アーセナルの若手DFビエリクが3部チャールトンヘレンタル2018.08.16 20:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ1(イングランド3部)のチャールトンは16日、アーセナルに所属するU-21ポーランド代表DFクリスティアン・ビエリク(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。▽ビエリクは、2015年1月にレギア・ワルシャワから完全移籍でアーセナルに加入。2017年1月からはバーミンガム、2018年1月からはウォルソールへレンタル移籍していた。

▽2017-18シーズンは、ウォルソールでの出番はなく、アーセナルU-23としてプレミアリーグ2で4試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

エジルも感激? 憧れの?ラピノーと対面実現

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、新ヘアスタイルのモデルとされる? アメリカ女子代表FWミーガン・ラピノーと初対面を果たした。ラピノーが自身の公式『インスタグラム』のストーリーを通じて、同選手との記念写真を公開した。 現在、アメリカでプレシーズンツアーを行っているアーセナルにおいて注目を集めていたのが、エジルの新ヘアースタイルだ。 今回明らかになった新ヘアースタイルでは、サイドをツーブロックにし、トップ部分をオールバックにするという髪型自体に変化はなかったものの、髪の色がなんとプラチナカラーに。 SNS上に投稿された映像や画像ではエジルがサングラスをかけており、その姿は髪色こそ異なるものの、先日フランスで行われた女子ワールドカップでアメリカの大会連覇の立役者となったラピノーにそっくりだった。 なお、エジルはプラチナカラーに染めた理由に関して、チームメートのFWアレクサンドル・ラカゼットらと行ったクロスバーチャレンジゲームで敗れた末の罰ゲームだったと説明していた。 その後、SNSなどを通じて、この噂を聞きつけたのかは不明だが、ラピノーは20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のアーセナルvsフィオレンティーナの試合会場を訪問。そして、試合前には渦中のエジルとFWピエール=エメリク・オーバメヤンの2選手と記念撮影を行うと共に、新シーズンの成功を祈っていることを伝えた。 ◆夢の共演! https://twitter.com/themegansmith/status/1152763512969715712/photo/1 2019.07.21 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新星FWケアンに関心か ユーベは買い戻しOP付随要求

アーセナルが、ユベントスに所属するイタリア代表FWモイゼ・ケアン(19)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ユベントス下部組織出身のケアンは、昨シーズンのセリエAで4戦連発を達成するなど、計6ゴール(13試合出場)をマークしてブレイク。この活躍もあり、エバートンやドルトムント、バルセロナなどが関心を示しているとの報道も噴出している。 そのケアンの争奪戦にアーセナルも加わったという。ウナイ・エメリ監督が新たなアタッカーとして同選手を注視しており、選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏ともコンタクトを図った模様だ。 一方、ユベントスは現行契約が2020年夏までのケアンに関して、2024年までの契約延長を希望しているが、経験を積ませるためにも国外クラブに手放す意向も示しているとのこと。だた、条件として2年以内なら有効な3600万ポンド(約48億5000万円)の買い戻しオプションを付けることを掲げているようだ。 そのユベントスの条件をのむことに否定的な姿勢だともされるアーセナル。移籍金として3600万ポンドを支払う意思も示しているとみられるが、果たして 2019.07.21 15:42 Sun
twitterfacebook
thumb

エンケティア2発のアーセナルが今大会2連勝! フィオレンティーナに3得点快勝《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のアーセナルvsフィオレンティーナが日本時間21日に行われ、アーセナルが3-0で勝利した。 アーセナルはバイエルン戦のスタメンからモンレアルとムスタフィ以外の9選手を変更。若手中心のメンバーで臨んだ。対するフィオレンティーナはシメオネとキエーザがベンチスタートとなった以外はグアダラハラ戦のメンバーが主体となった。 3日前に行われたバイエルンとの初戦を2-1と競り勝ったアーセナルと、4日前に行われた初戦のグアダラハラ戦を2-1と競り勝ったフィオレンティーナによる一戦は、15分に動く。コラシナツの左クロスをボックス中央で受けたエンケティアがDFを外して冷静にシュートを流し込み、アーセナルが先制する。 先制したアーセナルが流れを引き寄せるなか、36分に左CKのチャンスからからチェッケリーニが際どいヘディングシュート。前半終了間際にもソティルやヴラホビッチのシュートでゴールに近づいたフィオレンティーナだったが、いずれもゴールネットを揺らせず、1点ビハインドが重くのしかかる。 リードするアーセナルは、後半も総じて試合の主導権を握るなか、60分にボックス右の深くにムヒタリアンが切り込み、ゴール前のラカゼットにボールを供給。そのラカゼットからパスを受けたエンケティアが冷静にシュートを決め切り、アーセナルがフィオレンティーナを突き放した。 試合を優勢に進めるアーセナルは89分、ラカゼットからのパスを受け取ったジョー・ウィロックがボックス中央から左足シュートを決めて勝負あり。フィオレンティーナに快勝したアーセナルが今大会2連勝を果たしている。 2019.07.21 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

パルチザンからラブコールの浅野拓磨、香川と同じくベシクタシュ行きが有力か

アーセナルの日本代表FW浅野拓磨(24)は一時移籍話が出たパルチザン・ベオグラードではなく、日本代表MF香川真司(30)と同じくベシクタシュ行きが有力になったとセルビア『ホットスポルト』が伝えた。 浅野は2016年にサンフレッチェ広島からアーセナルへ移籍後、労働許可の問題からブンデスリーガのシュツットガルト、そして昨季はハノーファーへとぞれぞれ期限付き移籍。同クラブではリーグ戦13試合に出場するも、ノーゴールに終わっていた。 同選手の獲得を目指していたパルチザンは「この夏最大の補強」としてリストアップ。移籍へ向けて交渉に臨んでいたが、長期化し、その間にベシクタシュとの交渉が進んだという。また、浅野がベシクタシュと基本合意したとされる香川とのプレーを望んだことも大きいようだ。 アーセナルと浅野は1年契約を新たに結び、移籍金を100万ユーロ(約1億2000万円)に設定したと伝えられている。そのため、同クラブとしてはパルチザンへレンタル移籍してからフリーとなるより、移籍金を得られるベシクタシュの方がベターであるとされている。 日本代表のスピードスターの新天地は果たしてどのクラブになるのか。今後の動きにも注目が集まる。 2019.07.19 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

エメリ監督今夏の補強を明言「3~4人の獲得を目指している」大物選手獲得の可能性も示唆

アーセナルのウナイ・エメリ監督が、今夏の新戦力の到着を明言した。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 緊縮財政により、今夏の補強資金を最小限に留めたいアーセナル。海外メディアが伝えるところによれば、上限は4000万から4500万ポンド(約54億円から約60億円)となっており、スター級の大物は見込めそうにない。 そのような状況でも、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーや、グレミオのブラジル代表FWエヴェルトン、レアル・マドリーのスペイン代表MFダニ・セバージョスなどの獲得に動いていると噂されている。最近では、トッテナムとの争奪戦を制しサンテチェンヌのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバの確保に迫っているとイギリス大手の『BBC』が報じた。 そんな中、エメリ監督が今夏の補強方針を語った。現チームには若くて素晴らしい選手がいるとしながらも、3~4人の新戦力獲得に動いていることを認めた。 「我々には素晴らしい選手が揃っているし、良い若手もいる。彼らは我々と共に成長し、見事なパフォーマンスを見せてくれるだろう」 「そして、ここに来るであろう選手も助けになるに違いない。目標は3人から4人の選手を連れてくることだ。我々が優先して話を進めているのは、高額な大物選手獲得の可能性だ」 「それができなければ次の候補に切り替える。しかし最も重要なのは、そういう彼らが我々と共に成長できるかどうかだ」 2019.07.19 14:06 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース