フライブルクがレアル・マドリーのオーストリア代表DFラインハルトを買い取り2018.06.06 05:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フライブルクは5日、レアル・マドリーからレンタルで加入していたオーストリア代表DFフィリップ・ラインハルト(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は200万ユーロ(約2億5000万円)とのことだ。▽センターバックのラインハルトは2014年夏にラピド・ウィーンからレアル・マドリーの下部組織に加入。しかし、トップチームでプレーする機会は得られず、2017年夏にフライブルクにレンタルで加入し、2017-18シーズンは開幕から9試合連続スタメンで出場していた。しかし、ヒザの負傷もあってブンデスリーガ11試合の出場に留まっていた。

▽そのラインハルトの完全移籍についてフライブルクのクレメンス・ハルテンバッハSDは次のように述べている。

「フィリップがピッチで見せる雰囲気、そして冷静さはとても良かった。彼には非常に大きなポテンシャルが備わっていると見ている。レアルとの交渉では、全ての関係者がこのフライブルクでの成長の妨げにならないように良い話し合いができた。このことについてレアルに心から感謝の気持ちを述べたい」
コメント
関連ニュース
thumb

フライブルク、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨンを獲得!

フライブルクは19日、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間や移籍金に関する詳細は非公表となっている。 2017年に韓国の仁川ユナイテッドFCからバイエルンのユースに加入したチョン・ウヨンは、左右のウイングを主戦場とする右利きのアタッカー。バイエルンのリザーブチームでの活躍をキッカケに、昨年11月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのベンフィカ戦でトップチームデビュー。 また、スピードとテクニックに優れる“ソン・フンミン2世”は、今年3月に行われたボルシアMG戦でブンデスリーガデビューも飾っていた。 フライブルクでマネージャーを務めるヨヘン・ザイアー氏は、チョン・ウヨンに大きな期待を抱いている。 「ウヨンは韓国で最も才能のある若手の1人だ。彼のプレーを楽しむ姿勢、状況やスペースに対する良い感覚はその若さを考えれば特筆すべきものだ。我々は彼と一緒になって1人前のブンデスリーガに育て上げたいと思っている。そのための時間を与える準備もできている」 一方、フライブルク加入が決定したチョン・ウヨンは新天地での意気込みを語っている。 「新たな挑戦をとても楽しみにしているよ。同時にこの移籍を認めてくれたバイエルンに感謝したい。フライブルクは若いプレーヤーが成長していくうえで素晴らしい場所だと思っているよ。個人的にはクラブが素晴らしいシーズンを送る助けになりたいと思っているよ」 2019.06.20 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクMFシュミット、フライブルクに復帰

フライブルクは5月31日、アウグスブルクのフランス人MFジョナタン・シュミット(28)を獲得したことを発表した。 左右のサイドハーフを本職とするシュミットは、フライブルクでプロデビュー。そのフライブルクで主力として活躍し、ホッフェンハイムを経て2016年夏からアウグスブルクでプレーしていた。アウグスブルクでは在籍3年間で公式戦81試合に出場して4ゴール10アシストを記録し、今季は右サイドバックとしてブンデスリーガで28試合に出場して直接FKによる3ゴール含め、7アシストをマークしていた。 5シーズンぶりに古巣復帰となるシュミットは、「シュトライヒ監督(フライブルク指揮官)が居なければ、自分はここまで成長することができなかった。だから彼には感謝しているんだ。彼は正直で特別な監督だよ」とかつて指導を受けた指揮官との再共闘を楽しみにしていた。 2019.05.31 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルク、ヴォルフスブルクから昨季トップデビューのDFイッターを獲得

フライブルクは27日、ヴォルフスブルクからU-20ドイツ代表DFジャン=ルカ・イッター(20)を獲得したことを発表した。背番号は「24」。なお、契約内容については明かされていない。 ヴォルフスブルク下部組織出身のイッターは、2017年9月にトップチームデビュー。同シーズンはブンデスリーガに5試合出場した。しかし、昨夏に加入したフランス人DFジェローム・ルシヨンの台頭により、今シーズンのトップチームでの出場はわずか93分に留まった。 フライブルクのスポーツディレクターは、イッターを「攻守のバランスが取れたモダンなフルバックだ。我々はBチームに昇格した時から獲得を望んでおり、ずっと注目していた。多くの可能性を秘めた若い選手を楽しみにしている」とコメントした。 フライブルクへの加入が決定したイッターは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「監督やスタッフとの会談の結果、加入を決断した。ここで良いフットボールがしたい。多くの仕事をすることが重要で、新しいチャレンジを楽しみにしている。フライブルクの成功に貢献したい」 2019.05.28 16:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、快勝で意地を見せるも2年での降格が決定…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは11日、ブンデスリーガ第33節でフライブルクをホームに迎え、3-0で快勝した。しかし、シュツットガルトが勝利したため、降格が決定している。ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 前節バイエルン戦を10人となって敗戦した最下位ハノーファー(勝ち点18)は、勝利を逃すと降格となる中、原口が[3-5-2]の右MFで先発となった。 13位フライブルク(勝ち点33)に対し、ボールを持つ立ち上がりとなったハノーファーは6分、ショートカウンターを受けてホフラーにミドルシュートでGKを強襲された。 それでも25分に決定機。マイナがボックス左から折り返し、プリブがシュート。だが、枠の上に外してしまった。さらに31分にも先制のチャンス。ヴァイダントとベブで崩して最後はボックス中央に侵入したベブがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 それでも39分、ハノーファーが押し切る。プリブの左サイド低い位置からのFKにファーサイドのヴァイダントが頭で合わせてハノーファーが先制した。 1点をリードして迎えた後半、開始6分にマイナの左クロスにベブが合わせてリードを広げたハノーファーは、終盤の81分にワラセが強烈なミドルシュートを叩き込んで3-0と快勝。 しかし、残留プレーオフに回れるシュツットガルトが同時刻に行われていた試合でヴォルフスブルクに勝利したため、ハノーファーの2年での降格が決まっている。 2019.05.12 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒの3位以上が確定! 2季ぶりCL出場権獲得!《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは27日、ブンデスリーガ第31節でフライブルクをホームに迎え、2-1で勝利した。この結果、ライプツィヒの3位以上が確定し、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。 前節ボルシアMG戦を勝利して5連勝とした3位ライプツィヒが、勝利すれば4位以上が確定し、来季のCL出場権獲得が決まる一戦。 13位フライブルクに対し、ライプツィヒは19分に先制する。Y・ポウルセンのパスを受けたボックス左のヴェルナーが反転からシュートを蹴り込んだ。 しかし、1点をリードして迎えた後半に入って劣勢を強いられたライプツィヒは66分に失点する。グリフォに直接FKを叩き込まれた。 それでも77分、CKの流れからハンドでPKを獲得したライプツィヒはこれをフォルスベリが決めて勝ち越し。このリードを保って勝利し、3試合を残して3位以上を確定させたライプツィヒが2季ぶりのCL出場権を獲得している。 2019.04.28 00:40 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース