アーセナル、若手MFナイルズと長期契約締結! 背番号がチェンボの15番に変更

2018.06.13 05:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは12日、U-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(20)と新契約を締結したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ記載されている。

▽6歳でアーセナルのアカデミーに加入したナイルズは、2014年12月に行われたチャンピオンズリーグのガラタサライ戦でトップチームデビュー。2015-16シーズンには出場機会を求めてイプスウィッチに1年間のレンタル移籍も経験した。

▽今季は控えメンバー主体で戦ったヨーロッパリーグでウイングバックやセントラルMFで安定したパフォーマンスを見せると、シーズン終盤にはプレミアリーグでもサイドバックやセントラルMFで出場機会を与えられるなど、公式戦28試合に出場。飛躍のキッカケとなる充実したシーズンを過ごした。

▽そして、ナイルズの将来性を高く評価するクラブは長期の新契約をオファーすると共に、昨季までイングランド代表MFアレックス・オクスレイド=チェンバレン(現リバプール)が着けていた背番号15を与えた。


関連ニュース
thumb

なでしこFW岩渕真奈が新型コロナ陽性、インドでの女子アジアカップ合流直前で判明

日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。 アーセナルでプレーする岩渕は、インドで行われるAFC女子アジアカップになでしこジャパンの一員として参加している。 JFAによると、岩渕はイングランドを出発する72時間以内に行われた検査では陰性だったが、18日にインドに到着した際に行われた検査では陽性に。本人は無症状で体調不良などはないとのことだ。 岩渕は事前の国内合宿には参加しておらず、イングランドから直接インド入り。検査結果が判明するまでは自室で待機していたため、チーム関係者に濃厚接触者はいないとのこと。体調不良などの報告もないとしている。 JFAは「岩渕選手の回復に万全を期すとともに、チーム関係者等の安全と感染防止に細心の注意を払いながら活動してまいります」としている。 女子アジアカップの日本の初戦は21日のミャンマー女子代表戦。24日にベトナム女子代表戦、27日に韓国女子代表戦が行われる。 2022.01.19 11:37 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、アーセナルからコラシナツを1年半のレンタルで獲得

マルセイユは18日、アーセナルからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(28)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 2017年夏にシャルケからフリーでアーセナルに加入したコラシナツは、手薄の左サイドバックを救う救世主として、その後の3年で1シーズン平均35試合出場と主力として活躍。 しかし、昨季からは構想外となっており、2021年1月には古巣のシャルケにレンタルし、キャプテンとしてブンデスリーガ17試合に出場。だが、クラブが2部へ降格したため、予算上の都合で完全移籍は叶わなかった。 アーセナルへ復帰した今季も、ミケル・アルテタ監督の構想外となっており、ここまで公式戦わずか5試合の出場にとどまっていた。 なお、マルセイユは先日にDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(30)をフリーで獲得しており、今冬の移籍市場において2人目の補強となった。 2022.01.19 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルDFパブロ・マリ、ウディネーゼ移籍決定的に!

アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリ(28)がウディネーゼに加わるようだ。 2020年1月にフラメンゴからのローン契約で加わり、同年6月に買取オプションが行使されたマリ。だが、出場機会に恵まれないのが実情で、今季もここまで公式戦3試合の出番にとどまり、新戦力のイングランド代表DFベン・ホワイトとDFガブリエウのコンビに後塵を拝している。 そんなマリはブラジルの名門フラメンゴの関心も取り沙汰されたが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、南米からの誘いを断り、ヨーロッパでのキャリア続行を決意したという。 そして、マリは今冬のウディネーゼ入りが決まったようだ。先日にレスター・シティと契約を解消した元クロアチア代表DFフィリップ・ベンコビッチ(24)を獲得したウディネーゼだが、アーセナルと今年6月までのレンタルで取引完了。買取オプションはついておらず、今週中にイタリア入りしてメディカルチェックを受ける模様だ。 2022.01.18 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルが冨安のバックアップ獲得に動く? 敗れたFAカップで対戦の若手SB

アーセナルがイングランド人DFジェド・スペンス(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 フルアムのアカデミー出身でチャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラでプロキャリアをスタートしたスペンスは、184cmの攻撃的な右サイドバック。今シーズンはノッティンガム・フォレストにレンタルで加入し、ここまで公式戦23試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残している。 そのスペンスは先日にアーセナルが0-1の敗戦を喫したFAカップ3回戦で、同クラブのレジェンドであるイアン・ライト氏に激賞される圧巻のパフォーマンスを披露。これがミケル・アルテタ監督の関心を集めたようだ。 そして、アーセナルはジョゼ・モウリーニョ監督がトッテナム時代から獲得に興味を示していたローマ、インテルと競合する形で1000万ポンド(約15億6000万円)前後の値札が付く逸材の争奪戦に参戦する構えのようだ。 ただ、アーセナルが仮に今冬のタイミングで獲得に成功したとしても、スペンスが今シーズン中にアーセナルでプレーする可能性はない。同選手は今シーズンにノッティンガム・フォレストへレンタルする前にミドルズブラでも公式戦に出場しており、“1シーズンに3クラブでプレーできない”というFIFAのルールによって、プレーが認められていない。 とはいえ、ベティスにレンタル移籍中のスペイン代表DFエクトル・ベジェリン、パフォーマンスの低調さが指摘されるポルトガル代表DFセドリック・スアレスの状況を考えれば、来シーズン以降に向けて日本代表DF冨安健洋のバックアッパーの獲得は必要なところだ。 2022.01.18 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コロナ感染で心臓の問題伝えられたオーバメヤンが状態チェックのためアーセナルに帰還

ガボン代表に招集中のFWピエール=エメリク・オーバメヤンが、心臓の状態をチェックするため、保有元のアーセナルに帰還することになった。フランス『AFP通信』が報じている。 オーバメヤンは現在、アフリカ・ネーションズカップ参戦のため開催地のカメルーンに滞在中。しかし、大会開幕直前に新型コロナウイルス感染が発覚。その後、一度陰性が確認されてトレーニングに復帰していたが、最新の検査の結果、感染の際の残留物が検出されたため、再びチームから外れることになった。 なお、一部ではオーバメヤンがニースMFマリオ・レミナと共に、心臓の問題が生じているとの報道も出ていたが、その可能性はなく、今回の保有元への早期帰還は、あくまで「さらなる検査」を行うための措置だという。 ガボンのパトリス・ヌヴー監督は17日に行われた公式会見の場で2選手の帰還に関して以下のように説明している。 「ピエール=エメリク(・オーバメヤン)とマリオ(・レミナ)が抱えている医療問題を考慮し、医師、連盟会長、プレーヤーたちの合意のもと、彼らを所属クラブに戻し、そこでケアしてもらうという賢明な決断を下した」 「心臓の問題に関して心配する大きな原因はないが、我々は炎症を引き起こした残留物によってどのようなダメージが与えられるかを適切に分析する立場にはない」 「リスクを冒すことはできないし、心理的にもずっと部屋にこもるのは耐え難くなってきた。だから日曜日に話し合って、彼らを家に帰すことにしたんだ」 アーセナルで規律違反によるキャプテンはく奪、実質トップチーム追放処分を科されているオーバメヤンは、今冬の退団が既定路線と見られていたが、今回の健康上のリスク発覚を受け、残留の可能性が高まっている。 2022.01.17 23:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly