の突破と橋岡のクロスのみ。食野はスペースが少なかった影響もあり、強引なプレーが目立った。森島はバランスを取りながらボールを繋いでいたが、決定的な仕事はできなかった。 攻撃の形というものが確立されていないチームにおいては、選手の組み合わせ、意思の疎通が重視される。しかし、チーム作りが進んでいない中で、それを求めるのは酷というもの。ゴールこそ2つ奪っても、強引なシュートからであり、再現性は皆無だ。この完成度では、攻守ともに東京オリンピック本大会が不安でならない。 ◆個に頼る戦いには不安 シリア戦では、左WBの相馬、そしてボランチに入った齊藤未月の活躍が目立った。相馬は、日本代表の一員として臨んだ昨年12月のEAFFE-1サッカー選手権で見せた通り、この突破と攻守にわたる戦う姿勢を見せていた。右の橋岡とともに、チャンスメイクをし、結果自身のミドルシュートで得点も記録している。 また、齊藤は攻守にわたってハードワークを続け、中盤では相手選手への寄せの早さで何度となくボールを奪い、攻撃につなげていた。後半は前線まで顔を出すプレーも増え、ゴールへの意欲も見せていた。湘南ベルマーレでプレーしていることをしっかりと出せた印象だが、勝利には繋がらなかった。 チームの形がない状況で求められるのは個の能力だ。兼任するA代表でもその事象はすでに起こっており、試合の展開を読む力、選手間でのコミュニケーションによる連携プレーが重要となっている。結果を見ればまずまずな2019年だったが、11月のベネズエラ代表戦は最悪の出来。日本代表としての試合出場が少ない選手が揃った結果、何も生み出せない試合となり1-4の大敗を喫した。 前述の通り、今大会に出場していない海外組の選手やオーバーエイジ枠を採用するのならば、ある程度のパフォーマンスが期待される選手が揃い、ピッチ内の修正も可能なのかもしれない。しかし、この2試合ではそこが見られなかったとすると、本気でメダルを目指して臨んでくる対戦国を前に、しっかりと戦えるかはいささか疑問が残る。 本大会まで予定されている試合はあと3試合。国内合宿などを組めたとしても、海外組を招集することは不可能だ。メンバーを絞りきれていないところも気になるが、残り半年でどこまで精度を上げられるのか、正直なところ不安しかない。 まずは残りのカタール戦。ちょうど1年前には、A代表として臨んだアジアカップ決勝で苦杯をなめた相手だ。育成に力を入れており、今大会も優勝候補に挙げられているカタールを相手に、しっかりと最後まで戦い、ピッチで体現してもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2020.01.13 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

後手を踏み対応しきれなかった日本、光明となった相馬勇紀の可能性/日本代表コラム

3大会ぶり2度目の優勝を目指して臨んだEAFF E-1サッカー選手権の韓国代表戦。しかし、結果は1-0で敗れ、逆転で韓国の3連覇、初の自国開催での優勝を見届けることとなってしまった。 「勝利にこだわる」と森保一監督は常々語り、タイトル獲得を目指していた日本代表。しかし、結果は望んでいたものではなかった。そこにある問題は何なのか。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1aiq7v4310zmp13lxw3y7i37m2" async></script></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆後手を踏んだと言わざるを得ない前半</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191219_00_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 試合後の記者会見で森保監督は「戦術的に後手を踏んだとは思っていません」と言い切った。この言葉を額面通り受け取るならば、後手は踏んでしまっていたと言わざるを得ない。 日本は今大会採用している[3-4-2-1]のシステムでこの韓国戦に臨んだ。一方で韓国は[4-3-3]のシステムで臨んでいる。 初戦の中国代表戦のメンバーを10名起用し、離脱した橋本拳人(FC東京)の代わりに田中碧(川崎フロンターレ)を起用した日本に対し、韓国は香港代表戦と中国代表戦のメンバーをミックスさせて臨んだ。 「戦術的に後手を踏んだとは思っていません」という言葉は、「3バックの両サイドにロングボールを入れられることも予想できたと思うが?」という質問に対する森保監督の答え。「韓国の分析に関しては昨日、映像を使ってミーティングで攻守の特長の部分を伝えて、トレーニングの中で確認して今日の試合に臨みました」と返し、その後に出た言葉だった。 