自動昇格狙う横浜FC、水戸に痛恨の敗戦 福岡と東京Vの上位勢もドロー《J2》2018.09.16 18:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第33節の3試合が16日に各地で行われた。▽暫定4位の横浜FCは、同12位に位置する水戸ホーリーホックと対戦。試合はホームの横浜FCがボールの主導権を握り、水戸が速攻でゴールに襲いかかる展開となる。

▽その中、水戸が30分、右サイドの田向がバイタルエリアのスペースに鋭いパスを供給。これを見事なタッチで受けた伊藤が右足つま先で押し込み、先制に成功する。

▽失点した横浜FCだが、すぐさま追いつく。34分、左サイド中寄りから武田がゴール前にクロス。これに反応したイバが頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。

▽それでも、水戸は38分、前と伊藤の流れるようなパスワークからボックス右のスペースに侵攻した田向が右足シュート。これが決まり、再びリードする。

▽1点ビハインドの横浜FCは、後半の頭から齋藤、瀬沼を投入。続く84分に松井をピッチに送り込み、同点を目指すが、なかなかゴールに迫ることができない。

▽攻勢の横浜FCは終了間際、バイタルエリア中央から佐藤が放ったミドルシュートがDFに当たってゴールに飛ぶが、惜しくもクロスバーを直撃。ゴールが遠い。

▽結局、逃げ切った水戸が3試合ぶりの白星で5戦負けなし。敗れた横浜FCは2試合ぶりの黒星で3試合勝ちなしとなり、上位追走に痛い足踏みが続いている。

▽そのほか、4位の東京ヴェルディは、21位のロアッソ熊本にホームで2-2のドロー。6位のアビスパ福岡は城後の土壇場弾により、ジェフユナイテッド千葉と引き分けている。

◆明治安田生命J2リーグ第33節
▽9/15(土)
松本山雅FC 0-0 レノファ山口FC
大宮アルディージャ 1-0 FC町田ゼルビア
モンテディオ山形 1-1 ヴァンフォーレ甲府
大分トリニータ 5-0 カマタマーレ讃岐
ファジアーノ岡山 2-2 京都サンガF.C.
栃木SC 1-3 愛媛FC
徳島ヴォルティス 2-1 FC岐阜
アルビレックス新潟 2-1 ツエーゲン金沢

▽9/16(日)
横浜FC 1-2 水戸ホーリーホック
東京ヴェルディ 2-2 ロアッソ熊本
ジェフユナイテッド千葉 3-3 アビスパ福岡
コメント
関連ニュース
thumb

福岡が新体制リーグ初勝利で7戦ぶりの白星! 岐阜vs千葉の下位対決は土壇場ドロー《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の3試合が14日に各地で行われた。 町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が2-0で勝利した。 公式戦連敗中の16位町田と、リーグ戦3連敗で降格圏の21位に低迷する福岡による浮上のキッカケを探る後半戦初戦。 立ち上がりは出足で勝る町田が幾度か相手陣内深くに侵攻していく。これに対して身体を張った守備で何とか凌いだ福岡は29分にビッグチャンス。ハーフウェイライン付近で裏に抜け出した森本がボックス付近まで運んで並走するフリーの松田にラストパスも、ここはGK増田の好守に遭う。絶好機を逃した福岡だったが、直後の34分に得たFKの場面でキッカーの鈴木惇の正確な左足クロスに反応した松田がダイビングヘッドで流し込み、アウェイチームが先手を奪った。 1点リードで試合を折り返した福岡は後半立ち上がりの51分、森本の中央突破から右サイドでスルーパスを受けた松田がグラウンダーで折り返すと、これを中央に走り込んだ木戸がスライディングシュートで合わせ、貴重な2点目を奪い切った。 一方、ホームで負けられない町田は積極的に交代カードを切ってリスクを冒した攻めでゴールを目指すが、引いてブロックを敷く福岡を前になかなか効果的な攻撃を見いだせず、試合はこのままタイムアップ。敵地で町田に完勝の福岡は久藤新体制のリーグ戦初勝利を飾ると共に7戦ぶりの白星を手にした。 石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vs東京ヴェルディは、1-1のドローに終わった。 直近1勝6分けで7戦無敗の7位金沢と、直近の天皇杯で法政大学に敗れる屈辱を味わった公式戦連敗中の14位東京Vによる後半戦初戦。試合は東京Vが前半に70パーセント近いボール支配率を記録するも、アタッキングサードで仕事をさせない金沢が効果的にカウンターを繰り出してペースを握る。すると、後半立ち上がりの49分にはセレッソ大阪から育成型期限付き移籍で加入の山根が長谷川の右クロスのこぼれ球を冷静に蹴り込んで金沢デビュー戦でJ2リーグ初ゴールを奪う。 ハーフタイム明けに投入した若武者の活躍で先手を奪った金沢はその後も畳み掛ける攻めで東京Vを押し込むが、再三の決定機を決め切れない。すると、ここまでほとんどチャンスを作れなかったアウェイチームは前回対戦で2ゴールを記録した林が金沢キラーぶりを発揮。74分に左サイドの永田からのクロスをダイビングヘッドで合わせ、貴重な同点ゴールを奪った。その後は再び金沢が猛攻を仕掛ける展開も加藤や垣田らが再三の決定機逸に終始し、試合は1-1のドローに終わった。 また、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsジェフユナイテッド千葉は、2-2のドローに終わった。 前節、福岡との裏天王山を制して北野新体制移行後、初白星を飾ると共に連敗を「8で止めた最下位の岐阜と、直近の公式戦3敗1分けと不振に喘ぐ18位の千葉による下位対決。試合は立ち上がりから動く。4分、ライアン・デ・フリースの丁寧なポストプレーから前田が技ありの左足ミドルシュートを突き刺しホームチームが先制。しかし、千葉も攻勢を仕掛けた中で25分には堀米の左サイドからのクロスをクレーベがワンタッチで合わせ、前半は1-1のイーブンで終了した。 迎えた後半立ち上がりの52分、岐阜が右CKの場面でキッカーの市丸が意表を突いてボックス手前でフリーの宮本にグラウンダーのパスを出すと、宮本が見事なダイレクトシュートを突き刺し、ホームチームが勝ち越す。その後は一進一退の攻防が続く中、最後まで諦めない千葉は90分にゴール前の混戦のこぼれ球に反応した安田がエリア外から抑えの利いたミドルシュート。ゴール前の佐藤寿人がわずかに触ってコースを変えると、これが劇的な同点ゴールとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 結果 ▽7/14(日) FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> FC岐阜 2-2 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 1-1 東京ヴェルディ ▽7/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-1 レノファ山口FC アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 6</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 京都サンガF.C.</span> 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 柏レイソル</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> 2019.07.14 21:42 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島、タイ人MFチャキットの期限付き移籍期間満了を発表「成功を掴み取ることを願っています」

徳島ヴォルティスは14日、タイのBGパトゥン・ユナイテッドFC(2018シーズンまでの名称はバンコク・グラスFC)から期限付き移籍で加入していたタイ人MFチャキット(24)の移籍期間満了を発表した。 チャキットは2019年に徳島に期限付き移籍で加入。今シーズンは天皇杯の1試合の出場に留まった。 移籍期間の満了が発表されたチャキットは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「徳島ヴォルティスのファン・サポーターの皆さん、このたび、タイに戻ることになりました。 徳島ヴォルティスでプレーしたことはいい経験になりました。今後も徳島ヴォルティスを応援していきますし、成功を掴み取ることを願っています」 「徳島ヴォルティスに関わる全ての方々、僕を応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました!」 2019.07.14 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

首位攻防戦制した京都が首位浮上! 劇的逆転勝利の柏は4連勝!《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の8試合が13日に各地で行われた。 NDソフトスタジアム山形で行われたモンテディオ山形vs京都サンガF.C.は、アウェイの京都が1-0で勝利した。 前半戦を首位で終えた山形と、自動昇格圏内の2位で終えた京都による後半戦初戦でいきなり実現した首位攻防戦。試合は立ち上がりから首位攻防戦に相応しい緊迫感のある攻防となる。ボールの主導権を握った京都がより相手ゴールに迫る場面を作るが、前半38分に小屋松の個人技から作った決定機で金久保がダイレクトシュート、44分にはボックス付近でのこぼれ球から石櫃、一美と連続で決定機を作るが、ここはGK櫛引の好守とポストに阻まれた。 しかし、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりに試合が動く。54分、石櫃の右CKをゴール前の本多が頭で合わす。これはGKのセーブに阻まれたが、こぼれ球を一美が冷静に蹴り込んだ。エースのゴールで均衡を破った京都は、その後山形の反撃に晒されるが、安定した守備で決定機を作らせない。逆に、カウンターから一美が2点目に迫るなど危なげない試合運びを見せる。 その後、攻勢を強める山形の反撃を最後まで一丸となった守備で守り切った京都が敵地での首位攻防戦を1-0で制し、同勝ち点で並んだ山形を得失点差で抜き首位に浮上した。 また、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvs柏レイソルは、アウェイの柏が2-1で逆転勝利した。 6戦負けなしで9位に浮上した徳島と、今季2度目の3連勝で3位でのシーズン折り返しに成功した柏による好調チーム同士の後半戦初戦。試合は立ち上がりにオルンガがいきない決定機を迎えるも、GKとの一対一を決め切れず。直後の11分には徳島のセットプレーからゴール前の佐藤晃がバックヘッドでゴールに迫るが、今度はGK中村がビッグセーブで阻止。 やや徳島ペースもゴールレスで折り返した試合は後半序盤にホームチームが動かす。ここ最近スーパーサブとして存在感を増す途中出場の渡井がボックス中央の佐藤晃とのパス交換でペナルティアーク付近に飛び出すと、見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 敵地で先制を許す厳しい状況となった柏はオルンガやクリスティアーノの個人技を生かして反撃を試みるが、最後のところで崩し切れない。しかし、敗戦濃厚と思われた試合終盤の86分にクリスティアーノの左CKの流れから鎌田が泥臭く押し込んで同点に追いつくと、90分には再びクリスティアーノの右CKから今度は瀬川が頭で合わせ、セットプレー2発で土壇場での逆転劇を演出。そして、好調徳島に7戦ぶりの黒星を与えた4連勝の柏は順位こそ3位のままとなったが、上位2チームと同じ勝ち点40に到達した。 同日行われたその他の試合では前節、17戦ぶりの敗戦を喫した5位の大宮アルディージャが、フアンマ・デルガドのハットトリックの活躍などで鹿児島ユナイテッドFCを6-0で粉砕。また、V・ファーレン長崎にホームで競り勝った4位の水戸ホーリーホックが、5戦ぶりの白星で大宮共に勝ち点を「39」に伸ばした。さらに、攻撃陣が好調の12位の横浜FCが今季初の3連勝を飾っている。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 日程・結果 ▽7/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-1 レノファ山口FC アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 6</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 京都サンガF.C.</span> 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 柏レイソル</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> ▽7/14(日) 《18:00》 FC町田ゼルビア vs アビスパ福岡 FC岐阜 vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ 2019.07.13 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮DF奥井諒に第二子誕生 「妻に感謝」

大宮アルディージャは11日、DF奥井諒(29)の下に第二子となる次男が誕生したことを報告した。 大阪府出身の奥井は、ガンバ大阪Jrユース、履正社高校、早稲田大学、ヴィッセル神戸を経て、2016年から大宮でプレー。第二子誕生を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「7月4日に、第二子の男の子が誕生しました。元気に生まれてきてくれた息子、産んでくれた妻に感謝しています。家族のためにも、より一層の責任感を持って頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!」 2019.07.11 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山DF阿部海大が恥骨結合炎で長期離脱…

ファジアーノ岡山は10日、DF阿部海大が恥骨結合炎と診断されたことを発表した。全治は約8週間から12週間。 クラブの発表によれば、阿部は5日のトレーニングで受傷した。 阿部は2018年に東福岡高校から岡山に入団。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 2019.07.10 11:30 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース