武藤嘉紀のニューカッスル移籍が正式決定、推定移籍金は約14億円

2018.08.02 22:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルは2日、マインツの日本代表FW武藤嘉紀(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間で、移籍金は明かされていないが、イギリス『スカイスポーツ』によると、950万ポンド(約14億円)とのことだ。

▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23得点11アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げ、公式戦30試合10得点5アシストという成績を残した。

▽その武藤はニューカッスル移籍について公式サイトで次のように話している。

「ニューカッスルの選手になれて本当に嬉しい。ファンの前でプレーするのが待ちきれない。ニューカッスル初の日本人選手として、偉大なクラブの一員になれたことを光栄に思う。良い結果を出せることを願っているし、それこそが僕がここでやるべきことだ。ニューカッスルの歴史に自分の名前を残せるように良いプレーを見せたい」

▽また、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は武藤について以下のように語った。

「武藤をチームに迎え入れられて本当に嬉しく思う。我々は彼のことをかなり前から追っていた。彼はチームにエネルギーをもたらし、チームを改善させてくれるだろう」

▽なお、ニューカッスルのプレミアリーグ開幕戦は11日に行われるトッテナム戦となる。
コメント
関連ニュース
thumb

シティがPL史上初の快挙! 1シーズンに5人が2桁ゴール達成!

マンチェスター・シティがニューカッスルでプレミアリーグ史上初のゴール記録を成し遂げた。イギリス『optajoe』が伝えている。 シティは8日、エティハド・スタジアムで行われたプレミアリーグ第34節でニューカッスルと対戦し、5-0で勝利した。 立ち上がりから圧倒的にボールを保持したシティは、試合開始10分にFWガブリエウ・ジェズスのゴールで先制に成功すると、21分にはFWリヤド・マフレズが追加点。2点リードで折り返した後半もMFダビド・シルバ、FWラヒーム・スターリングのゴールなどで、5ゴールを挙げての圧勝となった。 そして、同試合で2点目を奪ったマフレズのゴールによってシチズンズは、プレミアリーグ史上初のゴール記録を打ち立てることになった。 マフレズは今回のゴールで今シーズンのリーグ戦通算ゴール数を2桁の大台に乗せた。シティではすでにFWセルヒオ・アグエロ、スターリング、MFケビン・デ・ブライネ、ジェズスの4選手が今シーズンのリーグ戦2桁ゴールを達成しており、マフレズは5人目となった。 そして、単一クラブで1シーズンに5人のリーグ戦2桁ゴール達成者を出したのは、プレミアリーグの歴史上初の記録となった。なお、イングランドでは過去にフットボールリーグ時代の1984-85シーズンにエバートンが同記録を樹立していた。 また、同試合でシティはプレミアリーグの1試合におけるパス成功率の新記録まで樹立。シティはニューカッスル相手に840本中787本のパスを成功させており、成功率は93.7%。これは2003-04シーズンに完璧なパスデータを計測し始めてから最高の数字になったという。 ◆シティの最強クインテット FWセルヒオ・アグエロ 16ゴール FWラヒーム・スターリング 13ゴール FWガブリエウ・ジェズス 11ゴール MFケビン・デ・ブライネ 11ゴール FWリヤド・マフレズ 10ゴール 2020.07.09 13:59 Thu
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動のシティ、武藤途中出場のニューカッスルに5発大勝!《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは8日、プレミアリーグ第34節でニューカッスルとエティハド・スタジアムで対戦し、5-0で勝利した。ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀は84分から出場。 6月末に行われたFAカップ準々決勝の同一カードとなった一戦に向けてグアルディオラ監督は、直近のサウサンプトン戦から先発メンバーを5人変更。スターリングやベルナルド・シウバ、フェルナンジーニョらに代えてフォーデン、デ・ブライネ、ロドリらを先発で起用した。 来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権をより確実なものにしたいシティは、立ち上がりからボールを保持すると10分にスコアを動かす。左サイドでサイドチェンジを受けたデ・ブライネがにボックス左のスペースへパスを送ると、ボックス左深くまで抜け出したシルバの折り返しをガブリエウ・ジェズスが右足で流し込んだ。 幸先良く先制したシティは、その後も相手にチャンスを与えない試合展開で進めていく。すると21分、敵陣中盤でボールを奪ったシルバが素早く前線に展開すると、フォーデンを経由してボックス左深くに抜け出したデ・ブライネがマイナスの折り返しを供給。最後はマフレズが左足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。 攻撃の手を緩めないシティは40分、シルバが敵陣でハイプレスをかけるとシェルヴェイがボールをロスト。これをボックス左で拾ったガブリエウ・ジェズスが中央へラストパスを送ると、走り込んだフォーデンが右足で合わせたが、シュートはわずかにゴール右へ逸れた。 後半開始からウォーカーとギュンドアンを投入したシティは59分、左サイドからカットインしたガブリエウ・ジェズスがボックス手前に降りたフォーデンとのワンツーでゴール前まで侵入すると、守備に戻ったリッチーのオウンゴールを誘発し、3点目を奪取。 勢いの止まらないシティは、66分にもペナルティアーク手前で獲得したFKをシルバが直接ゴール左に突き刺し、試合を決定づける4点目。 何とか一矢報いたいニューカッスルは、84分から武藤とアツをピッチに投入。しかし、後半アディショナルタイムには途中出場のスターリングにゴールネットを揺らされ万事休す。 リーグ戦6試合無敗のニューカッスルに大勝したシティは、ホームでのクリーンシート記録を5試合に伸ばした。 2020.07.09 04:02 Thu
twitterfacebook
thumb

今季公式戦20発のヴォルフス主砲にアーセナル&ニューカッスルが関心!

ヴォルフスブルクに所属するオランダ代表FWヴォウト・ヴェグホルスト(27)にアーセナルとニューカッスルが関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 母国オランダのヘラクレスで台頭したヴェグホルストは、AZを経て2018年夏にヴォルフスブルクへ完全移籍。加入1年目となった昨シーズンにブンデスリーガで17ゴールを挙げる活躍を見せると、今シーズンはリーグ戦でのゴール数こそ昨季を1ゴール下回ったものの、ここまでの公式戦42試合で20ゴールを挙げるなど、2シーズン連続で主砲として活躍した。 そして、『ビルト』が伝えるところによれば、今夏のステップアップが見込まれるオランダ代表FWには、アーセナルとニューカッスルというプレミアリーグの2クラブが関心を寄せているという。 アーセナルではガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(30)、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(29)の2人のストライカーの去就が不透明となっており、仮に2選手のいずれかが退団となった場合、ストライカーの補強が急務となる。 一方、ニューカッスルもサウジアラビア共同事業体によるクラブ買収が決定した場合、今夏の移籍市場で積極補強に動く可能性が噂されており、昨夏獲得したブラジル人FWジョエリントンが大きく期待を裏切る中、新たなストライカー候補としてリストアップしているようだ。 197cmの屈強な体躯を生かした地対空の競り合いの強さと、確度の高いポストプレーを特長とするターゲットマンタイプのヴェグホルストは、高いシュート精度も含めボックス内での駆け引きにも長けたプレミアリーグ向きのプレースタイル。 仮に、アーセナルに加入することになれば、利き足は異なるものの、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(現チェルシー)が過去に担ってきた役割をこなす形になるはずだ。 なお、過去にウェストハム行きの可能性があったことを明かしているヴェグホルストは、自身の憧れのクラブとしてリバプールの名前を挙げていた。 2020.06.30 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの取材中にニューカッスル指揮官が乱入?!

FAカップ準々決勝のニューカッスル戦を終えたマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのインタビュー中に、相手指揮官のスティーブ・ブルース監督が乱入する珍しいシーンが起こった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 28日に行われたFAカップ準々決勝。シティはデ・ブライネのPKとFWラヒーム・スターリングのゴールで、敵地セント・ジェームズ・パークでニューカッスルを破った。 試合後、取材を受けていたデ・ブライネのもとにブルース監督が乱入。15年ぶりの準決勝進出を阻んだ相手に、冗談でこんなことを言ったようだ。 「こいつはこのままここに残る。今夜のニューカッスルからの独占リリースだ」 「もうシティで十分やっただろう。そろそろニューカッスルのためにプレーしないかね」 なお、ニューカッスルでは、サウジアラビアをベースとする合同ファンドによるクラブ買収が進められており、その暁にはデ・ブライネ獲得のチャンスが巡ってくるかもしれない。 2020.06.29 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

前回王者シティがデ・ブライネ&スターリング弾で武藤欠場のニューカッスルを撃破!《FAカップ》

マンチェスター・シティは28日、FAカップ準々決勝でニューカッスルとアウェイで対戦し、2-0で勝利した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀はベンチ入りも出場せず。 3月に行われた5回戦でシェフィールド・ウェンズデイ(2部)を1-0で下したシティは、ミッドウィークに行われたチェルシー戦からスタメンを4人変更。ベルナルド・シウバやロドリ、フェルナンジーニョ、GKエデルソンに代えてガブリエウ・ジェズスやシルバ、オタメンディ、GKブラーボをスタメンで起用した。 武藤がベンチスタートなったニューカッスルに対し、マフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリングの3トップで臨んだシティがポゼッションする流れとなると、17分に最初の決定機。左クロスの流れた球を逆サイドで拾ったウォーカーが高速クロスを供給。これをゴール前のシルバが合わせたが、ボールはゴール左に外れた。 その後もハーフコートゲームを展開するシティは36分、ウォーカーの右クロスをボックス内で競り合おうとしたガブリエウ・ジェズスがシェアに押し倒されPKを獲得。これをキッカーのデ・ブライネが冷静にゴール左下に決め、シティが先制に成功した。 先手を取ったシティは前半アディショナルタイムにも、シルバの左CKからラポルトがヘディングシュートでゴールを狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 後半も主導権を握るシティは、64分にマフレズとシルバを下げてベルナルド・シウバとフォーデンを投入。対するニューカッスルは、65分にキャロルとアルミロンを下げてゲイルとジョエリントンを投入した。 すると直後のプレーでシティが追加点を奪う。68分、フォーデンのパスを左サイドで受けたスターリングがペナルティアーク左手前付近まで切り込み右足を振り抜く。ややDFがブラインドとなったシュートはそのままゴール右に突き刺さった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。そんな中、シティは76分に中盤でパスカットしたスターリングがカウンター。ボックス手前まで持ち上がりラストパスを送ると、ボックス右で受けたフォーデンが左足で狙ったが、シュートは枠の左に外れた。 結局、試合はそのまま2-0で終了。デ・ブライネとスターリングのゴールで勝利した前回王者のシティが、2年連続の4強入りを果たした。 2020.06.29 04:32 Mon
twitterfacebook