「うせろ。ユナイテッドに行く」 ベルバトフにシティ行き拒絶の秘話

2018.09.04 09:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏がマンチェスター・ユナイテッド移籍の舞台裏を明かした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

▽ベルバトフは2008年夏、トッテナムからユナイテッドに加入。在籍した4シーズンの間で、2度のプレミアリーグ優勝や、クラブ・ワールドカップ制覇に貢献したほか、2010-11シーズンに20得点を挙げ、リーグ得点王にも輝いた。

▽ベルバトフ氏は、ユナイテッド移籍を決めた当時を回想。その当時、代理人から莫大な資金力で発展途上にあったマンチェスター・シティ行きを勧められたことを話した。

「シティが(2008年夏に)レアル・マドリーからロビーニョを獲得する前夜だったかな。代理人から『他のチームがお前を欲している。もっとお金が稼げるぞ』と言われた。でも、私はこう言った。『うせろ。僕はマン・ユナイテッドに行く』ってね」

「それは、歴史や、選手、伝統、あらゆる面を考慮してのことだ。私にとって、お金が全てじゃない。正しい決断だったし、東ヨーロッパの小さな町で生まれた私にとって、最高のチームですることは夢だった。素晴らしい気分だったよ」
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャール、快勝劇呼び込んだ2発グリーンウッドを「スペシャルな青年」と評す

オーレ・グンナー・スールシャール監督がU-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドを「スペシャルな青年」だと評した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるユナイテッドは4日に本拠地で行われたプレミアリーグ第33節でボーンマスと対戦。先制を許したが、終わってみれば5ゴールを挙げ、リーグ戦3連勝で上位を猛追した。 1得点2アシストのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが引き続き偉才ぶりを発揮した一戦だったが、グリーンウッドも精度抜群のシュートスキルを生かして逆転劇を呼び込む同点弾など、2ゴールの活躍を披露した。 公式戦16試合無敗を継続したスールシャール監督は試合後、「エキサイティングだ。数々のファンタスティックなゴールも生まれ、素晴らしいアタッキング・フットボールだった」と評価すると、グリーンウッドにも賛辞を贈った。 「今の彼と同じ年齢のウェイン・ルーニーも見たが、メイソンはフィニッシャーとしてのスペシャリストであり、ゴールスコアーとしてのスペシャリストだ。ピッチで何をすべきのかをしっかりと把握できているよね。彼はシュートを打てば、ゴールを決められる。もっと良くなるだろうし、プレーも全般的に良くもなっている」 また、ユナイテッドのレジェンドOBである元イングランド代表FWウェイン・ルーニーやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと同じ軌跡を辿る可能性を訊かれると、こう考えを示した。 「ルーニーやロナウドとの比較はフェアじゃない。彼は彼なりのキャリアを築いていくだろう。彼は彼のやり方でやっている。メイソンも正しいことをし続け、良い決断ができれば、2人(ルーニーとC・ロナウド)のように素晴らしいキャリアを歩めるはずさ。メイソンはまだ1シーズン目だが、我々はスペシャルな青年だと認識している」 2020.07.05 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

スールシャールがリンデロフの途中交代を説明 「今日の彼は背部の痛みと葛藤」

マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが負傷交代した。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるユナイテッドは4日に本拠地で行われたプレミアリーグ第33節のボーンマスと対戦。先制を許したが、終わってみれば5ゴールを挙げ、リーグ戦3連勝を飾った。 しかし、この試合にセンターバックの一角で先発したリンデロフはハーフタイム後のピッチに姿を見せず、コートジボワール代表DFエリック・バイリーと交代した。 クラブ公式サイトによると、オーレ・グンナー・スールシャール監督は試合後、イギリス『BT Sport』でその件を訊かれると、「今日の彼は背部の痛みと葛藤していた。あまり悪くないと良いのだがね」と話したという。 今季を通じて、イングランド代表DFハリー・マグワイアとともにセンターバックのレギュラーとしてコンビを組むリンデロフ。ここまで公式戦39試合に出場している。 イングランド代表DFフィル・ジョーンズやイングランド人DFアクセル・トゥアンゼベに続いて、リンデロフも離脱となれば、センターバック陣がより手薄になる。 なお、来季のCL出場権獲得に向けて上位を猛追するユナイテッドは9日に行われる次節、アストン・ビラのホームに乗り込む。 2020.07.05 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォード&マルシャルが2007-08のC・ロナウド&テベス以来の好記録!

マンチェスター・ユナイテッドの新たな得点源コンビが好記録だ。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けた戦いが続く狙ユナイテッドは4日に本拠地で行われたプレミアリーグ第33節でボーンマスと対戦。先にリードを許す展開だったが、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスらの好調な攻撃陣が引き続き躍動して、終わってみれば5得点の快勝劇を演じた。 先発したイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードは35分にPKのチャンスからゴール。フランス代表FWアントニー・マルシャルも前半終了間際にミドルシュートを突き刺した。今季のプレミアリーグにおけるホーム戦でみると、ラッシュフォードが11得点目。マルシャルは10ゴール目の一撃だった。 データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、ユナイテッドの2選手がプレミアリーグ1シーズンのホーム戦で二桁得点を記録するのは2007-08シーズンのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)と元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(現ボカ・ジュニアーズ)のコンビ以来だ。 また、ラッシュフォードとマルシャルは今季のプレミアリーグでそれぞれキャリアハイを更新中で、今回の得点でともに15ゴール目。公式戦のゴール数でも揃って20得点ずつを記録している。 なお、そうした攻撃陣の活躍が際立つユナイテッドも今回の一戦で久々の好記録。プレミアリーグを舞台にしたオールド・トラフォードでの5得点は2011年12月のウィガン戦(5-0でユナイテッドが勝利)以来ぶりのことだったという。 2020.07.05 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動のユナイテッド、ボーンマスに5発圧勝で暫定4位浮上!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは4日、プレミアリーグ第33節でボーンマスをホームに迎え、5-2で圧勝した。 4日前に行われた前節ブライトン戦を3-0と快勝して5位をキープし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位チェルシーに2ポイント差に迫ったユナイテッドは、ブライトン戦と同様のスタメンで臨んだ。 降格圏に沈む4連敗中の19位ボーンマス(勝ち点27)に対し、立ち上がりから押し込んだユナイテッドは10分に決定機。ラッシュフォードのフィードに反応して抜け出したブルーノ・フェルナンデスが飛び出してきたGKを外しにかかるループシュートを狙ったが、枠の上に外れてしまった。 すると16分、最初のピンチでユナイテッドは失点する。ボックス左でルーズボールを拾ったスタニスラスにマグワイアの股間を抜くドリブルで突破され、GKデ・ヘアのニアサイドを破るシュートを決められた。 失点後、ラッシュフォードの直接FKでゴールに迫ったユナイテッドは29分に同点とする。ブルーノ・フェルナンデスのラストパスを受けたグリーンウッドがボックス左から強烈なシュートを叩き込んだ。 さらに33分、CKの流れからA・スミスのハンドで得たPKをラッシュフォードが決めて逆転したユナイテッドは、前半追加タイム2分に3点目。左サイドでパスを受けたマルシャルがカットインし、ボックス手前左からゴール右上へ見事なコントロールシュートを決めきった。 迎えた後半、リンデロフに代えてバイリーを投入したユナイテッドは開始1分にクックのミドルシュートでゴールを脅かされるも、ここはGKデ・ヘアがセーブ。だが2分後にPKを献上してしまう。マティッチのバックパスが浮き、ボックス内ぎりぎりのバイリーが胸でトラップを試みるもハンドを取られてしまった。 このPKをJ・キングに決められて1点差とされたユナイテッドだったが、54分にすかさず突き放す。高い位置でボールを奪った流れから、マティッチのパスを受けたグリーンウッドがドリブルでボックス右に侵入し、右足で豪快に蹴り込んだ。 さらに59分、ブルーノ・フェルナンデスの直接FKが決まったユナイテッドが余裕の展開とすると、終盤にかけては危なげなく時間を消化。 攻撃陣が躍動したユナイテッドがリーグ戦3連勝とし、暫定4位に浮上している。 2020.07.05 00:57 Sun
twitterfacebook
thumb

D・ヘンダーソン「マンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表のためにプレーしたい」

シェフィールド・ユナイテッドのイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンがスペイン代表GKダビド・デ・ヘアをリスペクトしつつ、マンチェスター・ユナイテッドの正守護神になりたい想いを語った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ユナイテッド下部組織出身のD・ヘンダーソンは昨季からシェフィールド・ユナイテッドに武者修行の旅に。初年度から守護神としての地位を掴み取り、プレミアリーグ昇格に貢献すると、今季もイングランドトップリーグを舞台に堂々たる活躍を披露している。 そうした姿を受け、ユナイテッドの絶対的守護神を務めるデ・ヘアの正当な後継者として目され始めているD・ヘンダーソン。先日に今季終了までのレンタル延長が決定したなか、『TV3』で“ライバル”デ・ヘアに対する感情や自らの想い、そして将来に言及した。 「ファンはこの9年間における彼の功績を忘れるべきじゃない。彼はおそらくその期間のユナイテッドにおけるベストプレーヤーだった。だから、新たなチャンスを得るべきだ。僕はまだ若く、努力している。あのクラブのファンでもあって、そんな彼らのためにプレーしたい。ダビド・デ・ヘアのようにマン・ユナイテッドでキャリアを積めたら良いね」 「誰もがわかっていると思う。マンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表のためにプレーしたい僕の想いをね。いつもレンガの壁にぶち当たっている感覚だ。チャンスを得られるかもしれないし、そうじゃないかもしれない感じなら、別の道を模索しないといけない」 2020.07.04 11:45 Sat
twitterfacebook