優勝候補リバプールが新生ハマーズに完勝! 新10番マネのオフサイド弾含む2発に昨季得点王サラーも開幕弾《プレミアリーグ》2018.08.12 23:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、リバプールvsウェストハムが12日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-0で快勝した。▽昨季4位ながらチャンピオンズリーグ(CL)でファイナリストとなったリバプール。クロップ体制4年目となる今季はプレミア初制覇が期待される中、サラーやマネの主力慰留に加え、当時GK史上最高額の6700万ポンドでローマから新守護神のアリソン、中盤と前線にファビーニョ、シャキリ、ナビ・ケイタと4人の実力者を獲得と積極補強を敢行。ホームでの開幕戦に向けては新戦力のアリソン、ケイタが揃ってスタメンに入り、3トップはサラー、マネ、フィルミノのお馴染みのトリオとなった。

▽一方、マンチェスター・シティ時代に2度のリーグ制覇に導いたペジェグリーニ監督を新指揮官に迎えたウェストハムはMFウィルシャー、GKファビアンスキ、FWルーカス・ペレスの元アーセナル勢に加え、FWヤルモレンコ、FWフェリペ・アンデルソンの両翼、逸材DFディオプと各ポジションに実力者を獲得。難所アンフィールドに乗り込んだこの一戦ではファビアンスキ、ウィルシャー、フレデリックス、アンデルソン、バルブエナと5人の新戦力を起用してきた。

▽[4-3-3]のリバプールと[4-1-4-1]のウェストハムと近い並びの布陣で対峙した中、タレントの質と熟成度で勝るリバプールが押し込む入りに。マネとサラーの仕掛けやサイドからの鋭いクロスを軸に相手を圧倒するもGKファビアンスキの冷静な対応を前に開始早々の先制点とはいかず。

▽それでも、攻勢を続けるホームチームは19分、バイタルエリアで右からの斜めのパスをフリーで受けたケイタがワンテンポためて左サイドでフリーのロバートソンに展開。ここでロバートソンが狙いすましたグラウンダーの折り返しを入れると、ファーでフリーのサラーが難なく右足で流し込み、昨季リーグ得点王のゴールで先制に成功した。

▽畳みかけるリバプールは24分にボックス手前の好位置でFKを得ると、これをキッカーのアーノルドが壁の上を越える絶妙なシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここはGKファビアンスキのビッグセーブに遭う。直後にはボックス内でのケイタの強引な突破からワイナルドゥムがシュートするが枠の左へ。

▽防戦一方の状況が続くウェストハムも前半半ばを過ぎてからようやく反撃に転じていく。27分にはオグボンナの縦パス一本に抜け出したアルナウトビッチがボックス左に持ち込んでシュートを放つと、そのプレーで得たCKからバルブエナ、30分には主審の身体にボールが当たる幸運な形の攻撃の流れから再びアルナウトビッチにシュートチャンスも枠を捉え切れない。

▽一方、カウンターから虎視眈々と2点目を目指すリバプールは36分にマネとフィルミノのクロスからサラーに続けて2点目のチャンスが訪れると、前半アディショナルタイムのラストプレーではボックス左でロバートソンが入れた浮き球のクロスをファーのミルナーがゴールライン際でスライディングで折り返す。これをゴール前のマネが無理な体勢ながらもボレーで合わせ、レッズの新10番がサラーに続いて今季初ゴールを記録した。

▽リバプールの2点リードで折り返した試合。ハーフタイム明けにウェストハムは守備的MFのライスを下げてスノッドグラスを投入するが、不運な判定でホームチームに突き放される。

▽53分、リバプールはボックス手前中央でパスを受けたフィルミノがボックス中央に走り込むマネにラストパス。マネは完全にオフサイドポジションに居たものの副審は旗を上げず。そして、マネの右足のシュートがゴール左隅に突き刺さり、疑惑のゴールで決定的な3点目を奪った。

▽何とか一矢報いたいウェストハムはアンデルソン、アルナウトビッチを下げてエルナンデス、ヤルモレンコをピッチに送り出すが、その後も思うように攻撃の形を作れない。対するリバプールはフィルミノを下げてキャプテンのヘンダーソン、殊勲のマネに代えて新戦力のシャキリをデビューさせ、前線は最前線にサラー、右ウイングにシャキリ、左ウイングにケイタという並びとなった。

▽その後も危なげなく試合を進めるリバプールは87分にサラーを下げてスタリッジを最後の交代カードとして投入すると、そのスタリッジはミルナーの左CKの場面でニアの相手DFがフリックしたボールをファーでワンタッチで流し込み、ファーストプレーでゴールを奪って見せた。そして、新生ハマーズに4発完勝のリバプールが最高のスタートを切った。
コメント
関連ニュース
thumb

スタリッジが選手資格停止…賭博関与で

元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)に対して、賭博関与の疑いにより、一定期間のフットボール選手資格停止処分が下ったという。イギリス『BBC』が報じた。 スタリッジは昨年1月、自身の移籍に関する内部情報を漏洩。その情報をもとに、親族がブックメーカーでスタリッジの移籍に関する賭けを行った疑いがあるという。 イングランドサッカー協会(FA)は、規定違反の疑いがある計11件のうち2件の証拠が確認されたとして、スタリッジを起訴した模様だ。 その処分として、スタリッジはFAから罰金7万5000ポンド(約1000万円)と執行猶予期間の4週間を含む6週間の選手資格停止が言い渡され、異議申立てを行うとみられる。 スタリッジは「11件のうち9件の罪が棄却され、審議会が僕を誠実かつ信頼できる証人だと認めたことを嬉しく思う。FAがこの決定に異議を唱えることを知り、非常に残念」だとコメントしている。 渦中のスタリッジは、昨シーズン限りでリバプール退団となり、フリーの状況。執行猶予期間を除けば、7月31日以降から選手としての活動が再開できるとのことだ。 2019.07.19 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

スタリッジに移籍賭博でFAから処分! 今月末までサッカー活動禁止

昨季限りでリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)は18日、イングランドサッカー協会(FA)の賭博規制違反の疑いで7万5000ポンド(約1000万円)の罰金と、2週間のサッカー活動禁止処分を科された。 イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、規制委員会はスタリッジが自身の移籍に関する賭博に関して弟のレオン氏に内部情報を提供したことを問題視し、今回の処分を下したという。 当初の処分では7万5000ポンドの罰金と6週間のサッカー活動の禁止が言い渡されたが、そのうちの4週間分に関しては2020年8月31日までの期間で執行猶予が与えられた。そのため、スタリッジは7月31日までの2週間のサッカー活動禁止処分にとどまっている。 規制委員会の調査によると、スタリッジは2018年1月に自身がリバプールからスペインのセビージャに移籍する可能性があるとの内部情報をレオン氏に流し、移籍賭博を行わせたという。 ただ、規制委員会はFAが訴えた違反行為の11件の内、2件のみ証拠が確認されたとして、残りの9件は棄却している。 そのため、FAは今回の規制委員会の調査結果、処分内容に不満を示しており、控訴を行う構えだ。 2019.07.18 22:23 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、フリーのスタリッジに関心か

インテルがリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『tuttomercatoweb』が報じている 2013年冬にチェルシーからリバプールに加入したスタリッジは、加入当初こそ活躍したが、次第にケガによる離脱が散見され、チーム内の序列が低下。最終的にセネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの控えが定位置となり、契約満了の今シーズン限りでリバプールを退団していた。 そのスタリッジに対してボローニャも関心を示しているというが、アントニオ・コンテ監督が就任したインテルも注視。[3-5-2]のフォーメーションを採用する同監督は、攻撃のオプションを増やしたいと考えており、同選手の獲得に関心を示している模様だ。 2019.07.16 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール若手GKがハダースフィールドへレンタル移籍

チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドは15日、リバプールのU-21ポーランド代表GKカミル・グラバラ(20)を獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。 グラバラは、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティなど多くのクラブからの関心が寄せられる中、2016年1月にリバプールのU-18チームへと入団。その後U-23チームに昇格すると、2019年1月からはデンマークのオーフスへとレンタル移籍する。 2018-19シーズンのデンマーク・スーペルリーガでは6試合に出場。リバプールへと復帰が決定していたが、ハダースフィールドへのレンタル移籍が決定した。 2019.07.16 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、リバプールの2年レンタルオファーを承諾か

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)に対して、リバプール復帰の可能性が高まっているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2018年1月にリバプールから高額移籍金でバルセロナに加入したコウチーニョ。だが、活躍ぶりが移籍金に見合っていないとして批判が絶えず、今夏の移籍が有力とする報道が相次いでいる。 そのなかで、バルセロナが先日、アトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の獲得を発表。これにより、コウチーニョの立場がより危うくなった感がある。 そのコウチーニョに対して、古巣リバプールが9800万ユーロ(約119億1000万円)の買取オプションが付随した2年間のレンタルを条件とするオファーをバルセロナに提示したという。 そうなれば、気になるのが本人の反応だ。伝えられるところによれば、コウチーニョ自身も古巣から届いた復帰の申し出に対して、受け入れる姿勢を示している模様だ。 ただ、バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)を連れ戻すための一手として、コウチーニョの譲渡案を画策しているとみられる。 今夏のコパ・アメリカ2019参戦中にもバルセロナでの将来が不透明であることを口にしたコウチーニョ。新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2019.07.16 11:50 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース