ロブソン=カヌがウェールズ代表を引退! ユーロ2016でベスト4に大きく貢献2018.08.29 20:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェールズ代表は29日、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に属するWBAのFWハル・ロブソン=カヌ(29)が同国代表を引退することを発表した。

▽ロブソン=カヌはウェールズ代表通算44試合に出場し、5ゴールを記録。世代別代表としてはイングランドからの招集に応じていたが、2010年5月に祖母のルーツであるウェールズのフル代表を選択した。

▽ユーロ2016では予選から主力を務め、本大会ではジョーカーとして5試合2ゴールを記録。とりわけ準々決勝ベルギー代表戦では巧みなターンから決勝点を奪い切るなど、印象的な活躍でウェールズ史上初の4強入りに大きく貢献した。

▽ロブソン=カヌは代表引退に際し、自身のツイッター(@RobsonKanu)を通じて以下のようなメッセージを伝えている。

「自分の国を国際レベルで代表するという夢を見られて、僕はとても感謝している」

「真のプライド、そして比較できないパッションに支えられたシャツを着られて、光栄だった」

「プライドは、できるとは思っていなかったことを達成することで。パッションは、同じ国家であることを強く求めた」

「僕は国際サッカーから引退する決定を下した。長い間考えたけど、決断は下された。家族に約束したんだ。僕は持てる時間を彼らに捧げる。そしてスポーツの中で自分のクラブキャリアに集中することを選択した。ゲームから離れていく必要があるんだ」

「ライアン・ギグスとこのチームが今後も成功を収めることを願う。そして、ガリー・スピードとクリス・コールマンが築いてくれた、新しい世代の人々の理解と協力に感謝したい」
コメント
関連ニュース
thumb

モドリッチやラキティッチ、ペリシッチらが選出! クロアチアがユーロ予選に向けたメンバー発表!《ユーロ2020予選》

クロアチアサッカー協会(HNS)は20日、6月に行われるユーロ2020予選に向けたクロアチア代表メンバー25名+予備メンバー3名を発表した。 クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)、FWアンテ・レビッチ(フランクフルト)など主力が順当に選出した。 3月に行われたユーロ2020予選を1勝1敗スタートとなったクロアチアは、6月8日にウェールズ代表とのホーム戦を行い、同11日に国際親善試合でチュニジア代表とホームで対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;"ヨシプ・ポサベツ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">カルロ・バルトレツ</span>(ノアシャラン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼスポル/トルコ)</span> <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">フィリップ・ベンコビッチ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク)※ <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ミヨ・ツァクタシュ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) ※予備メンバー 2019.05.21 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェールズがスロバキアにシャットアウト勝利で白星発進!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選・グループE第2節、ウェールズ代表vsスロバキア代表が24日に行われ、1-0で辛勝した。 クロアチア代表が同居しているグループE。初戦を迎えるウェールズは4日前に行われ、1-0で辛勝した親善試合のトリニダード・トバゴ代表戦を欠場していたベイルやB・デイビス、ジョー・アレンらが先発となった。 一方、3日前に行われた初戦のハンガリー代表戦を2-0と勝利したスロバキアは、ハムシクとシュクリニアルの両主軸が引き続きスタメンとなった。 試合は開始5分に動く。ペカリークのゴール前でのボールロストをカットしたダニエル・ジェームズがペナルティアーク中央から豪快なミドルシュートをゴール左に叩き込んで、ウェールズが先制した。 先制後も縦に早い攻撃で主導権を握るウェールズがゴールに迫ると、21分には左クロスに合わせたブルックスのシュートがわずかに枠の左に外れた。 自陣に引いてカウンターを狙うウェールズは39分に決定機。右サイドから切れ込んだブルックスがDFをかわして左足でシュート。だが、巻いたシュートはわずかに枠の左に外れた。 前半を1点のリードで終えたウェールズは、53分にベイルがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 しかし直後の54分、スロバキアに同点のチャンス。スルーパスでボックス左に抜け出したルスナークがGKと一対一に。しかし、シュートはヘネシーの好守に阻まれてしまった。 ひやりとさせられたウェールズは72分、ゴールを決めたダニエル・ジェームズに代えてDFのウィリアムズを投入。逃げ切りを図った中、82分にはジュリシュのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKヘネシーが好守で凌いだ。 終盤にかけても押し込まれたウェールズだったが、1点のリードを保って白星発進としている。 2019.03.25 00:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイルを語るウェールズ代表ギグス監督「プレッシャーを取り除きたい」

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、エースであるFWガレス・ベイルについて語った。イギリス『Four Four Two』が報じた。 ウェールズは、20日にトリニダード・トバゴと国際親善試合を、23日にスロバキア代表とユーロ2020予選を戦う。 この試合でもエースとしての活躍が求められるベイルだが、今シーズンはケガなどにも苦しむ状況に。16日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦では、1ゴールを記録すると、2019年に入って初めてフル出場を果たしている。 マドリーでは批判の対象となるなど、苦しい時期を過ごしているベイルだが、ギグス監督は能力を高く評価。今回もゴールを決めてくれると期待を示した一方で、プレッシャーから解放してあげたいとも語った。 「我々全員が、彼がどのような才能を持っているか知っているし、彼がプレーするのであれば、きっとゴールを決めるだろう」 「しかし、同時に彼からプレッシャーを取り除きたいとも思っている。もし彼がプレーできなければ、我々は1人の選手に頼っているのではないと証明できる」 2019.03.20 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月26日は、新天地行きが噂されるウェールズの至宝のバースデー

◆アーロン・ラムジー 【Profile】 国籍:イギリス(ウェールズ) 誕生日:1990/12/26 クラブチーム:アーセナル ポジション:MF 身長:178㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月26日は、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーだ。 ▽ウェールズのカーディフ・シティでキャリアをスタートさせたラムジーは、2006-07シーズンに当時クラブ史上最年少となる16歳と124日という若さでトップチームデビューを果たした。 ▽そして、2008年にアーセナルに完全移籍。その理由を「アーセナルなら若手が多くの出場機会を与えてもらえるから」と語っている。デビュー戦は同年8月13日のチャンピオンズリーグ予選のFCトゥベンテ戦。1カ月後の9月13日にはブラックバーン戦でプレミアリーグデビューも果たした。当時、元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は「彼の才能に疑いの余地はない。将来的にキャプテンに据えたいと考えている」と、その活躍ぶりを絶賛していた。 ▽ラムジーのプレースタイルはボックス・トゥ・ボックス。足元の技術が高く運動量も豊富だ。自身が「お手本としている」と認める、同胞のレジェンド、ライアン・ギグスとは少し異なるが、ギグス以来の逸材としてウェールズでは常に期待の目が向けられている。 ▽そのギグスとも共演したウェールズ代表では、2008年10月のデンマーク戦がデビュー戦となった。2012年のロンドン・オリンピックの際にはイギリス代表としてもプレーした経験がある。ちなみに、イギリス代表のオーバーエイジ枠にはギグスも選出されていた。 ▽アーセナルとの契約が残り約半年となる2018年末。実績の確かなラムジーには多くのクラブからの関心が伝えられているが、どのような将来を選ぶのだろうか。 ※誕生日が同じ主な著名人 ウーゴ・ロリス(サッカー選手/トッテナム) 関口訓充(サッカー選手/ベガルタ仙台) 藤井陽也(サッカー選手/名古屋グランパス) 児玉清(俳優) エスパー伊東(お笑い芸人) 小栗旬(俳優) 高橋優(歌手) 城田優(俳優) 佐藤かよ(モデル) 2018.12.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人、ユーベ移籍を仄めかす「ガレスはCR7とのプレーが大好き」

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の代理人が、同選手がユベントスに行く可能性を否定していない。イギリス『デイリー・メール』が、イタリア『トゥットスポルト』での発言を引用して伝えた。 ▽今夏、マドリーからの退団を希望しているという報道が噴出しながらも残留したベイル。マンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍が取り沙汰されていたが、FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントス行きを選んだことも影響し、エースとしての役割を期待されて今シーズンを迎えた。 ▽そして、ベイルは今シーズンここまで公式戦17試合で6ゴール5アシストを記録。C・ロナウド程の数字は残せていないものの、20試合10ゴールのFWカリム・ベンゼマに次ぐ重要な得点源となっている。 ▽しかしながら、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は将来的なユベントス移籍の可能性を仄めかした。 「ガレス(・ベイル)はレアル・マドリーでとても幸せだ。だが、将来について話すのならば、移籍市場において不可能などない」 「(クリスティアーノ・)ロナウドの損失はレアル・マドリーにとって重大だ。ガレスはクリスティアーノとのプレーが大好きだったんだよ。だが、彼(ベイル)はトップクラブにいられて幸せに思っている」 「CR7の移籍以来、外国人スーパースターたちがセリエA移籍を検討し始めているというのは真実だ。昨シーズンとは違う風に見られているよ」 2018.11.30 18:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース