【2018-19プレミアリーグ開幕節プレビュー】日本時間10日28時から、世界最高リーグが遂に開幕!!

2018.08.10 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽4年に一度の祭典を終え、いよいよプレミアリーグの新シーズンが開幕する。昨季は圧倒的な強さを見せたマンチェスター・シティがプレミア史上初の勝ち点「100」を奪い完全優勝。一方で、王者として臨んだチェルシーは序盤から安定しないパフォーマンスを続け5位という結果に。最終的にアントニオ・コンテ監督は解任の憂き目に遭った。

▽日本時間10日の28時にキックオフを迎えるマンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティの開幕戦。昨季2位のユナイテッドは、ジョゼ・モウリーニョ体制3年目を迎えた今夏は、即戦力はシャフタールから獲得したMFフレッジのみと控えめな補強となった。初戦の相手であるレスターからは、ワールドカップで出色の活躍を見せたイングランド代表DFハリー・マグワイアの獲得に最後まで動いていたものの、結局交渉はまとまらず。そのため、今シーズンも守備に不安を持ったまま迎えることになったが、名将の采配はいかに。

▽対するレスターは、シティにMFリヤド・マフレズを引き抜かれたが、上述のようにマグワイアの慰留に成功。さらにはエースのFWジェイミー・ヴァーディと契約延長し、主力の放出は最低限にとどめた。一方で、降格したWBAからDFジョニー・エバンス、マフレズの後釜としてFWラシド・ゲザルを獲得。おそらくは昨季を上回る陣容で新シーズンを迎えられることに。4年目を迎えるFW岡崎慎司にとっても、今後の去就に向けて正念場となるシーズンだが、果たしてレスターの躍進は再びみられるだろうか。

▽王者シティはいきなりアーセナルとのビッグマッチを迎える。今夏の移籍市場での目立った補強はマフレズのみとなったが、昨シーズン部類の強さを見せたスカッドは健在。指揮官のジョゼップ・グアルディオラは同じ面子で3シーズン目を迎えられることに自信を持っている様子だ。だが、同監督が指摘しているように、ワールドカップ後に遅れてチームに合流した選手が16人もいるためコンディション調整に苦労しそうだが、連覇に向けて好スタートを切りたい。

▽そうはさせまいとアーセナルがホームで迎え撃つ。昨シーズン限りでおよそ22年もの間指揮を執り続けたアーセン・ヴェンゲルと袂を分かち、新たにウナイ・エメリ監督を招へい。GKベルント・レノやDFシュテファン・リヒトシュタイナー、MFルーカス・トレイラら実力者も迎え入れ、チームはバージョンアップに成功した。2003-04シーズンを最後にプレミア優勝から遠ざかっているガナーズだが、新コンダクターの下、新たな航海に出る。

▽昨季3位のトッテナムは、ニューカッスルとのアウェイ戦に挑む。今夏はプレミア史上初の補強ゼロに終わったトッテナムだがマウリシオ・ポチェッティーノ監督はどこ吹く風。「逆に幸せ」と語る余裕を見せた記者会見では穏やかなムードが漂っていた。その初戦の相手のニューカッスルは日本代表FW武藤嘉紀を獲得し注目を集めている。DF吉田麻也、岡崎に続くプレミア3人目のサムライは世界最高のリーグで通用するのか。

▽積極補強のリバプールはホームでウェストハムと対戦。DFナビ・ケイタ、MFファビーニョ、FWジェルダン・シャキリを獲得し、ウィークポイントだったGKにはブラジル代表守護神のGKアリソン・ベッカーを補強した。昨シーズン、チャンピオンズリーグで準優勝したチームをそのままに、さらに厚みを増したユルゲン・クロップ監督率いるリバプールに死角はない。が、ウェストハムはなかなか不気味な存在だ。MFジャック・ウィルシャーをはじめ、FWアンドリー・ヤルモレンコ、FWルーカス・ペレス、さらにはMFフェリペ・アンデルソンをクラブ史上最高額で獲得。そしてその彼らを率いるのは智将マヌエル・ペジェグリーニだ。経験豊かな64歳の指揮官がチームをまとめ上げることが出来れば、ハマーズ躍進は夢ではない。

▽失意のシーズンを過ごしたチェルシーには、新たにイタリア人指揮官マウリツィオ・サッリがナポリから愛弟子MFジョルジーニョを連れて到着。プレシーズンマッチからチームの変化は顕著だったが、インターナショナル・チャンピオンズカップでは全3試合で引き分け。先制しながらも逃げ切れない試合が目立った。開幕初戦はアウェイのハダースフィールド戦だが、格下と思ってかかると昨季のように痛い目に遭うかもしれない。

▽そのほか、今夏の積極的な動きを見せたエバートンは、昇格組のウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨む。DFジェリー・ミナ、DFリュカ・ディーニュ、MFアンドレ・ゴメスの3人をバルセロナから獲得し、さらには今夏注目株だったベルナールをフリーで獲得。昨季ワトフォードでブレイクを果たしたFWリシャルリソンも強力な新戦力だ。一方のウルブスも7シーズンぶりのプレミア挑戦に向けて、GKルイ・パトリシオやMFジョアン・モウティーニョ、FWラウール・ヒメネスら大量補強。初戦を制すのは、マルコ・シウバ新監督率いる新生トフィーズか、敏腕代理人、ジョルジュ・メンデスお墨付きの、ポルトガル化ウルブスか。

◆プレミアリーグ開幕節
▽8/10(金)
《28:00》
マンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティ

▽8/11(土)
《20:30》
ニューカッスルvsトッテナム
《23:00》
ハダースフィールドvsチェルシー
ワトフォードvsブライトン
フルアムvsクリスタル・パレス
ボーンマスvsカーディフ
《25:30》
ウォルバーハンプトンvsエバートン

▽8/12(日)
《21:30》
リバプールvsウェストハム
サウサンプトンvsバーンリー
《24:00》
アーセナルvsマンチェスター・シティ
コメント