武藤嘉紀のニューカッスル移籍が正式決定、推定移籍金は約14億円

2018.08.02 22:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルは2日、マインツの日本代表FW武藤嘉紀(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間で、移籍金は明かされていないが、イギリス『スカイスポーツ』によると、950万ポンド(約14億円)とのことだ。

▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23得点11アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げ、公式戦30試合10得点5アシストという成績を残した。

▽その武藤はニューカッスル移籍について公式サイトで次のように話している。

「ニューカッスルの選手になれて本当に嬉しい。ファンの前でプレーするのが待ちきれない。ニューカッスル初の日本人選手として、偉大なクラブの一員になれたことを光栄に思う。良い結果を出せることを願っているし、それこそが僕がここでやるべきことだ。ニューカッスルの歴史に自分の名前を残せるように良いプレーを見せたい」

▽また、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は武藤について以下のように語った。

「武藤をチームに迎え入れられて本当に嬉しく思う。我々は彼のことをかなり前から追っていた。彼はチームにエネルギーをもたらし、チームを改善させてくれるだろう」

▽なお、ニューカッスルのプレミアリーグ開幕戦は11日に行われるトッテナム戦となる。
コメント
関連ニュース
thumb

サウジ政府企業、交渉決裂でニューカッスル買収から撤退

サウジアラビアの政府系企業であるPCPキャピタルパートナーズは30日、ニューカッスルの買収から撤退したことを発表した。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』が報じている。 PCPキャピタルパートナーズは4月に3億ポンド(約400億円)でニューカッスルを買収すると、イギリス複数メディアが報じていたが、その後は続報がない状況だった。 そんな中、30日に出された声明では「予測できないほど長引いた交渉の中で、我々の投資方針を維持することが困難となった。とりわけ、新シーズンが始まる際の状況や、試合、トレーニング、その他のチーム活動に対する新たなルールが明確になっていない中で、投資するという決断を維持することは到底不可能だった」と発表。 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、買収から撤退することになった大きな要因だったことを明かした。 2020.07.31 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

電光石火被弾も王者リバプールが逆転勝利で2019-20シーズンを締めくくる!《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するリバプールは26日、プレミアリーグ第38節で武藤嘉紀が所属するニューカッスルと対戦し、3-1で勝利した。リバプールの南野は64分までプレー、ニューカッスルの武藤はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節、チェルシーとの打ち合いを制した王者リバプール(勝ち点96)は、その試合から先発メンバーを5人変更。サラー、マネ、フェルミノらに代えて南野、オリジ、チェンバレンらをスタメンで起用。南野は3トップの左で起用された。 5試合勝利のない13位ニューカッスル(勝ち点44)に対し、リバプールは開始早々に失点を喫する。1分、中盤での獲得したFKからシェルヴェイが素早くリスタート。このボールに反応したゲイルがゴール前まで抜け出した冷静にゴールネットを揺らした。 出鼻をくじかれたリバプールだったが、その後はペースを取り戻し徐々にニューカッスルゴールに近づいていく。すると29分、左サイドからカットインした南野がミドルシュートでゴールを脅かしたが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 ポゼッションでニューカッスルを圧倒するリバプールは38分、右CKのセカンドボールをつなぐと、右サイド深くまで持ち上がったチェンバレンのクロスをファン・ダイクがヘディングで流し込み、1-1で前半を終えた。 後半に入っても主導権を握るリバプールは59分、ファン・ダイクのロングフィードをボックス左横に駆け上がったロバートソンがワンタッチで落とすと、これをバイタルエリア左で受けたオリジがカットインから右足一閃。シュートはゴール右に突き刺さった。 逆転に成功したリバプールは、64分に南野、オリジ、チェンバレンを下げてサラー、マネ、フィルミノを投入。すると66分、ロバートソンの左FKの流れたボールをボックス右のサラーが胸トラップからシュート。しかし、これは右ポストを直撃した。 その後も危なげない試合運びを見せたリバプールは89分、フィルミノが左サイドのスペースへ出したパスを拾ったマネがボックス左から切り込みシュート。内巻きのカーブがかかったシュートはゴール右に突き刺さった。 結局、試合はそのまま3-1で終了。リバプールが激動の2019-20シーズンを逆転勝利で締めくくった。 2020.07.27 02:09 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ、ニューカッスル戦で有終の美へ「より相手にとって嫌な存在になれる」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、ニューカッスルとの今シーズン最終戦を来シーズン以降に繋がるものにしたいと考えている。イギリス『リバプール・エコー』が公式会見コメントを伝えている。 プレミアリーグ第32節終了時点で30年ぶりのリーグ制覇を成し遂げたリバプール。以降の戦いではマンチェスター・シティの持つ歴代最多勝ち点記録更新こそ逃したものの、アンフィールドでの今季最終戦となった前節のチェルシー戦では5-3の快勝を飾り、悲願のリーグ制覇に自ら花を添えた。 26日に敵地セントジェームズ・パークで行われる最終節のニューカッスル戦に向けては、3年連続得点王を目指すエジプト代表FWモハメド・サラー(19点)がトップのレスター・シティFWジェイミー・ヴァーディ(23点)に大きな差を付けられていることもあり、消化試合という印象が色濃い。 だが、今季最後のプレマッチカンファレンスに出席したクロップ監督は、ニューカッスル戦を来シーズン以降に繋がるものにしたいと主張し、勝利で有終の美を飾ることを誓っている。 「我々は何も変わらない。常に改善を目指している。長期に渡っての改善は可能だと思っているからだ」 「もちろん、日曜日の試合(ニューカッスル戦)が終われば、一時休止し休暇を楽しむつもりだ。そして、8月中旬からトレーニングを開始し、その瞬間からは再び自分たちのすべてを注ぎ込んでいく。そして、我々を妨げるものは何もないはずだ」 「我々のプレーヤーたちが何年にも渡って書き上げてきた物語は本当に素晴らしいものだが、その物語はまだ終わらない。それがいつ終わるかを決めるのは我々自身だ」 「次のトロフィーが何であれ、ピッチ上で戦い、ハードワークを楽しみながら戦っている姿を見たい。それを続ける限り、今後も常にチャンスはあるはずだ」 「まずは普段通り、誰もが対戦したくないと思うチームになりたい。我々はすでにそういった類のチームになっていると思うが、より相手にとって嫌な存在になれると思っている」 また、リバプールは前節の勝利で今季の勝ち点が96ポイントに到達。この数字は1989年に起きた“ヒルズボロの悲劇”の犠牲者の数と一致する。ドイツ人指揮官はニューカッスル戦で勝ち点を99ポイントに伸ばすことを希望しながらも、アンフィールドの優勝セレモニーを96ポイントで迎えたことに特別な感情を抱いたという。 「正直なところ、私は人生における偶然の一致ということをあまり強く信じていない」 「96ポイントという数字に気が付いたのは、トレント(・アレクサンダー=アーノルド)の試合後のインタビューからだった。その瞬間、私は物事の繋がりを強く感じたよ」 「トロフィーを手に入れた夜に96ポイントに到達したことは単なる偶然とは思えない。それは本当に特別で素晴らしいものだった。すべてのファミリーが同じように感じてくれていれば嬉しいね」 2020.07.26 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインがクラブキャリア通算200ゴールに到達! 350試合で201ゴール!

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインがクラブキャリア通算200ゴールに到達した。イギリス『OptaJoe』が伝えている。 トッテナムは15日、敵地で行われたプレミアリーグ第36節のニューカッスル戦を3-1で勝利した。 前節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーを制して勢いに乗るトッテナムは、ジョゼ・モウリーニョ監督がリーグ戦で未勝利の難所セントジェームズ・パークに乗り込んだ。試合は前半半ばに韓国代表FWソン・フンミンのゴールで先制に成功も、後半立ち上がりの失点で追いつかれる。 しかし、この苦しい展開でアウェイチームを救ったのは、やはりエースストライカー。60分に途中出場のオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインのクロスを頭で合わせて勝ち越しゴールを挙げると、試合終了間際の90分には同じく途中出場のアルゼンチン代表MFエリク・ラメラと共に仕掛けたロングカウンターからラメラのシュートのこぼれ球を泥臭く頭で押し込み、試合を決定付けるマルチゴールとした。 そして、殊勲の働きを見せたケインは、この試合の1点目で節目のクラブキャリア通算200ゴールに到達することになった。 トッテナムで主力に定着するまでミルウォール、レイトン・オリエント、レスター・シティ、ノリッジでのレンタル移籍を経験してきたケインは、その武者修行の期間に合計16ゴールを記録。 一方、トッテナムではニューカッスル戦までに183ゴールを挙げており、今回の試合でのマルチゴールにより、キャリア通算のゴール数を201ゴールとしている。ちなみに、このニューカッスル戦はケインにとってクラブキャリア通算350試合目と同じく節目の数字となっている。 また、6シーズン連続での公式戦20ゴールも達成することになったケインは試合後、自身の公式『ツイッター』を通じて、「この勝利をセルジュ・オーリエに捧げたい。クラブ通算200ゴールをとても誇りに思うよ。次の200ゴールもね」と、節目の記録達成を喜んでいる。 ◆ケインがクラブ通算200ゴール到達 トッテナム 185点/285試合 ミルウォール 9点/27試合 レイトン・オリエント 5点/18試合 レスター・シティ 2点/15試合 ノリッジ 0点/5試合 合計 201点/350試合 2020.07.16 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ソン&ケイン弾でニューカッスルを下したトッテナムが2月以来の連勝!《プレミアリーグ》

トッテナムは15日、プレミアリーグ第36節でニューカッスルと対戦し、アウェイで1-3で勝利した。 順位上では来季のヨーロッパ大会の出場が厳しいトッテナムだが、前節のアーセナルとのノースロンドン・ダービーは2-1で制し、しっかりライバルから勝利をもぎ取った。 その一戦と同じスタメンを揃えて2月以来の連勝を目指したが、序盤からポゼッションで劣勢となる展開に。15分にCKからアルミロンのシュートを許すと、その後もシェルヴェイ、サン=マクシマンのシュートがGKロリスを襲う。 なかなかリズムに乗れないトッテナムだったが27分、敵陣でボールを奪ったモウラから攻撃を仕掛けると、ロ・チェルソのパスを受けたボックス左のソン・フンミンが、密集地帯の中で右足をコンパクトに振り抜きゴール左下に突き刺した。 チームの2本目のシュートでネットを揺らしたトッテナムは、直後にもソン・フンミンのシュートでゴールに迫る。しかし押し込んでいくのはニューカッスル。前半だけで12本のシュートを放ったが、42分にシェルヴェイのクロスに合わせたゲイルのヘディングシュートは左ポストに嫌われ、1点ビハインドで試合を折り返すことに だが55分にイェドリンを下げてラザロを投入した直後の56分、そのラザロが右サイドからドリブルで仕掛けてゴール前へ。守備陣に捕まりボールを失ってしまうが、相手のクリアボールを拾ったリッチーがボックス右から左足を一閃。鋭い強烈なシュートが右のサイドネットに突き刺さった。 これで試合を振り出しに戻されたトッテナムは57分にモウラを下げてベルフワインを投入。すると60分、ベルフワインの右サイドからのクロスをケインが頭で合わせて再び勝ち越しに成功した。 終盤にかけてはニューカッスルが押し込む時間帯が続いたが、90分にトッテナムのカウンターが発動。ピッチ中央のケインのポストプレーから途中出場のラメラがボックスに侵入。シュートはGKに止められてしまうが、弾かれたところを走り込んだケインがダイビングヘッドで押し込んでダメ押しの追加点。 これでリードを2点に広げたトッテナムがアウェイで1-3の勝利。連勝を収めた。 2020.07.16 04:06 Thu
twitterfacebook