ボローニャが元アルゼンチン代表パラシオと契約延長

2018.07.06 21:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボローニャは6日、元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(36)と1年間の契約延長したことを発表した。契約は2019年6月30日までとなる。

▽これまでボカ・ジュニアーズやジェノア、インテルでプレーしてきたパラシオは2017年夏にボローニャに加入。今季はリーグ戦28試合で4ゴールを挙げた。そのうちの1ゴールは古巣であるインテルから奪っている。


関連ニュース
thumb

ミラン、ピオリ監督との契約延長が間近に! 明日にも正式発表か

ミランを率いるステファノ・ピオリ監督(56)が契約延長に合意したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 名門復活の立役者となっているピオリ監督の新契約は、今季終了までとなっていた現行契約から1年延長し2023年までに。また1年間の延長オプションが付随しているようだ。 また、年俸は現在の200万ユーロ(約2億6000万円)から300万ユーロ(約4億円)+ボーナスへ昇給。『レキップ』によれば問題がなければ明日(26日)にも正式発表する見通しだという。 インテルやフィオレンティーナなど、イタリアで“12”ものクラブで指揮官を務めたピオリ監督は、2019年10月にミランの指揮官に就任。1年目をセリエA6位で終えると、昨季は2位フィニッシュと躍進。3年目の今季はここまで10勝2分け1敗で、首位に立つナポリと同勝ち点の2位に位置している。 2021.11.26 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格組フュルト、アメリカ代表MFグリーンと契約延長

グロイター・フュルトは24日、アメリカ代表MFジュリアン・グリーン(26)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 バイエルンのアカデミー出身のグリーンは10代から将来を嘱望されるアタッカーだったが、トップチームには定着できず。レンタル先のハンブルガーSVやシュツットガルトへの完全移籍を経て、2017-18シーズンにフュルトへレンタル加入。その翌年に完全移籍に切り替わると、昨シーズンのブンデスリーガ2部では30試合9ゴールの活躍をみせ、チームを1部復帰に導いていた。 自身久々のブンデスリーガとなる今シーズンはここまで9試合に出場。キャリア初期は左右のウイングを主戦場とするアタッカーの印象が強かったが、現在はセントラルMFや攻撃的MFのポジションで、よりゲームメイクや攻撃の組み立てに関わっている。 2021.11.26 00:25 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルク、今季デビューの逸材アタッカーと新契約!

フライブルクは24日、U-21ドイツ代表MFケヴィン・シャーデ(19)との新契約締結を発表した。契約期間に関しては非公表となっている。 ナイジェリア人の父親とドイツ人の母親の下、ドイツで生まれ育ったシャーデは2018年にフライブルクのユースチームに加入。右ウイングを主戦場とする184cmのアタッカーは、今年8月に行われたブンデスリーガ第2節のドルトムント戦でトップチームデビューした。 以降は前線の複数ポジションでプレー機会を与えられてここまで公式戦10試合に出場している。また、U-21ドイツ代表ではここまで4試合に出場して3ゴール2アシストと印象的な活躍を見せている。 クラブとの新契約にサインした逸材アタッカーはクラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「僕はまだ若い。経験を積み、より競争に立ち向かっていきたいと思うよ。フライブルクはそれを行う上で適したクラブだと感じている。ここはすごく快適だし、信頼されているように感じているんだ」 2021.11.24 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンで現役引退のDFヒバートがフランス10部で現役復帰!

エバートンで活躍したイングランド人DFトニー・ヒバート(40)がフランス10部のESルジーで現役に復帰することになった。フランス『La Nouvelle République』が報じている。 ヒバートは、マージーサイド育ちでアカデミー時代から在籍したエバートンで1998年にプロデビューを飾り、2016年までトフィーズ一筋のキャリアを歩んだ右サイドバック。 同クラブでプレミアリーグ265試合に出場した玄人好みのDFは、2016年の現役引退の後、2018年からフランスに移住していた。 ヒバートは現役引退後も日常的に身体を動かしており、自身が住む近郊でコンディションを維持するためトレーニングできるクラブを探していたという。そして、ルジーがトレーニング参加を快く受け入れ、同時に指導者としてU-13チームの指導も行っていたとのことだ。 なお、ルジーのジェローム・アルシャンボー会長は、元エバートンDFとの契約理由について人間的な結びつきを挙げている。 「我々は家族的なクラブであり、競争面ではなく仲間意識という点で、彼は我々のことを気に入ったのだと思う」 現役時代には生涯エバートンを貫いたヒバートだが、エバトニアンも生え抜きのレジェンドの現役復帰を快く受け入れてくれるはずだ。 2021.11.23 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン、出場ゼロのイ・スンウと契約解除…ベルギーでも鳴かず飛ばず

シント=トロイデンは23日、韓国代表FWイ・スンウ(23)の退団を発表した。本人と双方合意の上、22日付けで契約解除に至ったという。 マジョルカの韓国代表MFイ・ガンインと並び、韓国の将来を背負って立つ存在として、10代の頃から注目されるイ・スンウ。マジョルカの日本代表MF久保建英と同じくバルセロナのカンテラ出身だが、なかなか才能を輝かし切れずにいる。 ヴェローナでもいまいちに終わると、2019年8月にシント=トロイデン入り。今年2月にシーズンローンでポルティモネンセに移り、今季からシント=トロイデンに戻ったが、ジュピラー・プロ・リーグ3試合でベンチ入りしたのみだった。 ベルギー『HBVL』によれば、イ・スンウは今後、母国韓国に戻るという。若くして“韓国のメッシ”とまで騒がれたエリートだが、今夏に開催された東京オリンピックの代表メンバーから漏れ、年齢も気づけば23歳。挫折を力に変えられるか。 2021.11.23 19:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly