日本代表戦にも出場したセネガル代表MFシェイク・エンドイエがアンジェに復帰

2018.08.17 12:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アンジェは16日、バーミンガムからセネガル代表MFシェイク・エンドイエ(32)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は2年間となる。

▽C・エンドイエは、2015年7月にUSクレテイユ=リュシタノからアンジェに加入。2シーズン過ごし、2017年7月にバーミンガムへと移籍していた。

▽2017-18シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で37試合に出場。FAカップでも3試合に出場しており、今シーズンもチャンピオンシップで2試合に出場していた。

▽セネガル代表としても29試合に出場しているC・エンドイエは、ロシア・ワールドカップにも出場。日本代表戦にも出場していた。

関連ニュース
thumb

ソシエダ、逸材FWモハメド=アリ・チョを獲得! 公式発表は伝説のプロボクサーをオマージュした形に

レアル・ソシエダは15日、アンジェからU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、フランクフルト、マルセイユ、レッドブル・ザルツブルクといったクラブがここまで関心を示していた。 だが、フランス『レキップ』によると、ソシエダは1200万ユーロ(約16億7000万円)という金額でアンジェと合意。さらに、選手本人とも5年契約で合意に至った。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、32試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 なお、ソシエダは、同選手の名前にちなんで伝説のプロボクサーであるモハメド・アリのオマージュを用いた公式SNSの投稿も行っている。 <span class="paragraph-title">【画像】伝説のプロボクサーのオマージュを用いた獲得発表に</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Eh !<br><br> ¡Deja tu mensaje de bienvenida al txuri urdin!<a href="https://twitter.com/hashtag/ChoTxuriUrdin?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ChoTxuriUrdin</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/EZkwuFvU2X">pic.twitter.com/EZkwuFvU2X</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1537140381200039936?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.06.16 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダが仏リーグ屈指の若手逸材FWチョを確保! クラブ間&個人間で合意

レアル・ソシエダがアンジェのU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)を獲得することが濃厚となった。フランス『レキップ』が報じている。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、フランクフルト、マルセイユ、レッドブル・ザルツブルクといったクラブがここまで関心を示していた。 だが、『レキップ』によると、ソシエダは1200万~1500万ユーロ(約17億~21億円)という金額でアンジェと合意。さらに、選手本人とも5年契約で合意に至ったとのことだ。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、32試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 2022.06.13 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユが逸材FWチョの獲得でアンジェとクラブ間合意か?

マルセイユがアンジェのU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)の獲得に向けてクラブ間で合意に至った模様だ。フランス『Le10Sport』が報じている。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、レスター・シティといったクラブがここまで関心を示している。 また、先日にはフランクフルトが600万ユーロ(約8億2000万円)の公式オファーを掲示も、アンジェ側が拒否。さらに、ドルトムント移籍が決定したドイツ代表FWカリム・アデイェミの後釜を探すレッドブル・ザルツブルクが1000万ユーロ(約13億7000万円)のオファーを準備しているとも報じられていた。 そういった中、『Le10Sport』が報じるところによれば、以前から同選手に対して強い関心を示していたマルセイユは、1200万ユーロ(約16億5000万円)+ボーナスという条件掲示でアンジェの合意を取り付けた模様だ。 なお、現時点では個人間での合意はなされていないようだが、アンジェはクラブの財政を安定させるため、現行契約が2023年までとなっているチョを今夏に売却する考えだという。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、30試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 2022.05.11 22:39 Wed
twitterfacebook
thumb

イカルディが右大腿四頭筋の負傷で2~3週間の離脱に…

パリ・サンジェルマン(PSG)は22日、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの負傷を発表した。 イカルディは20日に行われたリーグ・アン第33節アンジェ戦のウォーミングアップ中に右足を負傷。検査の結果、右大腿四頭筋の損傷と診断され、復帰には2~3週間を要するとのことだ。 なお、試合はFWキリアン・ムバッペの3試合連続ゴールなどでPSGが完勝。しかし、同日開催のマルセイユも勝利したためリーグ優勝は次節に持ち越しとなった。 2019年夏の加入から在籍3年目を迎えているイカルディ。同胞のFWリオネル・メッシの加入で大幅に出番が減少したことを受け、一部メディアは今夏での退団が伝えられるなど、去就が注目されている。 2022.04.23 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

週末にも優勝が決まるPSG、ポチェッティーノ監督「最も重要なことは、土曜日に集中すること」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、アンジェ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは前節2位のマルセイユとの直接対決を制し、勝ち点差を15に広げ優勝に近づいた状況。今節勝利すれば優勝が決定する可能性もあった。 そのPSGは、28分にキリアン・ムバッペのゴールで先制すると、前半アディショナルタイム47分にはセルヒオ・ラモスが加入後2点目のゴールでリードを広げる。 危なげなく戦うPSGは77分にマルキーニョスが追加点。0-3で勝利を収めた。 マルセイユも勝利したことで今節での優勝とはならなかったが、王手をかけた状況に。ポチェッティーノ監督は、目の前の試合に集中すると気を引き締めた。 「良い試合だった。とてもプロフェッショナルなパフォーマンスだったと思う。3ポイントが最も重要であり、我々は望むものを達成することにさらに近づいていると思う」 「タイトル?試合に勝利し、上手くプレーし、我々が生み出すものに集中することが重要だ。最も重要なことは、土曜日に集中し、再びとても良いパフォーマンスを発揮することだ」 2022.04.21 11:34 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly