ベスト8進出クラブが決定! 横浜FM、湘南、G大阪、甲府がPO勝ち抜け《YBCルヴァンカップ》2018.06.09 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ進出クラブが決まった。

▽プレーオフステージ第2戦の4試合は9日に開催。横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ガンバ大阪、ヴァンフォーレ甲府が勝ち上がった。

▽これにより、川崎フロンターレ、セレッソ大阪、鹿島アントラーズ、柏レイソルのAFCチャンピオンズリーグ組を含む8つの進出クラブが出揃った。

▽準々決勝の組み合わせは、7月29日にお台場のフジテレビでオープンドローにて決定する。

◆ノックアウトステージ進出クラブ
川崎フロンターレ
セレッソ大阪
鹿島アントラーズ
柏レイソル
横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ
ガンバ大阪
ヴァンフォーレ甲府

◆スケジュール
▽準々決勝
第1戦:9/5(水)
第2戦: 9/9(日)

▽準決勝
第1戦:10/10(水)
第2戦:10/14(日)

▽決勝
10/27(土)
@埼玉スタジアム2002
コメント
関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】清水DFエウシーニョやG大阪DF金英権が出場停止

Jリーグは14日、明治安田生命J1リーグ第12節、JリーグYBCルヴァンカップ第6節、明治安田生命J2リーグ第14節の出場停止選手を発表した。 J1では、清水エスパルスDFエウシーニョとガンバ大阪DF金英権が累積警告による1試合停止に。両チームはそれぞれ第12節で大分トリニータとのアウェイゲーム、セレッソ大阪とのホームゲームを行う。 22日に行われるルヴァンカップでは、ベガルタ仙台FW長沢駿、横浜F・マリノスMF扇原貴宏、名古屋グランパスDF櫛引一紀が1試合停止。 また、J2ではモンテディオ山形MF本田拓也、アルビレックス新潟MF高木善朗、FC琉球DF岡崎亮平が1試合停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">DFエウシーニョ</span>(清水エスパルス) 明治安田生命J1リーグ第12節 大分トリニータ(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF金英権</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第12節 セレッソ大阪(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【JリーグYBCルヴァンカップ】 <span style="font-weight:700;">FW長沢駿</span>(ベガルタ仙台) JリーグYBCルヴァンカップ第6節 柏レイソル(5/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF扇原貴宏</span>(横浜F・マリノス) JリーグYBCルヴァンカップ第6節 V・ファーレン長崎(5/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF櫛引一紀</span>(名古屋グランパス) JリーグYBCルヴァンカップ第6節 ヴィッセル神戸(5/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF本田拓也</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ第14節 徳島ヴォルティス(5/19) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF高木善朗</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J2リーグ第14節 愛媛FC(5/19) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF岡崎亮平</span>(FC琉球) 明治安田生命J2リーグ第14節 ファジアーノ岡山(5/19) 今回の停止:1試合停止 2019.05.14 14:58 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪と磐田が決勝進出決める! 横浜FMは李の移籍後初ゴールなどで4発完勝《YBCルヴァンカップ》

G大阪と磐田が決勝進出決める! 横浜FMは李の移籍後初ゴールなどで4発完勝《YBCルヴァンカップ》 2019JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第5節が8日に各地で開催された。 ▽5/8(水) 【グループA】横浜FWが札幌を4発粉砕で首位浮上! 首位の北海道コンサドーレ札幌(勝ち点8)が2位の横浜F・マリノス(勝ち点5)を札幌厚別公園競技場に迎えた一戦で先制したのは横浜FM。16分、左サイドからのクロスを収めた松原がバイタルエリア右からシュートを放つと、ディフレクトしたボールにドライブ回転がかかりゴール左に吸い込まれた。1点リードで試合を折り返した横浜FMは後半に怒涛のゴールラッシュを見せる。59分に李の今季初ゴールが生まれると、68分にイッペイ・シノズカ、78分に山谷がとどめの4点目を突き刺し大量4得点。完勝した横浜FMは首位に浮上し、決勝トーナメント進出に向けて前進した。 Shonan BMW スタジアム平塚で行われた4位の湘南ベルマーレ(勝ち点3)と3位のV・ファーレン長崎(勝ち点5)の一戦。前回王者の湘南は後半開始早々の48分、バイタルエリア左の位置で受けた鈴木が左足を振り抜くと、これがゴールに突き刺さり先制点を奪う。この1点を守り切った湘南がグループステージ突破に向けて望みを繋いでいる。 北海道コンサドーレ札幌 0-4 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜F・マリノス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ</span> 1-0 V・ファーレン長崎<hr> 【グループB】仙台の首位通過が確定! 柏は敗退 2位のFC東京(勝ち点6)が、既に突破が決まっているベガルタ仙台を(勝ち点10)を秩父宮ラグビー場に迎えた。試合の主導権を握るFC東京は21分、スルーパスに抜け出した永井がボックス右からシュートを狙ったが、GK関のファインセーズに遭う。その後も互いにチャンスを決めきることはできずゴールレスドロー。この結果、仙台の首位通過が決定した。 3位のサガン鳥栖(勝ち点4)と4位の柏レイソル(勝ち点3)が駅前不動産スタジアムで激突。一進一退の攻防が続くが互いに決定的なチャンスを作ることができず0-0で試合終了。鳥栖は次節、FC東京との直接対決に勝利すれば逆転での突破が決まる。一方の柏は予選敗退が決定した。 FC東京 0-0 ベガルタ仙台 サガン鳥栖 0-0 柏レイソル<hr> 【グループC】名古屋が追いつき混戦に… パロマ瑞穂スタジアムでは2位の名古屋グランパス(勝ち点5)と首位のC大阪(勝ち点7)が対戦。試合はセレッソ大阪が先制に成功する。15分、敵陣中央で得たFKの場面でソウザがグラウンダーのシュートを放つと、ボックス中央の片山がコースを変えて先制に成功した。さらに、39分にはソウザの左CKからボックス中央の舟木がヘディングで合わせて追加点。しかし、守勢だった名古屋が後半に反撃。69分に前田の豪快な左足のシュートで1点を返すと、その10分後には小林のクロスをジョーがスライディングで押し込み同点に追いつく。試合はこのまま2-2で終了した。 昭和電工ドーム大分で行われた4位の大分トリニータ(勝ち点4)と2位のヴィッセル神戸(勝ち点5)の一戦。38分に山口に先制ゴールを許した大分だったが、69分に伊藤からのパスを受けた後藤がボックス中央から右足を一閃。これがゴール右に突き刺さり同点とする。さらに、76分にはGK前川のパスミスをカットしたティティパンが来日初ゴール決めて逆転に成功。勝利した大分がグループ2位に浮上している。 名古屋グランパス 2-2 セレッソ大阪 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ</span> 2-1 ヴィッセル神戸<hr> 【グループD】リーグ戦で苦しむG大阪&磐田が勝利でグループステージ突破! 首位のガンバ大阪(勝ち点7)が3位の清水エスパルス(勝ち点5)をパナソニックスタジアム 吹田に迎えた。ペースを握るG大阪は45分、藤本の左CKからニアサイドの三浦が頭で合わせて先制に成功する。62分にドウグラスの一発を浴びたガンバ大阪だったが、65分にファン・ウィジョ、67分に中村が立て続けに決めて勝負あり。3-1で勝利したG大阪が決勝トーナメント進出を決めた。 ヤマハスタジアムでは2位のジュビロ磐田(勝ち点6)と4位の松本山雅FC(勝ち点4) が対峙。こう着状態が長らく続く中迎えた86分、磐田はボックス左手前でボールを受けた荒木がカットインからシュート。これがブロックに入った高崎に当たりコースが変わると、そのままゴールに吸い込まれた。終盤のゴールで勝利した磐田もG大阪と並んでグループステージ突破きめた。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪</span> 3-1 清水エスパルス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 1-0 松本山雅FC 2019.05.08 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

3勝1分けの仙台が決勝T一番乗り!大阪の2クラブは首位に浮上《YBCルヴァンカップ》

2019JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第4節が24日に各地で開催された。 ▽4/24(水) 【グループA】6発勝利の札幌が無敗で首位キープ 1勝2分け同士の対戦となったV・ファーレン長崎vs北海道コンサドーレ札幌は、6-3で札幌が勝利した。開始5分で鈴木武蔵のゴールで先制した札幌はその後も順調に得点を重ね、3-1で試合を折り返す。後半に入っても勢いは衰えず、48分と49分に立て続けにネットを揺らし大量リード。その後、2点を奪われるも、さらに得点を伸ばし、最終的に6-3で勝利。首位をキープした。 同組もう一方の横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレのダービーは、1-0で横浜FMが勝利した。互いに一進一退の攻防が続いた前半、均衡を破ったのは横浜FMの大津だった。41分、遠藤が倒されて得たPKを大津が決めて先制。後半は横浜FMが試合を支配し1-0で逃げ切り、2位に浮上した。 V・ファーレン長崎 3-6 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">北海道コンサドーレ札幌</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜F・マリノス</span> 1-0 湘南ベルマーレ<hr> 【グループB】仙台4連勝ならずも突破決定! 開幕3連勝のベガルタ仙台と、1勝2敗のサガン鳥栖の一戦は1-1の引き分けに終わった。先制は鳥栖。43分、敵陣でボールを奪った安庸佑から右サイドでパスを受けた趙東建がボックス右に侵入してGKとの一対一を制した。だが仙台も後半立ち上がりから攻勢を強めると、58分の右CKでファーで照山が折り返したボールを平岡がオーバーヘッド。さらにそれをゴール前で長沢がヘディングでコースを変えてゴールイン。このまま試合はタイムアップを迎え、勝ち点を10に伸ばした仙台がグループステージ突破を決めた。 NACK5スタジアム大宮で行われた1勝2敗同士のFC東京と柏レイソルの一戦は2-0でFC東京が勝利した。序盤からペースを掴んだFC東京は50分、左サイドの大森晃のクロスをナ・サンホが頭で決めて先制。さらに89分には途中出場のディエゴ・オリヴェイラの公式戦5試合連続ゴールでダメ押し。単独2位となった。 ベガルタ仙台 1-1 サガン鳥栖 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京</span> 2-0 柏レイソル<hr> 【グループC】連勝のC大阪が首位浮上 ダービーマッチとなったセレッソ大阪vsヴィッセル神戸は1-0でC大阪が勝利した。積極的な入りを見せたC大阪が勢いそのままに先制。22分、右CKの場面で、一度相手にクリアされてしまうものの、ボックス手前左でこぼれ球を拾った田中が胸トラップから左足でシュートを沈めた。後半からウェリントンを投入した神戸は前半よりもチャンスは増えたものの、最後までゴールを奪うことは出来ず試合終了。連勝を収めたC大阪が首位に浮上した。 大分トリニータvs名古屋グランパスは2-2の引き分けに終わった。前半に1点ずつ取り合って迎えた後半、48分に右サイドのティティパンからスルーパスを受けた後藤がGKと一対一を制して勝ち越し弾を決める。逆転を許した名古屋は53分、千葉が2枚目の警告を受けて退場に。それでも数的不利の中互角の試合を演じる名古屋は83分、右サイドのスローインを受けた前田がクロス。相手のカットしたボールを相馬がもう一度中に折り返すと、赤崎が見事に流し込んで同点に。試合はこのままタイムアップを迎えた。 大分トリニータ 2-2 名古屋グランパス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セレッソ大阪</span> 1-0 ヴィッセル神戸<hr> 【グループD】G大阪が首位に立つ ガンバ大阪vsジュビロ磐田は4-1でG大阪が勝利した。公式戦5試合白星がないホームのG大阪は10分にエースのファン・ウィジョのゴールで先制。さらにその2分後、左サイドを突破した田中がボックス左で相手を躱し、右足で流し込んで追加点を挙げた。61分に1点を返されるものの、この日のG大阪は折れずに得点を重ね、最終的に4-1で勝利。首位に浮上した。 もう一方の試合の清水エスパルスvs松本山雅FCは2-2のドローとなった。試合はアウェイの松本が23分までに2点のリードを得る展開に。しかし、ここから勢いは下火となり、43分に相手のロングボールからポストプレーを許すと、滝に決められ1点差に。さらに前半アディショナルタイムにも楠神のゴールを許し同点に。試合はそのまま終了した。 清水エスパルス 2-2 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪</span> 4-1 ジュビロ磐田 2019.04.24 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「ニューヒーロー賞」の途中経過が発表! 前節プロ初ゴールの札幌MF檀崎竜孔や横浜FMのFW山谷侑士らが選出

Jリーグは23日、2019Jリーグ YBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」の途中経過を発表した。 「ニューヒーロー賞」は、各試合において最も活躍が顕著であった21歳以下(2019年12月31日に満21歳以下)の選手を対象に、グループステージから準決勝まで、各試合会場で実施する報道関係者による投票をもとに決定。今回は、グループステージ第3節が終了した時点の投票結果となる。 今回の得票上位に入ったのは、第3節の湘南ベルマーレ戦でプロ初ゴールを記録したMF檀崎竜孔(北海道コンサドーレ札幌)や、同じく第3節のV・ファーレン長崎戦でプロ初ゴールを記録したFW山谷侑士(横浜F・マリノス)、その他、2種登録ながらここまで2試合でプレーしているMF西川潤(セレッソ大阪)らが選ばれている。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">■ニューヒーロー賞 得票上位選手</span> MF檀崎竜孔(18)/北海道コンサドーレ札幌 DF照山颯人(18)/ベガルタ仙台 MF吉尾海夏(20)/ベガルタ仙台 MF山田康太(19)/横浜F・マリノス FW山谷侑士(18)/横浜F・マリノス MF鈴木冬一(18)/湘南ベルマーレ MF米原秀亮(20)/松本山雅FC MF滝裕太(19)/清水エスパルス DF菅原由勢(18)/名古屋グランパス MF高宇洋(20)/ガンバ大阪 MF西川潤(17)/セレッソ大阪 MF高畑奎汰(18)/大分トリニータ 2019.04.23 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木ハットにルーキー檀崎プロ初弾で札幌が首位浮上! 仙台は3連勝で首位キープ《YBCルヴァンカップ》

2019JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第3節が10日に各地で開催された。 ▽4/10(水) 【グループA】鈴木ハットに檀崎プロ初弾! ルヴァン初白星の札幌が首位浮上 3位の北海道コンサドーレ札幌(勝ち点2)が2位の湘南ベルマーレ(勝ち点3)を札幌ドームに迎えた。カップ戦初勝利を目指す札幌は25分に鈴木が先制点。40分には鈴木のラストパスを受けた檀崎が押し込んでプロ初ゴールを記録した。直後にも鈴木がゴールネットを揺らすと、湘南のレレウに1点を返されたが、鈴木が65分にハットトリックとなる4点目でトドメを刺し、4-1で札幌が初白星を飾った。 ニッパツ三ツ沢球技場で行われた最下位に沈む横浜F・マリノス(勝ち点1)と首位につけるV・ファーレン長崎(勝ち点4)の一戦。リーグ戦では好調をキープするもカップ戦では未勝利が続く横浜FMは21分、イッペイ・シノヅカのシュートがポストに当たるも、跳ね返りを山谷が詰めて先制弾。しかし、長崎も43分に吉岡がゴールを決めて試合を振り出しに。横浜FMはその後、47分に追加点を奪って勝ち越しに成功する。だが、このまま試合終了かに思われた後半アディショナルタイム2分に長崎の翁長にゴールを許し、2-2で試合終了。初勝利はお預けとなった。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">北海道コンサドーレ札幌 4</span>-1 湘南ベルマーレ 横浜F・マリノス 2-2 V・ファーレン長崎<hr> 【グループB】仙台が3連勝で首位キープ! 首位のベガルタ仙台(勝ち点6)が2位の柏レイソル(勝ち点3)をユアテックスタジアム仙台に迎えた一戦。試合は首位を走る仙台が47分、長沢がクロスのこぼれ球に反応して先制点を奪取すると、69分には石原直樹が永戸の折り返しをプッシュし、2点のリードを奪う。一方の柏は後半アディショナルタイムに江坂のゴールで1点差に詰め寄るも反撃はここまで。2-1で勝利した仙台が3連勝で首位をキープした。 秩父宮ラグビー場で行われた4位のFC東京(勝ち点0)と3位のサガン鳥栖(勝ち点3)の試合は、スコアが動かないまま後半に。リーグ戦とは一転し、カップ戦では未だ勝利がないFC東京は62分、ナ・サンホに代えて久保を投入する。84分、右サイド敵陣深い位置でFKを獲得すると、久保が左足を振り抜く。鋭いシュートが左サイドネットに突き刺さり、このゴールを守り切ったFC東京が初白星を飾った。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京 1</span>-0 サガン鳥栖 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ベガルタ仙台 2</span>-1 柏レイソル<hr> 【グループC】ウェリントン&田中弾で神戸が首位に! 3位のヴィッセル神戸(勝ち点2)が2位の大分トリニータ(勝ち点3)を神戸総合運動公園ユニバー記念競技場に迎えた。試合はルヴァン初白星を飾りたい神戸が24分にウェリントンの公式戦2戦連続ゴールで先制する。さらに28分には田中が三田のシュートのこぼれ球を押し込んでリードを2点に広げると、試合はこのまま終了。2-0で勝利した神戸が待望の勝ち点3を手にした。 4位のセレッソ大阪(勝ち点1)と首位の名古屋グランパス(勝ち点4)がヤンマースタジアム長居で激突した一戦。最下位に沈むC大阪は10分、15分と立て続けに水沼がゴールネットを揺らして早い時間帯に試合を2-0とする。さらにC大阪は、82分にも途中出場の福満が追加点を奪い、3-0で試合終了。C大阪が初勝利を飾っている。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴィッセル神戸 2</span>-0 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セレッソ大阪 3</span>-0 名古屋グランパス<hr> 【グループD】磐田が公式戦連勝で静岡ダービーに弾み 最下位のジュビロ磐田(勝ち点3)が首位の松本山雅FC(勝ち点3)の本拠地サンプロ アルウィンに乗り込んだ一戦。試合は磐田が22分に中山がヘディングシュートで先制点を奪うと、47分には中野がゴールネットを揺らす。対する松本は杉本の鋭いミドルシュートで1点を返したが、磐田の中山が後半アディショナルタイム2分にダメ押しゴールを決めて勝負あり。3-1で勝利した磐田がリーグ戦初白星に続く勝利で公式戦連勝を飾り、今週末に迎えるリーグ戦での静岡ダービーに弾みをつけた。 2位の清水エスパルス(勝ち点3)が2位のガンバ大阪(勝ち点3)をIAIスタジアム日本平に迎えた試合。首位浮上を目指す両者の一戦は、G大阪が開始5分に古巣戦となった三浦のヘディングシュートで先制に成功する。すると17分、G大阪は相手のシュートを倉田がボックス内で手を使って止めてしまい、1発退場。清水はこのPKを北川がきっちりと決めて同点とする。しかし清水はその後、数的有利の状況を生かし切れず、1-1で試合終了。勝ち点1を分け合った。 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジュビロ磐田</span> 清水エスパルス 1-1 ガンバ大阪<hr> 2019.04.10 21:55 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース