【CLグループ第3節プレビュー②】メッシ不在バルサvsインテルにドルトvsアトレティコ

2018.10.24 17:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの第3節が24日に開催される。ここではA~Dの第3節のマッチプレビューを紹介していく。

★CLグループステージ第3節

▽10/24(水)
《25:55》
◆グループA
クラブ・ブルージュ vs モナコ
《28:00》
ドルトムント vs アトレティコ・マドリー

◆グループB
《25:55》
PSV vs トッテナム
《28:00》
バルセロナ vs インテル

◆グループC
《28:00》
パリ・サンジェルマン vs ナポリ
リバプール vs ツルヴェナ・ズヴェズダ

◆グループD
《28:00》
ロコモティフ・モスクワ vs ポルト
ガラタサライ vs シャルケ

◆グループA:ドルトvsアトレティコの首位攻防戦
Getty Images
▽3週間前に行われた第2節ではドルトムントとアトレティコ・マドリーがそれぞれモナコとクラブ・ブルージュに快勝し連勝を飾った。モナコの不振によってここまでは2強2弱の構図が強まっている。

▽グループステージ折り返し地点且つ連戦の初戦となる今節では首位通過を目指すドルトムントとアトレティコが首位攻防第1ラウンドに臨む。この試合をホームで戦うドルトムントは、チェルシーとユベントスと並び欧州5大リーグで公式戦無敗を継続中。さらに直近5試合すべてで3ゴール以上を挙げるなど攻撃陣が絶好調だ。とりわけ、今夏バルセロナからレンタル加入したFWパコ・アルカセルが圧巻の決定力を発揮しており、リーガ時代のライバルと対峙する今回の一戦ではチームを勝利に導く働きが期待される。

▽一方、直近のビジャレアル戦で勝ち切れなかったものの8戦無敗(5勝3分け)と本来の調子を取り戻しているアトレティコはやや得点力に課題はあるが、真骨頂である堅守を取り戻しつつある。今回のドルトムント戦では絶好調の攻撃陣を守護神オブラクらを中心にきっちり封じつつ、被カウンター時の守備に甘さがあるホームチームをFWグリーズマンやMFレマルの個人技を生かして崩し切りたいところだ。

▽また、ここまで連敗中のクラブ・ブルージュとモナコは今節からの連戦で連勝を目指し逆転での突破に望みを繋ぎたいところだ。注目は監督キャリア2戦目で早くもCLの大舞台で指揮を執るモナコのアンリ監督だ。自身の初陣となった直近のストラスブール戦はGKのミスや退場者にエースFWファルカオの負傷と多くのアクシデントに見舞われた中、1-2の敗戦。これでチームは公式戦11試合勝利なしと泥沼の状況が続く。その苦境の中で現役時代に百戦錬磨のストライカーとして活躍した同監督がどのようにチームを立て直してくるかに注目したい。

◆グループB:メッシ不在のバルサがインテルとの首位攻防戦
Getty Images
▽今大会屈指の“死の組”と評されるグループBだが、ここまでは本命バルセロナとインテルがトッテナム、PSV相手に連勝を飾り、2強2弱の構図となっている。そして、今節からはバルセロナとインテルによる2強、トッテナムとPSVによる2弱の連戦となる。

▽前節、敵地でトッテナムに打ち勝ったバルセロナは直近のセビージャ戦でリーグ戦での未勝利記録を「4」でストップ。しかし、同試合で1ゴール1アシストの活躍を見せたエースFWメッシが右腕を骨折し3週間の戦線離脱を余儀なくされることに。負傷者続出のセンターバックに加えエース不在、今週末にレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”を控える厳しい状況の中で今回のインテル戦を戦う。メッシ不在の苦境をバルベルデ監督がどのような采配で乗り切るかに注目したい。

▽一方、トッテナム、PSVに渋い勝ち方で競り勝ってきたインテルは目下公式戦7連勝と絶好調だ。とりわけ、2-0で勝利したカリアリ戦を除きすべてが1点差での勝利で、さらに後半アディショナルタイムでの決勝点が3試合とその勝負強さが際立っている。直近のミラノ・ダービーもエースFWイカルディの劇的ゴールで勝ち切っており、チーム状態はすこぶるいい。ただ、劣勢が予想されるバルセロナ戦に向けては昨季在籍したローマで奇跡の逆転突破に貢献したMFナインゴランがケガで欠場となるため、中盤での争いでは苦戦が予想される。それだけに古巣対戦のエースの勝負強さが勝敗のカギを握るはずだ。

▽また、どちらかの連勝を期待しつつ2位通過に望みを繋げたいPSVとトッテナムは今大会初勝利を懸けて激突する。バルセロナ、インテル相手に連敗も国内リーグでは開幕9連勝と圧倒的な強さを誇っている。対するトッテナムもプレミアリーグでは4連勝中と好調を維持。今回の一戦ではDFアルデルヴァイレルトやDFダビンソン・サンチェス、MFエリクセンとアヤックス出身選手たちのプレーにも注目が集まる。

◆グループC:2年連続古巣対戦のアンチェロッティ雪辱なるか
Getty Images
▽グループBと同様に今大会屈指の強豪グループとなった予想通りの混戦模様だ。ツルヴェナ・ズヴェズダを除く3強の争いとなる中、初戦ではリバプールがパリ・サンジェルマン(PSG)に勝利も第2節ではナポリがリバプールを破り、連勝チームがゼロという緊迫した状況だ。

▽今節の注目カードはPSGとナポリが対峙する一戦だ。前節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦では八百長疑惑もかけられた中、“MCN”そろい踏みで6-1の快勝を収めたPSGは直近のリーグ戦でも2試合連続の5-0の圧勝で開幕10連勝を達成。最高の状態でナポリをホームで迎え撃つ。

▽一方、ここまで1勝1分けで首位に立つナポリだが、その引き分けの相手がツルヴェナ・ズヴェズダと考えると、PSGとの直接対決では最低でも勝ち点1を持ち帰りたいところだ。幸い、直近のリーグ戦では2試合連続でクリーンシートを記録しての快勝とチーム状態は良好だ。なお、かつてPSGを率いたアンチェロッティ監督はバイエルンを率いた昨季グループステージに続いて通算2度目の古巣対戦だ。その昨季の対戦では0-3の完敗を喫し、それが早期解任の引き金となっていただけに今回はきっちりリベンジを果たしたいところだ。

◆グループD:混戦抜け出すのは
Getty Images
▽グループBとグループCと事情は異なるものの、本命不在のグループDは予想通り混戦模様となっている。ここまで連敗のロコモティフ・モスクワが出遅れているものの、同率首位のポルトとシャルケとの勝ち点差は「4」と十分に巻き返しが可能となっている。

▽今節では日本代表DF長友佑都を擁する3位のガラタサライ(勝ち点3)と、首位タイのシャルケ(勝ち点4)の一戦に注目が集まる。開幕からいまひとつ波に乗り切れないガラタサライは前節ポルトに惜敗。また、直近のリーグ戦でも格下相手にドローに終わっている。その中で長友は直近のリーグ戦2試合を欠場しており、今回のシャルケ戦では先発復帰が見込まれている。ポルト戦では一対一の決定機を逸しているだけに、今回のシャルケ戦でのリベンジに期待したいところだ。

▽一方、直近のロコモティフ・モスクワ戦を競り勝って今大会初勝利を手にしたシャルケだが、国内リーグでは2勝6敗の16位と大不振。とりわけ、8戦5得点と得点力不足は深刻だ。さらに今回のガラタサライ戦では守護神フェールマンにディフェンスリーダーのナウドも欠場が決定しており、攻撃陣に加えて守備陣にも大きな不安を抱えて敵地での一戦に臨む。

▽また、首位キープを目指すポルトは最下位ロコモティフ・モスクワとのアウェイゲームに挑む。ここまで1勝1分けとまずまずのスタートを切ったポルトだが、直近のリーグ戦では宿敵ベンフィカとのリスボン・ダービーに敗戦。それでも、19日に行われたカップ戦では格下相手に6-0の圧勝を飾り、心機一転今回のロコモティフ・モスクワ戦に臨めるはずだ。
コメント