韓国は、[4-3-3]の基本システムだったが、攻撃時は[3-3-4]の形に近くなり、日本のシステムでは立ち位置にギャップが生まれてしまう。 1トップのイ・ジョンヒョプに対し、右のキム・インソンがワイドにポジショニング。左のナ・サンホがハーフスペースへと入り、左サイドバックのキム・ジンスが高い位置を取ることで、4枚を前線に持ってくる仕組みだ。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191219_00_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> この形になると、日本は3枚では守ることができず、両ウイングバックも下げた5枚、または右WBの橋岡大樹やボランチの田中が下がって4バックに近い形で守る時間が長くなっていった。 この形になると、日本はボランチも引いて最大7枚で守ることになるが、ワイドに起点を作る韓国は、そこから中央へと戻し、ギャップを作った状態で攻撃を仕掛けることが可能となった。 日本が前半ほとんど良い形を作れなかった要因は、枚数を後ろに割かざるを得ない状況となり、韓国がそのブロック前でセカンドボールを拾い続けたことが1つ。その他、前線からのプレスやその強度、フィジカルコンタクトなどもあるが、その辺りは映像でも対策を練れていたはずだ。 それ以上に、選手のポジショニングが攻守にわたって上手くハマっていなかった印象があり、修正しきれないまま押し込まれた状態で失点。前半を終えることとなった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆可能性を感じさせた相馬勇紀</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191219_00_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 押し込まれ続け1点を先制された後半、スタートから遠藤渓太に代えて、香港戦で出色の出来を見せた相馬勇紀が投入され、流れを変えにいった。 遠藤と橋岡のウイングバックコンビの場合、なかなか縦に仕掛けるシーンが見られなかった。これは初戦の中国戦も同じであり、攻撃が停滞し、相手を押し込むポジション取りが難しい状況となっていた。 しかし、投入された相馬は香港戦とは逆の左ウイングバックに入っても、その突破力を見せた。縦に仕掛け続ける相馬に対し、韓国のサイドが機能しなくなっていく。 さらに、大島僚太を途中投入したことで、よりサイドを効果的に使う攻撃が加速。相馬だけでなく、田中やシャドーの森島司も動きを取り戻し、日本の時間帯を作っていった。 最後までゴールを割ることができなかったものの、相馬の投入で流れが変わり、大島の投入で加速したことは間違いない。ゴールを奪い切ることができなかったが、相馬が戦える選手であるとわかったことは、東京オリンピック代表にとっては良いニュースと言えるだろう。 そして、相馬のプレー判断も目を見張るものがある。縦への仕掛けをファーストチョイスとしていたが、同サイドのシャドーに入った森島の動きを常に観察。また、中の動きも考え、上田、鈴木がどのポジションにいるかでクロスも変化。さらに、縦に仕掛けるか、カットインにするか、持ち替えて展開するかを使い分けていた。突破力に目が行きがちだが、相馬の考える力と選択する力は大きな収穫だろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆五輪への強化か、A代表の底上げか</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191219_00_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 今回の大会は、Jリーグ終了直後に行われたというエクスキューズもあり、海外組がいない中でのベストメンバーが組めたかというと、決してそうではない。 そのため、半数以上が東京オリンピック世代の選手となり、代表キャップのない選手が多く集まることとなった。 しかし、それは他国も同じ。香港こそベストに近いメンバーを組んだが、韓国も1.5軍、中国は2軍という状況。戦力や日程での差はないと言っても良いだろう。 一方で、この大会の位置付けは「経験と底上げ」というワードをメンバー発表時に出していた森保監督。大会の位置付けは難しく、どういった位置付けにしたか本当のところは分からないが、「試合の中で戦える選手、プレッシャーのかかった中で自分の良さを、チームのコンセプトを勇気を持ってチャレンジできる選手が分かったことは収穫」と語ったように、メンバー選考へのヒントは手にしたようだ。 東京オリンピック世代は、来年1月にAFC U-23選手権が控えている。東京オリンピックの予選を兼ねている大会だけに、日本以外の国の本気度は計り知れない。一方で、予選ではない日本としても、アジアの中で本気の相手にどこまで戦えるかを測るチャンスではある。本大会になれば世界の強豪が集い、トップクラスのクラブでプレーする選手も多く出場するだけに、レベルの高さはアジアの比ではないだろう。 11月のU-22コロンビア代表戦では、久保建英や堂安律を擁しながらも、コロンビアの前に完敗。残り半年余りでどのようなチームに仕上げていくのか。今回のE-1選手権で、森保監督の中にどれだけ手応えがあったかはわからないが、反省材料も多く、この先の残された少ない時間で、修正する力、そして選手は自身の能力を上げる必要がある。 何れにしても、まずは来年1月のAFC U-23選手権の戦いが重要。メンバー選考を含め、アジアで頂点に立つ戦いをしっかりと見せてもらいたい。そして、3月に控えるA代表の試合に向けても、どのような準備をするのか。東京オリンピック世代も含まれるかどうかは定かではないが、チームとしての精度を上げていくステップをそろそろ踏み出したいところだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.12.20 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

攻撃のタクトを振った大島僚太、ゲームメイク力が必要な森保ジャパン/日本代表コラム

初戦の中国代表戦からスタメン11名を入れ替えて臨んだ香港代表戦。東京オリンピック世代の6名がA代表デビューとなり、デビュー済みの3名を含め9名がスタートからピッチに立った。 相手との実力差もある中、若い選手たちが立ち上がりからアグレッシブにプレー。結果として5得点を奪い、無失点で試合を終えたことは評価すべきところだろう。 中国戦に比べ、スムーズに仕掛けることができた攻撃面では、中盤の構成と攻撃の組み立て方に変化があったから。タイトルを懸けた韓国代表戦に向けても良いテストができたと言える。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆効果的なサイドの活用</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191215_00_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 初戦の中国戦に比べて大きな違いとなったのは、ボランチの組み合わせだ。初戦は橋本拳人(FC東京)、井手口陽介(ガンバ大阪)がコンビを組んだが、この試合は大島僚太と田中碧の川崎フロンターレコンビが務めた。 特に違いを見せたのは大島だ。予てから高い評価を下されながらも、肝心の場面で負傷離脱する悪循環が続いていた大島。思い起こせば、2年前に日本で行われたE-1選手権でも第2戦の中国戦で前半に負傷交代していた。 この試合ではキャプテンマークを巻いた大島だったが、特徴でもある長短のパスを使い分け、ゲームをコントロールしていた。 初戦ではほぼ見られなかったサイドへの長いパス。右ボランチを務めた大島から、左ウイングバックの菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)へのパスが多く見られた。もちろん、そのパスを引き出した菅の動きも重要だったが、全体をよく見ている大島の能力が生かしたと言えるだろう。 また、2シャドーやトップへの縦に入れるパスも多く見られた。初戦の中国代表戦は、攻撃が中央へ寄る傾向があり、中国も中を固めていただけに効果的な攻撃が見られなかったが、両サイドへの展開を多用したことで中央へも活路を見いだすことができていた。 最も、森保一監督は中央から崩す志向が強く、特に[3-4-2-1]のシステムでは2シャドーの使い方、サイドも縦への突破よりカットインという選択肢が増える。そのため、アジアで格下と戦う時は苦しめられる傾向にある。その点を踏まえてしっかり準備できたことはプラスと言えるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆出色の出来を見せた両ウイングバック</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191215_00_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> その大島と同様に、チームを活性化させたのが両ウイングバックだ。初戦では左に遠藤渓太(横浜F・マリノス)、右に橋岡大樹(浦和レッズ)が起用されたが、香港戦は左に菅、右に相馬勇紀(鹿島アントラーズ)を起用した。 中国戦は左の遠藤がボールを持ち、仕掛けるシーンはあったが、縦への突破よりは中央へのカットインが目立ち、崩し切るというシーンが少なかった。 しかし、この試合は右サイドに起用された相馬が躍動。最初の仕掛けから相手に警戒させると、再三縦へ仕掛け、チャンスを演出していた。この点は近くでプレーした仲川輝人(横浜F・マリノス)の動きも大きかった。 仲川はクラブではワイドに開いてプレーするものの、この試合はシャドーということもあり外から中へ動く場面が多かった。その分、スペースが生まれ、相馬が仕掛けやすい状態に。また、3バックの右を務めた渡辺剛(FC東京)のサポートもあったため、積極的にドリブルを仕掛けられたと言える。 一対一を制する場面も多かった相馬。グラウンダーやハイボール、ニア、ファーとクロスも使い分けており、中央でもう少し仕留められればアシストという数字も残っただろう。ただ、数字が残らなくとも、相馬の出来は次も見たいと思わせるには十分だった。 また、逆サイドの菅の働きも目立った。先制ゴールはYBCルヴァンカップ決勝を彷彿とさせる豪快ボレー。仲川がチャレンジした結果浮き球となったボールを、ボックス内で見事に叩いた。そのゴールだけでなく、菅は終始上下動を繰り返し、右サイドからの仕掛けが多くなることもあり、逆サイドのケアを行なっていた。 この試合はファーサイドにボールが流れることも多く、菅のカバーリングがあることで、2次攻撃が生まれた。小川の2点目はまさにその働きの賜物と言えるだろう。後半にはサイドを崩しに行くシーンも増え、この試合は両サイドが機能。縦を意識したことが結果として5ゴールに繋がった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆タイトルが懸かる日韓対決へ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191215_00_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2試合でGK小島亨介(大分トリニータ)以外の22人を起用した森保一監督。[3-4-2-1]と東京オリンピック世代で採用するシステムで2試合を戦い、一定の結果を残せた。 12名をA代表デビューさせ、アプローチの違う2試合を戦ったわけだが、この中から最も実力のある韓国代表戦のメンバーを選ぶことになる。 香港戦は中国戦を受けた反省から、準備してきたことが結果に繋がった。あとは、ピッチ内での連携と、各選手の対応力が求められる状況。東京オリンピックだけでなく、この先のA代表の活動に生き残れる選手たちを見極める場にもなるだろう。 今回は招集されていない海外組のA代表の主力メンバーとの競争もその先にはまっているが、この[3-4-2-1]システムでも、[4-2-3-1]システムでも求められるものは変わらない。チームのバランスを保ちつつ、局面で個の力を発揮できるか。そして何よりもカギになるのが、ゲームを作る能力だ。 アピールに成功した者、そうでない者。また、力を出し切れなかった者。どの選手であっても、最後の日韓戦で持てるものを全て出し切ってもらいたいもの。チームとして試合を支配し、試合を決める仕事に期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.12.15 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

課題見えるも及第点の3バック、気になった基礎スキルの問題/日本代表コラム

J1リーグ最終節から移動日を含めて中2日。スケジュールとしては過酷なものとなったEAFF E-1サッカー選手権の初戦は、中国代表相手に1-2で勝利を収めた。 Jリーグ勢が招集された今回の日本代表には、2020年の東京オリンピック世代の選手も多く含まれ、初招集の選手が多く経験が少ない状態での大会参加となった。いくらJリーグでプレーしているとはいえ、国際舞台、特に国の威信を懸けた代表戦となれば、多くのものが変わってくる。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1i0x9p2c3pr3a1aqyadybj6s1d" async></script></div> 森保一監督は「結果」にこだわることを招集メンバー発表の際に口にしていたが、それに加えてチームを強化、底上げすることが今の日本代表に必要なことも事実。11月に大阪でベネズエラ代表に完敗を喫したことからも言えるように、ベストメンバーが揃わなければ、まだまだ力不足は否めない状況だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆半年ぶりの3バックは及第点</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191211_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 強化、成長の一環としては、まず3バックのシステムを採用したところに触れたい。東京オリンピック世代で採用されている[3-4-2-1]のシステムと、A代表で採用されている[4-2-3-1]のシステム。兼任監督である森保監督としては、どちらのチームにもオプションとして持っておきたい部分があるはずだ。 しかし、メンバーの特性、組み合わせもあり、別のシステムをそれぞれのチームで採用している。これでは、半年後に起こるチームの統合の局面で、やり直しが求められてしまう。そういった点に加え、東京オリンピックへのオーバーエイジも加味して採用されたと考えるべきだろう。 3バックは右から畠中槙之輔(横浜F・マリノス)、三浦弦太(ガンバ大阪)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)の3名が並んだが、畠中はクラブでは4バックの左でプレー。三浦はクラブで4バックも3バックも経験している状況。佐々木は森保監督時代から広島で3バックの左を務めている。 純粋に3バックの経験値で言えば、佐々木のみと考えても良い状況。日本代表としてもコパ・アメリカ前の6月のキリンチャレンジカップ2試合で採用して以来、半年ぶりの3バックとなったが、まずまずのプレーだったと思う。 右の畠中は、自身の良さでもある縦パスを効果的に出しており、チャンスには繋がらなかったものの、攻撃面では及第点。守備面では、失点シーンでマークを外してしまった部分が目立つが、大きなミスもなく普段とは違う景色の中で対応したと言える。 中央の三浦は、中国の8番(タン・ロン)との競り合いでも負けることは少なく、ボールを収められてもしっかりと対応。クロスに対しての動き方という点では、畠中、佐々木とのコミュニケーションはもう少し必要だが、この準備期間を考えれば悪くなかったと言える。CKからは代表初ゴールも記録し、今大会では自信をつけてもらいたい選手の1人だ。 左の佐々木は、中国が右サイドから攻撃を仕掛ける場面が多く、後手に回る印象が強かった。守備面では慣れているポジションだっただけに、もう少し強度を持ったプレーを見せて欲しい印象はある。11月のベネズエラ戦では左サイドバックとして相手の攻撃を食い止められなかっただけに、本人としても悔しいところだろう。 ただ、1点目の起点となった縦パスに関しては、良さが出だと言える。欲を言えば、遠藤渓太(横浜F・マリノス)がボールを持った時のサポートを早くしてあげるべきだったと言える。攻撃に厚みをもたらせることができれば、この3バックシステムはモノになると言えるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆初のA代表で輝く五輪世代</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191211_45_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> この試合のスターティングメンバーでは、左ウイングバックの遠藤、右ウイングバックの橋岡大樹(浦和レッズ)、シャドーの一角に入った森島司(サンフレッチェ広島)が初キャップを記録した。 東京オリンピック世代のチームではウイングバックの経験があった遠藤は、シーズンを通して慣れ親しんだ左サイドでチャンスを演出。物怖じすることなく、自身の良さを発揮し、チャンスに繋がるクロスも供給していた。 後半はカットインからシュートを放つなど、積極性も見られたが、もう少し強引なプレーを見せても良かったように思う。左サイドにはライバルも多い状況であり、中島翔哉(ポルト)や原口元気(ハノーファー)を筆頭に代表経験値の高い選手が揃う。東京オリンピック後に生き残るためにも、残り2試合でよりアグレッシブな姿勢を見せてもらいたい。 そして、森島はこの試合で最も輝いていた選手と言っていいだろう。クラブでもプレーするシャドーのポジションで、動き出しやボールを受ける位置、フリーランニングとシャドーとしての役割を果たしていた。先制ゴールに繋がった動きも、上田綺世(鹿島アントラーズ)の見事なヒールパスを感じ、鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の代表初ゴールをアシストした。 A代表、オリンピック世代ともに久保建英(マジョルカ)、堂安律(PSV)が当面のライバルとなる。しっかりと森保監督の前で結果を残すということは、どちらのチームにおいても序列が変わる可能性があるだけに、持ち味であるボックス付近でのスキルと、プレービジョンを生かしてもらいたいものだ。 橋岡に関しても、浦和でプレーする右ウイングバックで、及第点のプレーを見せていた。“少林サッカー”と揶揄されている頭を蹴られたプレーがありながらも、積極的なプレーを見せ続けていたファイティングスピリットは評価できる。一方で、攻撃参加の部分では躊躇する場面も散見された。橋岡が高いポジションを取れれば、チームとして動きをつけられていただけに、積極的なプレーをこの先でも見せてもらいたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆気になる基礎スキルの差</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20191211_45_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今回の大会に関していえば、中国代表もマルチェロ・リッピ監督からリー・ティエ監督に代わり、メンバーも久々の代表招集者が多いなど、ベストメンバーからは遠い構成となっていた。力が劣る一方で、各選手のアピールという点を考えれば、立ち上がりを含めた前からのプレスなど、気持ちの部分では見せていた。 そこで目についたのが、基礎スキルの差だ。日本はハイプレスを受ける場面や、スペースのない場面でプレーするシーンが多かったが、トラップミスやパスミスが目立った。連携ミスであれば、招集してから時間もなかったことを加味して、致し方ないと言えるが、トラップミスやパスミスは個人の能力の部分。コンディションだけを要因にはできないと言える。 これまでの森保ジャパンの活動を通して、海外組が多く割合を占めていた。一方で、国内組が多く集まる試合は少なく、直近では11月のベネズエラ戦となる。 海外でプレーしているから優れていると一概には言えないが、少なくともレベルの差がある環境でプレーしていることは間違いない。そして、その差で生じる基礎スキルの部分が、代表のメンバー構成で見えてしまい、試合の内容にも表れている。 中国戦で言えば、ボールを保持する役割がいなかったため、タメを作って展開するという場面は数少なかった。また、ボールを奪うことはできていても、そこから攻撃に転じる場面では詰まるシーンが散見された。それは、細かいタッチやポジショニング、リスクを負うプレーができるかどうかの差であり、その違いを生み出せなかったことは課題と言えるだろう。 もちろん、それは組み合わせの問題もあり、プレーするポジションの問題も影響はある。しかし、細かなミスの蓄積がペースの乱れや、隙を見せることにも繋がり、流れが悪くなれば相手に優位に働くものだ。その点では、海外組が多くいる試合でのプレーとは大きく異なった印象を得たのではないだろうか。 オリンピック代表で言えば、来月のAFC U-23選手権があり、オリンピック本番があるが、その舞台でしっかりと戦えるか言えば、11月のU-22コロンビア代表戦を見る限り、まだまだ足りない部分が多い。A代表もこの先最終予選に勝ち進むと考えれば、相手のレベルも上がり、このままでは危うい可能性もある。 森保監督の言う「底上げ」ができなければ、日本はこの先の戦いで苦しむことも容易に想像できるだけに、チームとしての力だけでなく、個々のスキルのレベルアップは今大会でもしっかりと見せてもらいたいものだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.12.11 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

最高級の“赤ワイン”に飲まれ、対応力に頼りコントロールを失った日本/日本代表コラム

ここまでの試合を観たのはいつ以来だろうか。あまりにも酷い45分間に、平日夜にパナソニックスタジアム 吹田に駆けつけた日本代表サポーターからは、大きなブーイングが浴びせられた。 森保一監督が就任してから、ベネズエラ代表戦でキリンチャレンジカップは通算11試合目。昨年11月のキルギス代表を除いては、中南米の国を呼び、これまでの10試合は7勝2分け1敗の成績だった。 唯一敗れた試合は今年3月のコロンビア代表戦だったが、その試合も0-1のロースコア。前半だけで4失点もするとは、誰も想像していなかっただろう。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1pj2dn4y87nvm1o15h1xdc13qp" async></script></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆最高級の“Vino Tinto”</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 前半からたたみかけられた要因はいくつかある。まずは、ベネズエラが素晴らしいコンディションでこの試合に臨んだということだろう。 ベネズエラは、このインターナショナル・マッチウィークで2試合を行う予定だった。しかし、日本戦の前に予定されていたパラグアイ代表との試合が中止となった。 そのため、14日から大阪でトレーニングキャンプをスタート。キルギスでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦った日本代表よりも、良いコンディションで試合に臨んだことは間違いない。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> キリンチャレンジカップといえば、長距離移動してきた中南米チームが時差ボケとコンディション不良の中で戦う事が多かった。そのため、日本が結果を残せていたのもうなづける。ホームで、コンディション面で分があればだ。 しかし、今回対戦したベネズエラは違った。主力選手も呼び、若い選手も加え、さらに来年3月にスタートするカタールW杯の出場権をかけた南米予選に向けたラストマッチ。最高級の“Vino Tinto(ベネズエラ代表の愛称である赤ワイン)”が用意され、日本は飲まれてしまったということだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆相手を裏切るインテンシティなき戦い</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> さて、話は日本代表に移すが、様々な要因がある中の1つは、“インテンシティ”がなかった事だろう。ラファエル・ドゥダメル監督は前日会見で日本代表について「組織的なプレーが非常に素晴らしく、ダイナミックでインテンシティの高い試合を披露することができるチーム」と評していた。 しかし、この試合のピッチに立っていた日本代表からは、組織的なプレーも、ダイナミックなプレーも、インテンシティの高さも感じられなかった。 この試合は[4-4-2]のシステムでスタート。キルギス戦のみで帰国した主力メンバーを含め、キルギス戦からはDF植田直通(セルクル・ブルージュ)、MF柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)、MF原口元気(ハノーファー)以外の8名が変更となった。あまり出場機会のない選手に加え、普段の[4-2-3-1]とは違う並びとなったが、このチームの特徴でもある前からのプレスは行っていた。 しかし、プレスは行っても連動性を欠いていた。後ろがついてこないために、2列目との間にはスペースが生まれ、後手を踏んだプレスの影響で、その後ろとの間にもスペースが空いた。また、プレスの強度、相手選手との距離感という点でも数メートル足りず、ベネズエラの選手がスペースにポジション取る事で簡単に回避されていた。 前からの守備がハマらず、さらにシステムが違うこともあって、攻撃時にも日本代表のポジショニングには問題があった。そのため、縦パスを狙ってはカットされ、細かいパス交換で突破するというシーンも阻まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 唯一効果があったのは、ディフェンスラインの裏に抜けるFW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)の動きぐらいだろう。しかし、浅野はアタッキングサードでのプレー精度を欠き、決定機を作るまでには至らなかった。また、守備の強度で言えば、後半のメンバーの方が高い。とりわけ、MF古橋亨梧(ヴィッセル神戸)、FW永井謙佑(FC東京)が入り、推進力が生まれてからの方が攻守にわたってアグレッシブであり効果的なプレスがかけられていた。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆噛み合わせの悪さによるコントロール不全</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> もう1つは、試合中のコントロールを挙げたい。ベネズエラは、[4-3-3]の布陣で臨み、[4-4-2]で臨んだ日本にとっては、噛み合わせの悪いシステムだ。さらに、ベネズエラはインテリオールの選手がワイドに開く動きを見せ、最大5人で攻め込むパターンを持っていた。 日本としては、左右のスライドを行う必要性があり、マークの受け渡しもスムーズに行わなければいけない状況だったが、常にプレーしているわけではないメンバーでは、その対応が追いつかなかった。 先制点のシーンは、左インテリオールのトマス・リンコン(トリノ)がワイドに広がり、左ウイングのジェフェルソン・ソルテド(サントス)がハーフスペースに侵入。ボックス内で室屋成(FC東京)と対峙したが、細かいステップで翻弄しクロス。最後はロンドンがヘディングで叩き込んだ。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> このシーンは、ソルテドのテクニックも高かったが、日本の守り方にも問題があった。得点時にベネズエラの選手はソルテドとロンドン以外に2人がボックス内にいたが、日本は7人がボックス内にいた。しかし、ソルテドの対応をしていた室屋以外はアプローチしていない。ほとんどがボールウォッチャーになっていた。 ニアサイドにいた植田や橋本拳人(FC東京)はもっと寄せるべきであり、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)や佐々木翔(サンフレッチェ広島)はロンドンに警戒すべきだ。結果として、ファーサイドに挙げられたクロスを佐々木が競り合い決められたが、予測できたシュートシーンと言える。 2失点目も似ている。日本は最終ラインに4枚が揃っていたが、佐々木がつり出されている状況に。すると、ジャンヘル・エレーラ(グラナダ)の縦パスをロンドンがダイレクトではたき、走り込んだダルウィン・マチス(グラナダ)が抜け出すと、グラウンダーのパスをロンドンが押し込んだ。 佐々木が釣り出された部分を埋めていたのは中島翔哉(ポルト)であり、畠中との間を見事に突かれたもの。畠中はロンドンへの縦パスをケアしに行ったため、見事に穴を突かれた形となった。 いずれの得点も局面での対応のまずさもあるが、そもそもはラインが低く設定されたこともある。ロンドンがいることで徐々に最終ラインが下がり、前に押し出す守備ができなかったこと。結果として、攻撃まで機能しなくなったわけだ。この部分は経験不足が出た場面と言ってもいいだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆局面の弱さ、対応力に頼りすぎた戦い方</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 最大の問題点は、キルギス戦でも感じられた局面での弱さと、ピッチ内での対応力に委ねるスタイルと言える。 キルギス戦では0-2で勝利こをおさめたものの、それぞれの局面では負けるシーンが散見された。キルギスがしっかりと日本への対策を練ってきたこともあり、システムのミスマッチ、ピッチコンディション以上に、周到に用意してきたことで負けた。 そしてベネズエラ戦でも同じシーンが見られた。一対一のシーンでは、キルギス以上に個の能力に長けているベネズエラの選手相手に、ことごとく負けた。それは守備だけでなく、攻撃時も同様だ。プレーのクセを読まれてブロックされるシーンや、フィジカル勝負で負けてボールロストするシーンが散見されていた。 これは、17日にU-22コロンビア代表と対戦した、U-22日本代表でも見られたもの。チームも相手も違うが、日本が長年抱える問題と言っていいだろう。浅野も試合後に「どうすればあそこにボールを持っていかなくていいのかをチームとして考えないといけない」と語るなど、個の問題であると同時に、組織の問題でもあることを感じさせた。 その理由は、選手の対応力に依存度が高いということだ。前述の通り、キルギス戦のメンバーは現状のベストメンバーに近いが、そこから8名が入れ替わっている。チーム戦術を遂行しながら、ピッチ上で起こっていることに対応できる選手がレギュラー組と考えるならば、この日は控え組であり、その対応力も自ずと低くなる。 個々の能力、特長はあったとしても、相手とのミスマッチをどうやって埋めていくのか。チームとして組織として動く場合、その対応力がなければ、ズルズルとやられるだけ。それが完全に露呈した試合となっただろう。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20191120daihyo_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 柴崎は「全責任は僕にあると思います」と試合後に語った。この言葉の重みをどう考えるかだろう。森保一監督は「結果の責任については、準備の段階からの私の選手に対しての、チームに対しての働きかけだったと思う」と試合後の会見で語ったが、似たような試合をU-22日本代表とA代表で続けて見せてしまった。ピッチ内の対応力だけでは、ベストメンバーを揃える以外に解決策はなくなってしまう。 森保監督は「反省しなくてはいけない」とも口にしたが、ベストメンバーが組めない試合での出来をどう改善していくかが大きな課題として残ったと言えるだろう。そういった意味で、しっかりと熟成された最高級の“Vino Tinto”を用意したドゥダメル監督に、気づきを与えてもらったことに感謝すべきかもしれない。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.11.20 12:20 Wed
twitterfacebook